霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正四年旧四月六日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1915(大正4)年5月19日(旧4月6日)
神霊界掲載号:第56号 1頁 神霊界八幡書店復刻版:第2巻 61頁 七巻本:第3巻 114頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:114頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:44頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 国常立尊(くにとこたちのみこと)(うしとら)(おし)(こめ)られて()りたから、002丑寅(うしとら)金神(こんじん)()()へられたので()るぞよ。003()世界(せかい)(もと)先祖(せんぞ)国常立尊(くにとこたちのみこと)変性男子(へんじょうなんし)身魂(みたま)(あら)はれて()ぬと、004至仁至愛神(みろくさま)御出現(おでまし)()いのであるぞよ。005ミロク(さま)御出現(おでまし)におなり()されて、006変性女子(へんじょうにょし)(あら)はれたなら、007世界(せかい)一度(いちど)(うご)くぞよ。008何事(なにごと)一度(いちど)世界中(せかいじゅう)(こと)(わか)りて()て、009(なに)(もう)さいでも一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)010(うめ)(まつ)とで二度目(にどめ)(あま)岩戸(いわと)(ひら)くぞよ。011(むかし)から()(おき)にも()(おき)にも書物(しょもつ)にも()事実(こと)を、012手本(てほん)()しに()放題(ほうだい)に、013根本(こんぽん)(こと)から()いて()らした(こと)が、014(みな)世界(せかい)から()てくるので()るから、015余程(よほど)身魂(みたま)(みが)けた人民(じんみん)()いと(わか)りかけが(いた)さんぞよ。016今迄(いままで)暗黒(やみくも)()で、017(かみ)(まを)(こと)何事(なにごと)人民(じんみん)には(わか)らなんだなれど、018天地(てんち)のビックリ(ばこ)()くからモウ(わか)るのが(はや)いぞよ。019(わか)りた守護神(しゅごじん)自己(われ)(こと)どころか、020()んな(むご)(こと)日本(にほん)(くに)(いた)したのは、021身魂(みたま)性来(しょうらい)(もと)から(あく)でありたから、022性来(しょうらい)だけの(こと)より出来(でき)なんだのじゃと()(こと)が、023自己(われ)(わか)りて()改心(かいしん)(いた)すなれど、024(わか)らん守護神(しゅごじん)()ると()()(これ)から(のぼ)(こと)(ばか)りを(たく)らみて、025中々(なかなか)苦労(くろう)(いた)して()るなれど、026モウ時節(じせつ)(まい)りたから(おも)わくは(たた)んぞよ。027(ここ)まで日本(にほん)(くに)身魂(みたま)外国(がいこく)()()りて、028モット(あく)(さか)えさして、029末代(まつだい)(あく)(この)(なり)()りて(いこ)うとの精神(せいしん)であると(もう)して、030筆先(ふでさき)毎度(まいど)()らして()るが、031(とどめ)()りて、032(あく)守護神(しゅごじん)自分(われ)(くち)から白状(はくじょう)いたして、033(ぜん)(ほう)慚傀(はじ)(さら)して御詫(おわび)(まい)りて()て、034是迄(これまで)(あく)改心(かいしん)して(ぜん)(たち)(かへ)り、035力一杯(ちからいっぱい)(ぜん)(ため)活動(はたら)きますから、036天地(てんち)御先祖(ごせんぞ)(さま)御詫(おわび)(いた)して(ゆる)して(くだ)されと(もう)して、037(うしとら)金神(こんじん)(もと)(まい)りて、038キリキリ(まい)(いた)()うに()りて()るぞよ。039いつ(まで)(この)()(あく)では()ちては()かんから、040一時(いっとき)(はや)(ぜん)(たち)(かえ)らんと物事(ものごと)(おそ)くなると(もう)して、041キリキリ(まい)をして自己(われ)系族(ひっぽう)改心(かいしん)をさせに(まわ)りて()るぞよ。042()とつの極悪(ごくあく)大将(たいしょう)吃驚(びっくり)(いた)して、043(これ)(おほ)きな(とり)(ちが)いで()りたと()()いて()ると、044(こし)()けて(しも)ふて早速(さっそく)には(あし)()たず、045(あご)(はず)れて(もの)()えず、046(この)()()いと(おも)ふて()りた()(もと)先祖(せんぞ)が、047そんな経綸(しぐみ)()()りたかと(あき)れて、048逆立(さかだち)()りて、049(あし)(うへ)(あが)りて()でヌタリて、050(くる)しむ時節(じせつ)(まい)りて()たぞよ。051(なに)(もう)さいでも時節(じせつ)(まわ)るから、052時節(じせつ)()ちて(よろ)こばれて返報(へんぽう)がやしは出来(でき)るから、053人民(じんみん)何事(なにごと)時節(じせつ)()てと、054毎度(まいど)筆先(ふでさき)()らして()るなれど、055人民(じんみん)()ぐに返報(へんぽう)がやしを(いた)さうとするから、056仕損(しぞこ)ないが出来(でき)るので()るぞよ。057人民(じんみん)肉体(にくたい)生命(いのち)はチットの(あいだ)()るから、058霊魂(みたま)因縁(いんねん)性来(しょうらい)(わか)らんから、059大変(たいへん)(おも)ひが(ちが)ふので()るぞよ。060人民(じんみん)(もう)すものは現世(このよ)だけの(こと)ほか(わか)りて()らんから、061今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)大望(たいもう)(もう)すので()るぞよ。062人民(じんみん)我一代(われいちだい)(こと)より(わか)らんから、063()(せつ)ろしいて、064寿命(じゅみょう)(みじ)かう()って(しま)ふのじゃぞよ。065天地(てんち)御恩(ごおん)()れだけ(ふか)いものと()(こと)(わか)りて()らんから、066(われ)肉体(にくたい)(こと)より霊魂(みたま)因縁(いんねん)性来(しょうらい)皆目(かいもく)(わか)らんぞよ。067(まこと)日本魂(やまとだましい)(たち)(かへ)りたら、068(なに)明白(ありやか)(わか)(はず)であれども、069(わか)らんのは矢張(やは)外国(がいこく)(だましい)()()りて()るからであるぞよ。070世界(せかい)守護神(しゅごじん)人民(じんみん)に、071天地(てんち)御恩(ごおん)何程(なんぼ)(ふか)いか()れんと()(こと)(わか)りて()りたら、072今迄(いままで)(かみ)(これ)だけの苦労(くろう)艱難(かんなん)(いた)さいでも()かりたなれど………………(これ)まで()(みだ)した(こと)も、073(これ)から()立直(たてなほ)すのも、074(みな)身魂(みたま)因縁(いんねん)性来(しょうらい)(わざ)であるから、075()()身魂(みたま)()()(こと)出来(でき)ると()(こと)を、076末代(まつだい)(あと)世継(よつぎ)いたす身魂(みたま)()(のこ)しておくから………綾部(あやべ)大元(おほもと)()地拵(ぢごしら)えで()るから、077(いま)では(みな)御苦労(ごくろう)()るなれど、078世界(せかい)大本(おほもと)()(とう)とい(ところ)であるぞよ。079(いま)(もう)しても()人民(じんみん)真実(まこと)信仰(いたし)()んから、080(のち)(ため)筆先(ふでさき)(かき)(のこ)しておくぞよ。081モウ(わか)るに(ちか)くなりたぞよ。082(てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)()きの御血筋(おちすじ)性来(しょうらい)と、083()先祖(せんぞ)血筋(ちすじ)との性来(しょうらい)が、084日本(にほん)霊主体従(ひのもと)根本(こんぽん)日本魂(やまとだましい)であるから、085()ても(やい)てもたたき(つぶ)しても(ひっ)()きに()ても、086(ほか)身魂(みたま)()には(あわ)むなれど、087時節(じせつ)には(かみ)(かな)はんぞよと(もう)して筆先(ふでさき)()してありたが、088何彼(なにか)時節(じせつ)(まい)りて()たから、089露国(ろこく)先祖(せんぞ)仕組(しぐみ)()(こと)破裂(はれつ)して(しも)ふて、090(くに)(たた)んやうに()るぞよ。091露国(ろこく)先祖(せんぞ)悪神(わるがみ)()外国(がいこく)へ(独逸(どいつ)(わた)りて、092ドエライ仕組(しぐみ)(いた)して()れども、093(あく)()はモウ()みたから、094ヂリヂリ(もだ)えを(いた)して往生(おうじょう)(いた)さな()らん(やう)()りて()るぞよ。