霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正六年旧十月十六日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1917(大正6)年11月30日(旧10月16日)
神霊界掲載号:第56号 4頁 神霊界八幡書店復刻版:第2巻 64頁 七巻本:第3巻 128頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:195頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:73頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 二度目(にどめ)()立替(たてかへ)(とど)めを()すのが(ちこ)()りて()たぞよ。002(なに)経綸(しぐみ)(どほ)りに(いた)すぞよ。003西(にし)(ひがし)とに初発(もと)御宮(おみや)(たて)(いただ)いて、004(もと)(むかし)()(もど)時節(じせつ)(まい)りて()たから、005大神(おほかみ)(そろ)ふて(もと)神宮(みや)(たち)(かへ)りて神代(かみよ)立替(たてかへ)るから、006何事(なにごと)()けても大望(たいもう)(ばか)りで()るぞよ。007()(しまい)(とど)めと()(はじま)りとの(さかい)筆先(ふでさき)であるぞよ。008(あま)大望(たいもう)御用(ごよう)()るから、009三体(さんたい)大神(おほかみ)西(にし)(ひがし)新宮(あらみや)()(あが)りを()されて、010(てん)からの御手伝(おてつだい)()さる実地(せうまつ)歴々(ありあり)出口(でぐち)(なお)()には()えるぞよ。011()(もと)(てん)からで()るぞよ。012(みず)(てん)根本(もと)()(もと)御先祖(ごせんぞ)(さま)が、013(この)()(もと)(こし)らえ(なさ)れて、014(てつ)(ぼう)(はり)()(とこ)までの御苦労(ごくろう)(あそ)ばし、015(この)()には夫婦(ふうふ)()(こと)(こしら)えねば()(たち)()かんから、016泥海(どろうみ)(なか)御居(おい)でまして、017何彼(なにか)経綸(しぐみ)()されて、018初発(しょっぱつ)()世界(せかい)創造(こしらへ)なさるに(ちから)()御夫婦(ごふうふ)霊魂(みたま)から、019(なに)()もミロク(さま)御骨(おほね)(をり)であるぞよ。020(ほか)身魂(みたま)(わか)して()りても、021御力(おちから)()らん(すじ)(ちが)身魂(みたま)()るから、022(これ)だけ(なが)らくの御苦労(ごくろう)なされたので()るぞよ。023ミロク(さま)でも()御出生(おでけ)なされた御先祖(ごせんぞ)(さま)であるぞよ。024(ちから)()さる天地(てんち)創造(こしらへ)御血筋(おちすじ)を、025夫婦(ふうふ)(そろ)えて()いて(てん)御上(おあが)(あそ)ばすぞよ。026(てん)()すまいの出来(でき)()うに(いた)して()いて、027()泥海(どろうみ)(かた)(しめ)るには、028龍宮(りゅうぐう)音姫殿(おとひめどの)一輪(いちりん)御手伝(おてつだい)で、029天地(てんち)修理固成(つくりかため)国常立尊(くにとこたちのみこと)と、030ミロク(さま)との、031(もと)からの(うご)かぬ仕組(しぐみ)であるから、032何事(なにごと)経綸(しぐみ)(どほ)りに(いた)すぞよ。033(あま)世界(せかい)(こと)(ゑら)いことに()りて()るので、034()(あし)(さし)()(こと)出来(でき)()うに、035真暗(まくらが)りの()になりて()るから、036立替(たてかへ)急激(いっさく)(いた)しても、037(あと)立直(たてなほ)しが中々(なかなか)大望(たいもう)であるが、038立直(たてなほ)しに(つい)ては御三体(ごさんたい)大神様(おほかみさま)をモ(ひと)(うへ)御上(おあが)りを(ねが)はねば()らぬ。039()れに(つい)ては何彼(なにか)仕組(しぐみ)()()るから、040天地(てんち)先祖(せんぞ)経綸(しぐみ)(どほ)りに(いた)すぞよ。041今度(こんど)(こと)智慧(ちえ)(がく)では出来(でき)(こと)()るから、042何事(なにごと)素直(すなほ)(いた)して御用(ごよう)()いて(くだ)さりたら、043(この)()自由(じゆう)(いた)(もと)活神(いきがみ)が、044直々(じきじき)(いた)さな()らん時節(じせつ)(まわ)りて()たので()るから、045是迄(これまで)()(かた)一寸(ちょっと)でも(まぜ)りたら跡戻(あともど)りを(いた)して、046仕組(しぐみ)(ちご)ふたら、047初発(しょっぱつ)から仕直(しなお)しを(いた)さな()らん大本(おほもと)()るぞよ。048何彼(なにか)時節(じせつ)(せま)りて()たから、049日本(にほん)人民(じんみん)今迄(いままで)()うに自己(われ)経営(しがく)(ばか)(いた)して、050(よく)(まよ)ふて()ると、051(にわか)()(ひら)(かへ)りて、052()きも(かえ)りも出来(でき)()うに()り、053世界(せかい)(かお)()しが出来(でき)(こと)出来(しゅったい)するぞよ。054()れで(なが)らくの(あいだ)筆先(ふでさき)改心(かいしん)改心(かいしん)一点張(いってんば)りに()()けたなれど、055(いま)人民(じんみん)足元(あしもと)()()えて()て、056身体(からだ)()げる(とこ)まで(わか)らんから(かみ)(たす)けやうが()いぞよ。
057 金龍界(きんりゅうかい)神島(かみじま)御宮(おみや)(たて)(くだ)さりて、058三体(さんたい)大神(おほかみ)(さま)御鎮(おしずま)りに()りて(もろ)ふて、059結構(けっこう)()るなれど、060一段(いちだん)(うへ)(あが)りて守護(しゅご)(いた)して、061本宮山(ほんぐうやま)御宮(おみや)(たて)て、062三体(さんたい)大神(おほかみ)さまが御鎮(おしずま)りに御成(おなり)なされたら、063()先祖(せんぞ)神嶋(かみじま)の(一名(いちめい)大八洲(おほやしま)御宮(おみや)(しずま)りて、064(てん)のミロク(さま)()先祖(せんぞ)とが、065末代(まつだい)()()ちて、066(をさ)めて()かねば、067(ほか)神魂(みたま)では末代(まつだい)()(つづ)いては()かん(この)()()るぞよ。068時節(じせつ)()ふものは結構(けっこう)なものの(こわ)いもので()るぞよ。069何事(なにごと)時節(じせつ)には(かな)はんから、070改心(かいしん)(いた)して(したが)(とこ)へは(したご)ふて()けば、071何事(なにごと)心配(しんぱい)()しに安全(らく)()()すぞよ。072是迄(これまで)()(かた)体主霊従(あく)()()りたから、073(あく)(れい)全部(さっぱり)(たひら)げて(しも)ふて、074善一筋(ぜんひとすじ)075(まこと)一筋(ひとすじ)()(いた)して、076世界(せかい)(ひと)つに(まる)めて、077神国(しんこく)()(いた)すぞよ。078今迄(いままで)悪神(わるがみ)頭目(かしら)外国(がいこく)(あが)りて()りたのを、079日本(にほん)(もと)先祖(せんぞ)(たて)()けて、080日本(にほん)(くに)霊主体従(ひのもと)()るから、081泥海(どろうみ)(なか)住居(すまい)()()(おり)からの、082悪神(わるがみ)目的(もくてき)はドエライ奸計(たくみ)(いた)して()るなれど、083(あく)では末代(まつだい)()(つづ)きは(いた)さんぞよ。084(いま)(ぜん)(あく)との(かわ)()(つら)(とこ)()るぞよ。085(あく)経綸(しぐみ)(この)(さき)をモ()とつ(あく)(つよ)くして、086(この)(さき)仕組(しぐみ)成就(じょうじゅ)させる量見(りょうけん)であれども、087天地(てんち)先祖(せんぞ)はドンナ(こと)()()りて()るから、088日本(にほん)(くに)には(みず)(もら)さん経綸(しぐみ)()()るから、089(あく)身魂(みたま)発根(ほっごん)改心(かいしん)(いた)さなならん(こと)()るぞよ。090()()()れる守護神(しゅごじん)も、091日本(にほん)(くに)外国(がいこく)()(あし)に、092自由(じゆう)自在(じざい)()寸法(すっぽう)に、093()弄物(をもちゃ)()られて、094天地(てんち)御先祖(ごせんぞ)(さま)へドウ(もうし)(わけ)()つか、095()うして御詫(おわび)(いた)すぞよ。096外国(がいこく)悪神(わるがみ)頭目(かしら)日本(にほん)の、097○○先祖(せんぞ)よりも一段上(いちだんうえ)(あが)りて、098(ここ)まで世界(せかい)自由(じゆう)(みだ)らした(こと)が、099(われ)我手(わがて)露見(あらはれ)(しも)ふて()るが、100日本(にほん)(くに)は洋○では()()ちては()かんぞよ。101(いま)日本(にほん)の○○○○○○○○沓○○○日○○大将(たいしょう)が、102何処(どこ)()()歩行(あるゐ)ては、103()()(をさ)まる(とこ)へは(いか)んぞよ。104根本(もと)大神(おほかみ)日本(にほん)人民(じんみん)の○○○も一段下(いちだんし)たに(いた)して()りて、105○○十○○○○(この)()(こしら)えた天地(てんち)先祖(せんぞ)を、106○○○○○〇一段下(いちだんした)(おと)して、107天地(てんち)大神(おほかみ)日本(にほん)地面(じめん)()いて()るのじゃと(もうし)て、108(おほ)きな誤解(とりちがい)(いた)して()るから、109()初発(はじまり)(こと)から、110(ここ)まで()()(こと)から、111(わる)(たく)みをして()(こと)から、112(ここ)まで()(あし)()()(こと)から、113日本(にほん)(くに)(かみ)はドウでも()いものと(もうし)て、114(てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)をドウでも()いものと(もう)して、115(みな)(かみ)目論見(もくろみ)て、116(おし)()めて、117天地(てんち)(かみ)(もと)()同様(どふやう)(いた)して()りたのを、118何彼(なにか)時節(じせつ)(まい)りて()て、119(われ)我身(わがみ)正体(しょうたい)(あら)はせて(しも)ふて()(こと)から、120何事(なにごと)()一切(いっさい)(こと)から、121末代(まつだい)(こと)から、122(ゆく)(すえ)(こと)まで、123世界(せかい)(はじま)りのいろはから、124変性男子(へんじょうなんし)変性女子(へんじょうにょし)とに、125人民(じんみん)では出来(でき)(こと)()せて()るから、126()けては()はれず、127()ふては()かず、128変性男子(へんじょうなんし)()大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)が、129(むかし)根本(こんぽん)(こと)からを()きをくから、130(これ)()いて(きか)せるのが変性女子(へんじょうにょし)身魂(みたま)(やく)であるぞよ。131変性男子(へんじょうなんし)(むかし)から()(おき)にも()(おき)にも、132(かたち)(かげ)()(こと)()はして()るから、133人民(じんみん)実地(じっち)()()ねば(まこと)(いた)さんのは無理(むり)()けれども、134(あま)疑念(うたがい)(ひど)いので、135十年(じゅうねん)(あま)立替(たてかへ)(おそ)くなりて、136世界中(せかいじゅう)人民(じんみん)(みな)137(うへ)から(した)まで(くる)しむのが(なが)いから、138(かみ)(らち)()くいたすから、139(いま)(うち)(はや)改心(かいしん)いたして(くだ)されよ。140(この)(さき)(なご)立替(たてかへ)にかかりて()りたら、141(むこ)ふの(くに)(もう)して()()うな(むご)(こと)()るし、142日本(にほん)(くに)(これ)だけに、143明治(めいじ)二十五(ねん)から(ひき)(つづ)いて、144何彼(なにか)(こと)145一切(いっさい)(こと)(くち)()とで()らして、146(いま)()()けて()るなれど、147(いま)(わか)らん守護神(しゅごじん)148何彼(なにか)時節(じせつ)(まわ)りて()て、149キリキリ(まい)(いた)すぞよ。150(ここ)まで落度(おちど)()(やう)()らして()るから、151()(つよ)(わか)らん守護神(しゅごじん)よ、152(あと)不足(ふそく)(もう)さんやうに(いた)されよ。153不足(ふそく)ありたら自分(めんめ)(うら)めるより仕様(しよう)()いぞよ。154()()りて()るから、155(なが)らく筆先(ふでさき)()()けて()るのに、156(われ)身体(からだ)()(つい)()(あが)りて()んと、157(いま)守護神(しゅごじん)()きは(いた)さんから、158(わる)(ほう)(ひき)(おと)されて、159(わる)(かがみ)()守護神(しゅごじん)ばかりで()(どく)なれど、160何程(どれだけ)()()けて()らしても、161()って(しま)はねば()身魂(みたま)()いから、162(ここ)までに(てん)先祖(せんぞ)(さま)()先祖(せんぞ)が、163ドウゾと(おも)ふて、164自己(われ)血筋(ちすじ)(いや)(こと)(みな)させて、165()せて()るぞよ。166(まこと)(ぜん)()とつの御道(おんみち)(ひと)にキヅは()けられんから、167(わが)血統(ひっぽう)(いや)(こと)はさして()りたぞよ。168(いま)だに出口(でぐち)(なお)血族(ひっぽう)にさせて()るから、169何事(なにごと)()出口(でぐち)(なお)血筋(ちすじ)所作(しょさ)(がら)()()いて改心(かいしん)(いた)さんと、170()()しの()(かた)では…………是迄(これまで)(すき)()うに()()けたなれど、171二度目(にどめ)()立替(たてかへ)(いた)したら、172全部(さっぱり)()(かた)()えて(しま)ふから、173(いま)(さかい)性念場(しょうねんば)であるから、174(これ)までの()(かた)はチットも(もち)ゐられんやうに、175()(かわ)りて(しも)ふて、176(むかし)いろはからの勉強(べんきょう)(いた)さねば、177学力(がくりょく)ではモウ一寸(いっすん)(さき)()(こと)も、178(あと)(もど)(こと)出来(でき)んやうに()るから、179何事(なにごと)一度(いちど)()守護神(しゅごじん)使(つか)はれて()らんと、180使(つか)はれる肉体(にくたい)()(どく)出来(でき)るから、181(この)(さき)何彼(なにか)(こと)(かみ)(ほう)(きび)しく()るぞよ。182人民(じんみん)穏和(をだやか)()りて、183是迄(これまで)(おも)ふて()りた(こと)が、184(おほ)きな間違(まちがい)でありた(こと)(わか)りて()るぞよ。185是迄(これまで)学力(がくりき)()りたなら(うへ)(のぼ)れた()れど、186学力(がくりき)九分九厘(くぶくりん)(れい)(きか)んやうに仕組(しぐみ)てあるから、187時節(じせつ)には(かた)れんから、188いろはからの勉強(べんきょう)(いた)さんと、189(いま)(がく)では(まこと)(こと)(わか)らんので、190()(わた)れんぞよ。191物質(ぶつ)(がく)との()(をは)りと()りたぞよ。