霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十三年旧八月十日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1900(明治33)年9月3日(旧8月10日)
神霊界掲載号:第63号 11頁 神霊界八幡書店復刻版:第2巻 409頁 七巻本:第4巻 10頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:25頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:12頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (うしとら)金神(こんじん)国武彦命(くにたけひこのみこと)(あら)はれて、002出口(でぐち)()()きおくぞよ。003(うしとら)金神(こんじん)経綸(しぐみ)(おほ)きいから、004(みな)(もの)()(やう)(ちが)ふて()るぞよ。005この結構(けっこう)筆先(ふでさき)を、006(かく)してでも()ちて()りたら、007手柄(てがら)出来(でき)る、008大将(たいしゃう)でも出来(でき)るやうに(おも)ふて()るから、009(みな)役員(やくいん)()()けておくが、010()(かみ)仕組(しぐみ)は、011身魂(みたま)因縁(いんねん)がないと大将(たいしゃう)出来(でき)んぞよ。012モウ(だれ)(なに)をたくみても、013微躯(びくっ)とも出来(でき)んやうに(いた)してあるぞよ。014綾部(あやべ)大本(おほもと)(いま)では粗末(そまつ)大本(おほもと)じゃが、015(これ)でも(いま)結構(けっこう)(わか)りて()て、016(とり)(あい)段々(だんだん)()だすぞよ。017この大本(おほもと)には(たれ)自由(じゆう)にも出来(でき)んやうに(かた)経綸(しぐみ)(いた)してあるぞよ。018(いま)役員(やくいん)(かみ)世話(せわ)をして(くれ)るので()い、019(みな)()れの目的(もくてき)(たて)()るもの(ばか)りじやぞよ。020それでは、021(をも)わくが(みな)(はづ)れるぞよ。022(かみ)人民(じんみん)御蔭(おかげ)()りたいが(こころ)充満(いっぱい)であれども、023(まこと)(こころ)()(ゆへ)種々(いろいろ)災難(こと)出来(でき)るのじゃぞよ。024(かみ)(をや)(わざ)のやうに(まう)すなれど、025世界(せかい)(こと)(みな)自分(われ)(こころ)(うつ)りて、026(その)(こころ)だけの(こと)出来(でき)るのじゃぞよ。027それで()(こころ)()てと(かみ)(まう)すのであるぞよ。028不調法(ぶちゃうほう)()ておいて、029親神(おやがみ)(うら)めたり、030(わる)(こと)(たく)みて()いて、031(をも)わくに()かんと(まう)して、032親神(をやがみ)不足(ふそく)(まう)して()ても、033そんな人民(じんみん)は、034(かみ)(ほう)から(つな)()らねば仕様(しやう)()いぞよ。035(いま)綾部(あやべ)大本(おほもと)最初(はじめ)大事(だいじ)(とこ)()るから、036(かみ)(まう)()けた(こと)()かぬ役員(ひと)は、037綾部(あやべ)大本(おほもと)(かま)はさん(こと)(いた)さねば、038肝腎(かんじん)(かみ)経綸(しぐみ)邪魔(じゃま)になりて、039物事(ものごと)(おく)れるから、040041神界(しんかい)(まう)(わけ)()(こと)出来(でき)()るぞよ。042(いま)役員(やくいん)(あま)(こころ)(ちい)さいから、043(この)大望(たいもう)二度目(にどめ)岩戸(いわと)(びら)きの御用(ごよう)には()()はんから、044一時(ちっと)(はや)(こころ)(もち)()へて、045モチト(おほ)きい(こころ)()らねば、046いつ(まで)(わか)らんと、047神界(しんかい)御目(おめ)(あま)りて()るぞよ。048()んでも改心(かいしん)さして今度(こんど)御用(ごよう)(たて)てやりたいと(おも)ふて(かみ)(こころ)(くだ)けども、049何時(いつ)までもソンナ(こと)(かか)りて()(ひま)がないから、050(いま)(かみ)堪忍袋(こらへぶくろ)()れると、051世界(せかい)何事(なにごと)()ろうやら(わか)らんぞよ。052(この)(ほう)(むかし)神代(かみよ)から()()ちて()りて、053苦労(くろう)(いた)した(ゆへ)054(この)()()では()かんと()(こと)心底(しんそこ)から(わか)りたからクドウ()()かすのじゃ、055(わる)きことは(もう)さんぞよ。056世界(せかい)自由(じゆう)(いた)(かみ)でさえも()縮尻(しくじり)たのであるから、057(たれ)()らず()()くものなら()りて()よ。058智慧(ちえ)(がく)()くと(おも)ふなら()りて()るが()いぞよ。059スコタン(ばか)りじや。060跡戻(あともど)(ばか)りで物事(ものごと)成就(じょうじゅ)すると()(こと)()いぞよ。061(いま)世界(せかい)人民(じんみん)(あま)鼻高(はなだか)(ばか)りで(かみ)閉口(へいこう)じゃ、062エライ御方(おかた)(ばか)りじゃなあ。063この()ちぶれた出口(でぐち)(なを)()んな(こと)()かせると、064利巧(りこう)(ひと)鼻高(はなだか)(ひと)()って(なぶ)りて(やろ)うかと(まう)して()るものも()るなれど、065(この)()ちぶれものが手本(てほん)なしに()放題(ほうだい)()いた(こと)(みな)実現(でて)()るのじゃぞよ。066(めづ)らしき(こと)()()せて()るぞよ。067()んな経綸(しぐみ)利巧(りこう)やら智慧(ちえ)(がく)では(わか)らんぞよ。068足立(あだち)殿(どの)エラソウに(まう)して敵対(てきた)ふて御座(ござ)るが、069(この)仕組(しぐみ)(わか)りて()りて(てき)たうて()るのか。070京都(きゃうと)杉田(すぎた)大分(だいぶ)敵対(てきた)うて()るが、071(かみ)もモチイト改心(かいしん)(いた)して一心(いっしん)(ねが)へば()()みあれど二度(にど)とは()()みは()いぞよ。072杉田(すぎた)(いま)(おに)邪神(をろち)(こころ)()りて()るぞよ。073それでは(かみ)布教師(とりつぎ)とは(もう)さんぞよ。074杉田(すぎた)行状(をこない)(かみ)気勘(きかん)(かな)はん()(かた)075(いま)(かみ)(みち)布教師(とりつぎ)(かみ)松魚節(かつをぶし)(いた)して、076自分(われ)目的(もくてき)(たて)るもの(ばか)りであるが、077(これ)からは一日(いちにち)()しに(かみ)経綸(しぐみ)()けて()せて、078布教師(とりつぎ)いたして()るもの(みな)審判(あらため)いたして陶汰(そぐり)たてるぞよ。079金光(こんこう)殿(どの)(まこと)()(どく)なものじゃ。080(なが)らくの御苦労(ごくろう)(あと)布教師(とりつぎ)無駄(むだ)(いた)して、081教旨(をしえ)結構(けっこう)なれど(みな)取次(とりつぎ)慢心(まんしん)いたして、082金光殿(こんこうどの)(をしへ)(まも)りて()るものは()いゆへ、083段々(だんだん)(かみ)(みち)(かわ)りて()て、084()りて(たか)りて(をし)えを(こしら)へて、085全然(まるきり)ヤシの()(かた)086(まこと)金光(こんこう)殿(どの)()(どく)であるから。087出口(でぐち)(なを)()筆先(ふでさき)()して、088金光(こんこう)殿(どの)(ほう)()()けたなれど、089(みな)取次(とりつぎ)自分良(われよ)しの()(かた)()るから、090一寸(ちょっと)()()れず、091(かへ)って(まこと)(うしとら)金神(こんじん)(いま)(わる)(もう)すもの(ばか)りであるぞよ。
092 この経綸(しぐみ)(むかし)(もと)から(なが)らく(かか)りた大望(たいもう)仕組(しぐみ)であるから、093予備(ひかへ)何程(なにほど)でも(こしら)えて()るから、094油断(ゆだん)いたさんやうに気緩(きゆる)しはならん御道(おみち)じゃぞよ。095金光(こんこう)殿(どの)布教師(とりつぎ)金光(こんこう)殿(どの)より(うへ)()きやうに(おも)ふて()るから、096今度(こんど)のアノ体裁(ていさい)097金光(こんこう)殿(どの)取次(とりつぎ)だけじゃ、098日本(にほん)だけの(をしへ)をいたす教祖(きゃうそ)じゃ。099出口(でぐち)100上田(うへだ)三千世界(さんぜんせかい)を、101()立替(たてか)への御役(おやく)であるぞよ。102(これ)から筆先(ふでさき)(かか)して()いて()かせば(わか)りかけるぞよ。103世界(せかい)(もと)真理(わけ)(もう)すものは綾部(あやべ)大本(おほもと)()()ねば(なに)(わか)らんぞよ。104ドンナ(えら)智者(ちしゃ)でも学者(がくしゃ)でも、105(この)大本(おほもと)()()ねば実地(じっち)(こと)(わか)らんぞよ。106(いま)()ちぶれものに大望(たいもう)御用(ごよう)()してあるので(だれ)(まこと)には(いた)さねど、107細工(さいく)流々(りうりう)仕上(しあ)げを御覧(ごろ)うじ、108吃驚(びっくり)さして改心(かいしん)をさすぞよ。109敵対(てきたう)()(ひと)(はや)大本(おほもと)()(くだ)され、110()ちて()るぞよ。111チトぼつぼつと()()(くだ)さらんと、112(かげ)敵対(てきた)うて()りても、113物事(ものごと)(をそ)くなるぞよ。114(この)大本(おほもと)変性男子(へんぜうなんし)変性女子(へんぜうにょし)とに世界(せかい)(こと)()らせるぞよ。115()(もの)やら狂人(きちがい)やら()けの(わか)らんやうに(いた)してをいて、116世界(せかい)にある(こと)()らして()るぞよ。117チット量見(りょうけん)(ちが)(ひと)出来(でき)るで()ろう。118(あま)我慾(がよく)(ばか)りを(おも)ふて()ると一旦(いったん)天地(てんち)(ひき)()げに(いた)すぞよ。119(かみ)日々(にちにち)手伝(てつど)ふて、120(これ)だけ苦労(くろう)をいたして、121人形(にんげう)使(つか)(ごと)くにして()りても(なに)()からん人民(じんみん)ばかり、122(この)(こと)変性男子(へんぜうなんし)123女子(にょし)因縁(いんねん)()いて()かせば(むかし)からの(こと)(わか)りて改心(かいしん)出来(でき)るぞよ。