霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十三年旧八月十一日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1900(明治33)年9月4日(旧8月11日)
神霊界掲載号:第63号 13頁(次号に続く) 神霊界八幡書店復刻版:第2巻 411頁 七巻本:第4巻 19頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:28頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:14頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-06-19 20:42:29 OBC :os119
001 (この)筆先(ふでさき)毛筋(けすじ)(ちが)はん(こと)(かか)して()くぞよ。002(かか)した(こと)(みな)実現(でて)()るぞよ。003綾部(あやべ)大本(おほもと)(ほか)教会(きゃうかい)とは(ちが)ふから、004(たれ)にも(わか)らん経綸(しぐみ)がしてあるから、005(わが)目的(もくてき)(たて)()たとても(そこ)(わか)らん経綸(しぐみ)(いた)して()るから、006実地(じっち)(こと)はモチト(さき)にならんと(まう)さんぞよ。007(いま)(もう)すと(かへ)りて(わる)(こと)があるから、008微躯利(びくり)とも出来(でき)んやうに(いた)して()るぞよ。009目的(もくてき)(たて)()てはスコタン()ふて()ぬものまだまだ出来(でき)るぞよ。010(なに)(さき)(かか)してをくぞよ。011綾部(あやべ)()(もの)012狂人(きちがい)()()てやろうと、013(なぶ)(ごころ)()るものもあるぞよ。014また(まこと)()きに()るものも()るぞよ。015()仕組(しぐみ)じゃぞよ。016上田(うへだ)阿房(あほう)()りて()ざれよ、017面白(をもしろ)(こと)出来(でき)るぞよ。018足立(あだち)()言触(ことふ)れじゃが、019(これ)でも役員(やくいん)()()ざれ、020細工(さいく)仕上(しあ)げを()(もら)はんと()()しは(わか)らんぞよ。021(ひと)口車(くちぐるま)()るとスコタンに転覆(なる)ぞよ。022艱難(かんなん)苦労(くろう)して(まこと)(つく)して()りた人民(じんみん)には今度(こんど)はチト()神徳(おかげ)(さづ)けるなれど、023(はら)のドン(ぞこ)(まで)見抜(みぬ)かんと(まこと)(こと)(もう)さんぞよ。024それで(この)大本(おほもと)(むつ)(しい)のじゃぞよ。025(いま)人民(じんみん)近慾(ちかよく)なから、026何程(なにほど)(まこと)(こと)(もう)しても、027(いま)ではまだ(まこと)(いた)さんから、028実地(じっち)(こと)()はれず、029()はんから(わか)らんなり、030(まこと)(いま)(もう)しても(まこと)(ひと)()いから(とり)(ちが)(ばか)りが出来(でき)るなり、031(こま)ったものなれど、032モウ(しばら)くの(ぎゃう)であるから上田(うへだ)どのは辛抱(しんぼう)して(つと)めて(くだ)され。033(かみ)出口(でぐち)(なを)苦労(くろう)いたした(こと)(をも)ふたら()(らく)なものじゃぞよ。034世界(せかい)余程(よほど)混雑(こんざつ)になって()んと綾部(あやべ)(をも)わくは()たんぞよ。035(いま)(うち)は、036()るやうに()ておりて(くだ)され。037大望(たいもう)()みたとても却々(なかなか)()立替(たてかへ)であるから、038()(こと)(ばか)りを()ちて()りても、039余程(よほど)(こころ)洗濯(せんたく)(いた)して()らんと、040間違(まちが)いの出来(でき)(ひと)大分(だいぶ)あるぞよ。041(わが)身魂(みたま)次第(しだい)で、042今度(こんど)はドンナ(こと)でも出来(でき)るなれど、043誤解(とりちがい)があると(かへ)って()(どく)(こと)になりて()るぞよ。044(かみ)位格(そなえ)出来(でき)るやうに()りたら、045(みな)結構(けっこう)にして、046(まこと)(ひと)から(かみ)御礼(おんれい)(まう)すぞよ。047(いま)(わか)らんので(みな)色々(いろいろ)心配(しんぱい)(いた)して()れども、048何事(なにごと)(ちが)いは()いぞよ。049()仕組(しぐみ)(いま)(もう)しても人民(じんみん)では()()けんから、050出口(でぐち)には筆先(ふでさき)かかし、051上田(うへだ)には霊学(れいがく)()けさすなり、052実地(じっち)(こと)()()せられん(こと)もあるぞよ。053腸底(はらわた)まで見貫(みぬ)かんと実地(じっち)筆先(ふでさき)()せんが()いぞよ。054(これ)出口(でぐち)上田(うへだ)心中(はら)中々(なかなか)実地(じっち)はまだまだ()せられんぞよ。055(さき)(たの)しみじゃぞよ。056遠国(えんごく)から(うま)(こと)(まう)して()ても、057上田(うへだ)(いま)(うち)実地(じっち)(こと)(まう)すで()いぞよ。058真正(まこと)経綸(しぐみ)()だまだ(ひと)には()はれんぞよ。059この経綸(しぐみ)因縁(いんねん)(わか)らんから、060(ひろ)まる(ほど)一旦(いったん)(われ)目的(もくてき)()てに(まい)るなれど、061身魂(みたま)因縁(いんねん)()くては(この)御用(ごよう)出来(でき)んぞよ。062いろいろと(かわ)るから、063(ほか)教会(きゃうかい)でも却々(なかなか)(むつ)ケしいから、064()して綾部(あやべ)三千世界(さんぜんせかい)大本(おほもと)にコンナ(とこ)がなる経綸(しぐみ)であるから、065チット気苦労(きぐろう)もあれども、066()(こと)天晴(あっぱれ)世界(せかい)(わか)りて()たら世界(せかい)(ひと)つに(まる)める(もと)じゃに()って、067春一(はるいち)どのも(いま)(うち)行状(をこない)()へなされ、068(いま)精神(せいしん)(もち)(かた)では()(どく)があるぞよ。069今迄(いままで)(かみ)教会(きゃうかい)結構(けっこう)(とこ)のやうに()るが、070(なに)(もう)しても暗雲(まっくら)()(なか)仕組(しぐみ)であるから、071(あけ)(からす)となりて()たら、072(きた)なうて()()けて()られんぞよ。073夜分(やぶん)(いた)した(こと)は、074(ろく)(こと)出来(でき)よまいがな。075(かみ)(こころ)もチットは推量(すいりゃう)して(くだ)され。076それに()いては、077役員(とりつぎ)(まこと)世話掛(せわがか)御苦労(ごくろう)なれど、078(たれ)にも(いま)では世話(せわ)()せられんから、079ドウゾ(しばら)くの(ところ)()ろう(やう)(いた)して()りて(くだ)されよ。080(これ)だけに(まこと)(ひと)(ほね)()って心配(しんぱい)(いた)し、081布教者(とりつぎ)(のど)から()()るやうな気苦労(きぐろう)(いた)して(ひと)(たす)ける(ため)に、082(ひと)(たの)まん(こと)世界(せかい)(こと)(をも)ふのも、083(みな)(むかし)から身魂(みたま)(ふか)因縁(いんねん)あるゆへじゃから、084モウ(しばら)くの(ところ)忍耐(こばり)(くだ)され、085(かみ)()けて()せるぞよ。086(これ)時節(じせつ)(まい)りたのじゃぞよ。#087から096は、#099から107と同じ文章だったため削除した。神霊界誌第63号と翌64号に分けて掲載されたため、重複したと思われる。第63号では#096まで。第64号は#099から。087088089090091092093094095096
097 (うしとら)金神(こんじん)大本(おほもと)は、098三千世界(さんぜんせかい)大洗濯(おほせんたく)(いた)(たふと)(とこ)であるから、099何程(なにほど)金銀(きんぎん)()んでも、100身魂(みたま)因縁(いんねん)()くては出来(でき)世話(せわ)であるぞよ。101()(かは)りには(この)(こと)成就(じょうじゅ)(いた)したら、102世界(せかい)結構(けっこう)()りて万古(まんご)末代(まつだい)()(のこ)御用(ごよう)であるぞよ。103()(のこ)ると()(こと)は、104(これ)までの(なに)(みち)でも(みち)(ひら)くのは一寸(ちょっと)やソツトでは成就(じょうじゅ)いたさねど、105(うしとら)金神(こんじん)(むかし)から(かく)れて(なに)()もに()りて()御蔭(おかげ)で、106出口(でぐち)咽喉(のど)から()()憂目()(あは)したなれど、107(その)(つぎ)御世嗣(およつぎ)(また)(らく)なぞよ。108それでも(あま)(らく)とは(をも)ふまいがな。109因縁(いんねん)身魂(みたま)(みな)(ここ)(ひき)よして大望(たいもう)御用(ごよう)()してあるが、110出口(でぐち)(なを)苦労(くろう)はまた格別(かくべつ)じゃぞよ。111今度(こんど)苦労(くろう)為終(しじま)い、112モウ段々(だんだん)()のさきは()くなる(ばか)りであるぞよ。113(ほか)教会(きゃうかい)(やまい)(なを)して(ひと)一人(ひとり)でも沢山(たくさん)()せたり、114立派(りっぱ)教会(きゃうかい)(たて)(ひろ)めさえ()たら()いので()れども、115(うしとら)金神(こんじん)大本(おほもと)はソンナ教会(きゃうかい)とは天地(てんち)相違(さうゐ)であるから、116百鳥(もづ)(すずめ)一所(いっしょ)には()せんぞよ。117今度(こんど)二度目(にどめ)(あま)岩戸(いはと)(びら)きに()()因縁(いんねん)身魂(みたま)ばかりを(ひき)()せて、118(むかし)からの経綸(しぐみ)成就(じょうじゅ)いたさす三千世界(さんぜんせかい)大本(おほもと)()るから、119今迄(いままで)教会(きゃうかい)(やう)(おも)ふて()りたら薩張(さっぱ)慮見(りょうけん)(ちが)うぞよ。120天理(てんり)121金光(こんこう)122黒住(くろずみ)123妙霊(みょうれい)124()(この)大望(たいもう)()(ゆへ)(かみ)から(さき)()したのであれども、125(あと)取次(とりつぎ)(かみ)(こころ)(わか)らんから、126(みな)教会(きゃうかい)(いた)して(しも)ふて、127(かみ)(をも)わくは()とつも(たた)ず、128口糊(くつつぎ)(たね)(かみ)をいたして、129(われ)(かみ)真似(まね)ばかりを(いた)して、130日本(にほん)(かみ)()()るく(いた)して()るが、131(これ)(みな)()(あし)守護(しゅご)であるぞよ。132教会(きゃうかい)布教師(とりつぎ)よりも(ひら)信者(しんじゃ)(ほう)(まこと)があるぞよ。133(いま)取次(とりつ)(これ)()いと(をも)ふて()るから、134(まこと)生神(いきがみ)(まう)(こと)は、135チットも(みみ)這入(はい)らんぞよ。136(まこと)(かみ)(をもて)天晴(あっぱれ)(あら)はれると、137今迄(いままで)の、138(かみ)松魚節(かつをぶし)にいたして()りた教会(きゃうかい)取次(とりつぎ)は、139()()しに(つら)くなりて()て、140ヂリヂリ()いを(いた)さなならん(こと)出来(しゅったい)するから、141日々(にちにち)()()けて()りても守護神(しゅごうじん)邪魔(じゃま)しられて(きき)()れんぞよ。