霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正七年旧二月二十六日続

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1918(大正7)年4月7日(旧2月26日)
神霊界掲載号:第64号 7頁 神霊界八幡書店復刻版:第2巻 445頁 七巻本:第4巻 28頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 二度目(にどめ)()立替(たてか)へは、002(ほね)()れると(もう)して()(とほ)りに、003何事(なにごと)も、004末代(まつだい)経綸(こと)(きま)るのであるから、005(この)(さき)()は、006(いは)(まつ)()となるから、007(うめ)(ひら)ひて(まつ)(をさ)める天地(てんち)先祖(せんぞ)が、008(ここ)(まで)()けて守護(しゅごう)(いた)して()りたなれど、009モウ変化(ばけ)ては()れんから、010二度目(にどめ)(あま)岩戸(いわと)(びら)きを(いた)して、011(ぜん)(あく)との守護神(しゅごうじん)を、012(すみや)かに(たて)()けて、013日本(にほん)(もと)霊主体従(ひのもと)大神(おほかみ)血筋(ちすじ)で、014(まぜ)()しの水晶(すいしゃう)(たね)(をさ)める時節(じせつ)(めぐ)りて()たから、015(これ)までの()(かた)法律(ほうりつ)薩張(さっぱ)革新(かえ)てしまうて、016人民(じんみん)(こころ)(そこ)(まで)改革(かへ)(しま)ふから、017今迄(いままで)()うな贅沢(ぜいたく)は、018チットも()さんやうに、019(きび)しく()るぞよ。020(いま)のやうな()(もち)(かた)では、021世界中(せかいぢう)()()かむぞよ。022(かみ)(まう)(こと)素直(すなを)()いて、023()(をこな)ひを(いた)(こころ)守護神(しゅごうじん)使(つか)はれて()肉体(にくたい)は、024ドンナ激甚(ゑらい)大立替(おほたてか)への(なか)でも、025歓喜(うれし)()らされるなり、026敵対心(てきたいごころ)のある守護神(しゅごうじん)使(つか)はれて()肉体(にくたい)は、027(ひと)()から()ても()(わか)るから、028(かみ)猶更(なをさら)()(わか)るぞよ。029綾部(あやべ)大本(おほもと)へは、030ドンナ身魂(みたま)()()して、031(ぜん)(あく)とを(たて)()けて、032明白(ありやか)()せるから、033発根(ほっごん)改心(かいしん)をいたす()うに、034初発(しょっぱつ)から加賀美(かがみ)()して()るぞよ。