霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十五年旧四月三日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1902(明治35)年5月10日(旧4月3日)
神霊界掲載号:第64号 8頁 神霊界八幡書店復刻版:第2巻 446頁 七巻本:第4巻 30頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:39頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:18頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (うしとら)金神(こんじん)稜威発揮神(でぐちのかみ)(あら)はれて、002二度目(にどめ)()立替(たてか)への守護(しゅごう)(いた)すぞよ。003()逆様(さかさま)()って()るのを、004(うしとら)金神(こんじん)表面(おもて)()出口(でぐち)取次(とりつぎ)()(もと)(もど)すぞよ。005(この)(かみ)(をもて)になりたら、006()ぎに龍宮(りゅうぐう)乙姫様(をとひめさま)(あら)はれなさるぞよ。007改心(かいしん)(はや)出来(でき)御方(おかた)から、008出世(しゅっせ)をさすので()るから、009今度(こんど)は、010自我()()りて()るほど出世(しゅっせ)(をそ)くなるぞよ。011変性女子(へんぜうにょし)もチト()()らんと、012(みな)難渋(なんじゅう)(いた)すぞよ。013今度(こんど)仕組(しぐみ)(うしとら)金神(こんじん)(まう)すやうに(いた)さねば、014(よこ)経綸(しぐみ)()ろうと(をも)ふたとて、015(さき)()(ほど)()(あた)りて、016物事(ものごと)(をく)れて、017(みな)(くる)しむ(ばか)りで()るから、018一日(いちにち)(はや)守護(しゅごう)(かか)らんと、019却々(なかなか)大望(たいもう)であるぞよ。020(この)大本(おほもと)に、021世界(せかい)所作柄(じょさがら)()して()せて()るから、022この大本(なか)様子(やうす)()()ておくが()いぞよ。023大本(おほもと)()りた(こと)は、024世界(せかい)(みな)あるぞよ。025明治(めいじ)二十五(ねん)から出口(でぐち)()はす(こと)は、026(ひと)つも(かは)りた(こと)()はして()いぞよ。027(おな)(こと)ばかりが()はしてあるぞよ。028世界中(せかいぢう)(こと)であるから、029筆先(ふでさき)()した(こと)は、030(みな)世界(せかい)から段々(だんだん)()()()るのに、031()(うたが)ふて、032誤解(とりちがい)(いた)して()るぞよ。033(ひと)()のふが、034世界(せかい)(つぶ)れやうが、035多勢(おほぜい)人民(じんみん)(くる)しまふが、036自分(われ)さえ()けりや()いといふやうな(こころ)()ると、037(われ)(さき)泥溝(どぶ)(はま)って、038(くる)しむ(こと)出来(でき)てくるぞよ。039(ひと)(ひと)をと(おも)ふ、040(まこと)(ぜん)精神(せいしん)でさや()りたなれば、041(かみ)見届(みとど)けて、042(その)(うへ)で、043その(ひと)(たす)ける(かみ)()るなれど、044信心(しんじん)をいたして、045間違(まちが)ふた(こころ)(この)大本(なか)()ておると、046大変(たいへん)(つら)(こと)()るぞよ。047(この)大本(おほもと)は、048世界(せかい)調査(しらべ)(いた)(たふと)(とこ)であるのに、049(みな)のものが、050罪科(めぐり)()って()てをいて、051(われ)(うま)目的(もくてき)(はづ)れたと(まう)して、052反対(あらこら)大本(おほもと)(うら)めるやうな(こころ)()りたら、053肝腎(かんじん)罪科(めぐり)()れずに()える(ばか)りで()るから、054(なが)らく(くる)しみがあるから、055(この)大本(なか)這入(はい)って()りて、056(かみ)出口(でぐち)(うら)めるやうな精神(せいしん)()りたら()()(くる)しみが出来(でき)るぞよ。057(ここ)(ひき)()して、058(はや)改心(かいしん)さして、059()()()りたいと(おも)ふて(いた)(こと)を、060(さか)()るから物事(ものごと)逆様(さかさま)(かへ)りて(しま)ふぞよ。061()れで、062筆先(ふでさき)()はむと(をも)ふたら、063自分(われ)(はら)(なか)(かんが)えて()よれと(まを)すのじゃ。064(ちが)精神(せいしん)()りたら物事(ものごと)(ちが)ふて()ると(もう)して筆先(ふでさき)()してあろうがな。065(この)筆先(ふでさき)(ひと)つも(ちが)(こと)(かか)してないぞよ。066(をそ)(はや)しはあるなれど、067(なが)らくの経綸(しぐみ)であるから、068()きに()(こと)(ばか)りは()いなれども(うそ)はチットも()かして()いぞよ。069()()御在(ござ)れよ、070追々(をいをい)()()るぞよ。071()()御在(ござ)御方(おかた)にチット(はげ)しき神様(かみさま)(ばか)りが(をもて)(あら)はれなさると世界(せかい)(はげ)しくなるから、072そこに()ると世界(せかい)罪穢(めぐり)(みな)(わか)りて()るから、073各自(めいめい)罪穢(めぐり)()(こと)(わか)らむから、074()()(かみ)(うら)めるものが多数(たっぴつ)()()るぞよ。075罪穢償却(めぐり)()()るのは、076世界(せかい)(これ)からで()るぞよ。077(たか)(とこ)(あが)りてエラソウに(いた)して()りた人民(じんみん)078チット(これ)からは()(どく)(こと)(かは)るぞよ。079そこになりてから(かみ)(すが)りたとて、080(きき)()みは()いぞよ。081()(さめ)人民(じんみん)世界(せかい)には大分(だいぶ)出来(でき)るぞよ。082()(もち)()りには()せんと(もう)して毎度(まいど)筆先(ふでさき)()してあろうがな。083(この)()()るから出口(でぐち)(くち)()はせ筆先(ふでさき)(かか)して()らして()りたなれど、084(うたが)いが(なが)きゆへ、085(あけ)(からす)(いた)して()(さま)して()せるぞよ。086(をそ)くなる(ほど)世界(せかい)(わる)くなるぞよ。087(この)大本(おほもと)()()御在(おいで)神様(かみさま)と、088()()ちて()(かみ)とは(をも)ひが(ちが)ふから(こころ)()はむ(はづ)(こと)じゃぞよ。089モウ()(あま)(みだ)れて()てんやうに()りたから、090()(あら)はれて()立直(たてなを)しを(いた)(かみ)と、091(この)(まま)何時(いつ)までも(つづ)かして(ゆか)うとする(かみ)との(たたか)いで()るから、092(この)大本(おほもと)(むづ)(しい)のじゃぞよ。093今度(こんど)今迄(いままで)()()()りて、094()(もち)(あら)した(かみ)力競(ちからくら)べを(いた)すので()るから、095(いま)神界(しんかい)では(かみ)(かみ)との大戦争(おおたたか)ひであるぞよ。096()綾部(あやべ)大本(おほもと)世界(せかい)出来(でき)てくる(こと)を、097(まへ)実地(じっち)(かた)がして()せて()るから、098十分(じゅうぶん)()()けて(かんが)えておくが()いぞよ。099大本(おほもと)病気(びゃうき)(なを)しのやうな(ちい)さい(とこ)()いから、100(たれ)(おほ)きな(こころ)()(もら)わむと、101量見(りゃうけん)(ちが)ふぞよ。102何事(なにごと)なりとも(たの)めば()()みはあれども、103(うしとら)金神(こんじん)()(みだ)れた()立直(たてなを)しを(いた)す、104大望(たいもう)御役目(おやくめ)であるから、105()()はして(おが)みて()るばかりでは(なに)(わか)らんぞよ。106今迄(いままで)(きた)ない(こころ)(すて)(しも)ふて、107(まこと)(ひと)つの神心(かみごころ)になりて()んと、108(なに)(わか)らんぞよ。109いつも改心(かいしん)改心(かいしん)(まう)すのは、110今迄(いままで)(こころ)薩張(さっぱ)()えて()れと(まう)すのじゃぞよ。111大本(おほもと)(みち)為安(しよ)信心(しんじん)出来(でき)にくい御道(おみち)であるぞよ。112(うま)(こと)(まう)して(ひと)(ひき)()して、113陽気(ようき)信心(しんじん)するやうな教会(きゃうかい)()(かた)とは(ちが)ふから、114何彼(なにか)()けて(ほね)()れるなれど、115三千年(さんぜんねん)(この)仕組(しぐみ)(はな)(ひら)時節(じせつ)(まい)りたのであるから、116弥々(いよいよ)今度(こんど)上下(うへした)(かへ)るのであるから、117(かみ)にも(ぶつ)にも人民(じんみん)にも()らして()れども、118(いま)()()()()(まま)(この)()(さき)()けるやうに(おも)ふて()()りて()ると、119(たれ)()らず()げも()ろしも()らん(こと)になりて()るぞよ。120(さき)()えるが(まこと)(かみ)であるぞよ。121(まこと)()ふものは、122(えら)いものであるなれど、123(まこと)なき(ひと)途中(とちう)(もの)(かわ)るから、124今度(こんど)(こと)(まこと)(つらぬ)かねばならんから、125(うしとら)金神(こんじん)(をしえ)(ほね)()れるなれど、126(つらぬ)いたならば、127(この)()には(こわ)いものの()(かみ)であるぞよ。128(いま)人民(じんみん)()御用(ごよう)(つと)()げる身魂(みたま)(すく)ないぞよ。129人民(じんみん)身魂(みたま)(もと)(かみ)分身魂(わけみたま)であるから、130(みが)けば()()るなれど、131(いま)(くも)りた人民(じんみん)却々(なかなか)早速(さっそく)(みが)けむから、132(これ)だけに(ほね)()れるなれど、133(この)大本(おほもと)御用(ごよう)いたす身魂(みたま)多人数(おおぜい)()らぬなれど、134何程(なにほど)(かみ)()()かしても()人民(じんみん)一寸(ちょっと)()いから、135世界(せかい)物事(ものごと)(おそ)くなるのであるぞよ。136何時(いつ)まで(おな)(こと)(まう)して()りても、137()逆様(さかさま)になりて()るのであるから、138()(こと)(まう)せば(わる)()えるなり、139(わる)(こと)(いた)しても(ひと)(たばか)りても、140羽振(はぶり)()(いた)せば(いま)時節(じせつ)(ひと)から(ほめ)時節(じせつ)であるから、141(こころ)()いさうな(こと)()いなれど、142(これ)でも時節(じせつ)(まい)りたから(あく)ではモウ()ちては()かぬから、143(はや)改心(かいしん)いたして、144(まこと)(こころ)になりて、145日本(にほん)人民(じんみん)行状(をこない)(いた)さぬ(こと)には、146(かみ)(きき)()()(こと)になりたぞよ。147日本(にほん)外国(がいこく)(おな)精神(せいしん)()()りて(しも)ふて()るから、148二度目(にどめ)()立替(たてかへ)がはじまりたら、149(あま)(おほ)きな()(ちが)いで、150(かど)へも()られむやうに(はづ)かしう()るから、151改心(かいしん)するなら(いま)(うち)であるぞよ。152(いま)天地(てんち)(かへ)りて()て、153(うへ)(した)になり(した)(うへ)()りて、154三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)155(うめ)一輪(いちりん)経綸(しぐみ)()(ばな)()時節(じせつ)(ちか)よりたぞよ。