霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十五年旧七月十六日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1902(明治35)年8月19日(旧7月16日)
神霊界掲載号:第70号 8頁 神霊界八幡書店復刻版:第3巻 194頁 七巻本:第4巻 63頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:46頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:20頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 明治(めいじ)三十(ねん)には立替(たてか)へを(いた)すと(まう)して筆先(ふでさき)()してあるが、002明治(めいじ)二十五(ねん)からの筆先(ふでさき)をよく()(もろ)ふと、003()ッとも(ちが)ひは(いた)さんぞよ。004毎度(まいど)(まう)してある、005日本(にほん)(だけ)(こと)()いから、006大事業(たいもう)(まう)すのぢゃが、007初発(しょっぱつ)天竺(てんじく)にあれだけの(こと)がありても、008(いま)世界(せかい)人民(じんみん)自己(われ)脚下(あし)(かか)りて()ねば、009他人(ひと)(こと)なら左程(さほど)には(おも)人民(じんみん)()()いぞよ。010(つぎ)外国(外国(がいこく))(まう)して筆先(ふでさき)()してありて、011外国(がいこく)不思議(ふしぎ)(こと)ありても、012まだ筆先(ふでさき)(うそ)ぢゃと(まう)して、013不足(ふそく)(まう)して()るのが大分(だいぶ)()るが、014(いま)人民(じんみん)(をに)より(をろち)よりも邪慳(じゃけん)なぞよ。015(をに)016(をろち)(ほう)(はや)改心(かいしん)出来(でき)()るが、017世界(せかい)人民(じんみん)醜悪(きたなさ)といふのは、018(あま)見苦(みぐる)して、019根元(もと)(かみ)()からは()られんぞよ。020世界(せかい)人民(じんみん)には一人(ひちにん)守護神(しゅごうじん)一人(いちにん)()けてあると(まう)して筆先(ふでさき)()してあらうがナ。021それで()(こころ)()てば()守護(しゅごう)出来(でき)る、022()るき(こころ)()ちて()ると()るい守護(しゅごう)出来(でき)るから、023よく(わか)るやうに出口(でぐち)()()らしてあれど、024(いま)世界(せかい)人民(じんみん)サンは(みな)鼻高(はなだか)ばかりで、025(この)筆先(ふでさき)(われ)から()てくれる(もの)()かりたのぢゃぞよ。026(この)艮之(うしとらの)金神(こんじん)経綸(しぐみ)は、027筆先(ふでさき)をよく(はら)()れて、028行状(おこない)さへ出来(でけ)るやうに()りたら、029(いや)(まう)しても表面(おもて)()るなれど、030現在(げんざい)行状(おこない)表面(おもて)()りても十分(じゅうぶん)神力(ちから)()されんから、031(はや)行状(おこない)()へて()れいと(まう)すのぢゃぞよ。032あれでなりゃこそと他人(ひと)から()ても(もう)すやうに()りたら、033自然的(ぬしがで)表面(おもて)になるぞよ。034従来(これまで)行状(やりかた)して()りて(うしとら)金神(こんじん)表面(おもて)()さうと(いた)しても、035何時(いつ)()りても表面(おもて)にはならんから、036其点(そこ)(わか)らんと何時(いつ)(まで)(みな)(くるし)むばかりぢやぞよ。037艮之(うしとらの)金神(こんじん)()(みち)ありては表面(おもて)にはならんから、038()(すじ)(みち)()りて仕舞(しま)はんと物事(ものごと)成就(ぜうじゅ)(いた)さんぞよ。039(みな)(くる)しみて()るのを()()()(ほう)040(こら)(ぶくろ)()れん(うち)万望(どうぞ)(ひと)つの(みち)になりて(くだ)され。041それを敵対(てきた)うて()かんならビクリとも出来(でき)んやうに(いた)すが、042()れが承知(しょうち)なら()(とこ)(まで)()って()よれ。043じりじり()はして()るぞよ。