霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治四十一年旧十月十日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1908(明治41)年11月3日(旧10月10日)
神霊界掲載号:第71号 8頁 神霊界八幡書店復刻版:第3巻 226頁 七巻本:第4巻 93頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:109頁 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os139
001 力量(ちから)のある(もと)(かみ)は、002(みな)()零落(おち)()りたから、003(みな)(そろ)ふて、004さッぱり(この)()立替(たてかへ)(いた)すから、005根本(もと)(こしら)へた活神(いきがみ)守護(しゅごう)は、006これ(くらい)神力(しんりき)があるといふ(こと)を、007世界(せかい)()せるから、008(この)結構(けっこう)日本(にほん)(くに)の、009大和魂(やまとだましい)性来(しょうらい)といふ種子(たね)()いやうに()りて(しま)ふて()るのを、010(もと)日本(にほん)(くに)()(なほ)さなならんので(ほね)()れることなれど、011日本(にほん)(くに)末代(まつだい)(つづ)かせねば()らぬ、012()(もと)天地(てんち)大神(おほかみ)のお住所(すまゐ)(いた)(くに)であるから、013外国(がいこく)悪神(あくがみ)自由(じゆう)には、014向後(このさき)()らんぞよ。015()()()れる(かみ)さん、016()()(かた)(わか)りたぢゃろう。017(あま)(この)()(いさ)めばよいと(もう)して、018(いさ)みてばかり()ると、019()(ちっ)とも()てんやうに()りて(うけ)()りた()放下(ほか)さな()らん(やう)(こと)が、020出来(しゅったい)(いた)すから、021末代(まつだい)(つづ)かせねば()らん()を、022一代(いちだい)()()てんやうな(こと)では、023日本(にほん)(くに)()は、024()ては(いた)さんぞよ。025国常立尊(くにとこたちのみこと)天晴(あっぱれ)(あら)はれて(いた)さな、026二度目(にどめ)()立替(たてかえ)は、027()()()れる(ほう)(かみ)では、028何程(なにほど)(かみ)がお集合(より)()りても、029出来(でき)んぞよ。030往生(おうぜう)なさるが結構(けっこう)であるぞえ。031(また)今度(こんど)二度目(にどめ)()()たうと(おも)ふて、032()けて()ても、033従来(これまで)のやうには()きはせんから、034()のやうに()けて()ても、035綾部(あやべ)大本(おほもと)は、036(なが)(あいだ)艱難(かんなん)(いた)した活神(いきがみ)守護(しゅごう)で、037国常立尊(くにとこたちのみこと)が、038いろいろに()けて、039世界中(せかいじゅう)調査(あらため)がしてありての、040今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)であるから、041何物(なに)()けて、042綾部(あやべ)大本(おほもと)()たとても、043世界(せかい)霊魂(みたま)が、044はッきり(あらた)めてあるから、045(この)(ほう)()で、046()()(にら)みたら(なに)相違(ちがひ)(いた)さんから、047天晴(あっぱれ)(あら)はれん(うち)往生(おうぜう)(いた)して()らんと、048霊魂(みたま)性来(しょうらい)現露(あら)はせられて、049()げて()なねば()らんやうな(こと)出来(でけ)()るから、050さう()らん(うち)に、051(いま)()()けて()るぢゃぞよ。052毎度(まいど)(もう)してあるが、053立替(たてかへ)(いた)したら、054さッぱり(この)()行事(やりかた)を、055(かへ)(しま)ふから、056()()()(ほう)御守護神(ごしゅごうじん)が、057()れるまでは(つら)いなれど、058この()(かみ)()()いたらば、059(かみ)格位(そなえ)をよく(いた)して、060外国(がいこく)行事(やりかた)とは、061何彼(なにか)(こと)を、062さツぱり新規(さらつ)(いた)さねば()らんから、063いろはから為直(しなを)しを(いた)さねば()らんぞよ。