霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正六年旧八月二十二日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1917(大正6)年10月7日(旧8月22日)
神霊界掲載号:第72号 6頁 神霊界八幡書店復刻版:第3巻 257頁 七巻本:第4巻 116頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:175頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:66頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os144
001 何彼(なにか)(こと)(せま)りて()て、002筆先(ふでさき)()して()(とほ)りに何事(なにごと)世界(せかい)()りて()るぞよ。003従来(これまで)(こと)(なに)(ちっ)とも(もち)ゐられん(やう)()るのが()(かは)るのであるぞよ。004信心(しんじん)(いた)しても、005従来(これまで)精神(こころ)では神徳(おかげ)()いぞよ。006(なに)もお筆先(ふでさき)()すから、007(ふで)()したら、008大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)言葉(ことば)(かは)りに、009大出口(おほでぐち)(なを)()かせるのであるから、010温順(すなを)(いた)守護神(しゅごうじん)使(つか)はれて()肉体(にくたい)でありたら、011何事(なにごと)(をも)ふやうに()くなれど、012従来(これまで)(どほ)り、013自己(われ)一力(いちりき)で、014自己(われ)勝手(かって)(いた)さうと(をも)ふても、015(なに)思惑(おもわく)()たんぞよ。016()(かわ)るのはその(こと)であるぞよ。017上流(うへ)から下流(した)まで、018些少(ちいさ)(とり)(ちがい)でないと()(こと)が、019()筆先(ふでさき)にも()がつけてあるぞよ。020筆先(ふでさき)()むばかりでは(なに)(わか)りも(いた)さんぞよ。021あれ(だけ)同一事(おなじこと)未然(いくさき)()いて()らしてありたら、022これは()うであると(かんが)へて………。023()()()れる(ほう)(がく)出世(しゅっせ)をして()れる守護神(しゅごうじん)は、024いろはの勉強(べんきゃう)は、025阿呆(あほ)らしうて改心(かいしん)出来(でけ)ず、026(がく)では()()はず、027(この)転換期(かはりめ)大変(たいへん)(つら)守護神(しゅごうじん)多数(たっぴつ)あるから、028(をも)ふて()(こと)大間違(おほまちがい)であると(もう)して未然(いくさき)()らしてあるが、029(いま)()()守護神(しゅごうじん)()いぞよ。030(なを)初発(しょっぱつ)は、031親子三人(をやこさんにん)他人(ひと)から()ると大発狂者(おほきちがい)でありたが、032世界(せかい)(こと)を、033(なに)()(もと)から()んな(こと)でも()いて()かせる三千世界(さんぜんせかい)大発狂者(おほきちがい)であるぞよ。034世界(せかい)(こと)(なに)逆様(さかさま)()りて(しま)ふて()りた()を、035本様(ほんさま)に、036(むかし)弥勒様(みろくさま)()にねじ(なを)すのであるから、037(なに)につけても大事業(たいもう)なことであるなれど、038世界(せかい)大本(おほもと)()(とこ)であるのに、039(いま)だこの(むら)040綾部(あやべ)(まち)(なに)(わか)らんが、041世界(せかい)(はづ)かしい(こと)()いやうに(いた)されよ。042遠国(えんごく)から(わか)りて()るから、043(かみ)(こま)らねど、044世界(せかい)面目(めんもく)ないやうに()筆先(ふでさき)()()けて()くから、045(ふで)(いただ)いたら(ちが)はんぞよ。046(あと)後悔(こうかい)()()はんぞよ。
047 (きゅう)(がつ)()ると世界(せかい)()(ひと)(はげ)しう()るから、048日本(にほん)(くに)仕組(しぐみ)(どほ)りにして()(わけ)(しま)ふから、049従前(これまで)のやうには()かんから、050何事(なにごと)(つき)日限(にちげん)()まりて()るから、051(その)用意(ようゐ)其所(そこ)()(まで)(いた)されよ。052日本(にほん)規則(きそく)従来(これまで)(やう)放縦(ずんだら)(こと)(いた)さんから、053(うへ)へあがりて()りて、054日本(にほん)(くに)自由(じゆう)(ここ)までは出来(でき)たなれど、055(ここ)までは(よる)守護(しゅごう)でありたから、056()(ふさ)いで()りたなれど、057時節(じせつ)(まい)りて日之出(ひので)守護(しゅごう)()りて()たから、058(こころ)(みな)(そろ)ふて用意(ようい)(いた)さんと、059世界中(せかいぢう)面目(めんもく)()(こと)出来(でき)()て、060(ひそ)かに改心(かいしん)(いた)して、061温順(すなを)(いた)(ほう)結構(けっこう)であるぞよ。062自己(われ)(いた)さうと(をも)ふても、063従来(これまで)(れい)()かん(やう)()るが、064()(かは)るのであるから、065自己(われ)守護神(しゅごうじん)がこれ(まで)のやうに、066一力(いちりき)では()(ちっ)とも()けんやうに()りたぞよ。067(うへ)へあがりて(ここ)まで日本(にほん)(くに)自由(じゆう)(いた)したら、068これに不足(ふそく)はモー()るまい。069根本(もと)先祖(せんぞ)爰迄(ここまで)苦労(くろう)070口惜(くや)しい(こと)071残念(ざんねん)十分(じゅうぶん)(こば)りつめて()て、072(いま)残念(ざんねん)(こば)()めて()るなれど、073絶命(ぜつめい)()(せま)りて()て、074一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)075()筆先(ふでさき)(どほ)りの(こと)世界(せかい)()るぞよ。076一度(いちど)改心(かいしん)(あと)(もど)るから、077()()けた(うへ)にも()()けてあるから、078向后(このさき)何時(いつ)三四月(さんしがつ)079八九月(はちくがつ)といふ(こと)とお筆先(ふでさき)毎度(まいど)()してあろうがな。080(なに)があらうとも()()らせる(こと)()いから、081末代(まつだい)一度(いちど)ほか()い、082天地(てんち)岩戸(いはと)(ひら)けるといふやうな、083二度目(にどめ)()立替(たてかへ)であるから、084天地(てんち)御恩(ごおん)といふ(こと)今度(こんど)(わか)るぞよ。085(あく)(かへ)りて()身魂(みたま)が、086徹底的(とことん)一日(いちにち)()()改心(かいしん)(いた)さんと、087(ここ)()(まで)にすッくり改心(かいしん)(いた)して、088(ぜん)(ひと)つの(こころ)()りて()らんと、089(がつ)(つき)()ると(なに)一度(いちど)()りて()混雑(こんざつ)()るから、090(ここ)()(まで)には、091(ちつ)(かみ)()()人民(じんみん)(こしら)へて、092(かみ)御用(ごよう)出来(でき)るやうにと、093(かみ)昼夜(よるひる)094(あつ)(さむ)さを(いと)ひなく、095人民(じんみん)には()えも(わか)りも(いた)さねど、096根本(もと)活神(いきがみ)はお筆先(ふでさき)()かしてあるが、097筆先(ふでさき)(どほ)りがあれ(ほど)実地(あり)ても、098眼前(めのさき)()()せんと、099眼前(めのさき)()りても身体(からだ)(あつ)()りて()んと、100(いま)人民(じんみん)守護(しゅごう)して()守護神(しゅごうじん)が、101苦労(くろう)()らずの守護神(しゅごうじん)ばかりであるから、102他人(ひと)苦労(くろう)()()かんから、103現今(いま)(やり)(かた)利己本位(われよし)(やり)(かた)であるから、104()(だけ)実際(せうまつ)()いて()せても、105実地(じっち)(こと)(もう)して()かしても、106(こころ)反対(はんたい)であるから、107是非(ぜひ)なく、108(いづ)れは(いや)(こと)世界(せかい)にはあるなれど、109今度(こんど)()立替(たてかへ)(いた)すには、110()()()れる守護神(しゅごうじん)に、111手伝(てつだ)いをさせる守護神(しゅごうじん)(ちっ)とも()いとは、112()うも(ここ)まで(くも)らしたものであるぞよ。113()()()れる(ほう)守護神(しゅごうじん)が、114霊主体従(ぜん)()ちかへりて、115日本(にほん)(だけ)大和魂(やまとだましい)性来(せうらい)出来(でき)()たら、116(らち)()立替(たてかへ)出来(でき)るなれど、117体主霊従(がいこく)性来(せうらい)()()りて()るから、118日本(にほん)実地(じっち)根本(もと)活神(いきがみ)(ほね)()れるぞよ。
119 大本(おほもと)()()(ひと)は、120(をとこ)(をんな)他人(ひと)から()て、121()(ひと)(ちが)(ひと)()はれて、122()()くやうの行状(おこない)出来(でき)んと、123大本(おほもと)世界(せかい)亀鑑(かがみ)()(とこ)であるから、124何事(なにごと)(いた)して()りても、125筆先(ふでさき)(はら)へよく()れて()かんと、126(ひと)()来出(きだ)すと、127余程(よほど)神力(しんりき)(もら)ふて()らんと、128これから()()(ひと)(はや)(わか)るから、129これ(まで)(こころ)(もち)(かた)をさッぱり()へて、130言葉(ことば)使用法(つかひやう)(なを)さねば、131従来(これまで)(やう)なことでないぞよ。132外国(がいこく)(ほう)(はや)(わか)るといふ(こと)もお筆先(ふでさき)()らしてあるぞよ。133日本(にほん)(くに)大和魂(やまとだましい)(くち)では(まう)して()るが、134日本(にほん)(くに)大和魂(やまとだましい)性来(せうらい)がありたら(かみ)もこれ(ほど)には(をも)はねど、135日本(にほん)(くに)(あま)(ひど)身魂(みたま)()りて()るので、136(じき)取次(とりつぎ)(のど)から()()かんばかりで(くるし)みて御用(ごよう)(いた)して()るなれど、137輔佐(すけ)をさせる身魂(みたま)()いのであるぞよ。138変性男子(へんぜうなんし)変性女子(へんぜうにょし)との御役(おやく)は、139(ほか)身魂(みたま)(すけ)(もら)ふことの出来(でき)(つら)御役(おやく)140各自(めんめ)(つと)()げて(しま)はねば()らん(つら)御用(ごよう)であるぞよ。141変性男子(へんぜうなんし)御役(おやく)(まこと)(ひと)つを(つらぬ)いて、142(うそ)といふことは一言(ひとこと)(まう)されず、143つくらひ(ごと)といふ(こと)出来(でき)ず、144(たの)まれた(こと)(いた)さんならず、145(まこと)(みち)(つら)いぞよ。146さるかはりに(つらぬ)いたら(また)(ふたた)びこの()()(こと)であるから、147綾部(あやべ)大本(おほもと)御用(ごよう)(いた)(ひと)は、148()(とほ)りの身魂(みたま)では、149一寸(ちょっと)御用(ごよう)でも、150他所(ほか)(やう)なことには()かんから、151(をとこ)(をんな)余程(よほど)(ぎゃう)出来(でき)んと途中(とちう)(かは)ることがあるから、152(ぬき)()(なか)()()るやうの(こころ)で、153何時(いつ)()りても()ゆるしの()らん気遣(きづかい)世界(せかい)大本(おほもと)()(とほと)(とこ)であるぞよ。154(いま)では(ばけ)たり(ばか)して、155大望(たいもう)御役(おやく)がさしてあるから、156(この)盲者聾者(めくらつんぼ)()(なか)()()ることは出来(でき)んなり、157(つら)(とこ)であるなれど、158未然(さき)には大事(だいじ)仕組(しぐみ)(もう)されず、159(はた)()(ひと)()んな模様(もやう)出来(でき)()るといふ(こと)(わか)らん、160仕組(しぐみ)()はれん(とこ)であるから、161(ここ)まで()るのが(ほね)()れたなれど、162何彼(なにか)時節(じせつ)(まい)りて()()けの(からす)()りて()て、163この()日之出(ひので)守護(しゅごう)()りて()るから、164大事(だいじ)のことも(なに)一度(いちど)(ひら)けて()るから、165身魂(みたま)(みが)いて()らんと()御用(ごやう)出来(でき)んぞよ。166(わか)りて()たらそれぞれの御用(ごよう)命令(めいれい)がさがるなれど、167向后(このさき)(やり)(かた)従来(これまで)とは天地(てんち)(かは)るぞよ。168(ちっ)とは天地(てんち)根本(もと)先祖(せんぞ)(はじ)まりの(こころ)(をも)ひやうといふ(こと)()いと、169(この)()人民(じんみん)万物(ばんぶつ)(ちゃう)(まう)して、170人民(じんみん)(かみ)()ぎに(こしら)へて、171(かみ)容器(いれもの)(いた)してある(とほと)肉体(にくたい)(こしら)へてあるのぢゃぞよ。172今度(こんど)二度目(にどめ)(をり)には人民(じんみん)使(つか)ふて(かみ)人民(じんみん)(たす)ける(なり)173人民(じんみん)(かみ)道具(どうぐ)()りて(はたら)(なり)174今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)は、175末代(まつだい)()(こと)(きま)るのであるから、176人民(じんみん)精神(せいしん)(なを)すのが(なに)より大事業(たいもう)であるぞよ。177弥勒様(みろくさま)は、178(あま)(ぜん)(ふか)い、179(そこ)(わか)らん御方(おかた)180(てん)から御守護(ごしゅごう)(あそ)ばしなさるなれど、181()(やう)にでも()るやうに(おも)ふて、182表面(うはつら)から(うやま)ふやうに()せて、183(はら)(なか)体主霊従(からみたま)で、184(はら)(なか)(まこと)()いから、185()先祖(せんぞ)力量(ちから)があり()ぎて()()はんと(もう)して、186(みな)(こころ)(そろ)ふて、187末代(まつだい)この()へは()さん所思(つもり)(をし)()めて、188これで(らく)ぢゃ、189これからは()きなやうにして()()つぢゃと(もう)して、190(みな)(こころ)がよく(そろ)ふて、191一方(ひとかた)も、192それは()かんと()()(かみ)()かりたとは(えら)慢心(まんしん)(いた)したものであるぞよ………。193(うへ)へあがりて大将(たいしょう)附々(つきづき)()りて、194(いま)頑張(がんば)りて()るのを(きゅう)(がつ)(いっ)パイにはあらはして、195三段(さんだん)()けてある(ちご)ふて()血筋(ちすじ)(すみ)やかにあらはすから、196あらはせずに立替(たてかへ)(いた)して徹底(ほっごん)改心(かいしん)(いた)せば、197(ぜん)()ちかへらして(したが)(こころ)()りたら、198この()きは結構(けっこう)(いた)してと、199(ここ)(まで)()うぞ()うぞと(をも)ふて、200直接(じき)取次(とりつぎ)(いた)して()れる変性男子(へんぜうなんし)女子(にょし)(つら)()()はして()るぞよ。201この(うへ)()()()くばこの(ほう)()勘忍袋(こらえぶくろ)()れるから、202この(うへ)()ういふ(こと)世界(せかい)にはあらうとも、203天地(てんち)(うら)むことはよもやあろまい。204世界(せかい)には(ひと)二三分(にさんぶ)()ることが初発(しょっぱつ)から(もう)してあるが、205これ(だけ)天地(てんち)(もと)先祖(せんぞ)色々(いろいろ)(いた)して、206(なん)でもこの()207人民(じんみん)()(いた)してと(をも)(ほど)208人民(じんみん)(こころ)()るくなりて()るから、209(ここ)()(こと)()(もと)からよく(わか)りて()るのであるから、210(たす)けやうが()いから、211()るべく従来(これまで)(みぐる)しき(こころ)()れかへさして、212身魂(みたま)洗濯(せんたく)一同(いちど)洗濯(せんたく)(いた)して、213()るべく不遇(つつぼ)(いた)さんやうに、214向后(このさき)はお(ふで)(どほ)りに(うへ)から(いた)すから、215(うへ)(いたさ)せば、216血筋(ちすじ)眷属(ひっぽう)(いた)さねば(いた)すやうにして改心(かいしん)(いた)さすぞよ。217(いま)往生(おうぜう)(いた)せば、218すッくり()(あら)はせずと、219()立替(たてかへ)(いた)して、220大難(だいなん)小難(しょうなん)にまつり()へて、221天之(てんの)弥勒様(みろくさま)御詫(おわび)(いた)して、222その()るい霊魂(みたま)性来(せうらい)を、223(ぜん)(みち)()ちかへらしてと、224(いま)()うぞ()うぞと(をも)ふて()るなれど、225()大変(たいへん)(せま)りて()たから、226向后(このさき)世界(せかい)には()()(こと)がありても、227(かみ)228取次(とりつぎ)不足(ふそく)をよもや()はれまい。
229 人民(じんみん)守護神(しゅごうじん)従来(これまで)のやうに自己(われ)一力(いちりき)では(なに)出来(でき)んぞよ。230大本(おほもと)御筆(おふで)(どほ)りに何事(なにごと)も、231天地(てんち)命令(めいれい)降下(さが)らんことを勝手(かって)(いた)したら、232向后(このさき)大変(たいへん)(きび)しう()るぞよ。233自己(われ)(えら)いと(をも)ふて勝手(かって)(いた)したら初発(しょっぱつ)()けるなれど、234九分九厘(くぶくりん)()くと、235後戻(あともどり)(いた)さな()らんぞよ。236従来(これまで)のやうな放縦(ずんだら)(やり)(かた)はさッぱり()へて(しま)ふから、237(こころ)()ぬいた(その)(うへ)で、238()世界(せかい)先祖(せんぞ)大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)から命令(めいれい)降下(さが)らんことには、239(ほか)命令(めいれい)では(なに)勝手(かって)には()られんやうに(きび)しう()るぞよ。240従来(これまで)(こと)(なに)(もち)ゐんやうに大変(おほがは)りが(いた)して、241日之出(ひので)守護(しゅごう)()りて()ると()づかひに()るぞよ。242これまでは(うへ)(した)()りて(した)身魂(みたま)(うへ)へあがりて、243身魂(みたま)上下(うへした)()ッくり(かへ)りて()るのを、244天地(てんち)()ッくり(かへ)りて()ると(もう)したのであるぞよ。