霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十三年旧正月七日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1900(明治33)年2月6日(旧1月7日)
神霊界掲載号:第79号 5頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 103頁 七巻本:第5巻 30頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:120頁 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os159
001 国武彦命(くにたけひこのみこと)筆先(ふでさき)であるぞよ。002出口(でぐち)(なを)にかかした()筆先(ふでさき)毛筋(けすぢ)(ちが)いは()いぞよ。003(うしとら)金神(こんじん)出口(でぐち)体内(たいない)()りて何事(なにごと)(まえ)(まえ)つに(かか)すから(みな)筆先(ふでさき)どほりに(おこな)(いた)して(くだ)さらんと、004(われ)我情()()りたならばビクリとも出来(でき)(やう)(いた)すぞよ。005(これ)までとは()(かわ)るから、006(いま)までの(こと)(もう)して()()ろうと(おも)ふたとても(かみ)筆先(ふでさき)どほりに(いた)さねば、007()金明霊学会(きんめいれいがくかい)()かんぞよ。008(いま)では零落(おちぶれ)出口(でぐち)()(こと)()るから、009()(つよ)(もの)や、010人民界(じんみんかい)利巧(りこう)なものは(かへ)って(かみ)使(つか)(にく)いから、011(つな)沢山(たっぴつ)()けて()れども、012(これ)から各自(めいめい)守護神(しゅごうじん)人民(じんみん)身魂(みたま)調査(あらため)るのは金明霊学会(きんめいれいがくかい)(ひき)()して、013モウ一度(いちど)審判(あらため)(いた)さんと真実(まこと)霊性(こと)(わか)らんぞよ。014世界(せかい)(こと)であるから、015(てん)調査(あらため)をいたしたなれども、016真実(まこと)(いた)して(これ)だけ苦労(くろう)(いた)して()りても、017人民(じんみん)()には(わか)るまいがな。018(うしとら)金神(こんじん)国常立之尊(くにとこたちのみこと)(もと)(もど)りて、019何事(なにごと)(むかし)神代(かみよ)(かへ)すぞよ。020大本(おほもと)霊学会(れいがくかい)世界中(せかいじう)水晶(すいせう)(いた)して、021天地(てんち)御眼(おんめ)()ける大本(おほもと)()るから、022余程(よほど)(こころ)立直(たてなを)して(くだ)さらんと、023金光(こんこう)どのも結構(けっこう)なれども(あと)布教師(とりつぎ)段々(だんだん)慢心(まんしん)いたして(いま)体裁(ていさい)024金光(こんこう)どのの取次(とりつぎ)(これ)から(かみ)(あらた)めを(いた)すぞよ。025そぐり(たて)るぞよ。026(うしとら)金神(こんじん)筆先(ふでさき)(なが)らく(うつ)して()りて(この)(かみ)(こと)(わか)らぬ(やう)(こと)では()()はんぞよ。027何事(なにごと)(この)大本(おほもと)()()ねば、028(じょう)御魂(みたま)(ちう)御魂(みたま)()御魂(みたま)と、029三段(さんだん)()けて()れども、030金明霊学(きんめいれいがく)()ければ(まこと)因縁(こと)(わか)らんぞよ。031(うしとら)金神(こんじん)(まこと)(つらぬ)きた守護神(しゅごうじん)人民(じんみん)には何程(なにほど)でも神徳(しんとく)(わた)すなれど、032(まこと)のなき(もの)には日参(にっさん)いたしたとても景場(けいば)信心(しんじん)では(まこと)御蔭(おかげ)はないぞよ。033何事(なにごと)ありても各自(めいめい)(こころ)からであるから、034(かみ)出口(でぐち)(うら)めて(くだ)さるなよ。035(かみ)世界(せかい)()くいたし()いので(なが)らくの合戦(かっせん)(いた)して()るぞよ。
036 金光(こんこう)殿(どの)は三十()(ねん)苦労(くろう)()されて()(おん)といふ(こと)世界(せかい)()らして(くざ)さりた(まこと)御方(おんかた)であるが、037金光(こんこう)どのの(あと)取次(とりつぎ)(まこと)さえ()りたら(うしとら)金神(こんじん)(ここ)までの苦労(くろう)(いた)さいでもモチト(はや)うに物事(ものごと)成就(ぜうじう)いたして、038世界(せかい)人民(じんみん)(くるし)みが(かる)()るので()るぞよ。039(たれ)一人(いちにん)土壷(つつぼ)には(をと)しとも()いと(おも)へども、040絶命(ぜつめい)()りた(ゆへ)に、041()むを()ずの事変(こと)()りたとても(かみ)(うら)めて(くざ)さるなよ。042人民(じんみん)(みな)(かみ)()()るから、043()るだけは(たす)けたいと(おも)ふから、044(かみ)(なが)らくの苦労(くろう)をいたして()るぞよ。045是迄(これまで)布教師(とりつぎ)()教会(きゃうかい)(みな)(かみ)松魚節(かつぶし)(いた)して()るから、046金明霊学(きんめいれいがく)()教会(きゃうかい)審判(あらため)いたして取次(とりつぎ)をソグリ(たて)るぞよ。047(かみ)取次(とりつぎ)から改心(かいしん)(いた)さんと信者(しんじゃ)改心(かいしん)出来(でき)んぞよ。048()(くも)りた()水晶(すいせう)()(いた)さねば()らんから中々(なかなか)(ほね)()れるぞよ。049(かみ)(こころ)もチト推量(すいりょう)いたして(くざ)されよ。050()ぎには出口(でぐち)()苦労(ぐろう)推量(すいりょう)いたして()りて(くざ)されよ。051()(かみ)取次(とりつぎ)男子(なんし)では(ここ)までの(こと)(つと)まらんぞよ。052出口(でぐち)(かみ)神界(しんかい)から命令(めいれい)(いただ)きて()りても、053(これ)ほど(ひか)へて()るぞよ。054この出口(でぐち)(なほ)上田(うへだ)どのの因縁(いんねん)もこれから半季(はんき)(さき)になりたらば明白(あきらか)()けて()せるぞよ。055モウ暫時(しばらく)気苦労(きぐろう)であるから堪忍(こばり)(くざ)されよ。056()因縁(いんねん)(わか)りて()たならば、057()(なか)結構(けっこう)になるぞよ。058帰神(かんがかり)世話(せわ)(がかり)信者(しんじゃ)改心(かいしん)さえ出来(でき)たなれば、059(みな)()(いた)してやるのであれど、060肝心(かんじん)取次(とりつぎ)一寸(ちょっと)(わか)らんから、061(かみ)(まこと)(こま)るぞよ。062(みな)人民(じんみん)()くしてやりたいと(おも)ふて(かみ)(うつ)りて(もう)しても、063身魂(みたま)がくもりて(しま)ふて()るから(ひと)つも(うたが)ふて(まこと)にいたさんゆへ、064物事(ものごと)()(ちが)ふて(おも)わくが何時(いつ)()づれるのじゃぞよ。065何事(なにごと)(かみ)(もう)すやうに(いた)せばキチリキチリと箱差(はこさ)したやうに()くものを、066肝心(かんじん)(かみ)床下(ゆかした)(おと)してをいて(われ)()()ろうと(いた)すから、067(この)()何事(なにごと)もおもふ(やう)には()かんのじゃぞよ。068(いま)までは(おも)ふやうに()かんが浮世(うきよ)(もう)すが、069神世(かみよ)になりて(かみ)(まこと)(みち)さへ(あゆ)めばドンナ(こと)でも(かみ)守護(しゅごう)いたしてやるから、070人民(じんみん)(おも)ふたよりも()物事(ものごと)()()すぞよ。071(うしとら)金神(こんじん)大本(おほもと)金明霊学(きんめいれいがく)(もう)して、072世界(せかい)から(みな)守護神(しゅごうじん)人民(じんみん)(ひに)(まし)(あつま)りて()るぞよ。073(ここ)()()身魂(みたま)(みが)かねば何事(なにごと)成就(ぜうじう)いたさんやうに()るぞよ。074三千世界(さんぜんせかい)大橋(おほはし)であるから、075()大橋(おほはし)(わた)りて、076(かみ)(おしへ)(したが)わねば何事(なにごと)出来(しゅったい)いたさんぞよ。077()出口(でぐち)(なを)明治(めいじ)二十五(ねん)から何事(なにごと)一切(いっさい)(こと)(かみ)から()かしてあるぞよ。078それで出口(でぐち)(なを)(もう)した(こと)(ちが)はんから、079何時(いつ)になりても()てくるぞよ。080()大本(おほもと)へは諸国(しょこく)(おち)ぶれ(もの)(みな)()りて()るから、081世界(せかい)守護神(しゅごうじん)(うつ)りて(まゐ)るから、082審神者(さには)沢山(たっぴつ)()るぞよ。083審神者(さには)見別(みわ)けて、084(みな)それぞれに(たす)けて()りて(くざ)されよ。085日本(にほん)世界(せかい)との(たたか)いに(みな)活動(はたらき)があるのぢゃぞよ。086()()ちて()れる(かみ)まだまだ()()るぞよ。087(ぶつ)(ほう)(したが)ふて()るぞよ。088国武彦命(くにたけひこのみこと)大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)(あら)はれたならば、089()()ちてお(いで)ます神様(かみさま)090仏事(ぶつじ)091人民(じんみん)092畜類(ちくるい)093鳥類(てふるい)094餓鬼(がき)095昆虫(むしけら)までも(たす)ける(かみ)であるから、096何神(なにがみ)(うつ)りて(まゐ)りても、097審判者(さには)親切(しんせつ)()(あつか)ふて()りて(くざ)されよ。098()(なが)らくの(あいだ)()ちて()りた(かみ)(ばか)りが()りて()世界(せかい)大本(おほもと)であるから、099(かみ)品位(そなへ)といふものが()いから、100(その)つもりで審神者(さには)(いた)して、101神界(しんかい)御用(ごよう)をいたす()うに(ほね)()りて(くざ)されよ。102審神者(さには)(わる)いと劣等(わる)守護神(しゅごうじん)(あら)はれるから、103サニハが一番(いちばん)大事(だいじ)であるぞよ。
104 綾部(あやべ)大本(おほもと)には出口(でぐち)(なを)大気違(おほきちが)いが(あら)はれて、105()かして御用(ごよう)(いた)してあるから、106見当(けんとう)()れんなれど、107モウ一人(いちにん)大化物(おほばけもの)(ひき)()して、108神界(しんかい)御用(ごよう)(いた)さすから、109そこへ()(まで)(いま)取次(とりつぎ)世話掛(せわがか)(しっか)りいたさんと、110(あと)へよりて、111(ゆび)をくわへて()()らんならんやうに()るぞよ。112()大化物(おほばけもの)(ひがし)から()(まい)るぞよ。113(なが)化物(ばけもの)であるぞよ。114この大化物(おほばけもの)(あら)はれて()んと(なに)(わか)らんぞよ。115()化物(ばけもの)があらはれたならば結構(けっこう)(わか)りて()て、116金明霊学(きんめいれいがく)一度(いちど)(ひら)けるぞよ。117それ(まで)(いま)取次(とりつぎ)役員(やくいん)(まこと)(あさ)いから、118大方(おほかた)()げて(かへ)りて(しも)ふぞよ。119それでは(はや)うから心仰(しんこう)いたした功能(こうのう)()いから、120クドウ()()けて()るぞよ。121金明霊学(きんめいれいがく)(もと)にいたして()いて(かみ)(あら)はさねば、122余所(よそ)から御蔭(おかげ)()りに()て、123肝心(かんじん)(もと)がアフンと(いた)すやうな(こと)出来(しゅったい)するぞよ。124この綾部(あやべ)には太古(むかし)から神界(しんかい)経綸(しぐみ)があるので()るから、125大本(おほもと)(どう)しても綾部(あやべ)(いた)さな()らんのじゃぞよ。126それに(つい)ては()大本(おほもと)()はろうと(おも)ふと、127(いま)から()歩行(ある)(やう)(こと)では(さき)になりたら…………。128(いま)出口(でぐち)()はすと出口(でぐち)肉体(にくたい)(もう)すように、129上田(うへだ)(をも)ふて()るが、130出口(でぐち)(もう)すことをチット()いておかんと、131足立(あだち)どののやうになると可愛想(かあいそう)なから、132(かみ)から出口(でぐち)()()けさすのであるぞよ。133上田(うへだ)大本(おほもと)依然(じっと)して()るのが神業(ぎょう)ぢゃぞよ。134(なん)なりと(この)(かみ)布教師(とりつぎ)(いた)すのは、135修行(しゅげう)なしには御用(ごよう)()けんぞよ。136仕放題(しほうだい)(いた)して()りては(この)(かみ)御用(ごよう)(つら)いぞよ。137上田(うへだ)どのは(いま)までは仕放題(しほうだい)にさしてありたぞよ。138(これ)からはチト窮屈(きうくつ)になるぞよ。139(ひと)(かしら)(いた)すものは(いま)()うな為放題(しほうだい)(いた)して()りては、140()(やく)(たた)んぞよ。141()大本(おほもと)内部(なか)()まりたら左程(さほど)気苦労(きぐろう)(いた)さねども、142(いま)大事(だいじ)(とこ)じゃぞよ。143()歩行(ある)くやうな(ちい)さい経綸(しぐみ)()いぞよ。144チョカつく(やう)(こと)では()大本(おほもと)御用(ごよう)(つと)まらんぞよ。145(うしとら)金神(こんじん)(をしへえ)(ひろ)まるだけ、146世界(せかい)(さわ)()すぞよ。147(なに)(わけ)()らずに方々(ほうぼう)新聞(しんぶん)(わる)(もう)して、148体主霊従(あく)()(かた)邪魔(じゃま)(いた)すやうに()るから、149(その)覚悟(かくご)(どう)()えて()らんと、150一寸(ちょっと)(こと)心配(しんぱい)いたすと()(やう)人民(じんみん)()りたら、151肝心(かんじん)御用(ごよう)がつとめ(あが)らんから、152()大本(おほもと)世間(せけん)から()るく()はれて(あと)()くなる神界(しんかい)経綸(しぐみ)であるぞよ。153()(くも)りた()(なか)体主霊従(あく)()(かた)人民(じんみん)から、154善良(まこと)(おしえ)であると()はれたら、155()れが(あく)であるから、156(うしとら)金神(こんじん)(まこと)(ひら)ける(ほど)(わる)(もう)されるが、157()れが結構(けっこう)であるぞよ。158(うしとら)金神(こんじん)(なが)らくの(あいだ)悪神(あくがみ)崇神(たたりがみ)(もう)して、159三千年(さんぜんねん)(をし)()められ、160(かげ)から(この)()(つぶ)さぬ(やう)に、161苦労(くろう)艱難(かんなん)162(くや)しき残念(ざんねん)(こば)()めて()て、163今度(こんど)時節(じせつ)(まい)りて、164(てん)大神様(おほかみさま)御命令(ごめいれい)で、165(もと)御用(ごよう)をさして(いただ)()になりたから、166因縁(いんねん)ある出口(でぐち)(なを)身魂(みたま)御苦労(ごくろう)(あづか)りて()れば、167(いま)(くも)りた()人民(じんみん)から()(わる)(もう)されて、168反対(はんたい)いたされて、169大変(たいへん)邪魔(じゃま)になるなれど、170()んな(こと)微躯(びく)つく(やう)(うしとら)金神(こんじん)出口(でぐち)(なを)では()いぞよ。171細工(さいく)流々(りゅうりゅう)仕上(しあが)りた(とこ)()ぬと、172(いま)人民(じんみん)(にご)りた身魂(みたま)では見当(けんとう)()れんぞよ。173何程(なにほど)世界(せかい)人民(じんみん)()るく(もう)しても、174新聞(しんぶん)反対(はんたい)いたしても、175()れで(たお)れるやうなチョツイ仕組(しぐみ)(いた)しては()いぞよ。176()内部(なか)行状(おこない)さへ(かみ)(もう)すやうに、177(まこと)(つく)して()りたなれば、178ドンナ悪魔(あくま)()めて()ても大丈夫(だいぜうぶん)であるぞよ。179(なに)よりも(もと)()(かた)一番(いちばん)大事(だいじ)であるぞよ。180段々(だんだん)(しづ)かに大本(おほもと)(をち)()(ほど)181世界(せかい)(さわ)がしく()るぞよ。