霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十二年旧九月十九日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1899(明治32)年10月23日(旧9月19日)
神霊界掲載号:第80号 -1頁(神霊界には「続き」と書いてあるが実際には続きではない。誤字か?/巻頭の前付に掲載) 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 151頁 七巻本:第5巻 45頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:106頁 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考:神霊界誌には「明治三十二年旧九月十九日の続」とあるが、続きの前の神諭は見当たらない。 タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-06-16 20:46:30 OBC :os161
001 (うしとら)金神(こんじん)筆先(ふでさき)出口(でぐち)(なほ)(かか)すぞよ。002(いま)()大本(おほもと)(なか)(しずか)にあれども、003(これ)神界(しんかい)都合(つごう)()ることじゃぞよ。004上田(うへだ)海潮(かいてふ)修行(しゅぎょう)出来(でき)(かへ)りたなれば何事(なにごと)一度(いちど)(せわ)しくなるぞよ。005(みな)(こころ)からの準備(じゅんび)(いた)しておかんと(なに)出来(でき)んやうになるぞよ。006追々(おいおい)外地(よそ)からも()()るぞよ。007修行者(しゅぎゃうじゃ)漸々(だんだん)と、008沢山(たくさん)()りて()るぞよ。009(かみ)何事(なにごと)都合(つごう)(いた)して()れども、010人民(じんみん)()ふものは脚下(あしもと)()()えて()るまで()らんから、011(かみ)(まこと)(ほね)()れるぞよ。012日本(にほん)神国(しんこく)()るから、013()(おこな)いさえ(いた)して()れば()(おさ)まる結構(けっこう)(くに)であれども、014外国(がいこく)真似(まね)(ばか)(いた)して、015物質万能主義(ぶっしつ)(さか)えて神国(しんこく)威勢(ちから)()ちて段々(だんだん)(くも)(ばか)りで、016()(きよ)(とふ)とい神国(しんこく)神民(じんみん)(おに)(おろち)()(あし)精神(せいしん)になりて()るから、017三十年(さんじゅんねん)(あいだ)()改正(かへ)経綸(しぐみ)(いた)して()れども、018(あま)(くも)(やう)(ひど)いから、019(かみ)仕組(しぐみ)(おく)れようも()れんぞよ。020一日(いちにち)でも立替(たてかへ)(おく)れただけは世界(せかい)人民(じんみん)(なが)(くるし)むから、021(かみ)総出(そうで)をいたして可成(なるべく)(はや)人民(じんみん)(たす)けるぞよ。022(いま)世界(せかい)人民(じんみん)体主霊従(あく)()(かた)()まり()りて()るから、023何程(なにほど)(かみ)が、024世界(せかい)守護神(しゅごうじん)人民(じんみん)()()けて()りても、025(まこと)にいたさずチットも改心(かいしん)出来(でき)ぬから、026()(うへ)何事(なにごと)出来(しゅったい)(いた)しても各自(めいめい)(こころ)(うら)めるより仕様(しやう)()いぞよ。027何程(なにほど)(かみ)一心(いっしん)になりて守護神(しゅごうじん)人民(じんみん)()いて()かしても、028(とき)()かす(ほど)()るく()りて(かへ)って(かみ)(そし)(ばか)りで()るから、029経綸(しぐみ)(かへ)てでも世界(せかい)大望(たいもう)から(はじ)めようより(みち)がないぞよ。030この大望(たいもう)(はじま)りたら何程(なにほど)疑念(うたがい)(つよ)人民(じんみん)でも(あく)(つよ)守護神(しゅごうじん)でも往生(おうじょう)いたして(かみ)(まへ)()(あは)すなれど、031某所(そこ)()りてからの(にわか)信心(しんじん)(やく)()たんぞよ。
032 其所(そこ)へなりたら外国(がいこく)日本(にほん)(くに)一呑(ひとのみ)(いた)して()りたのが、033日本(にほん)()んと()結構(けっこう)な、034神力(しんりき)(つよ)(くに)()ったと(もう)して、035改心(かいしん)いたして神国(しんこく)(した)がふて()るぞよ。036(これ)日本(にほん)固有(もと)神力(しんりき)であるぞよ。037外国(がいこく)守護神(しゅごうじん)でも(あく)身魂(みたま)人民(じんみん)でも、038(かみ)神力(しんりき)には(かな)はんぞよ。039()()(さま)しもあるぞよ。040(わる)()(さま)しもあるぞよ。041今度(こんど)神徳(しんとく)(がく)との力競(ちからくら)べであるぞよ。042日本(にほん)(くに)(あま)(がく)()()ぎると、043(かへ)って(まこと)(しんりき)カを(うしな)ふて、044何事(なにごと)真実(まこと)道理(こと)(わか)らんやうに()るぞよ。045神力(しんりき)(つよ)いか学力(がくりき)(えら)いか、046今度(こんど)()けて()せるぞよ。047日本(にほん)(くに)仮字(かな)だけの意義(こと)(わか)りたら、048世界(せかい)一切(いっさい)言霊(こと)(あき)らかに()るから、049(いま)外国(がいこく)(がく)()()はんぞよ。050今度(こんど)綾部(あやべ)霊学(れいがく)何彼(なにか)(こと)()けて、051外国(がいこく)(おしへ)帰順(おうぜう)させるぞよ。052三千年(さんぜんねん)かかりて仕組(しぐみ)いたした(こと)が、053(てん)大神様(おほかみさま)御目(おめ)(とどま)りて、054大変(たいへん)御歓(およろ)こび(あそ)ばして、055(これ)から三千世界(さんぜんせかい)(かま)はして(もら)ふやうに()りたぞよ。056(うしとら)金神(こんじん)(ぜん)(みち)一方(いっぽう)では()れども、057(たと)(ぜん)にもせよ()()して、058頑固張(がんば)りて(をし)()められたのを、059発根(ほつごん)から(わる)かりたと改心(かいしん)(いた)したので、060(てん)(をや)神様(がみさま)御歓(およろ)こび(あそ)ばして、061(むかし)からの一切(いっさい)(こと)御許容(おゆるし)になりて、062(その)(うへ)三千世界(さんぜんせかい)守護(しゅごう)任命(いひつけ)られる(やう)()りたので()るから、063人民(じんみん)(おな)じこと頑張(がんば)ると(ぜん)(こと)でも(かへ)って成就(ぜうじゅ)いたさんから、064(うしとら)金神(こんじん)()(かがみ)(いた)して、065一人坊師(ひとりぼし)()らんやうに心得(こころえ)んと、066何程(なにほど)(ちから)のある人民(じんみん)でも、067(あい)()(いた)して()れるものが()かりたら、068(なに)(ひと)成就(ぜうじゅ)いたさんぞよ。069(あく)(をも)(こと)猶更(なほさら)心得(こころえ)立直(たてなを)さねば、070(この)()には()れん(こと)に、071(これ)からの神代(かみよ)()りて(しま)ふぞよ。072(いま)まで(なに)()らずに(かみ)(こと)(わる)(もう)して、073反対(はんたい)いたして()りた(もの)()(どく)なものじゃぞよ。074一日(いちにち)(はや)改心(かいしん)いたして(くだ)され、075改心(かいしん)ほど結構(けっこう)()いぞよ。076(いま)では()ふて()かせる(ほど)世界(せかい)人民(じんみん)()るく()るから、077(いま)(うち)(かみ)(こと)(なに)()はずに()いて(くだ)されよ。078何事(なにごと)(かみ)から()けて()せるぞよ。079(ひと)一代(いちだい)()末代(まつだい)(もう)すが、080人民(じんみん)一代(いちだい)(かぎ)りでは()いぞよ。081()(かわ)()(かわ)何度(なんど)(この)()(うま)れて()るので()るから、082(いま)(うち)(かみ)行為(をこない)いたしたものは、083()(つぎ)()には結構(けっこう)身魂(みたま)(うま)れるので()るから、084今度(こんど)二度目(にどめ)()立直(たてなを)しの、085神界(しんかい)御用(ごよう)(つと)()げた人民(じんみん)は、086万劫(まんごう)末代(まつだい)(はな)()くぞよ。087その(もと)()るからチットは心配(しんぱい)()るぞよ。088()改正(たてかへ)()るから、089()()()れる神様(かみさま)にも(わか)らん経綸(しぐみ)(いた)してあるから、090人民(じんみん)()りさうな(こと)()いぞよ。091(むかし)(むかし)()(むかし)からの(かみ)因縁(いんねん)(わか)時節(じせつ)()りたので()れども、092(あま)りの(おほ)きな神業(こと)()るから、093(みな)(かみ)見当(けんとう)()れんのであるぞよ。094(いま)()()()れる(かみ)にも、095(わか)らんやうな大望(たいもう)仕組(しぐみ)であるから、096人民(じんみん)には(わか)らんのも無理(むり)はないから、097色々(いろいろ)(もう)して心配(しんぱい)(いた)せども、098(さき)結構(けっこう)(こと)になるから、099御用(ごよう)()いて(くだ)されよ。100苦労(くろう)(いた)した(だけ)(むく)いは(かみ)から()るぞよ。101神憑(かんがかり)修行(しゅげう)(ため)にチットは心配(しんぱい)(いた)して()れども、102世界(せかい)絶命(ぜつめい)()りたらば、103(かみ)各自(めんめ)御魂(みたま)相当(さうとう)御用(ごよう)使(つか)ふから、104()るだけの修行(しゅげう)(いた)して()くが()いぞよ。105(この)(かみ)使(つか)(ほか)しには(いた)さんぞよ。106苦労(くろう)いたした(だけ)(むく)いは()るぞよ。107世界(せかい)には(だい)○がはじまるから、108(かみ)(はげ)しくなるぞよ。109外国(がいこく)には大分(だいぶ)(きび)しき見示(みせしめ)()るぞよ。110日本(にほん)一旦(いったん)は、111上下(うへした)人民(じんみん)(かお)(あほ)くなる(とこ)(まで)()くぞよ。112其所(そこ)(まこと)祖神(おやがみ)敵対(てきたふ)()(もの)と、113信心(しんじん)いたして()るものとが(わか)るぞよ。114(いま)時節(じせつ)自分(われ)さへ()けら()時節(じせつ)であるが、115自己(われ)(こと)(あと)()はしてをいて他人(ひと)(たす)ける人民(じんみん)でありたなれば、116(その)(まこと)(もの)(かみ)()()るから、117(いま)(くや)しき(こと)もあり、118()苦労(ぐろう)をさして、119(かみ)()(どく)(おも)へども、120(ここ)をモウ(ひと)世話(せわ)(いた)して(くだ)さらんと、121モチトの(とこ)(まこと)()(ゆへ)に、122ドウゾ(しばら)くの辛抱(しんぼう)(いた)して(くだ)されよ。123(まこと)のものを(ひき)()して出口(でぐち)にも安心(あんしん)さすぞよ。124苦労(くろう)なしには(まこと)結構(けっこう)()()んぞよ。125世界(せかい)(ぜん)(あく)との(かがみ)()大本(おほもと)()るぞよ。126今迄(いままで)日本(にほん)だけの(こと)()りたが、127(これ)からは三千世界(さんぜんせかい)(かがみ)()大本(おほもと)(いた)すぞよ。128世界(せかい)人民(じんみん)(たす)けたさの、129(なが)らくの苦労(くろう)(いた)して()るのを、130推量(すいりょう)する人民(じんみん)()いと、131(まこと)神徳(しんとく)(もら)えんぞよ。132(あま)出口(でぐち)(なが)苦労(くろう)(いた)さしたから、133モウ苦労(くろう)をさせずに()きたいと(をも)ふたなれど、134(いま)(ところ)(こば)りて(くだ)さらんと、135()大本(おほもと)土台(どだい)(かた)まらんぞよ。136()大本(おほもと)人民(じんみん)自由(じゆう)出来(でき)(とこ)であるぞよ。137(かみ)経綸(しぐみ)()大本(おほもと)であるから、138人民(じんみん)何程(なにほど)あせりても(らち)(あか)んぞよ。139(いま)色々(いろいろ)(わか)らんから取次(とりつぎ)反対(はんたい)いたせども、140()(こと)(わか)りて()たら吃驚(びっくり)いたすぞよ。141(いま)人民(じんみん)(こころ)(くも)りて()るから、142()結構(けっこう)(こと)(わる)きこと(いた)して()るやうに、143(みな)(もの)(もう)すであれども、144(これ)でも実地(じっち)(わか)りて()たら、145三千世界(さんぜんせかい)()結構(けっこう)(こと)になるから、146(われ)(わし)もと(もう)して(あらさ)ふて()りて()るぞよ。147()大本(おほもと)(なか)()りた事件(こと)(みな)(かみ)からの(こと)であるから、148弥々(いよいよ)()(まで)(たれ)にも(わか)らんぞよ。149(かみ)(こころ)人民(じんみん)(こころ)とは大変(たいへん)(ちが)ふから、150()()水晶(すいせう)(いた)すには余程(よほど)(ほね)()れるぞよ。151(これ)でも(さき)()りたら今迄(いままで)(わる)(もう)して()りた(もの)(あたま)()げ、152()()りて謝罪(あやまり)()ねば()けんやうに()るぞよ。153()大本(おほもと)(いた)した(こと)(みな)(かみ)守護(しゅごう)()るぞよ。154()()ちて()りた(かみ)()()()りた神様(かみさま)も、155(いま)までの(やう)行状(をこない)では()けませんぞへと、156(もう)した(こと)()ろうがな、157(その)(こと)()()たので()るから、158()神様(かみさま)(これ)からは我一(われいち)()(がら)(いた)して、159結構(けっこう)(まも)(がみ)(まつ)りて(もら)ふのを(うれ)しさに御活動(おはたらき)になるぞよ。160人民(じんみん)身魂(みたま)(みが)いて()(がら)(いた)してくだされよ。161()(かみ)日本(にほん)神国(しんこく)(しづ)(まつ)るぞよ。162唐天竺(からてんじく)(その)(ほか)(くに)(みな)神国(しんこく)(いた)して、163()(がら)だけの御祭(おまつ)りを(いた)すぞよ。164人民(じんみん)()(がら)次第(しだい)万劫(まんご)末代(まつだい)(かみ)(まつ)るやうに(いた)すぞよ。165(これ)(まこと)神国(しんこく)であるぞよ。166(この)()()れば天地(てんち)(あいだ)()るものは、167改心(かいしん)さへ出来(でき)たなれば、168(みな)()結構(けっこう)(いた)して()るぞよ。169改心(かいしん)出来(でき)んとツツボに()るぞよ。170()(さかい)で、171(まこと)(つら)(とこ)じゃぞよ。172何程(なにほど)つらくとも暫時(しばらく)(あいだ)()るから、173(これ)(しの)がねば(まこと)()()んぞよ。174()大変動(たいもう)(をさ)まりたなら、175世界(せかい)桝掛(ますかけ)()いた(ごと)くに(いた)すぞよ。176それを(たのし)みにして(みな)のもの、177神界(しんかい)御用(ごよう)(きい)(くだ)されよ。178(うしとら)金神(こんじん)悪神(あくがみ)()りたか、179善心(ぜんしん)(かみ)()りたかと(もう)すことが、180明白(ありやか)(わか)りて()るぞよ。181(いま)(うち)世間(せけん)から、182力一杯(ちからいっぱい)()るく(いわ)れておくぞよ。183(うしとら)金神(こんじん)(みち)(いま)(あく)()(かた)いたす人民(じんみん)からは(わる)(もう)すが、184モウ(しばら)くの(あいだ)()るぞよ。185(わる)()はれな()大望(たいもう)到底(とうてい)成就(ぜうじゅ)いたさんから、186(わる)()はれる(ほど)()金神(こんじん)大本(おほもと)()()りてくるぞよ。187何程(なにほど)初発(しょっぱつ)()()はれても(あと)(わる)いのは(やく)()たんぞよ。188(あま)()世間(せけん)から(もう)すと、189色々(いろいろ)(よく)人民(じんみん)()()て、190(かみ)経綸(しぐみ)邪魔(じゃま)(いた)すから、191()大望(たいもう)成就(ぜうじゅ)する(まで)は、192(わる)(もう)されるのが結構(けっこう)であるから、193()んと()はれても()(ささ)えては()らんぞよ。194(ふか)経綸(しぐみ)()るから、195(いま)人民(じんみん)()()めるやうな(こと)では、196何事(なにごと)(おく)(あさ)いから、197成就(ぜうじゅ)いたさんから、198(わざ)とに(わか)らんやうに(いた)して()るぞよ。199(これ)でも(まこと)御方(おかた)御出(おいで)でになりたら、200(みな)吃驚(びっくり)いたして改心(かいしん)するやうに()るなれど、201(いま)(うち)にチット(ぐらい)(わか)身魂(みたま)()いと、202肝心(かんじん)御用(ごよう)には使(つか)はんぞよ。203細工(さいく)流々(りゅうりゅう)仕上(しあ)げを()(もら)はんと(わか)らんぞよ。204()んな仕組(しぐみ)(いま)人民(じんみん)に、205(だれ)にも(わか)るといふ(こと)()いから、206()(うしとら)金神(こんじん)(もと)(たち)()人民(じんみん)には素直(すなを)(いた)して、207(ただ)(かみ)(もう)すやうに(ちが)へずに(いた)して()りたら、208()れで()いので()るから、209利巧(りかう)()()さぬやうに(いた)すが結構(けっこう)であるぞよ。210肝心(かんじん)(とき)には()()因縁(いんねん)身魂(みたま)大本(おほもと)(ひき)よして、211御用(ごよう)(おほ)()けるから、212何事(なにごと)(をも)ふたよりは(らく)御用(ごよう)出来(でき)るから、213(いま)()ろうやうに(いた)して()りて(くだ)されよ。214(かみ)にもたれて()りたら、215何事(なにごと)ありても別条(べつぜう)()いから、216安心(あんしん)(いた)して御用(ごよう)なされよ。217(かみ)(もう)(こと)は、218一分一厘(いちぶいちりん)()(ちが)いは()いぞよ。219(めづ)らしきことが出来(でき)るぞよ。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)