霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治四十二年旧十月二十九日陽暦十二月十一日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1909(明治42)年12月11日(旧10月29日)
神霊界掲載号:第84号 2頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 342頁 七巻本:第5巻 68頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os163
001 (うしとら)金神(こんじん)国常立之尊(くにとこたちのみこと)変性男子(へんぜうなんし)身魂(みたま)がスックリ(あら)はれて、002世界()改造(たてかへ)(いた)すから、003是迄(これまで)とは(こころ)持方(もちかた)薩張(さっぱ)()えて(もら)はんと、004今迄(いままで)()(やり)(かた)は、005(あと)(さき)(かま)はずに、006(しり)(むす)ばずに()ておいて、007()りさがしで()りたから、008(この)(よう)難渋(なんぢう)()(まい)りたのじゃぞよ。009(この)()()るのは()(もと)から()(わか)りて()るから、010(この)(ほう)()()められるのも時節(じせつ)で、011(てん)から何事(なにごと)(みな)出来(でき)()るのじゃぞよ。012(うしとら)金神(こんじん)(これ)だけ(なが)らく苦労(くろう)難難(かんなん)(くや)しい残念(ざんねん)(こば)りて()(こと)を、013筆先(ふでさき)では()みただけであるから、014()んでも()いやうで()れども、015(われ)実地(じっち)()()ると(かな)はんに()って、016今度(こんど)二度目(にどめ)(あま)岩戸開(いわとびら)きは、017(これ)まで()放題(ほうだい)()りて()守護神(しゅごうじん)は、018(この)(さき)大分(だいぶ)(つら)うなるから、019(かみ)(もう)すものは自分(われ)さえ()けりゃ()いではないぞよ。020現世(このよ)(いき)あるものは、021()くして()るのが(かみ)であるなれど、022()逆様(さかさま)(かへ)りて()りたから、023()いと(をも)ふて(いた)して()(こと)が、024実地(じっち)生神(いきがみ)から()()ると()くない(こと)(ばか)り、025(この)結構(けっこう)日本(にほん)(くに)は、026()っとも(かわ)らぬ()うに(きよ)らかな国土(くに)(たて)(わけ)()かねば()らん(くに)を、027外国(がいこく)(あく)(つよ)悪神(わるがみ)(よご)されて(しも)ふて、028日本(にほん)(くに)外国(がいこく)(をな)(こと)()りて()るぞよ。029(きよ)らかな霊主体従(ひのもと)日本(にほん)(くに)は、030(もと)固成(こしらへ)なされた(てん)大神様(おほかみさま)(つき)大神様(おほかみさま)の、031(もと)()艱難(かんなん)(をも)ひも(いた)さず、032()固成(こしらへ)るにも中々(なかなか)困難(こんなん)でありたぞよ。033(もと)(かみ)(おも)ひも(いた)さずに(よろず)神々(かみがみ)守護神(しゅごじん)034人民(じんみん)も、035()んとも(をも)はずに、036自己(われ)よしの精神(せいしん)であるぞよ。037世界(せかい)(もと)大略(あらまし)(そろ)ふて、038()安心(あんしん)(をも)へば、039(よろず)神々(かみがみ)(うしとら)(をし)()められたのであるが、040(ふで)(しる)せば(はや)いなれど、041(なが)(あいだ)苦労(くろう)でありたぞよ。042(この)()がくる(こと)()(わか)りて()りての、043苦労(くろう)艱難(かんなん)(くや)しき(こと)左程(さほど)()にせずに()御蔭(おかげ)で、044時節(じせつ)まいりて(をも)ふままの()になりたから、045(かみ)満足(まんぞく)であるなれど、046()()るまでには(かみ)にも(こば)れんドンナ(ぎょう)をも(いた)して()たぞよ。047(うしとら)金神(こんじん)()()ちてドンナ(ぎゃう)をも(いた)して()たから、048(なに)(いた)しても左程(さほど)(つら)いと(をも)ひは(いた)さねど、049(つら)いのは世界(せかい)人民(じんみん)改心(かいしん)出来(でき)んのが一番(いちばん)つらいぞよ。050実地(じっち)神業(こと)をして()せても、051実地(せうまつ)筆先(ふでさき)をかいて()せても()()けんから、052()むを()世界(せかい)実地(じっち)()()せねば()らぬぞよ。053人民(じんみん)実地(じっち)()(もの)()せてやらねば改心(かいしん)出来(でき)ず、054実地(じっち)()りては()らず、055(これ)には(かみ)閉口(へいこう)いたすぞよ。056(これ)でも改心(かいしん)(いた)さねばいたすやうにして世界()改造(たてかへ)(いた)すから、057世界(せかい)何事(なにごと)がありたとて、058(かみ)出口(でぐち)(なを)とを(うら)めては()れなよ。059モウ()のままにモ暫時(ちっと)()(すて)おいたなら、060日本(にほん)(くに)(いち)ころに()られて(しも)ふて、061○○の(くに)はヂリヂリ(まい)(いた)(こと)に、062モう()ぐに()るぞよ。063()(もと)生神(いきがみ)肉体(にくたい)()りて(いま)(その)ままで()るから、064サア(いま)じゃと()(とこ)になったら、065一寸(ちょっと)火水(ひみず)でうでくりかやして()仕組(しぐみ)がして()るから、066滅多(めった)(むか)ふの自由(じゆう)には、067(くに)(ちい)さい(くに)なれど、068神界(しんかい)には(ふか)経綸(しぐみ)(いた)して()るから、069日本(にほん)(くに)大丈夫(だいじょうぶ)であるぞよ。070それで毎時(いつも)(かみ)(もう)すやうに身魂(みたま)洗濯(せんたく)(いた)して、071世界(せかい)洗濯(せんたく)(いた)そうと(おも)ふたなれど、072身魂(みたま)洗濯(せんたく)(なに)よりも(ほね)(をれ)るぞよ。073一人(いちにん)身魂(みたま)洗濯(せんたく)()()かして(なを)さうと(をも)ふたら、074世界中(せかいぢう)改心(かいしん)させるのに末代(まつだい)かかりて()()かしても後戻(あともど)りばかりで、075(もと)水晶(すいせう)身魂(みたま)出来(でき)(いた)さんぞよ。076モウ()ばすだけは()ばしたなれど、077()()かした(ぐらい)では到底(とうてい)改心(かいしん)出来(でき)身魂(みたま)はないぞよ。078世界(せかい)実地(せうまつ)(これ)だけに()()せてありても、079()人民(じんみん)(いま)にないから、080世界(せかい)身魂(みたま)(たて)()けを(はじめ)るから、081人民(じんみん)(いづ)れは吃驚(びっくり)いたすやうな事実(こと)が、082()(さき)は、083人心(ひとごころ)(わる)(とこ)から、084あとあとの()(しめ)今度(こんど)(ひど)(こと)があるが、085(ひど)(とこ)ほど御魂(みたま)借銭(しゃくせん)余計(よけい)()ふて()るのじゃぞよ。086身魂(みたま)()るき(こと)()()(くに)ほどひどい(いましめ)があるから、087改心(かいしん)出来(でき)身魂(みたま)()()()じゃれよ。088末代(まつだい)一度(いちど)よりない二度目(にどめ)()改造(たてかへ)であるから、089(これ)までの()改造(たてかへ)とは大分(だいぶ)(ちご)ふぞよ。090(あま)(いさ)みて(くら)しよると()んな難渋(なんじゅう)()(まい)りて()て、091一度(いちど)改心(かいしん)(いた)さねば()らん(こと)になるし、092(この)()()つのは普通(ひととうり)身魂(みたま)では()()てんのじゃぞよ。093(これ)から国常立之尊(くにとこたちのみこと)神界(しんかい)()()つと、094放縦(ずんだら)(こと)(だれ)にもさせんぞよ。095()放題(ほうだい)()(もち)(かた)では日本(にほん)(くに)()ちては()かん、096霊主体従(ひのもと)(くに)であるから、097日本魂(やまとだましい)性来(せうらい)でないと(たち)ては()かん大事(だいじ)(くに)を、098(この)(やう)見苦(みぐるし)(こと)(いた)して、099改造(たてかへ)いたすにも(ほね)()れたことで()るぞよ。100(ここ)まで()ばしたのも(ちっ)とでも世界(せかい)人民(じんみん)()(いた)(たい)(をも)ふて()ばしたなれど、101悪魔(あくま)(ばか)りの()()りて()るから、102(まこと)(こと)(もう)して()らして()ると、103千疋猿(せんびきざる)(たとへ)(もう)すが、104一分(いちぶ)九分(くぶ)とであるから、105まだ九分(くぶ)(ほう)から(まこと)(みち)(つく)()えて、106日本(にほん)倭魂(やまとだましい)(もど)大本(おほもと)(をしへ)を、107()邪魔(じゃま)(いた)すから、108()むをえず世界(せかい)には(いづ)れは()(どく)があるなれど、109仕組(しぐみ)である()うに(いたさ)んと、110(なが)うかかりて()りたなら、111(くに)()たず(いち)()らず()()らず、112(なが)経綸(しぐみ)(みづ)(あわ)となるから、113世界中(せかいぢう)(こと)であるから、114何処(どこ)から(なに)(はじ)まる()れんから、115一日(いちにち)(はや)改心(かいしん)(いた)して(くだ)されよ。