霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十六年旧六月七日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1903(明治36)年7月30日(旧6月7日)
神霊界掲載号:第86号 3頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 447頁 七巻本:第5巻 83頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (うしとら)金神(こんじん)変性男子(へんぜょうなんし)御魂(みたま)002出口(でぐち)(かみ)(あらは)れて、003世界(せかい)出現()ることを以前(まへつ)()らして()らねば、004人民(じんみん)()(もの)は、005一寸(ちょっと)(さき)()えんもので()るから、006今度(こんど)世界(せかい)善悪審判宇宙之大修斎(あること)は、007(なに)()けても大事業(たいもう)(ばか)りであるから、008神誓神約的事変(あること)出口(でぐち)()以前(さき)()らしてやる、009変性男子(へんぜうなんし)御役(おやく)()るぞよ。010()()改製(かいせい)011光華明彩(さらつ)()建替(たてかへ)て、012()矛盾不合理無不至(みぐるし)()整然透明(すいせう)()(いた)変性男子(へんぜうなんし)至重重責(たいもう)御役(おやく)()るから、013何時(いつ)までも(のど)から()()(ごと)く、014今日(けふ)一日(いちにち)(らく)()(こと)()いぞよ。015()立替(たてかへ)大本(おほもと)は、016(ほか)教会(きゃうかい)()(かた)とは、017根本的(さっぱり)()(かた)(ちご)ふて、018(これ)から(わか)(ほど)(ひと)()()るが、019()大本(おほもと)人民(じんみん)身魂(みたま)修祓(せんたく)(いた)大本(おほもと)であるから、020(ほか)教会(きゃうかい)とは(ほね)()れるぞよ。021(あま)見苦(みぐ)るしき身魂(みたま)は、022()大本(おほもと)高天原(たかあまはら)へは()()かれんが、023()身魂(みたま)大多数(たっぴつ)あるぞよ。024(みが)ける身魂(みたま)(みが)きて()りて、025日本(にほん)神国(しんこく)(うち)守護(しゅごう)をさすなれど、026(みが)きかけの出来(でき)んのは暗黒地獄(がいこく)()りて(しも)ふから、027(ここ)まで()()けてあるから、028立替(たてかへ)(かか)ると(せわ)しく()るから、029人民(じんみん)(ひき)()せて一々(いちいち)()()かせるやうな(こと)をして()りては、030世界(せかい)救済事業(ものごと)(をそ)()るから、031世界(せかい)人民(じんみん)には明治(めいじ)二十五(ねん)から出口(でぐち)()(くち)とで()らして()るのを、032真実(まこと)(いた)人民(じんみん)()いので()るから、033もう()らせやうが()いから、034(もう)してもこの世界(せかい)大修祓(あること)一度(いちど)(いた)しては、035()()どろうみ()るから、036筆先(ふでさき)()らしてあるとうり、037龍宮(りゅうぐう)(さま)肉体(にくたい)御守護(ごしゅごう)(あそ)ばすと(あま)(はげ)しいから(れい)御守護(ごしゅごう)()るから、038(なに)綾部(あやべ)大本(おほもと)明治(めいじ)二十五(ねん)から出口(でぐち)(なを)()らして()るのじゃぞよ。039金光(こんこう)殿(どの)取次(とりつ)ぎを(ひき)()して、040金光(こんこう)殿(どの)三分(さんぶ)なり、041出口(でぐち)(なを)守護(しゅごう)(いた)して、042(ばか)して()いて、043奥村(をくむら)にも足立(あだち)にも七分(しちぶ)(ちから)を、044(うしとら)金神(こんじん)()けて()りて()るのが判明(わか)らなんだで()らうがな。045大本(おほもと)()()るのは、046()(ほう)(みな)(ひき)()して神力(ちから)()けて()りて()るのを、047(みな)(すぐ)慢心(まんしん)(いた)して出口(でぐち)尻敷(しりしき)(いた)すから、048(みな)間違(まちご)ふて神業扶翼()成功()役員(とりつぎ)()かりたぞよ。049それもその(はづ)じゃ、050(これ)だけ()(をと)して、051世界中(せかいぢう)(ほか)には()結構(けっこう)(こと)がさして()るから、052皆人民(みな)誤観誤解(とりそこない)(いた)して()るからじゃぞよ。053足立(あだち)神話講(おはなし)(いた)すと()出口(でぐち)居眠(ゐねむ)りたり、054(はなし)間断(きめ)には出口(でぐち)(みぎ)()拇指(おやゆび)がツンと()てりたり(いた)しても、055出口(でぐち)()らずに()らうがな。056(なを)さんが(あま)(ねむ)りなさるでかなわんと足立(あだち)(もう)したで()らうがな。057()実際(せうまつ)()()るのは以田村(いでんむら)四方(しかた)すみが見付(みつ)けて、058(ひと)(いっ)ぱいお広間(ひろま)()るし、059(かき)(たね)をあててあれ()やれと、060塩見順(しをみじゅん)()らしたこともありたぞよ。061(かみ)人民(じんみん)()らん(ところ)から守護(しゅごう)(いた)して()れども、062(みな)(わか)りては()ろうまいがな。063初発(しょっぱつ)から綾部(あやべ)広間(ひろま)金光(こんこう)殿(どの)のやうに(をも)ふて()れど、064(うしとら)金神(こんじん)出口(でぐち)(なを)使(つか)ふて、065何事(なにごと)経綸()()りたのじゃぞよ。066()(たび)霊縁(いんねん)のある身魂(みたま)ばかりを(ひき)(よせ)て、067天地(じっち)本然之真((まこと)()せて()るから、068(ほど)()判別(わけ)()せてやるなれど、069(なん)(もう)しても三千世界(さんぜんせかい)(こと)であるから、070(たれ)(なに)(いた)すのも(みな)(かみ)使役(つか)はれて()るのじゃぞよ。071(しばら)(いた)したら(みな)()()めるぞよ。072世界(せかい)一切万物(いったいら)(みな)()()本源(もと)()るのに、073(かみ)にも人民(じんみん)にも()由来(わけ)()りたものは()いから、074世界(せかい)一切万事(いったいら)険悪(わる)()りたのじゃぞよ。075政治界実業界教育界宗教界思想界軍人界等()活動()ておいでる(かみ)にも御存(ごぞん)()(こと)人民(じんみん)()れそうな(こと)()いから、076(もう)すやうに(いた)して天然惟神之清心(かみごころ)()りて()りたら、077二度目(にどめ)()立替(たてかへ)(すみ)やかに()りて、078心安静(こころやす)尊厳而平穏(おだやか)()になりて、079運不運(うんぷ)()きやうに(いた)して、080御土(おつち)(だい)()(うやま)ふて、081作物(つくり)栽培()れば(てん)から守護(かま)うし、082()から守護(かま)うし、083中界(ちゅうかい)守護(かま)わすし、084(おも)ふやうに何事(なにごと)成就()くなれど、085肝腎(かんじん)世界(せかい)守護(しゅごう)(いた)大元(もと)(かみ)を、086他所(よそ)におしこめて()いて、087()()()りて()(かま)うて()りた(かみ)が、088()()自己()()主張()さえすれば()いのじゃと(もう)して、089前後(あとさき)(かま)はん方針(やりかた)()経綸策(もちかた)()りたから、090世界中(せかいぢう)(うご)きも微躯(びく)りとも()らん(やう)()りて(しも)ふたのじゃ。091()うなる(こと)()初発(もと)から()()いて()るから、092御意見(ごいけん)(いた)したら()(きき)()()かりたが、093(もう)した()循環(まい)りたぞよ。
094
095 出口直(でぐちなを)明治(めいじ)三十六(ねん)の六(がつ)()
096 (つき)(かたち)(みす)(うち)097()()(かわ)大本(おほもと)様子(ようす)()()めて()いて()れいと(もう)して()るが、098(みす)()がると()()守護(しゅごう)()るから、099()()守護(しゅごう)になると()()しに(はげ)しう()りて、100大本(おほもと)(なか)(なん)となしに気遣(きづか)ひに()るから、101(なに)()()けて、102気色()()以前(うち)から()らして()るぞよ。
103
104 是迄(これまで)()(あま)世界(せかい)幸不幸之懸隔(うんぷ)()りて、105(かげ)から()(ほう)()()れば、106(あま)可愛想(かあいそう)()()れんから、107末法(まっぽう)()(ちぢ)めて、108二度目(にどめ)()立替(たてかへ)て、109(こん)(じん)()(いた)して、110むかしの神代(かみよ)復活(たちかへ)経綸(しぐみ)()()るのが、111神運()発顕之()時運()循環(まいり)()たのじゃぞよ。112二度目(にどめ)()改整時業(たてかえ)(ほね)()れるぞよ。
113
114 従前(これまで)世界()肉欲的強者優勝(つよいものがち)時代()()りて、115如何(どんな)罪穢(めぐり)のある金銭(かね)でも、116栄輝(えいよう)(いた)せば(ひと)(あが)めて、117他人(ひと)難渋(なんじゅう)いたしても自己(われ)さえ()けりゃ()いと(をも)ふて、118後運(さき)(わか)らぬ()()りたから、119()子孫()(どく)(みな)()まして()るが、120(をや)(めぐり)()()り、121()(くる)しむと(をや)(くる)しむが、122(ひと)(くる)しめたら()れに()()るぞよ。
123
124 清浄世界(あのよ)125汚濁世界(このよ)境界(さかい)金輪際(こんりんざい)の、126天地(てんち)(かわ)る、127()(すえ)()(もと)()(をり)神示(しるし)を、128出口(でぐち)()世界(せかい)()ることを()きのこして()くぞよ。129是丈(これだ)世界(せかい)喧嘩口論(くぜつ)()りては、130世界(せかい)人民(じんみん)の心が(わる)くなる()かりで()るから、131世界(せかい)には悪言争論(くぜつ)()(こと)()建替(たてかへ)るぞよ。
132
133 (なが)らく()隠伏(おち)()りて、134神連関発万有安堵之時節(このよ)()るのを()()ねて、135(よる)136(ひる)137(あつ)(さむ)さの(いと)ひも()くして世界一切之事象事物(せかいぢう)審査(あらため)(いた)しての今度(こんど)二度目(にどめ)()建替(たてかへ)138(ほね)()れるなれど、139()るかわりには今度(こんど)天地改整邪悪分子順和並掃蕩大神業(よのたてかえ)は、140他所(ほか)からは指一本(ゆびいっぽん)さえる故障(もの)()いぞよ。
141
142 いろは四十八文字(しじゅうはちもじ)世界(せかい)経綸法(こと)()かすから、143()四十八文字(しじゅうはちもじ)何事(なにごと)通用(つうえう)(いた)すやうに()るぞよ。144()四十八文字(しじゅうはちもじ)応服(おう)じて、145何事(なにごと)心気静粛(こころやす)()()るぞよ。146従来(これまで)()経綸法(もちかた)では、147外国(がいこく)()(かた)()るから、148モウ()()たん(こと)()りたぞよ。149日本(にほん)(くに)は、150混沌境裡争擾(がいこくのまね)をしては不可(いか)(くに)151上下親睦相助(むつまじく)(いた)さな不治(いけ)神国神聖(しんこく)国土(くに)
152
153 (をや)罪穢(めぐり)()りて()いたら()成業(しゅっせ)(はや)いなれど、154(をや)罪科(めぐり)()みて()くと()(くる)しむが()(わか)()りて()るぞよ。155()()傷人徳書世風(わるきこと)をして()いたら、156()れが道義的借銭(しゃくせん)()りて()るから、157()れは(うしとら)金神(こんじん)帳面(ちょうめん)()()めて()同様(どうよう)()りて()るから、158今度(こんど)身魂(みたま)審判(あらた)めて、159何彼(なにか)罪科(こと)をあらはして、160道義的負債(めぐり)()りて()るのじゃぞよ。
161
162 (うしとら)金神(こんじん)変性男子(へんぜうなんし)身魂(みたま)は、163何事(なにごと)邪悪(あく)()せて、164天地真義発揚事業(ぜん)(はたら)いて()たのであるから、165誤解(とりちがい)(いた)さんやうに(いた)されよ。166自己本位方針(あく)表面(うえ)からは善美(ぜん)()えるぞよ。167(いま)世界(せかい)人民(じんみん)()(ちが)いを(いた)(はづ)じゃ。168体主霊従(あく)は、169(ひと)巧言令色(ぜうずついせう)(もう)して、170自分(われ)()()()りて()るぞよ。
171
172 従来(これまで)()真黒面(まくらがり)()()りたから、173岩戸開(いわとびら)きに()った(をり)は、174(ひる)日中(はくちゅう)に、175てふちん()けて()きたであろうがな。176(みち)がチットも判明(わか)らなんだなれど、177岩戸(いわと)()らいたら()()けて、178()()守護(しゅごう)()りたから、179(みち)少々(せうせう)判明(わか)()したから、180(こころ)洗濯(せんだく)(いた)さんと是迄(これまで)(こころ)では()けんぞよ。
181
182 是迄(これまで)()天地之真義不判明(まくらがり)()()りた(ゆえ)183表面(うえ)から()名義(かほ)さえ(うつく)しう()りたら、184(ひと)重宝(ちょうほう)がりたなれど、185根本的(さっぱり)()(かわ)るから、186表面(うえ)から()ては(わか)らん(ところ)掃除(そうじ)充分(よく)(いた)さんと、187(だれ)相手(あいて)()()るぞよ。188薩張(さっぱ)国家経綸法(ものごと)変転(かわ)ると(もう)して()るぞよ。
189
190 天地之大道()反覆(かへり)()るのを、191本元(もと)復帰(もど)して改善()(いた)すに()いては、192(ひと)(さかい)日本神国之使命(にほん)物欲本位団(がいいこく)との大衝突(おほたたかい)193侵略主義国(ろこく)から(はじま)りて大決戦(おほたたかい)()ると(もう)して()るが、194此処(ここ)(ひと)(しの)ぐには、195日本(にほん)人民(じんみん)余程(よほど)神魂(みたま)(みが)いて、196(かみ)信服(すがり)()らんと、197(かほ)(いろ)(かわ)(こと)一旦(いったん)()るぞよ。
198
199 (いま)人民(じんみん)()逆様(さかさま)転覆(かへり)()るから、200()経綸()(かみ)(いま)人民(じんみん)とは薩張(さっぱり)(こころ)反対(はんたい)()るぞよ。201(かみ)()人民(じんみん)は、202人民(じんみん)からは(わる)()えるぞよ。203人民(じんみん)(かい)から()()える人民(じんみん)は、204(かみ)尊慮(きかい)(かな)はんことが()るぞよ。205(よい)(をも)(こと)(わる)い、206何事(なにごと)逆様(さかさま)反覆(なり)()るぞよ。