霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十三年旧八月六日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1900(明治33)年8月30日(旧8月6日)
神霊界掲載号:第88号 2頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 62頁 七巻本:第5巻 185頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:147頁 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-06-18 19:31:14 OBC :os181
001 (うしとら)金神(こんじん)筆先(ふでさき)002末代(まつだい)()(のこ)筆先(ふでさき)であるぞよ。003(むかし)からの因縁(いんねん)004()けて世界(せかい)(きか)して()るが、005()(だけ)日本(にほん)(くに)(わる)()るのを、006(だれ)一人(ひとり)()()くものが()いやうな(こと)()るのは、007外国人(がいこくじん)自由(じゆう)()りて()るからで()るぞよ。008日本(にほん)(くに)(わる)()りて、009(かみ)住居(すまゐ)出来(でき)ぬやうな畜類(ちくるい)()010(つよ)いものが覇張(はば)りて、011()れさえ()けりや親兄弟(をやきゃうだい)とでも()()(いた)すやうな、012悪道(あくだう)()()りて()るが、013()んな()万劫(まんご)末代(まつだい)(つづ)きは(いた)さんが、014()れと(もう)すのも()()()ちて()かねば()らぬ(かみ)を、015(をし)()めて(しも)ふて()るからであるぞよ。016(かみ)(かげ)から()()れば、017内地雑居(ないちざっきょ)()ふやうな許可(ゆるし)制定()して、018(かみ)苦労(くろう)(いた)してこしらへた(くに)を、019畜生(ちくせう)自由(じゆう)()られて、020(しり)()まで()()かれて、021()きも(もど)りも()らぬ(こと)出来(でき)るが、022(この)難渋(なんじう)()()(こと)(わか)りて()るか。023(せん)戦争(たたかひ)今度(こんど)(たたか)ひも、024日本(にほん)人民(じんみん)(ちから)(なに)出来(でき)たやうに(をも)ふて()るのか。025コレが(わか)らんやうな(こと)では、026(かみ)(ゆる)さんぞよ。027先戦(せん)()今度(こんど)()ちて、028エライ御手柄(おでがら)結構(けっこう)()るが、029ドウして()(ちい)さい(くに)人民(じんみん)(ちから)()ちたと(をも)ふて()るか。030何程(なにほど)幸運(うん)()くても(かみ)守護(かまわ)な、031()(ちい)さい(くに)は、032人民(じんみん)同志(どうし)外国(がいこく)(たたか)(いた)しても(いち)コロじゃ。033ソレが(わか)らんようでは、034()れからの(たたか)ひは、035一旦(いったん)日本(にほん)(くに)()ぶない(とこ)(まで)()(ほど)きつく()るぞよ。036(かみ)手伝(てつだ)ひが(わか)らんと、037日本(にほん)(へい)()(どく)()るぞよ。038戦争中(せんそうちう)には(へん)(ひと)手伝(てつだ)ふて御座(ござ)ろうがな。039(ひと)(ちから)ばかりと(をも)ふて()ると、040目覚(めさま)しの(ため)(いくさ)041ドコへ飛沫(とびひ)(いた)さうも()れんぞよ。042人民(じんみん)(いま)さえ()けりゃ、043何時(いつ)(まで)平和(よきこと)(つづ)(やう)(をも)ふて、044()()(こと)(なに)()えぬ、045世界(せかい)(いま)(をさ)まった(やう)でも、046仕組(しぐみ)(いた)して()(こと)()るから、047ナンドキ(なに)(おこ)ろうやら(わか)らんから、048神界(しんかい)消息(こと)(わか)りた御方(おんかた)から、049()用意(ようい)(いた)して(くだ)されよ。050()()()()く、051(もう)した(こと)(ちが)はん(うしとら)金神(こんじん)052世界(せかい)救助(たすけ)(ため)()()けるぞよ。053屠裂(ひきさか)れたとて、054タタキ(つぶ)されたとて、055微躯(びく)とも(いた)さん(かみ)056世界(せかい)から(なん)(もう)しても、057一寸(ちょっと)(こた)へは(いた)さんぞよ。058(いま)()(かわ)()で、059(ぜん)(あく)境界(さかひ)(ところ)()るから、060()御用(ごよう)(まこと)(つら)(こと)()れども、061(かわ)らぬ(こころ)(かみ)にすがりて()りて(くだ)さりたら、062(まこと)(ひと)(わか)るぞよ。063(いま)では世界(せかい)(くも)りて()るから、064(なに)結構(けっこう)(こと)(もう)して()かしても、065やう()けんから、066出口(でぐち)(なを)筆先(ふでさき)()かせ()くから、067前途(せき)()りたら(ちが)()()()るので()るぞよ。068(いま)人民(じんみん)我欲(がよく)(ばか)りで()(まへ)(よく)(つよ)いから、069(をも)(こと)(みな)(つみ)ばかり、070世界(せかい)事物(こと)(ひと)ツも成就(ぜうじゅ)せずに、071何時(いつ)()りても(みだ)()ちじゃぞよ。072(みな)天地(てんち)へのオソレで()()るので()るぞよ。073天地(てんち)(かみ)(をも)ひが(わか)らんと、074世界(せかい)(まこと)(こと)()()んから、075()れで()立替(たてかへ)御用(ごよう)は、076(かみ)苦労(くろう)(わか)(やう)()らんと、077(まこと)(かみ)(よう)には使(つか)はれんぞよ。078教祖教主(おや)気苦労(きぐろう)(たす)底本では「たす」ではなく「す」ける(ぐら)ひでないと、079(まこと)神徳(おかげ)(いただ)けんぞよ。080(かみ)(こころ)()けの報酬(おかげ)より()らんぞよ。081教親(おや)(のど)から()()(ほど)気苦労(きぐろう)(いた)して()るが、082()(こころ)(わか)らいで、083まだ()(うへ)教親(おや)(わる)(もう)してでも、084自分(われ)さえ(よけ)れば()いと()(やう)(こころ)では、085ナカナカ()(かみ)(はら)(なか)まで見貫(みぬ)かぬと、086(まこと)御用(ごよう)()せんぞよ。087一寸(ちょっと)とした試金石(ためし)()ふて信仰(しんこう)()める(やう)(あさ)(こころ)(うつわ)は、088到底(とうてい)(ちから)()らんから、089ソレじゃと(もう)して今度(こんど)(ちから)()身魂(みたま)(そろ)へねば()らんから、090(かみ)中々(なかなか)()苦労(ぐろう)(いた)すぞよ。091()()苦労(ぐろう)(わか)りたものが(まこと)(ちから)()るのじゃぞよ。092(あま)大望(たいもう)(こと)用命()せるので、093出口(でぐち)094上田(うへだ)(むね)(うち)(つら)いぞよ。095()かして御用(ごよう)()せて()れば、096教親(おや)見下(みさ)げて、097教親(おや)不調法(ぶちゃうほう)がありたら、098(われ)大将(たいせう)()りたいと()(やう)精神(せいしん)(もの)()るが、099ソンナ(もの)(かみ)()れだけの応酬(こと)()すぞよ。100教親(をや)(うやま)(こころ)なれば結構(けっこう)出来(でき)るし、101初発(しょっぱつ)から(かがみ)()して()るが、102いづれは()()しの身魂(みたま)整理(そぐる)ぞよ。103(みな)心得(こころえ)(くだ)され、104筆先(ふでさき)()けて()せるぞよ。105(だれ)一人(ひとり)失意逆境(つつぼ)には(をと)さぬ(かみ)106信心(しんじん)(いた)せば()()霊徳丈(こころだ)けの天慶(おかげ)()るぞよ。107(なん)(もう)すも、108()立替(たてかへ)()(おほ)きな(こと)であるから、109取次役員(とりつぎ)にも(わか)らん(やう)(こと)であるから、110(みな)御苦労(ごくろう)()れど、111実地(じっち)(かみ)(なに)()らすから、112御安心(ごあんしん)して(くだ)されよ。