霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十六年旧六月

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1903(明治36)年0月0日(旧6月0日)
神霊界掲載号:第89号 5頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 117頁 七巻本:第5巻 259頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 変性男子(へんぜうなんし)御役(おやく)は、002()()一切(いっさい)(こと)()()かせるので()るから、003()(こと)(わる)(こと)(なに)末代(まつだい)(のこ)(こと)(ばか)りで()るぞよ。004(なに)末代(まつだい)(のこ)るから、005身魂(みたま)改善調整(あらため)(いた)大本(おほもと)(もう)すのは、006(ぜん)身魂(みたま)(あく)身魂(みたま)とを()()けて(しま)はんと、007本来(もと)()日本(ほん)()らんから、008()()しの亀鑑(かがみ)()大本(おほもと)()るから、009悪亀鑑(わるかがみ)()らん(やう)に、010各自(めんめ)心得(こころえ)るが()いぞよ。011(もの)()にする(やう)(ちい)さい(こころ)()てて(しも)ふて、012神心(かみごころ)(はや)()りて(もら)はんと、013世界(せかい)()わがしく()るし、014()大本(おほもと)行状(おこない)神代(かみよ)()(かた)薩張(さっぱ)(かわ)らんと可愛想(かあいそう)(こと)出来(でき)るから、015善悪神之大葛藤(なに)()らずに、016()んな文明()()()いと(をも)ふて()世界(せかい)人民(じんみん)が、017(かほ)(いろ)(かわ)るぞよ。018()(なか)(をこな)ひが(かわ)らねば(まこと)(をしへ)出来(でき)んぞよ。019(をしへ)(いた)さな、020(わか)りかけが(いた)さんぞよ。
021 世界(せかい)からは追々(をいをい)()()るし、022筆先(ふでさき)()るが(をく)れて()て、023大変(たいへん)物事(ものごと)(をそ)()りて()(ゆへ)に、024一度(いちど)(せわ)しく(みな)がなるぞよ。025世界(せかい)洗濯(せんだく)026人民(じんみん)身魂(みたま)洗濯(せんだく)(いた)すのが(をそ)()りて、027チト(のば)して人民(じんみん)改心(かいしん)()して、028()()()(いた)して()ろうと(をも)(ほど)029(あく)(さかえ)(わる)()(ばか)り、030人民(じんみん)(あま)りくもりが(ひど)いので(みが)きかけが出来(でき)んから、031イツ何時(なんどき)に、032世界(せかい)はドンナ混雑(こんざつ)()ろうか()れんから、033各自(めんめ)用意(ようい)(いた)さんと、034()()()()るから、035日々(にちにち)()()けたので()りたぞよ。036()世界(せかい)地面(ぢめん)は、037見苦(みぐる)しき(こと)(よご)れて()るぞよ。038()降臨(おり)住居(すまゐ)をする(ところ)()い、039()()(あま)()()(くも)りようで、040人民(じんみん)(みち)結構(けっこう)新道(しんみち)()いて結構(けっこう)()るなれど、041(かみ)(みち)全然(さっぱり)(つぶ)れて(しも)ふて()るのを、042(うしとら)金神(こんじん)稚日女君命(わかひめぎみのみこと)出口(でぐち)(かみ)(あら)はれて、043(てん)規則(きそく)()めて、044世界(せかい)洗濯(せんだく)045人民(じんみん)身魂(みたま)洗濯(せんだく)(いた)して、046(もと)()()創造(こしらへ)(かみ)守護(しゅご)(いた)せば()(をさ)まるぞよ。047往昔(むかし)(てん)規則(きそく)()めて、048(まこと)結構(けっこう)()りたなれど、049(てん)規則(きそく)破乱(やぶ)りてから、050()段々(だんだん)(みだ)れて()たので()るぞよ。051(それ)規則(きそく)(やぶ)りた身魂(みたま)稚日女君尊(わかひめぎみのみこと)052()身魂(みたま)は、053世一代(よいちだい)苦労(くろう)(いた)して、054経綸(しぐみ)大事業(たいもう)成就(ぜうじゅ)させねば、055(てん)から(ゆる)して(もら)へん身魂(みたま)()りて()()るので()るから、056()れは出口(でぐち)(なを)(つと)()げて(もら)はな、057(かわ)りを()せる身魂(みたま)()いから、058()(なか)二人(ににん)(すけ)ねば()らんぞよ。059三代(さんだい)になりたら水晶(すゐせう)(たね)()るなれど、060金輪際(こんりんざい)()(みだ)れた(なか)(そだ)ちた人民(じんみん)()るから、061天地(てんち)をヒックリ()へして綾部(あやべ)大本(おほもと)から水晶(すゐせう)()(ねじ)(なを)して、062(だい)()逆様(さかさま)()りて()るのを、063真直(まっす)ぐに(いた)して、064(かへ)(もう)さねば、065天地(てんち)(ただ)しうならぬから、066(をこな)ひや()(かた)()へて、067()()(かた)()るなれば大丈夫(だいぜうぶ)()ると()命令(めいれい)(いただ)くまでは、068チットも安心(あんしん)()らん、069極度敵(まっことかな)はん(やう)()りて()たら、070()(だけ)(をこな)(ぐらい)(かへ)るなれど、071変性男子(へんぜうなんし)御役(おやく)(ひと)行状(をこない)()えさせねば()らん、072世界(せかい)改心(かいしん)さして、073物事(ものごと)()えさせる大辛苦(たいもう)御役(おやく)で、074一年(いちねん)二年(にねん)辛棒(しんぼう)なら(らく)なれど、075()れでも()御用(ごよう)はやう辛棒(しんぼう)(いた)さんぞよ。076()御役(おやく)(いま)では悪役(あくやく)じゃ。077(あく)()せて(いた)さな改心(かいしん)(いた)人民(じんみん)()い、078(ぜん)(へん)()りては、079()(くも)りた悪鬼(おに)(ばか)()(なか)の、080()(びら)けに(ひら)けて()見苦(みぐる)しき人民(じんみん)改心(かいしん)()すのは、081(ばけ)(いた)さな出来(しゅったい)はせんぞよ。082(にしき)(はた)仕組(しぐみ)083大望(たいもう)()立替(たてかへ)084(みち)()(ところ)(みち)(つけ)たり、085()(みち)(つぶ)したり、086二度目(にどめ)()立替(たてかへ)(いた)すには、087天照皇太(てんせうこうだい)神宮(じんぐう)どのの岩戸(いわと)這入(はい)りなされた(をり)とは、088何倍(なんばい)がけ(ほね)()れるか(しれ)んなれど、089仕組(しぐみ)(どほ)りに()りて()るから、090()(なか)さえ(そろ)ふたら、091世界(せかい)何時(いつ)でも(はじ)めるのじゃぞよ。092仕組(しぐみ)世界(せかい)()()るぞよ。093(はや)()()ろうと(わる)()ろうと(こころ)次第(しだい)()るから、094今度(こんど)(はや)神心(かみごころ)()りて、095(もう)(やう)()()れば出来(でき)()るぞよ。096今度(こんど)綾部(あやべ)大本(おほもと)経綸(しぐみ)(あま)(おほ)きな神業(しぐみ)()るから、097(わか)るまで出口(でぐち)()()かして()くから、098誤解(とりちが)いを(いた)さん(やう)(いた)して、099器量(うつわ)(おほ)きなのを(もち)()んと、100今度(こんど)器量(うつわ)(ちい)さいと、101(おほ)きな神慶(おかげ)(ちい)さい御蔭(おかげ)(かわ)(こと)出来(でき)るぞよ。102仕組(しぐみ)()えぬとは(もう)せども、103出来(でき)(こと)()せても、104出来(でき)御用(ごよう)使()せねば、105(つと)(あが)らいでは()(おも)たうて、106半分途(はんぶんみち)まで()(とこ)閉口垂(へこた)れる(やう)(こと)では、107(つれ)(ひと)各自(めんめ)重荷(おもに)()たして()るから、108中途(みち)から輔助(すけ)(もら)(こと)は、109今度(こんど)御用(ごよう)出来(でき)んから、110(もて)(だけ)肉体(いれもの)に、111()(だけ)御用(ごよう)(もう)()けるから、112(つと)(あが)るまではドンナ苦労(くろう)辛棒(しんぼう)堪忍(こば)()めて、113神国(しんこく)威勢(いせい)()して(くだ)さらねばならぬぞよ。114(かみ)(もう)した(こと)(ちが)はせねど、115(その)(ひと)心得(こころえ)(ちが)()りては、116()むを()仕組(しぐみ)()えねば()らぬから、117(かみ)(ほう)(なが)経綸(しぐみ)(いた)して()るから(こま)らねど、118経綸(しぐみ)()びた()けは世界(せかい)(くる)しむから、119(まこと)人民(もの)(かみ)信頼(たより)(いた)すぞよ。120二度目(にどめ)()立替(たてかへ)(いた)大本(おほもと)経綸(しぐみ)は、121他所(ほか)には何処(どこ)にも()いから、122(ほか)では()(こと)出来(でき)ず、123矢張(やは)(もと)(まい)りて身魂(みたま)(みが)いて()ねば、124世界(せかい)真相(こと)(なに)(わか)りは(いた)さんから、125(うしとら)金神(こんじん)出口(でぐち)()かせる筆先(ふでさき)(どほ)りを(もち)ひて、126(きた)ない(こころ)()てて(しも)ふて()ると、127(ちい)さい(こころ)(おほ)きに()りて、128(ひと)から()るとナントシタ(ひと)()りたじゃろうと(もう)して、129吃驚(びっくり)(いた)(やう)()る、130綾部(あやべ)大本(おほもと)()るぞよ。131()(なか)這入(はい)りて実地(じっち)()()らんと、132()神徳(おかげ)(もら)へんぞよ。133()神事(しぐみ)判明(わか)りて()たら、134唯物的主義者(あく)身魂(みたま)改心(かいしん)()るなれど、135(わか)らん(うち)(わか)身魂(みたま)()いと、136(わか)りてから綾部(あやべ)結構(けっこう)(もう)して()ても、137十人並(じゅうにんなみ)(こと)ほか()いぞよ。138(ほか)教会(きゃうかい)とは有差異(ちがう)(もう)すのは、139(むかし)から()()ちて()りて、140(くや)しい残念(ざんねん)なを忍耐(こばり)()りた本元(もと)(かみ)を、141()()げる起源的輔賛(もとのせわ)()るから、142()御用(ごよう)万劫未代(まんごうまついだい)今度(こんど)より、143(あと)にも(さき)にも(また)(ふたた)びは、144()()()(こと)であるから、145(いま)(さし)(そへ)役員(やくいん)は、146今迄(いままで)()かりた(こと)(いた)して、147九百九十九人(きゅうひゃくきゅうじゅうきゅうにん)一人(ひとり)との辛棒(しぼう)(いた)して(もら)はな()らんから(つら)いなれど、148大経綸(ものごと)成就(ぜうじゅ)(いた)したら結構(けっこう)(こと)()るが、149()御用(ごよう)因縁(いんねん)身魂(みたま)()いと出来(でき)ん、150(この)(なか)辛棒(しんぼう)をやう忍耐(こば)らんぞよ。
151 鬼門(きもん)金神(こんじん)悪神(あくがみ)(たた)(がみ)と、152世界中(せかいぢう)人民(じんみん)(もう)した()(ほう)()るから、153その悪神(あくがみ)(たた)(かみ)(もう)した(こわ)()(ほう)が、154出口(でぐち)霊格(みたま)(をな)性徳(みたま)()るから、155出口(でぐち)(なを)変性男子(へんぜうなんし)(もう)して(かわ)りの()身魂(みたま)156()身魂(みたま)()いと、157(うしとら)金神(こんじん)体内(たいない)憑依(はい)(からだ)()いので()るから、158コンナ激烈(はげし)根神(こんじん)体内(たいない)這入(はい)りて、159出口(でぐち)をガンジリ()きに()()いて、160()(ほう)何事(なに)()()る、161その(からだ)がアチラ()いて()れ、162ハイ、163コチラ()いて()れハイと()ふて()るやうな(みたま)でないから、164人民(じんみん)()には()はん出口(でぐち)なれど、165(いま)では()かして()るから、166()れを見分(みわ)ける人民(じんみん)(えら)いなれど、167真似(まね)出来(でき)人民(じんみん)(えら)いなれど、168()からん(うち)には因縁(いんねん)ある身魂(みたま)()いと、169()(なか)修業(ぎゃう)はやう(いた)さんぞよ。170(あま)世界(せかい)非道(ひど)(こと)()りて()るから、171因縁(いんねん)身魂(みたま)()(とこ)()宿()せて、172大望(たいもう)(こと)()して()るから、173(みな)()苦労(ぐろう)(いた)すなれど、174仕上(しあ)げた(とこ)では(みな)(よろこ)経綸(しぐみ)()()るぞよ。175(にしき)(はた)仕組(しぐみ)()るから、176手間(てま)()るし気苦労(きぐろう)()るなれど、177細工(さいく)仕上(しあ)げを()(もら)はんと、178人民(じんみん)から()きには見当(けんとう)()れん(こと)()るぞよ。
179 国々(くにぐに)所々(ところどころ)(ひと)心性(こころ)調査(あらため)てあると(もう)して()ろうがな。180日本(にほん)(くに)()(だけ)(みだ)れたのは、181交易(こうえき)からじゃぞよ。182(はじ)まりあれば終局(しまい)()るぞよ。183所々(ところどころ)神柱(かみはしら)(たて)さして、184先駆(さきばし)りに教祖教祖(それぞれ)心性(こころ)(こと)()して()るのも、185天地(てんち)からの(こと)()るぞよ。186(てん)調整(あらため)(いた)しての先駆(さきばし)りなれど、187()(みだ)れて()(ゆへ)に、188何処(どこ)教会(きゃうかい)純真純美(きっすい)教会(きゃうかい)()るまいがな。189(かみ)にも人民(じんみん)にも()()()れる(かた)には、190(まこと)()るはチットも()いから、191(むご)(こと)(くも)りて()るから、192この(ほう)守護(しゅご)()()したら、193()()審判(たてわけ)(いた)すから、194(これ)から世界(せかい)段々(だんだん)(つら)()るぞよ。