霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十五年旧六月十日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1902(明治35)年7月14日(旧6月10日)
神霊界掲載号:第90号 5頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 169頁 七巻本:第6巻 39頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (うしとら)金神(こんじん)出口(でぐち)(かみ)(あら)はれて、002二度目(にどめ)()立替(たてかへ)(かか)るから、003(てん)様子(やうす)是迄(これまで)とは(かは)るから、004是迄(これまで)(やう)(をも)ふて、005(をな)(をこな)へを(いた)して()ると、006(だれ)()らずキリキリ()はねば()らん(こと)出来(しゅったい)(いた)すぞよ。007(また)(よろこ)びてキリキリ()ひを(いた)(ひと)もあるし、008今度(こんど)()立替(たてかへ)各自各自(めんめ)(こころ)(こと)出来(でき)るから、009世界(せかい)には(あと)にも(さき)にも()(みょう)(こと)湧出()いて()るぞよ。010目舞(めまひ)()(ひと)出来(でき)るし、011フンノびる(ひと)出来(でき)ると()(こと)は、012出口(でぐち)(なを)(みな)(もう)して()るぞよ。013(そら)のさえた()()いと出口(でぐち)(もう)して()るが、014(そら)がさえたら(こころ)もさえる、015(こころ)さえたら(そら)もさえるなれど、016(そら)(こころ)(くも)()ちぢゃ。017()()けに筆先(ふでさき)()して()(こと)(じゅん)()()りても、018(いま)人民(じんみん)()れがキリキリ(まい)(いた)(こと)()()ねば承知(せうち)(いた)さんから、019()()不足(ふそく)(もう)すなら、020不足(ふそく)なき(こと)()()(をり)に、021矢張(やは)悪神(あくがみ)じゃと(もう)すなよ。022チト()()める(こと)()いと承知(せうち)()かん。023(おそ)ろしき(こと)()りたものじゃ。
024 ()大本(なか)から、025(ひと)(をこな)ひを()えて(もら)はな、026是迄(これまで)()(かた)()(みだ)れた()(かた)で、027仕放題(しほうだい)()寸法(すっぽう)()りたが、028アノ()(かた)では世界(せかい)人民(じんみん)一人(ひとり)(よろこ)ぶものも()いぞよ。029(みな)(くる)しみて()るぞよ。030()れさえ()けりゃ()()(かた)では、031初発(しょっぱつ)では()(やう)()るから、032(はじ)まりは(ひと)(よろ)こぶなれど、033(しり)すぼまりで()るぞよ。034チト(をこな)ひを()えなされ、035(かみ)威勢(いせい)()ると()(こと)()いから、036是迄(これまで)()()れで六茶(むちゃ)()たなれど、037暗黒(くらがり)世界()()りたから、038(なに)(わか)らなんだなれど、039()()ちた(かみ)()(あら)はれると、040物事(ものごと)(かわ)りて()るから、041一度(いちど)吃驚(びっくり)(いた)さん(やう)に、042明治(めいじ)二十五(ねん)から出口(でぐち)()()らして()るのに、043(あま)(うたが)ひが()れんから、044物事(ものごと)(をそ)()りたのじゃぞよ。045()大本(おほもと)(おしへ)(いた)さうと(をも)ふと、046()()(をこな)ひを薩張(さっぱ)()えて(もら)はんと、047(うしとら)金神(こんじん)(をしへ)()(もら)へんぞよ。048ナンボ世界(せかい)(ひろ)いと(もう)しても、049(しり)むすばずに(あふ)むいて()きよると探堪(ふかだま)りへ(しま)ひには()()むぞよ。050何事(なにごと)際限(きり)()(こと)()るから、051ヨイ加減(かげん)()()かんと、052(はづ)かしゅうて(かど)へも()られん(やう)(こと)出来(しゅったい)(いた)すぞよ。053(いま)(かわ)()()()たへ(かへ)(とき)()るから、054(わか)らん守護神(しゅごじん)がもだえるから、055(みな)余程(よほど)(だう)()へて()らんと、056ウッカリして()ると(かみ)()をカタりて()玩弄物(もちやそび)(いた)すぞよ。057神憑(かみがか)りの()りた肉体(にくたい)(うつ)()いから(だま)しに()るぞよ。058シッカリ審神(さには)(いた)さんと(わか)りて()(ほど)059もだえて()るぞよ。060(かみ)(みな)(こころ)試験(ため)すから、061(まこと)(ひと)には(まこと)(こと)(いた)さすし、062目的(もくてき)ある人民(じんみん)には()守護神(しゅごじん)()いて、063目的(もくてき)経綸(しぐみ)()らずに六茶(むちゃ)(いた)して、064(かみ)(いまし)めに()ふて、065()(どく)出来(でき)るし、066()れで()(こころ)()ちて()れいと(もう)すのじゃ。067(あく)(がみ)()(なか)(まこと)(こと)(いた)守護神(しゅごじん)は、068(いま)()()()れるのには何程(なにほど)()いぞよ。069(また)()神様(かみさま)言付(いひつけ)()守護神(しゅごじん)はチットも()いから、070薩張(さっぱ)()(みだ)れて(しも)ふて、071立替(たてかへ)(いた)さうにも仕掛(しか)けが出来(でき)んなれど、072(これ)でも(てん)から命令(めいれい)(いただ)いて(いた)(こと)()るから、073うけおうた(こと)(てん)からの命令(めいれい)()るから、074(なに)一ツままよには()らん()(ほう)075大望(たいもう)(こと)(いた)()(やく)じゃ。076()御用(ごよう)()()れる出口(でぐち)(なを)(たれ)()らん、077(あま)りな(こと)(いた)したり、078(もう)したり()()くと、079()(ほう)気障(きざわり)()ると、080(なに)(をも)(やう)にチットも()かんぞよ。081()()一切(いっさい)救助(たすけ)(かみ)()るから、082改心(かいしん)さえ出来(でき)たら、083何事(なにごと)()()みは()るなれど、084改心(かいしん)出来(でき)んと(はげ)しく()ると、085何処(どこ)(なに)()ろうやら(わか)らんぞよ。086コンナ()(つよ)(かみ)()(つぎ)が、087()()けらな(つと)まらんなれど、088()何時(いつ)でも()(やう)(こと)では、089()御用(ごよう)(つと)()がらんから、090()(をく)(しづ)めておいて御用(ごよう)()()れる身魂(みたま)()いと、091今度(こんど)神業(こと)は、092普通並々(ひととうり)身魂(みたま)では()(あは)んぞよ。093出口(でぐち)(かみ)(あら)はれる身魂(みたま)(こし)らへて()りて、094()(ほう)(ひっ)()うて苦労(くろう)(いた)した出口(でぐち)身魂(みたま)095今度(こんど)大望(たいもう)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)(いた)すには、096人民(じんみん)自由(じゆう)()(やう)なチロコイ身魂(みたま)では、097(うしとら)金神(こんじん)大望(たいもう)出来(でき)(いた)さんから、098(かみ)(かな)はん()出口(でぐち)099(かみ)のカに(いた)身魂(みたま)じゃぞよ。