霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十五年旧三月八日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1902(明治35)年4月15日(旧3月8日)
神霊界掲載号:第91号 1頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 221頁 七巻本:第6巻 56頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 ()立替(たてかへ)()()(はや)(いた)して、002(かみ)(ぶつ)()人民(じんみん)も、003(はや)()(いた)して()りたいと(をも)ふて、004()因縁(いんねん)ある出口(でぐち)御魂(みたま)(なが)らく御苦労(ごくろう)()りて()るなれど、005世界(せかい)(あま)(わる)()りて()るから、006()(ほう)本望(ほんもう)成就(ぜうじゅ)さすのは、007ナカナカ大難業(たいもう)であるぞよ。008(ひと)()らん苦労(くろう)(もう)すのが今度(こんど)神業(こと)(たと)へであるぞよ。009(だれ)(たの)みたのでも()いことを(あま)(なが)らくの苦労(くろう)(いた)したので、010世界(せかい)人民(じんみん)(なに)功能(こうのう)もない、011苦労(くろう)(いた)すが可愛想(かあいさう)()らんから、012()けて(かげ)から()()審査(あらため)(いた)して()りた、013(もと)国常立尊(くにとこたちのみこと)(をもて)(あら)はれて、014一番(いちばん)()()大望(たいもう)御用(ごよう)を、015(てん)御三体(ごさんたい)大神様(おほかみさま)御命令(ごめいれい)(いただ)きて、016三千世界(さんぜんせかい)守護(かま)(やう)()りたから、017()(ほう)(したが)ふて()さへしたら、018(らく)(くら)せる()()るぞよ。019(てん)命令(めいれい)(いただ)きて大神様(おほかみさま)守護権(しゅごう)発顕(いた)()(うしとら)金神(こんじん)が、020出口(でぐち)(かみ)(あら)はれるのは、021(むかし)から()()御出(おい)でます(かみ)にも御存知(ごぞんじ)()きこと、022人民(じんみん)()りた(こと)()いぞよ。023それで今度(こんど)()立替(たてかへ)024何時(いつ)までかかりても、025人民(じんみん)では、026永遠平和之極美(こくかい)(ひら)けんと(もう)して()ろうがな。027人民(じんみん)(かみ)(をしへ)(わか)りて()たら、028(はや)(かみ)(ひら)いて、029()(いた)して()りたいなれど、030()(やみ)()(なか)(わか)りかけが(いた)さんから、031()ばし()ばし(いた)したなれど、032モウ絶命(ぜつめい)()(せま)りて()たなり、033今迄(いままで)()()()りて、034()(もち)(あら)した(かみ)035(わか)りたのは結構(けっこう)なれど、036(わか)らん(かみ)眷属(けんぞく)無茶(むちゃ)(いた)して大将面(たいせうがを)(いた)すのは、037()綾部(あやべ)大本(おほもと)(まい)らして()()らねば、038(かる)眷属(けんぞく)(よう)には使(つか)わんぞよ。039(なに)()らずに(つよ)いもの(がち)(もう)すのが(いま)()(こと)であるぞよ。040今迄(いままで)天賊(ぞく)()()りたから、041()守護(しゅご)出来(でき)()らんぞよ。042()れから(なに)()()(わか)(やう)に、043()かして()らして()るが、044身魂(みたま)水晶(すいしょう)(みが)いて()んと、045(はら)誤目(ごもく)()(あいだ)は、046出口(でぐち)(もう)(こと)()(さわ)るから、047()筆先(ふでさき)()ておかんと残念(ざんねん)(こと)()()るから、048(さき)(みな)()()けて()るぞよ。
049 ()(ほう)(もう)(やう)(いた)して()れば、050()(とほ)りに()りて()るので()るから、051左程(さほど)心配(しんぱい)(いた)さずに(らく)()けるなれど、052(そむ)いて(いた)したらキリキリ()いを(いた)すぞよ。053何事(なにごと)出口(でぐち)()()()らすのは、054()(もど)しが出来(でき)んから毎度(まいど)()()けるのじゃぞよ。055万劫(まんご)末代(まつだい)()(のこ)すと()(こと)は、056余程(よほど)気苦労(きぐろう)(いた)さねば、057()(のこ)ると()(こと)()いぞよ。058今度(こんど)御用(ごよう)をきいて()れるのは、059(うご)かん(みたま)水晶(すいしょう)(みたま)()いと、060今度(こんど)(まこと)御用(ごよう)()けんから、061()(よう)()身魂(みたま)は、062御苦労(ごくろう)なれど、063見届(みとど)けた(うへ)では(かみ)(いた)すから、064左程(さほど)(ほね)()れんなれど、065(みが)(あいだ)御苦労(ごくろう)であるぞよ。066何彼(なにか)のことが(ちか)よりて()たから、067(にん)なりと()(かがみ)()りて(くだ)されよ。068()結構(けっこう)日本(にほん)(くに)に、069日本魂(やまとだましい)(たね)(かく)いてありたならこそ、070(ほね)(をれ)るなれど、071今度(こんど)日本(にほん)(くに)(とう)といと(もう)(こと)が、072世界(せかい)(わか)りて()るぞよ。073(いま)()日本(にほん)(くに)に、074日本魂(やまとだましい)性来(せうらい)(むご)(こと)(くも)りて(しも)ふて()るので、075(かみ)是程(これほど)(ほね)()れるので()るぞよ。076日本(にほん)人民(じんみん)(あま)目前判物欲汲々焉(ちかよく)なから、077コウユウ見苦(みぐる)しき(こと)()りて(しも)ふたのじゃ。078天真地徳(くに)(つぶ)しては()らんから、079(かみ)()()苦労(くろう)(いた)して()()ける(こと)(わか)らずに、080反対(はんたい)(ばか)感得()るのは、081(あま)(ひど)(くも)(やう)()るぞよ。