霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十五年旧三月十二日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1902(明治35)年4月19日(旧3月12日)
神霊界掲載号:第91号 4頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 224頁 七巻本:第6巻 68頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-06-27 18:04:37 OBC :os205
001 (うしとら)金神(こんじん)出口(でぐち)(かみ)(あら)はれて守護(しゅご)(いた)すから、002()れからは()(なか)間違(まちが)ひありたり、003見苦(みぐる)しき(こころ)のものが、004()(なか)這入(はい)りて()たなれば、005出口(でぐち)相貌(そうぼう)()(かわ)るぞよ。006(みな)()心得(こころえ)()らんと、007丸恥(まるはじ)をかく(ひと)出来(でき)るぞよ。008(たちま)ちに何事(なにごと)(ぜん)(あく)(あら)はして()せて、009()(なか)から改心(かいしん)()して、010物事(ものごと)明白(ありやか)審判(あらため)()せねば、011是丈(これだ)(なが)らくの(ほね)()りが一(にん)にも(わか)らいでは、012(うしとら)金神(こんじん)威勢(いせい)()んから、013今迄(いままで)(どほ)りの(やう)(をも)ふて、014()()立替(たてかへ)(いた)大本(おおもと)()()ると、015何時(いつ)ドンナ()()をうも()れんから、016()()けて()くぞよ。017()(なか)()りて(かみ)(こころ)(わか)らん(やう)なことでは、018()(ほう)聖旨(きかい)には(かな)はぬぞよ。019()()可愛(かあい)(やう)(こと)では到底(とうてい)020(うしとら)金神(こんじん)御用(ごよう)()けん(やう)()るから、021()目的(もくてき)()けるやうな(こと)()りては、022(いま)大経綸(しぐみ)(わか)りて()らんから、023(いま)(なん)とも(をも)うて()らんが、024(これ)から(はげ)しく()(ほど)(わか)()すから、025地団駄(じだんだ)()んでも()(もど)しは出来(でき)んから、026(はら)(なか)掃除(さうじ)十分(じうぶん)(いた)して、027(かみ)(こころ)(おな)(こころ)()らねば(まこと)()いぞよ。028人民(じんみん)(こころ)(かみ)(こころ)()りたら、029()れを(かみ)()(もう)すぞよと、030筆先(ふでさき)()して()ろうがな。031(うしとら)金神(こんじん)()()信心(しんじん)は、032()(よく)信心(しんじん)(いた)したなれば、033(もの)逆様(さかさま)()りて、034大変(たいへん)心配(しんぱい)出来(でき)るから、035不調法(ぶちゃうほう)ありては()らんから、036(かみ)がかかへる(やう)(をも)ふて、037何遍(なんべん)何遍(なんべん)()()けるぞよ。038(みな)()心得(こころえ)て、039最後審判(とどめ)()りた()り、040()けの(からす)()りた(をり)に、041口惜(くちを)しき(こと)()(やう)(いた)されよ。
042 (まこと)(みち)(つらぬ)くのは、043奥山(をくやま)這入(はい)(やう)精神(せいしん)()いと、044(まこと)(こと)(つら)ぬけぬぞよ。045()(ある)()(やう)精神(せいしん)()りたなら、046辛棒(しんぼう)出来(でき)んぞえ。047(をも)ひの(ちが)(ひと)(かみ)()()(つら)いから、048(いま)性念場(せうねんば)(かな)はん()りの金輪際(こんりんざい)(とこ)()るなれど、049左程(さほど)覚悟(かくご)(みな)()出来(でき)ては()らんぞよ。050()(ほう)(をもて)()して()れるのは、051筆先(ふでさ)(どほ)りに何事(なにごと)(いた)して()れぬと、052仕損(しそこ)ないが出来(でき)るから、053(はな)(たか)(いた)して()()ろうと(をも)ふと、054(あと)(なみだ)()(やう)(こと)出来(でき)るぞよ。055綾部(あやべ)霊的中府(おおはし)()して、056()()きへ()かうと(いた)しても、057()きにはモウ()(とこ)()いぞよ。058()筆先(ふでさ)きを()()もせんものが()加減(かげん)(こと)(もう)して、059(うしとら)金神(こんじん)()(よご)したものが()りたら、060何処(どこ)でも()れから、061(うしとら)金神(こんじん)から、062審査(あらた)めて()守護神(しゅごじん)性来(せうらい)(あら)はして、063神則鑑照(せうまつ)()せるから、064()(まで)格合(かくやい)には()かんぞよ。065(ほか)教会(きゃうかい)()(さき)(ばし)り、066神業完成(とどめ)()綾部(あやべ)大本(おおもと)で、067末代(まつだい)()(もと)()(とこ)()るから、068(うしとら)金神(こんじん)(おもて)()そうと(をも)(ひと)は、069多勢(おほぜい)()うて()いから、070筆先(ふでさき)をすっくり()()かんと、071(だれ)()たとて(はなし)出来(でき)んぞよ。072筆先(ふでさき)()(はら)()れて、073(をこな)ひを()(いた)して()りたら、074(だれ)()()ても、075(おめ)(はば)からず御話(おはなし)出来(でき)るなれど、076(をこな)ひが出来(でき)んと、077(くち)立派(りっぱ)(こと)(もう)して()りても、078()ぐやりこめられて、079(かみ)()(けが)すぞよ。080(あま)()かん(ゆへ)(をな)(こと)()くのに、081()()るのが出口(でぐち)()(どく)()るぞよ。