霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正六年閏二月二十二日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1917(大正6)年4月13日(旧閏2月22日)
神霊界掲載号:第91号 10頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 230頁 七巻本:第6巻 84頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (なが)経綸(しぐみ)(あら)はれる時節(じせつ)(まい)りて()たから、002()()()れる(ほう)守護神(しゅごじん)003(そろ)ふて改心(かいしん)(いた)したら、004(はや)世界(せかい)()くなるなり、005(なに)(わか)らずに天地(てんち)御恩(ごをん)()らずと、006(おれ)(えら)いと慢神(まんしん)気味(ぎみ)で、007綾部(あやべ)大本(おおもと)意見(いけん)()()ろうと(をも)うて、008(いま)()(かた)守護神(しゅごじん)が、009肉体(にくたい)()れて意見心(いけんごころ)()()ても、010(あか)(かほ)をして、011()げて(かい)らな()らん(とこ)じゃと()(こと)が、012毎度(まいど)()筆先(ふでさき)()らして()るぞよ。013慢心(まんしん)(とり)(ちがひ)が、014大怪我(おほけが)(もと)()るから、015(もう)して()(やう)(みな)()りて()るから、016日本(にほん)(くに)日本(にほん)()(かた)()かねば()らんのに、017洋服(ようふく)018(くつ)穿()いて、019日本(にほん)の○がうろうろと()(ある)(やう)(こと)では、020(くに)(をさ)まりそうな(こと)()いぞよ。021(あく)(かしら)目的(もくてき)はモウ一つ(うへ)(あが)りて、022(わう)(わう)(なろ)うとのエライ目的(もくてき)()りたなれど、023日本(にほん)(くに)経綸(しぐみ)(どほ)りに(いた)すから、024(もう)(やう)(いた)されよ。025天地(てんち)先祖(せんぞ)命令(めいれい)(そむ)いて(なに)(いた)しても、026性来(せうらい)(あら)はれて(めん)(もく)()(こと)()るから、027往生(わうぜう)(ぎわ)(わる)守護神(しゅごじん)は、028()(どく)(こと)()るから、029(あま)(わる)(こと)(あら)はせずに、030余程(よほど)(をさ)めて()御用(ごよう)()せてと、031(ここ)までに()()けても、032()(そこな)いを()()ると、033(おほ)きな()(ちが)いが出来(でき)て、034(おほ)きな(こえ)でものも()へん(こと)出来(でき)るから、035()れでも()かずとモウ一つ(をも)わくを()てやうとするなら、036()りて()よれ。037()守護神(しゅごじん)肉体(にくたい)も、038(たん)出直(でなを)しと()るぞよ。039(これ)からは改心(かいしん)せな()(やう)(いた)して、040()()きは水晶(すいせう)身魂(みたま)()て、041末代(まつだい)()()には苦説(くぜつ)()(やう)に、042(ぜん)一つの(まこと)(みち)立替(たてかへ)るので()るぞよ。043(なが)(あいだ)日本(にほん)()(もと)の一と(もう)して二の()い、044結構(けっこう)()(もと)(くに)を、045(ここ)までに(よご)して、046盲目聾(めくらつんぼ)(をな)(こと)に、047やうも()()(よご)したな。048(ここ)までになりて()るのに、049一方(ひとかた)()()ける(かみ)()いとは(むご)(こと)()るぞよ。050(もと)()てて(えだ)(をも)わくを末代(まつだい)()てやうと(いた)しても、051智慧(ちえ)(がく)では出来(でき)(こと)052(むかし)根本(こっぽん)(はじ)まりの先祖(せんぞ)()いと、053末代(まつだい)()()つと()(こと)出来(でき)んぞよ。