霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十三年旧五月二十日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1900(明治33)年6月16日(旧5月20日)
神霊界掲載号:第95号 7頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 417頁 七巻本:第6巻 102頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:132頁 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os210
001 (うしとら)金神(こんじん)国武彦命(くにたけひこのみこと)出口(でぐち)()()りて、002(なに)(まえ)ツに()らせ()くぞよ。003毛筋(けすじ)(ちが)はぬ筆先(ふでさき)ざぞよ。004もう(うた)がひの(くも)()()きて、005出口(でぐち)(こころ)もチトは(やす)まる()になるぞよ。006(だれ)一人(ひとり)肉体(にくたい)(わか)るもの()(ゆへ)に、007出口(でぐち)()苦労(ぐろう)008チトは(わか)()になるぞよ。009(なが)らくの気苦労(きぐろう)さしたが、010(いま)では身体(からだ)筋肉(にく)動鳴(うな)りて()れど、011()大望(たいもう)御用(ごよう)であるから()苦労(ぐろう)(いた)せども、012(かみ)指命()して()るのであるから、013(なに)別条(べつじょう)()いから、014()安心(あんしん)(いた)して()ざされよ。015()がらく(うみ)(そこ)住居(すま)いなされた竜宮(りうぐん)乙姫様(をとひめさま)016出口(でぐち)御苦労(ごくろう)になりて御守護(ごしゅご)(あそ)ばすぞよ。017出口(でぐち)明治(めいじ)二十五(ねん)(もう)したが、018時節(じせつ)(まい)りたぞよ。019これから世界(せかい)大悶雑(おおもんざく)があるぞよ。020(みな)筆先(ふでさき)()してあるぞよ。021実現(でて)()るぞよ。022外国(がいこく)だいぶ(きび)しき事変(こと)あるぞよ。023(これ)()るに()って、024出口(でぐち)()()り、025(くち)()りて()らしてあるぞよ。
026 ()(なか)大将(たいせう)(いま)から()(ある)()うな(こと)では、027この大本(もと)内紛(ごてつく)(はづ)ざ、028もチト(どう)()えて(くだ)されよ。029出口(でぐち)()はしてある神言(こと)030毛筋(けすじ)()がはん()()るぞよ。031(これ)から出口(でぐち)功名(てがら)さして、032出口(でぐち)()()(かみ)とを基本()(いた)して、033世界(せかい)亀鑑(かがみ)(いた)御方(おんかた)034御世継(ごよつぎ)出口(でぐち)(むね)(うち)推量(すゐりょう)してやって(くだ)されよ。035(すみ)(じつ)()でないか。036御世継(およつぎ)筆先(ふでさき)()てをるでないか。037()()行状悪(おこないわる)(ゆへ)038出口(でぐち)()苦労(ぐろう)039澄殿(すみどの)行状(おこない)()えて(くだ)されよ。040大神業(たいもう)(はじ)まりたら、041()(うしとら)金神(こんじん)大本(もと)漸次(だんだん)(はげ)しくなるぞよ。042(これ)から竜宮(りうぐん)乙姫(をとひめ)(さま)御守護(ごしゅご)なさるぞよ。043()乙姫様(をとひめさま)御守護(ごしゅご)(あそ)ばす()になりたらば、044世界(せかい)大分混雑(だいぶこんざつ)になるぞよ。045(これ)から出口(でぐち)乙姫(をとひめ)(さま)御願(おねが)(もう)せば、046早速(すぐ)()(きき)(ずみ)なさるぞよ。
047 今度(こんど)(たたかい)大戦(をほたたかい)ざぞよ。048一旦(いったん)(かほ)(あを)なるぞよ。049(ちい)さい(よく)(をも)うて()ると、050谷底(たにそこ)(ほう)られるぞよ。051(なが)らく出口(でぐち)()はしたが、052(いま)(うたが)うて(みな)()るが、053可哀相(かあいさう)なものざ。054()()りても(わる)感得(とり)真実(まこと)(いた)さんし、055(あま)()(くも)りて()るので、056(なに)()(きか)しても(しん)暗黒(やみ)ざ。057(なに)()(さき)()りたとて、058(なに)(わか)らんのであるから、059(かみ)()から()ると、060可哀相(かあいさう)でならんから、061(くど)(もう)してやるのざぞよ。
062 (いんま)世界(せかい)大望(たいもう)063(いま)外国(がいこく)であれど、064日本(にほん)(いま)心配(しんぱい)になるが、065人民(じんみん)足下(あしもと)()()えて()ねば(わか)らんのざなう。066可真相(かあいさう)なものざが()した無残(むごい)ものに堕落(なり)()るざ。067(これ)(かみ)分身分霊(わけみたま)(もう)して、068大和魂(やまとだましい)()はれるか。069()()()れば薩張(さっぱ)改心(かいしん)(いた)さねば、070斯様(こんな)(くも)りた()(なか)水晶(すいせう)()(いた)して、071神界(しんかい)(おん)()(かけ)ねばならんのざが、072(うしとら)金神(こんじん)大望(たいもう)(やく)ざぞよ。
073 それに(つい)出口(でぐち)気苦労(きぐろう)074肉体(にくたい)(たれ)一人(ひとり)()りた(もの)なき(ゆえ)075日々(にちにち)気苦労(きぐろう)(いた)すぞよ。076近側(そば)()上田(うえだ)(いま)(ちから)になってやらねば、077手柄(てがら)出来(でき)んぞよ其方(そなた)気苦労(きぐろう)()しの取次(とりつぎ)じゃに()って差細(ちょっとした)(こと)(つら)いのざぞよ。078()中辛(なかつら)(よう)(こと)では、079此大本(ここ)神事(こと)は、080(つち)(かぶ)()いても()りて()くと()大和魂(やまとだましい)()いと、081苦労(くろう)()()んエライ、082辛棒(しんぼう)()()んと()()うな量見(こと)では、083モチト(だう)(すわ)らんと、084()出口(でぐち)日々(にちにち)気苦労(きぐろう)で、085恩惑(おもわく)神力(しんりき)(わた)されんと、086物事(ものごと)(をそ)くなるぞよ。087今度(こんど)神業(こと)大謨(たいもう)ざ。088陽気(ようき)浮気(うわき)では駄目(いかん)ぞよ。089上田(うえだ)度々(たびたび)筆先(ふでさき)()してあろうがな。090出口(でぐち)是程(これほど)気張(きば)りてをりても、091後釜(あと)(すわ)御世継(ごよつぎ)となる(ひと)が、092()(どう)()わらん(よう)状実(こと)では手頼(たより)()いから、093(いや)なら(いや)()ふて(くだ)されよ。094先々日(いつぞや)出口(でぐち)(くち)(もう)してあろうがな。095大将(たいしょう)()るがよいか、096乞食(こじき)堕落(なる)がよいかと()うて()してあるが、097大将(たいせう)綾部(あやべ)(すわ)りたら、098(あが)められて結構(けっこう)であるが、099最早(はや)慢心(まんしん)(いた)して()ざるが、100慢心(まんしん)大怪我(おほけが)原因(もと)ざ。101用心(ようじん)なされよ。102()()けて()くぞよ(いま)から慢心(まんしん)(いた)すやうな量見(こと)では、103到底(とうてい)()()はんぞよ。104足立(あだち)がよい手本(かがみ)ざ。105()(かみ)経綸(しぐみ)(つぶ)したもの、106(たれ)()らず、107(これ)から竜宮(りうぐん)乙姫(をとひめ)(さま)御苦労(ごくろう)になりて、108何事(なにごと)覿面(てきめん)懲罰(みせしめ)(いた)すぞよ。109足立(あだち)よき(かがみ)110この手本(かがみ)()()りて失敗(しくじり)たら(しに)(いき)出来(なら)()うに(いた)して、111()(しめ)世界(せかい)(かがみ)()すぞよ。112(かみ)113()()ちて三千年(さんぜんねん)(あま)りての仕組(しぐみ)114(いま)(つぶ)した罪人(つみびと)は、115(だれ)()らず(いま)(はじ)まりであるから、116懲罪(みせしめ)(きび)しきぞよ。117()れが承知(しょうち)なら御好(おすき)(やう)になされよ。118所用(よう)籍口(かこつけ)何時(いつ)(まで)なりと滞在(をり)()なされ。119()(かみ)(てき)(いた)すもの(たれ)()らず乙姫様(をとひめさま)御力(おちから)()せなさるぞよ。120此度(こんど)大神業(たいもう)御手柄(おてがら)なさるは一等(いっとう)ざ。121今迄(いままで)変化(ばけ)守護(しゅご)(いた)した(うしとら)金神(こんじん)122今度(こんど)()()した海潮(かいてう)でないか。123(あと)から筆先(ふでさき)(をく)りて(もら)()うなことでは価値(ねうち)ないぞよ。124(ひと)大切(だいじ)(いた)せば、125()()になりて永居(ながをり)すると、126(かみ)(くらい)下落(おち)るぞよ。127モーツ改心(かいしん)なされよ。128(これ)(はら)()()うなことでは、129到底(とても)ドモならんぞよ。130面白(おもしろ)()くば(ひと)口車(くちぐるま)()()うな(こころ)では、131()(かみ)御用(ごよう)奉仕不能(でけん)ぞよ。