霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正四年旧四月十四日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1915(大正4)年5月27日(旧4月14日)
神霊界掲載号:第96号 5頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 443頁 七巻本:第6巻 130頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)変性男子(へんぜうなんし)身魂(みたま)出口(でぐち)(かみ)顕現(あらは)れて、002世界(せかい)守護(しゅご)(いた)すと、003()(まで)()うな(こと)()()れんから、004(かみ)(はげ)しうなると()(こと)が、005筆先(ふでさき)()らしてあるぞよ。006()らしてあるやうに(なに)()りて()るから、007大変(たいへん)(かみ)(ほう)(はげ)しうなるぞよ。008是迄(これまで)(のば)したなれど最早延(もうのば)(こと)出来(でき)んから、009作物(つくり)収穫(とら)して()いて、010兵糧(ひょうろう)(こま)らん(やう)(いた)して、011(なに)かの神業(こと)(はじ)めるぞよ。012是迄(これまで)(てん)()との先祖(せんぞ)が、013()()創造(こしらへ)たのであるのに、014この世界(せかい)(だれ)(こと)()りて、015何処(どこ)から命令(めいれい)(さげ)(もら)うて、016(ほか)(かみ)自由(じゆう)にはならん世界(せかい)であるのに、017(てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)()甲斐無(かひな)しに(いた)して、018()先祖(せんぞ)()()(もう)()(かみ)(いた)して()いて、019人民(じんみん)自由(じゆう)(いた)して()たが、020()れから天地(てんち)先祖(せんぞ)()(もと)(たち)(かへ)るから、021()()(ほか)(かみ)自由(じゆう)には()らん世界(せかい)であるのに、022自由(じゆう)自在(じざい)()()りに()()るが、023()(さき)は、024()大本(もと)天地(てんち)修理固成(こしらえ)太元(もと)活神(いきがみ)世界(せかい)(いた)すぞよ。025世界(せかい)修理固成(こしらえ)根本(もと)生神(いきがみ)邪魔(ざま)になると(もう)して(うしとら)(おし)(こめ)()いて、026其上(まだ)()()らいで、027()(ほう)()たり(やい)たり、028(たた)(つぶ)して()ふて仕舞(しま)ふと(まを)して、029()世界(せかい)地面(じめん)()()りに()()るが、030(かげ)から()()れば、031外国(がいこく)()げてある(あく)(つよ)極悪神(ごくあくがみ)が、032初発(しょっぱつ)からの目的(もくてき)(どほ)りに此処(ここ)(まで)()たなれど、033(これ)も九()(りん)となりて()たから、034最早何時(もういつ)ビックリ(ばこ)()いて、035()(ひら)(かえ)るやら(わか)らんぞよ。036外国(がいこく)悪神(あくがみ)(おほ)きな(をも)(ちが)ひになりて()て、037(あく)仕組(しぐみ)薩張(さっぱり)(ほろ)びるから、038世界中(せかいぢう)守護神(しゅごじん)(みな)(そろ)うて、039(ぜん)一つの御道(おみち)(たち)(かえ)るなら、040度目(どめ)()立替(たてかへ)(いた)して(たす)けてやるぞよ。041此処(ここ)(まで)極悪(ごくあく)経綸(しぐみ)暗黒(くらやみ)()()()()を、042()根本(もと)(てん)至仁至愛様(みろくさま)善一(ぜんひ)ト筋の(おん)(みち)立直(たてなを)すぞよ。043()世界(せかい)()修理固成(こしらえ)国常立尊(くにとこたちのみこと)が、044()()()(こと)が、045()大元(もと)から()(わか)りて()るから、046()(おし)(こま)れるのも都合(つがう)()()であるぞよ。047如斯(こう)()(こと)になりて()るのも、048霊魂(みたま)性来(しょをらい)気張(きば)りて(いた)(こと)が、049(あく)霊魂(みたま)(あく)(こと)(ほか)出来(でけ)はせんのが、050霊魂(みたま)因縁(いんねん)性来(せうらい)であると(もう)して、051明治(めいじ)二十五(ねん)から筆先(ふでさき)詳細(こまごま)()(わか)(よう)(かか)して()らしてあるなれど、052(わか)守護神(しゅごじん)がないのは、053()()(どころ)(ちが)うから、054如何様(どのい)(まを)して()らしても、055言葉(ことば)()らしても、056(わか)守護神(しゅごじん)(いま)()いであろうがな。057(あま)(おほ)きな(とり)(ちが)ひを(みな)()()るから、058立替(たてかえ)仕掛(しか)けが出来(でけ)んから、059()(まま)(こと)060()(わる)しの(こと)平易(ひらとう)()いて()らしてやりて、061()れでも敵対(てきた)(ごころ)がある守護神(しゅごじん)は、062末代(まつだい)()には(あが)れん霊魂(みたま)(いた)して、063()()みて仕舞(しま)ふて、064()霊魂(みたま)末代(まつだい)()()()られん()うに(いた)すぞよ。065如斯(こういう)()()(こと)は、066日本(にほん)太初(もと)から()(わか)りて()るから、067度目(どめ)()立替(たてかへ)(いた)さなならんと()(こと)も、068太古(むかし)から()(わか)りて()りての今度(こんど)大神業(たいもう)であるぞよ。069今度(こんど)(そこ)(くに)()()まれたら、070()(そこ)()()まれた同様(どうよう)であるぞよ。071(あが)(こと)霊魂(みたま)()(こと)出来(でけ)んから、072(ぜん)(あく)(たて)(わけ)ると(もう)して、073筆先(ふでさき)()してあらうがな。074(もう)してある時節(じせつ)()たのざから、075時節(じせつ)には(なに)(かな)はんから、076改心(かいしん)すれば仕様(しやう)もあるなれど、077改心(かいしん)出来(でけ)御魂(みたま)は、078薩張(さっぱ)()()けて仕舞(しま)ふて、079(わる)(れい)(のこ)らん()うに、080(あら)(かえ)光華明彩(さらつ)()(いた)すのであるから、081(なに)()けても大望(たいもう)(もう)すのであるぞよ。082太初(もと)から日本(にほん)外国(がいこく)とは全然(さっぱり)(たて)(わけ)てありたのを、083此処(ここ)まで(けが)した()守護神(しゅごじん)も、084(みな)審査(あらため)()てあるから、085(はじめ)たら罪穢(めぐり)(ひど)(くに)()()きはせんぞよ。086毎度(まいど)(まを)してあるが、087(らく)()(かた)前後(あとさき)()えん利己主義(われよし)()(かた)()りよると、088()()難渋(なんじう)()紊乱(みだれ)(しも)ふて、089()きも(もど)りもならんと()ふのが、090(いま)現状(こと)であるぞよ。091如斯(こんな)()()()(もう)して、092()(なり)でモ一つ(あく)(つよ)くして、093和光同塵(まぜこぜ)()で、094末代(まつだい)()りて()こうとの、095()(ほう)仕組(しぐみ)も、096()()りて()りての、097日本(にほん)(くに)には九()(りん)()きた(とこ)では、098()(ひら)(かや)経綸(しぐみ)()てありての(こと)であるから、099(なに)()けても(はや)くは()はれず、100()はな(わか)らず、101()ふては経綸(しぐみ)邪魔(じゃま)になるし、102(つら)御用(ごよう)()したぞよ。103最早(もう)体主霊従(あく)御魂(みたま)では、104是迄(これまで)何程(なにほど)(はば)()きた御魂(みたま)でも、105時節(じせつ)には(かな)はんぞよ。106現状(ここ)(まで)()るのは口惜(くや)しかりたなれど、107口惜(くや)しい(こと)充分忍耐(じうぶんこばり)()めて()んと、108至善至徳(ぜん)御道(おんみち)(わか)りて()んぞよ。109是迄(これまで)(あく)()(なか)()(かた)(なか)に、110(ぜん)(をしへ)(いた)すものは、111余程(よほど)御苦労(ごくろう)(こと)でありたなれど、112(なに)時節(じせつ)には(かな)はんと(まを)すのは、113()の二度目(どめ)()立替(たてかへ)(いた)したら、114(あく)(れい)毛筋(けすじ)横巾(よこはば)半分混(はんぶんまぜ)りても、115全然(さっぱり)()()けて仕舞(しま)ふて、116末代(まつだい)善一(ぜんひ)ト筋の御道(おんみち)で、117水晶(すゐしょう)開発統一楽天清浄魂(やまとだましひ)(いた)して、118五六七様(みろくさま)()()()どす綾部(あやべ)大本(おほもと)は、119世界(せかい)大本(おほもと)()(とほと)霊地(とこ)であるぞよ。