霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正五年旧八月五日(続)

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1916(大正5)年9月2日(旧8月5日)
神霊界掲載号:第96号 6頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 444頁 七巻本:第6巻 138頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 五六七(みろく)(さま)(なが)らくの(あいだ)仏事(ぶつじ)御守護(ごしゅご)御座(をいで)ましたが、002(てん)では弥勒菩薩(みろくぼさつ)と、003(ぶつ)()御守護(ごしゅご)なり、004()世界(せかい)ではダルマ(さま)御生(おんま)れなされて禅宗(ぜんしう)御開(おひら)きなされ、005(ひと)身魂(みたま)(みが)いて()られたが、006何彼(なにか)時節(じせつ)(まゐ)りて()て、007大本(もと)至仁至愛(みろく)大神様(さま)()()(もど)時節(じせつ)()りて()たのであるぞよ。008大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)(なが)(あいだ)(おし)()められて()りたなれど、009五六七様(みろくさま)()()(もど)時節(じせつ)(まゐ)りて()て、010天地(てんち)(そろ)うて()たぞよ。011大本(おほもと)五六七様(みろくさま)()は、012神世(かみよ)(もを)して()()でありたのを、013()ういふ状態(ぜうたい)()がなりたのも、014(みな)時節(じせつ)であるぞよ。015日本(にほん)(くに)()(もと)(はじ)まりの(くに)であるから、016物質(ぶつじ)では()()ちては()かん、017(とうと)霊主体従国(ひのもと)であるから、018欠張(やは)()()には(ぜん)(あく)とを(こし)らへて、019何方(どちら)()()ちて()くといふ(こと)を、020末代(まつだい)()継続(つづ)かせねばならんから、021(ぜん)()(かた)如斯(この)(やり)(かた)022(あく)()(かた)物質(ぶつじ)(がく)如何様(どん)仕組(こと)でも出来(でけ)るなれど、023物質(ぶつじ)では末代(まつだい)()(つづ)いては()かんと()(こと)を、024今度(こんど)()けて()せてやるぞよ。025末代(まつだい)()(つぶ)(こと)はならんから、026何方(どちら)末代(まつだい)()(つづ)くと()(こと)()()せてやるぞよ。027体主霊従(あく)末代(まつだい)この(まま)()りて()かうと(をも)ふての企画(たくみ)()いが、028普通(ひととほり)御魂(みたま)でば末代(まつだい)()保持(もち)()けんし、029体主霊従(あく)では飼保(なを)()てんし、030(てん)大神様(おほかみさま)(おん)真似(まね)出来(でけ)んと、031()()末代(まつだい)口舌(くぜつ)()()(いた)して、032()保持(もち)()(こと)出来(でき)んぞよ。033並々(ひととほり)霊魂(みたま)で、034(ぎょう)(いた)さずに、035如何様(どのい)()()りても、036()()保持(もち)()けると(をも)ふて()るが、037(いま)(おほ)きなドエライ()(ちが)ひが出来(でけ)()るぞよ。038()(こと)天地(てんち)根本(もと)創造(こしら)へた天地(てんち)先祖(せんぞ)は、039根本(こんぽん)(こと)から(ゆく)(すえ)(こと)040末代(まつだい)のことが()()いて()りて、041是丈(これだ)()れたら()霊魂(みたま)()()目的(もくてき)()てるといふ(こと)は、042初発(しょっぱつ)から詳細(よく)(わか)りて()るから、043天地(てんち)先祖(せんぞ)此処(ここ)(まで)苦労(くろう)艱難(かんなん)044口惜(くや)しい残念(ざんねん)忍耐(こば)()めて()ねば、045此処(ここ)になる(こと)出来(でき)ぬぞよ。046チト(ちが)うた(こと)がありたら、047(もと)(もど)(こと)はならんのであるなれど、048大本(もと)五六七様(みろくさま)()艱難(かんなん)御徳(おんとく)で、049()先祖(せんぞ)五六七様(みろくさま)御蔭(おんかげ)で、050結構(けっこう)(ぎょう)をさせて(いただ)いた御蔭(おんかげ)で、051太古(もと)御役(おやく)()せて御貫(おもら)(もう)()(まゐ)りて()たのであるから、052行無(ぎゃうな)しには真実(もこと)経綸(こと)出来(でけ)んぞよ。053(ぎょう)(いた)さな、054(らく)して()りて()御用(ごよう)早速(じき)から(いた)さうと(をも)(ひと)は、055守護神(しゅごじん)(あく)性来(せうらい)であるぞよ。056()神言(こと)はチトモ(ちが)ひは(いた)さんぞよ。057霊魂(みたま)性来(せうらい)太初(むかし)根本(もと)から見抜(みぬい)てあるから、058今調査(いましらべ)()うな(こと)()()りたら、059()()世界(せかい)全体(じう)(こと)を一()眼鼻(めはな)()けんならん時節(じせつ)()()るのに、060其様(そん)悠長(ゆうちょう)心情(こころ)()りたら、061(むか)ふの極悪神(ごくあくがみ)()(さき)自由(じゆう)(いた)して、062太古(もと)からの目的(もくてき)()てて、063末代(まつだい)()(さき)をモ()トつ(あく)(つよ)くして、064世界中(せかいじう)人民(じんみん)悪賢(わるがしこ)(いた)して、065()(まま)()りて()かうとの深大(えら)仕組(しぐみ)()()りて、066最早(もう)日本(にほん)奪取()るのは埒良(らちよ)()れる、067今占領(いまとれ)(また)(さき)占領(とる)と、068悪胴(わるどう)(すえ)()りて、069(われ)系統(ちすじ)()(のこ)りたら()いと(まを)して、070世界(せかい)人民(じんみん)()くなる事共(ことども)(おも)()うな、071(やさ)しい精神(せいしん)()いから、072日本(にほん)(くに)人民(じんみん)明治(めいじ)二十五(ねん)から、073()()()るから、074左様(そう)なる(まで)日本(にほん)(くに)人民(じんみん)が、075(そろ)うて大和魂(やまとだましい)になりて()りて、076(くだ)されと(もう)してあるぞよ。077日本(にほん)(くに)()神言(こと)(わか)りて()人民(じんみん)がありたら、078真実(まこと)結構(けっこう)であるなれど、079外国(がいこく)行方(やりかた)(ほう)()守護神(しゅごじん)(ばか)りで、080()(どく)なものだ。081何程(なにほど)()()かしても()ふた(ぐらい)()守護神(しゅごじん)()いから、082其様(そん)(つら)(こと)(いた)さいでも、083(らく)して()りて()けるのに、084霊主体従(ぜん)()(かた)(けが)らわしい(ぐらい)(をも)ふて()守護神(しゅごじん)が、085九分九厘(くぶくりん)であるから、086()(とこ)(まで)()かんと()()めんから、087最早(もう)()らせ(やう)()いから、088()(さき)(あと)立直(たてなを)しの筆先(ふでさき)(かか)すから、089(かみ)(すが)りて()(ひと)は、090筆先(ふでさき)(どほ)りにして()りて(くだ)されよ。091(いま)といふ瀬戸際(とこ)になりたら、092太初(むかし)からの経綸(しぐみ)(どほ)りに(いた)して、093(りん)秘密(ひみつ)で、094(むか)うの(くに)(いち)コロに往生(おうぜう)(いた)さすから、095普通(ひととほり)では()かんぞよ。096出口(でぐち)(なに)()()()神事(こと)097立替(たてかえ)(なが)くかかりたら、098ドチラの(くに)人民(じんみん)戦争(たたかひ)()()()うに(をも)うて()るが、099如何様(どんな)人民(じんみん)でも、100(ひと)(かづ)がありたら(かつ)(おも)ふて()るのが、101(なに)(わか)りて()らんのであるぞよ。102人民(じんみん)何程(なにほど)多数(ありた)とて、103人民(じんみん)(りき)出来(できる)事業(こと)でないぞよ。104この大望(たいもう)()立替(たてかへ)を、105(ひと)(ころ)()ひを(いた)して、106(まけ)(かち)出来(でけ)()うな、107(ちい)さい神業(こと)でないぞよ。108今度(こんど)の二度目(どめ)()立替(たてかえ)は、109日本(にほん)(くに)天地(てんち)先祖(せんぞ)と、110海外(むかう)(くに)先祖(せんぞ)と、111(くに)(くに)との大戦争(おほたたかひ)であるから、112海外(むかう)(くに)先祖(せんぞ)目的(もくてき)が、113大分思望(だいぶんおもい)大間違(おほまちがひ)出来(でけ)るといふ(こと)が、114毎度(まいど)筆先(ふでさき)()らしてあるが、115(おお)(とうげ)(とどめ)となりた瀬戸際(とこ)では(おほ)きな()(ちがひ)になるといふ神言(こと)是程(これほど)()らしてあるのに、116まだ(とり)(ちがひ)()()りて、117(かみ)(うら)めては()れなよ。118(ぜん)(あく)との()(ちが)ひで(おほ)きな(おも)(ちが)ひがあると(まを)して、119如何様(どうゆう)(こと)があらうとも、120末代(まつだい)に一()ほか()いといふ()うな大望(たいもう)な二度目(どめ)()立替(たてかえ)であるから、121実地(じっち)()()世界(せかい)実現(あり)て、122(だん)霊魂(みたま)()(はな)()けて仕舞(しま)うのであるから、123我身(わがみ)()(とこ)()()けて()ると、124(おほ)きな間違(まちがひ)出来(でけ)()て、125感得()(よう)(ちが)ふと、126大本(おほもと)不足(ふそく)()ひに()ねば()らぬ(やう)になるぞよ。127()れは(われ)(をも)ひが(ちが)ふて()るのざぞよ。128()れで(おほ)きな()(ちがひ)出来(でけ)ると(もう)して、129筆先(ふでさき)(ゆく)(さき)(をも)ふて()(こと)(おほ)きな()(ちがひ)出来(でき)る、130()神徳(かげ)()らえると(をも)ふて()ると、131大間違(おほまちが)いが出来(でけ)るぞよ。132是丈(これだ)けの筆先(ふでさき)()るのには、133並々(ひととほり)(とこ)でないといふ(ぐらい)(をんな)でも(わか)るぞよ。134心魂(こころ)(まこと)がありたら、135今度(こんど)()御用(ごよう)出来(でき)るなれど、136仕事(しごと)()()って()大本(なか)(こと)()いて()(ひと)は、137如斯(こう)いふ神諭(ふでさき)はドノ(こと)だと()(こと)(かん)がへなされて、138()大本(なか)には()太初(もと)(いき)(がみ)(せん)()実地(じっち)()()せるから、139()大本(なか)神事(こと)(わか)らん()うな心魂(こころ)(ひと)は、140()神徳(しんとく)(その)(とほ)りであるから、141(かみ)出口(でぐち)(うら)んで()れなよ。142今度(こんど)心魂(こころ)(もち)(かた)如何徳(どんなとく)でも()るなれど、143()れは(われ)心魂(こころ)(もち)(かた)(ひと)ツであるぞよ。144如何(どん)(とく)でも(かみ)気感(きかい)(かな)(こころ)でありたら、145大神(おほかみ)(ほう)(れい)()れて()るから、146(ぜん)(ほう)御用(ごよう)出来(でけ)るなれど、147()(まで)心魂(こころ)(あく)(れい)であるから、148霊主体従(ぜん)(ほう)心魂(こころ)反対(はんたい)であるから、149ゴテツクのであるぞよ。