霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正五年旧五月十八日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1916(大正5)年6月18日(旧5月18日)
神霊界掲載号:第96号 13頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 451頁 七巻本:第6巻 164頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-08-08 21:27:48 OBC :os216
001 太初(むかし)根本(こんぽん)からの(こと)(とい)(きか)さねば()らぬ、002時節(じせつ)(まい)りて()たぞよ。003天地(てんち)創造時代(はじまり)(こと)から、004(てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)(なが)()艱難(かんなん)()された(こと)005()先祖(せんぞ)(をし)()められて、006(ここ)まで(くや)しい残念(ざんねん)隠忍(こば)()めて()(こと)から、007変性男子(へんぜょうなんし)御魂(みたま)変性女子(へんぜうにょし)御魂(みたま)との因縁(いんねん)(こと)から、008竜宮(りうぐう)乙姫殿(をとひめどの)009金勝金之(きんかつかねの)大神(おほかみ)010(ひつじさる)金神(こんじん)殿(どの)(こと)011(りん)御手伝(おてつだ)ひを()さる(あら)神様(がみさま)012木花咲耶姫殿(このはなさくやひめどの)013彦火々出見尊殿(ひこほほでみのみことどの)(こと)014(かみ)にも御存(ごぞん)()()身魂(みたま)の、015因縁(いんねん)性来(せうらい)(わか)時節(じせつ)(まい)りて()たぞよ。016()れからは、017(むかし)根本(こんぽん)(はじ)まりの、018ミロク(さま)(をしえ)どうりを(いた)すから、019度目(どめ)()立替(たてかへ)(いた)したら、020()(まで)途中(とちう)から出来(でき)教理(をしえ)()(あわ)(こと)(かわ)るぞよ。021綾部(あやべ)大本(おおもと)は二度目(どめ)()立替(たてかえ)(いた)して、022()経綸法(もちかた)(あらた)める大本(おほもと)()るから、023光華明彩(さらつ)()(いた)さねば()らぬから、024天地(てんち)矛盾不整理(かへり)()りたのが、025本然(もと)立直(もど)りて、026人民(じんみん)改心(かいしん)出来(でき)て、027(ぜん)(みち)復順(たちかへ)りたら、028()れで(しん)(せい)()るので()るから、029(あく)(れい)はチットもきかぬ(やう)()りて、030世界(せかい)のお(つち)(うへ)には薩張(さっぱ)()れん(やう)(かわ)りて(しま)ふから、031(にち)()にでも改心(かいしん)(いた)して、032(ぜん)(みち)()りて(くだ)されよ。033()(かわ)ると(もう)すのは、034身魂(みたま)(あく)(かへ)りて()りたのが、035ミロク(さま)(もと)(なを)(こと)()るぞよ。036(てん)吃驚箱(びっくりばこ)()くと、037(むかし)から、038仏事(ぶつじ)学理(がく)とで、039世界中(せかいぢう)暗黒界(くらやみ)()りて()りたのが、040()()守護(しゅご)()りて()て、041末代(まつだい)一度(いちど)より(ひら)(こと)出来(でき)ん、042天地(てんち)岩戸(いわと)(あく)ので()るから、043今迄(いままで)どうりの(こと)(まを)して()守護神(しゅごじん)人民(じんみん)は、044(あま)(おほ)きな()(ちが)ひで、045吃驚(びっくり)(いた)して、046(おほ)きな(こゑ)(もの)()へん(やう)(こと)()るぞよと毎度(まいど)()らして()るぞよ。047(いま)(うち)充分準備(じゅうぶんようい)(いた)して、048神力(しんりき)を十分受(ぶんう)けて()らぬと、049(にわ)(しん)(じん)(なに)()にも()はん(こと)()るぞよ。050(あく)()(かた)(ここ)(まで)はトントン拍子(びゃうし)()たなれど、051(あく)()はモウ(たひ)らげる。052(にち)()しに天地(てんち)経綸(しぐみ)(どほ)りに()りて()て、053是迄(これまで)()(かた)では()きも(もど)りも()らん(やう)()りて()るから、054世界(せかい)事変(こと)(なに)一度(いちど)()りて()て、055一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)056(うめ)(ひら)いて(まつ)(をさ)める()(まい)るぞよ。057()()人民(じんみん)よ、058是迄(これまで)(こころ)()(かた)薩張(さっぱ)()てて(しも)ふて、059水晶(すいせう)のミロク(さま)()()(をしへ)(どほ)りに素直(すなほ)(いた)すと、060()(さき)(かみ)守護(しゅご)で、061何事(なにごと)(あき)らかな、062極致極真六合帰一(まことひとつ)()()るのじゃぞよ。063是迄(これまで)天地(てんち)先祖神(せんぞ)(かげ)守護(しゅご)()りたから、064日本(にほん)(くに)天地経綸()本場所(もと)(くに)が、065暗闇(くらやみ)()()りて、066根本(こんぽん)先祖(せんぞ)威光(いくわう)()かりたから、067(いま)日本(にほん)(くに)見苦(みぐる)しさ。068(てん)から()りて(やす)(どこ)()(やう)に、069(やま)(たに)までも、070やう(けが)したものじゃ。071竜宮(りうぐう)()ちて()りた(もと)肉体(にくたい)()生神(いきがみ)が、072竜宮館(りうぐうやかた)(もと)(みや)(たち)(かへ)りて、073(はや)()(あら)はれて、074(そろ)ふて守護(しゅご)(いた)さねば、075(いま)日本(にほん)(とう)とい(くに)が、076外国(がいこく)(がい)(いた)すカラ身魂(みたま)自由(じゆう)()られて(しも)ふぞよ。077()(ほう)(をもて)()りて、078(てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)御命令(ごめいれい)奉戴(いただ)きて、079()()れの御用(ごよう)命令(めいれい)を、080根本(こんぽん)肉体(にくたい)(その)(まま)()いで(あそ)ばす荒神(あらがみ)さまえ()げるなり、081又選用(またそぐり)何彼(なにか)(こと)見届(みとど)けて、082()身魂(みたま)なら()(あふ)()たら、083(せん)()御用(ごよう)(おほ)()けるのは、084()先祖(せんぞ)大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)何彼(なにか)差図(さしづ)(いた)すのであるぞよ。
085 綾部(あやべ)大本(おほもと)()(えら)そうな(こと)(もう)したり、086力量(ちから)()いのに(くち)学理万能主義的口吻(えらそうなこと)(もう)しても、087(うしとら)(おと)されて、088世界(せかい)(こと)(なに)()(もと)からの(こと)が、089帖面(ちゃうめん)()()めて()(だう)(よう)に、090種々(しゅじゅ)()けて、091天地(てんち)()世界(せかい)を、092隅々(すみずみ)まで審査(あらため)()りての、093度目(どめ)()立替(たてかへ)(いた)大本(おほもと)()るから、094(ほか)仕組(しぐみ)()()りても、095()(ほう)仕組(しぐみ)()いから、096今度(こんど)(うしとら)金神(こんじん)経綸(しぐみ)()いと、097天地(てんち)岩戸(いわと)(ひら)かんぞよ。098(なが)(あいだ)(くや)残念(ざんねん)伏忍(こば)りて()た、099(てん)()との先祖(せんぞ)御魂(みたま)100末代(まつだい)(こと)(なに)()()く、101()(もと)根本(こんぽん)先祖(せんぞ)経綸(しぐみ)()いと、102肝腎(かんじん)(とど)めは()せぬぞよ。103()()(かた)では(なが)うは(つづ)かん、104()()(かた)()いとと()ふことが、105()きの()()身魂(みたま)()()たねば、106()途中(とちう)(みだ)れて(しま)ふぞよ。107()(ほう)(なに)()(もと)から(わか)りて()りたのじゃ。108天地(てんち)先祖(せんぞ)(をし)(こめ)()いて、109体主霊従(あく)()(かた)()らうと()ても、110初発(しょっぱつ)()(やう)なれど、111()れて()きよると段々(だんだん)()(みだれ)て、112神世(かみよ)(だい)()(すゑ)()ると、113末法万年(まっぽうまんねん)(わる)()(なが)(つづ)時代()()ると()(こと)も、114初発(しょっぱつ)から天地(てんち)先祖(せんぞ)(なに)()らん(こと)()いのじゃ。115()末法(まっぽう)()(いま)(こと)116コンナ()万年(まんねん)(つづ)いたら、117世界(せかい)(つぶ)れて(しま)ふから、118()(ちじ)めて、119ミロク(さま)()立直(たてなを)仕組(しぐみ)(いた)して()るのじゃぞよ。120ミロク(さま)()艱難(かんなん)万分(まんぶん)一の、121「い」の万分(まんぶん)一の(こと)(わか)りて()たら、122勿体無(もったいな)うて、123人民(じんみん)万物(ばんぶつ)(ちゃう)()はれて、124(かみ)御用(ごよう)(いた)さな()らぬと()(こと)(わか)るぞよ。125()難渋(なんじう)(おほ)(とうげ)()りた(をり)には、126()()人民(じんみん)(かみ)御用(ごよう)(いた)(やう)に、127(かみ)苦労(くろう)(いた)すぞよ。128日本(にほん)(くに)人民(じんみん)は、129本来(もと)大仁愛主義精霊魂(やまとだましい)天賦(さず)けて()るなれど、130()身魂(みたま)今度(こんど)の二度目(どめ)()立替(たてかへ)()()(やう)()()みたなれど、131(いま)では日本(にほん)(くに)大仁愛主義玉霊玉魂(やまとだましひ)性来(せうらい)(むご)()(やう)()りて()るから、132日本(にほん)(くに)がコンナ見苦(みぐる)しき身魂(みたま)では、133()(もと)先祖(せんぞ)威徳(いとく)()(こと)がチットも()いから、134天地(てんち)(もと)先祖(せんぞ)(しん)(りき)()せるのには、135日本(にほん)人民(じんみん)日本魂(やまとだましひ)性来(せうらい)(みな)(そろ)ふて()りて(もら)はんと、136天地(てんち)神力(しんりき)(わか)りは()んぞよ。137燈火(ともしび)()ゆる()中今(なかいま)なるぞ、138(さし)()(いた)(たね)(こひ)しきと(もう)して()らうがな。139(いま)燈火(ともしび)()えて(まっ)暗黒界(くらがり)()るぞよ。140天地(てんち)(かみ)の、141(をも)ひて()(こと)人民(じんみん)()(やう)()りて(しま)ふて()るぞよ。142(ここ)までに悪開(わるびらけ)開化(ひらけ)たのも、143(なに)都合(つがう)(こと)()るぞよ。144()(こと)世界(せかい)には(わる)(こと)もドンナ(こと)も、145末代(まつだい)(こと)を、146変性男子(へんぜうなんし)変性女子(へんぜうにょし)とに()()かせるぞよ。147変性男子(へんぜうなんし)容物(いれもの)は、148大出口(おほでぐち)(なを)()るから、149同じ御魂が男では末代の世が続かんから(○○○○○○○○○○○○○○○○○○)150大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)御魂(みたま)を、151半分(はんぶん)御魂(みたま)が、152勿体(もったい)なくも(てん)天照皇(てんせうくわう)大神(だいじん)宮殿(ぐうどの)御妹御(おいもとご)稚日女君之命(わかひめぎみのみこと)(をんな)変化(へんげ)て、153(をとこ)(をんな)とに(わか)れて、154ドチラの身魂(みたま)(ほか)身魂(みたま)では、155やう()(こと)()忍耐(こばら)(こと)を、156(ここ)までに(いた)して()たのが、157時節(じせつ)で二つに(わかれ)()りた御魂(みたま)が一つに()りて、158大出口(おほでぐち)大神(おほかみ)()りて、159(あらた)めて三千世界(せかい)守護(かま)(やう)()りたぞよ。160変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)は、161(ここ)まで()()(ごと)くの苦労(くろう)(いた)して御用(ごよう)(つと)()げて、162(てん)規則(きそく)(やぶ)りの咎示(とがしめ)(ゆる)いて(もら)ふて、163変性女子(へんぜうにょし)身魂(みたま)をスックリ(あら)はして、164男子(なんし)女子(にょし)との因縁(いんねん)(あら)はして(しま)はんと、165(てん)のミロク(さま)御出坐(おでま)しが()いので()るから、166天晴(あっぱ)れミロク(さま)()(いた)だいても、167(もと)根本(こんぽん)天地(てんち)(もと)因縁(いんねん)から(あら)はさねば、168()世界(せかい)(くも)()りて()るから、169(もの)がアラコラに()りて、170(まこと)(こと)成就(ぜうじゅ)せんぞよ。171(もと)因縁(いんねん)(こと)(わか)りて()て、172綾部(あやべ)大本(おほもと)から()(とほ)りの(こと)(あら)はして()せるぞよ。173綾部(あやべ)大本(おほもと)は、174代々女の御用継(○○○○○○○)ぎと(まを)して()らうがな。175(をとこ)では末代(まつだい)()()ちて()かんので()るぞよ。
176 ()程善(ほどぜん)一つの(もと)根本(こつぽん)の、177御先祖(ごせんぞ)(さま)(もと)大神様(おほかみさま)を、178(ここ)までに(ぶつ)()守護(しゅご)()りて、179天地(てんち)(ひか)りも()いと()(やう)(むご)(こと)()()りたのも、180()()出来(でき)(うち)から(わる)霊魂(みたま)()りて、181末代(まつだい)陰謀(たくみ)()()りたのじゃ。182()れから()世界(せかい)建造(こしら)えたので()るぞよ。183悪神(あくがみ)陰謀(たくみ)(もと)から()御存(ごぞん)()で、184()身魂(みたま)日本(にほん)(くに)()げたらドモ()らんから、185ミロク(さま)(てん)御上(おあが)りに()りて(もら)ふて、186大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)()世界(せかい)先祖(せんぞ)()りて、187初発(しょっぱつ)(ぜん)一つの()(かた)で、188(ぜん)()(あいだ)(なん)とも()へん、189()()()りたなれど、190()れて()きよると(ぜん)(きら)いな守護神(しゅごじん)の、191(もと)からの目的(もくてき)叛謀(むほん)()()して、192末代(まつだい)叛謀(むほん)()こしたのじゃ。193何事(なにごと)(みな)(てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)(もと)()るから、194肝腎(かんじん)(もと)()(ほね)()りも(わか)らずに、195()れの目的(もくてき)()てやうとしても、196(かへ)って思惑(おもわく)()づれる(こと)()るぞよ。197(ほか)身魂(みたま)(えだ)であるから、198(もと)(この)()(もと)からの(こと)を、199()りて()身魂(みたま)()いので、200度目(どめ)()(たて)(かへ)(をり)には、201()()世界中(せかいぢう)202暗雲(やみくも)()()(こと)()(わか)りて()りて、203日本(にほん)(くに)にはドンナ経綸(しぐみ)()()るぞよ。204(むか)ふの(くに)悪神(あく)陰謀(たくみ)もエライ陰謀(たくみ)()るなれど、205(かしら)()(ばか)りで、206肝腎(かんじん)胴体(どうたい)()いから、207(だい)()(ところ)()けて()るから、208サアと()(ところ)()()はん、209日本(にほん)(くに)世界(せかい)胴体(だうたい)()るから、210肝腎(かんじん)(だい)()経綸(しぐみ)は、211世界(せかい)真中(まんなか)政教()(もと)威霊()(もと)大本(こん)(ぽん)日本(にほん)真中(まんなか)新宮本宮(しんぐうほんぐう)(もと)(みや)経綸(しぐみ)(こと)()いと、212(りん)(とどめ)(とこ)成就(ぜうじゅ)せんぞよ。213日本(にほん)(くに)大和魂(やまとだましい)()いと天然地真(まこと)()いから、214日本魂(やまとだましい)()()りたなれど、215(むか)ふの(くに)(れい)とスリ()へられて、216日本(にほん)威霊(みたま)が、217日本(にほん)には()(やう)()りて(しも)ふて、218(いま)では、219日本(にほん)(くに)(せい)(しん)外国(がいこく)(せい)(しん)()りて、220日本(にほん)(くに)では(もち)ゐる(こと)出来(でき)(こと)(よろ)こびて、221(かみ)気障(きざわ)りの(こと)(ばか)りを(いた)して、222(まこと)(かみ)()()りて、223守護(しゅご)(いた)(こと)出来(でき)(やう)に、224(くも)りて(しも)ふて()るぞよ。225綾部(あやべ)(あげ)竜宮館(りうぐんやかた)高天原(たかあまはら)には、226結構(けっこう)(かみ)()()がりを()されて、227()立替(たてかへ)()いて歴然(ありあり)神謀神策(けっこう)現象(こと)を、228変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)には()えるなり、229(くも)りた身魂(みたま)肉体(にくたい)は、230(なに)結構(けっこう)(こと)(もう)して()りてもよう()けんが、231神徳(しんとく)()いと(まこと)(こと)(わか)らんから、232御用(ごよう)()せる(こと)出来(でき)んから、233(みな)(そろ)ふて身魂(みたま)(みがい)()けと(もう)すのじゃぞよ。234是迄(これまで)見苦(みぐる)しき(こころ)守護神(しゅごじん)は、235日本(にほん)()では御用(ごよう)出来(でき)んやうに()るから、236そう()ると(いや)でも外国(がいこく)()んで(もら)はんと、237日本(にほん)御土(おつち)(うへ)には()れん(やう)に、238天地(てんち)から()るから、239日本(にほん)(くに)(もと)水晶(すいせう)のミロク(さま)()に、240()りなさる時節(じせつ)(まい)りて()たから、241毎度(まいど)()筆先(ふでさ)きで、242日々続(にちにちつづ)いて()らして()るのに、243(いま)真実(まこと)()いて、244()(をこな)ひを(いた)守護神(しゅごじん)()いから、245何彼(なにか)経綸(こと)(をそ)()りて、246世界中(せかいぢう)人民(じんみん)(まこと)難渋(なんじう)(いた)すぞよ。247是迄(これまで)体主霊従国(がいこく)守護(しゅご)に、248日本(にほん)(くに)下落()りて()りたから、249(こころ)()(ちが)ひの()(かみ)250ドナイ()()りても御用(ごよう)出来(でき)(やう)(をも)ふて()ると、251大間遠(おおまち)かひが今度(こんど)(みな)出来(でき)るから、252明治(めいじ)二十五(ねん)から()筆先(ふでさ)きで日々警告(にちにちしら)して()るなれど、253改心(かいしん)出来(でき)()守護神(しゅごじん)(いま)()いが、254()(どく)なれど、255モウ()らせやうが()いから、256何事(なにごと)()りても(うら)めに()(とこ)世界(せかい)()いから、257()れの(こころ)(うら)めて()ろうより()(やう)()いぞよ。258天然(てんねん)時節(じせつ)(まわ)りて()るので()るから、259末代(まつだい)肉体(にくたい)()()先祖(せんぞ)(もう)(こと)(まこと)(いた)して()ると、260(もう)して()(こと)(みな)()()るから、261()御用(ごよう)出来(でき)るなれど、262慢神(まんしん)(とり)(ちが)いと(うたが)いとが()りたら、263(こわ)(こと)出来(でき)るぞよ。
264 (むかし)根本(こっぽん)から(なに)()らん(こと)()生神(いきがみ)敵対(てきた)ふて()ても歯節(はぶし)()たぬから、265素直(すなを)(いた)してウブの(こころ)()りて、266(もう)(やう)()()ると、267(をも)(やう)に、268改心(かいしん)(いた)して(その)()から(うれ)しう()らせるなれど、269()(むか)ふて()て、270(なん)なりと()()よれ、271(ひと)つも(をも)(やう)()きはせんぞよ。272(もと)(ふる)()根本(こんぽん)からの因縁(いんねん)(わか)りて()て、273天地(てんち)岩戸(いわと)(ひら)時節(じせつ)(まい)りて、274(つめ)()たん(やう)仕組(しぐみ)()()るから、275改心(かいしん)が一(とう)ぞよ。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)