霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十四年旧一月十六日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1901(明治34)年3月6日(旧1月16日)
神霊界掲載号:第99号 3頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 525頁 七巻本:第7巻 8頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (うしとら)金神(こんじん)国武彦命(くにたけひこのみこと)顕現(あらは)れて、002出口(でぐち)()()()くぞよ。
003 出口(でぐち)(ねん)あとから()るに()られん肉体(にくたい)心配(しんぱい)()したぞよ。
004 (これ)(うしとら)金神(こんじん)が、005出口(でぐち)身体(からだ)()(ほう)自由(じゆう)であれど、006肉体(にくたい)では十(ねん)あとには(なに)(わか)らん、007肉体(にくたい)案内(あんない)()しに体内(たいない)()りて、008()らんものに()らん神言(こと)()はして、009出口(でぐち)因縁(いんねん)ある身魂(みたま)であるから、010(すぐ)()(わか)りて、011(なん)(もう)しても(いや)(もう)さんと、012御用(ごよう)()いて(くだ)さりた御蔭(おかげ)によりて、013()(ほう)物事(ものごと)上十(じょうじう)(いた)したぞよ。
014 出口(でぐち)(もう)してあること、015(じゅん)()()がな。
016 出口(でぐち)()くなれば(みな)()くなるぞよ。017出口(でぐち)()くならんさきに、018(たれ)()らず目的(おもわく)(たて)ても真実(まこと)応果(こと)はないぞよ。
019 (あま)人民(じんみん)(うたが)ひが(なが)(ゆえ)020反対(あちこち)転倒(かえ)りたから、021(たす)かるものは(たす)けて()いて、022()立替(たてかえ)着手(かか)らうと(おも)うたなれど、023()(どく)(はや)くなりて、024(かみ)真実(まこと)激烈(はげ)しきから、025()()りて(くだ)されよ。
026 ()うて()かした(ぐらい)では、027(いま)人民(じんみん)()人民(じんみん)一人(いちにん)()いから、028()(どく)でも何処(どこ)から何事(なに)(はじ)まるやら(わか)らんぞよ。
029 オドスと(をも)うて()ると、030スコタン(くら)(こと)出来(でけ)るぞよ。
031 厳格(きび)しくなるぞよ。
032 何程(なにほど)大事(だいじ)(ひと)でも()(こと)()かん(ひと)亀鑑(かがみ)にする大本(もと)ざ。
033 (いや)(こと)(かみ)でも()ひともないなれど、034さきに()えるから、035()()けるのざぞよ。
036 (これ)(はら)()(ひと)御神徳(おかげ)()れんだけざぞよ。
037 モウ此処(ここ)まで()たら大丈夫(だいじょうぶ)038一同(いちど)(ひら)(んめ)(はな)039()けの(からす)近寄(ちかよ)りたぞよ。
040 (いま)チト(しづ)まりて。
041 (いま)(ひら)くよりも、042毎日(いつも)(もう)()うに、043今日(けふ)空腹(ひも)じい()(いた)さん()うにして、044心魂(こころ)真霊(たま)研磨(みが)かんと、045(をも)うて()ることがスコタンになるぞよ。
046 神懸(かんがかり)はいかんぞよ。047(はら)()御方(おんかた)あるならば、048出口(でぐち)(たく)(まゐ)りて、049(なん)なりとも志望(おもわく)をはなして、050思惑(おもわく)(たれ)()らん一度(いちど)()てて()るも()いぞよ。
051 モウ()(ほう)人民(じんみん)(さま)にはあやまりた。052()鬼神(おにがみ)()はれた(かみ)も、053(いま)人民(じんみん)さんには閉口(へいこう)ざぞよ。
054 如何様(なんぼ)大事(だいじ)人間(ひと)でも、055如斯(こんな)大望(たいもう)神事(こと)近寄(ちかよ)りて()るから、056(ひと)一人(ひとり)二人(ふたり)(かか)りて()りたら、057神界(しんかい)(もう)(わけ)()(こと)出来(でけ)るから、058(ねん)()()けさして()るから、059(かみ)出口(でぐち)に、060(これ)落度(おちど)はあるまい、061何処(どこ)へも不足(ふそく)()うて()(とこ)()いぞよ。
062 ()(わる)くて(ひら)けん()うな(こと)なら、063(ひら)かんと()いて(くだ)されよ。064此点(ここ)(わざ)とざ。
065 出口(でぐち)(ふで)でも三銭(さんせん)(ふで)一本(いっぽん)()はして、066墨六銭(すみろくせん)一挺(いってう)()はした()けざぞよ。
067 (かみ)はお(そな)への(かみ)068よくせきで()いと(かみ)()はして()いぞよ。
069 ()御道(おんみち)利口(りこう)()したら、070(はら)()(ほど)071毎度(まいど)(もう)すが、072(はやく)功名(てがら)(いた)したい()うな(こころ)ある(ひと)は、073真実(まこと)神心(きかい)(かな)はんぞよ。074其様(そん)(ちい)さい経綸(しぐみ)(おも)うて()ると、075慮見(りょうけん)(ちが)ふと、076出口(でぐち)()苦労(ぐろう)(いた)すと、077()(ほう)気障(きざわ)りとなるから、078(この)(よう)(もう)すと、079肉体心(にくたい)出口(でぐち)()()うに、080(わか)らん(ひと)(をも)ふであらうなれど、081()出口(でぐち)(この)(ほう)より(さき)出口(でぐち)(もう)(こと)度々(たびたび)あるぞよ。
082 (うしとら)金神(こんじん)出口(でぐち)にはあやまりた(こと)があるぞよ。
083 (かみ)(ちから)取次(とりつぎ)084()真人(ひと)085(おこ)らしたらチトも(をも)()うに()かんぞよ。
086 (えら)慢心(まんしん)なげななれど、087チト()()けて()くが、088(いま)此様(こん)神言(こと)()かすと、089(わら)(ぐさ)になるであらうなれど、090()(かみ)(なに)未然(さき)()らす(うしとら)金神(こんじん)ざぞよ。
091 出口(でぐち)()(かみ)()くのざぞよ。092此様(こん)()ほか()けん(ひと)が、093(なに)(もう)しても(うた)がふ(はづ)なれど、094(はや)()()いて、095此様(こん)()(はら)()りた(ひと)結構(けっこう)であるぞよ。
096 海潮(かいちょう)霊学(れいがく)(みな)仕組(しぐみ)であれども、097海潮(かいちょう)(まい)りた(をり)から霊学(れいがく)(ひら)きたいのは当然(もっとも)ざ、098志望(こころざ)して()れども霊学(れいがく)(ひら)いたら、099飯綱(ゐづな)山師(やまこ)ざと(もう)されて、100貴方(そなた)一代(いちだい)(わる)()はれて、101目的(おもわく)()たんぞよ。
102 (れい)(がく)()()して()(ほう)取次(とりつぎ)(いた)仕組(しぐみ)ざぞよ。
103 六分(ろくぶ)改心(かいしん)出来(でけ)たが、104性来(しょうらい)()ふものは(ひと)()ると持病(じびょう)()()る。
105 (ひら)きに()くと心配(しんぱい)106()苦労(ぐろう)出来(でき)て、107(かみ)()(わる)くなる(だけ)ざが海潮(かいちょう)
108 中間(なか)()ちた取次(とりつぎ)109御苦労(ごくらう)(やく)ざ。
110 (はや)()神徳(かげ)(もら)はうと(をも)ふと、111海潮(かいちょう)にも心配(しんぱい)さし、112(また)出口(でぐち)気苦労(くろう)(いた)すと(みな)()神徳(かげ)遅延(おそ)くなるぞよ。
113 (これ)から立派(りっぱ)(こと)(いた)さうと(をも)うたら、114(だれ)()らん、115甚大(えら)心配(しんぱい)出来(でき)るぞよ。
116 (うたが)ふなら()りて()るが()からう。117(もう)した神言(こと)(みな)実現()()るぞよ。