霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十四年旧九月一日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1901(明治34)年10月12日(旧9月1日)
神霊界掲載号:第99号 7頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 529頁 七巻本:第7巻 21頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-06-26 18:46:05 OBC :os230
001 (うしとら)金神(こんじん)国武彦命(くにたけひこのみこと)顕現(あらは)れて、002出口(でぐち)()()()くぞよ。
003 (うしとら)金神(こんじん)(みち)は、004(いま)では(みな)(つら)いなれど、005(なに)(もう)しても(なが)仕組(しぐみ)(はじ)まりであるから、006(ねん)()れるぞよ。
007 ()()(みだ)れた(みぐる)しき()立替(たてかえ)(いた)すのであるから、008中々(なかなか)(ほね)()れるぞよ。
009 千疋猿(せんびきざる)であるから、010(かな)はん取次(とりつぎ)であるぞよ。
011 (いま)時節(じせつ)盲目(めくら)(つんぼ)(もの)()()うな、012()(みみ)(きこ)えず、013()()えん(もの)何程(なにほど)()(きか)したとても、014(なに)(わか)らんから、015それと(おな)じことであるぞよ。
016 和合(わがう)出来(でき)017(わか)りて()(ほど)018()大本(なか)(しづ)まりて、019()って(かわ)りて()くなるぞよ。
020 左様(そう)なりたら機織(はた)(はや)()れるぞよ。
021 (そろ)うて身魂(みたま)(みが)きて(もら)うたら、022物事(ものごと)(はや)くなるぞよ。
023 ()御用(ごよう)一時(いちどき)には(もう)されんから、024人民(じんみん)()うてやらねば(わか)らんから、025()けてはいかん神秘(こと)あるから、026筆先(ふでさき)にチクチクに()すぞよ。
027 (なが)くかかりて仕組(しぐみ)神業(こと)であるから、028(なに)につけても大謨(たいもう)経綸(しぐみ)029(さき)(もう)せば邪魔(じゃま)(はい)るから一時(いちどき)には(もう)さんぞよ。030(もう)さんと()うて心配(しんぱい)()(くだ)さるな。031経綸(しぐみ)(かえ)んなれど、032ドーゾ(とり)(ちが)ひを(いた)さん()うに()(くだ)されよ。
033 ()にお(あが)りなさる御神様(おんかみさま)(みな)御歓(およろ)こびであるぞよ。
034 (てん)()世界中(せかいぢう)桝掛(ますか)()くのは今度(こんど)神事(こと)ぞよ。
035 (たま)(みが)けさへすれば、036(みが)けた(そば)に、037(これ)からは人民(じんみん)(おな)(せき)(まゐ)りて、038御話(おんはな)しを(いた)()うになる仕組(しぐみ)であるから、039大神業(たいもう)(もう)すのじゃぞよ。
040 ()仕組(しぐみ)(たれ)()りた(もの)()いぞよ。
041 ()らん神事(こと)()らん人民(じんみん)()らすのであるから、042()苦労(ぐろう)(いた)すのだぞよ。
043 (もの)()るなら何事(なにごと)未然(さき)()らんと、044今度(こんど)神業(こと)は、045手柄(てがら)出来(でけ)んと毎度(まいど)(もう)してあるが、046(あと)()るなら十人並(じうにんなみ)のこと、047(ひと)()らん(こと)()らねばならんから、048(なに)につけても気苦労(きぐろう)(いた)すぞよ。
049 斯様(こん)大神業(たいもう)御用(ごよう)050真実(まこと)御用(ごよう)になりたなら、051人民(じんみん)のなかでは出来(でけ)んから、052模型(かたち)()して御用(ごよう)さすぞよ。
053 旅立(たびだち)服装(みなり)()()いて(くだ)されよと、054鞍馬(くらま)()くときに(もう)して()らうがな。055出口(でぐち)頭髪(つむり)()()()けと(もう)してあるが、056(とく)(かんが)へて(くだ)されよ。
057 別荘(べっそう)(なが)らく(はい)りて、058真暗黒(まっくらがり)にして()れてありたのを、059明治(めいじ)二十五(ねん)からの出口(でぐち)(はじ)まりからの神事(こと)()()めて、060(たて)神言(こと)から(すみやか)()いて()かせる御役(おやく)が、061あとさきになるから、062物事(ものごと)(をそ)くなりて(みな)()苦労(ぐろう)(いた)すぞよ。
063 今度(こんど)神業(こと)()でやらうと(おも)うたら、064()(どく)(なが)後戻(あともど)(ばか)り、065何時(いつ)(まで)(もの)出来(しゅったい)(いた)さんぞよ。
066 ()()いたら(まこと)(もう)してやるぞよ。