霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正五年旧三月二十八日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1916(大正5)年4月30日(旧3月28日)
神霊界掲載号:第99号 9頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 531頁 七巻本:第7巻 25頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)が、002大出口(おほでぐち)大神(おほかみ)顕現(あらわ)れて、003世界(せかい)身魂(みたま)洗濯(せんだく)(いた)すぞよ。
004 上中下(ぜうちうげ)三段(さんだん)判別(わけ)てある身魂(みたま)を、005各自々々(それぞれ)目鼻(めはな)()けて、006三段(さんだん)(うち)には種々(いろいろ)身魂(みたま)()るが、007それぞれに()()けるのが、008なかなかの事業(こと)()るぞよ。
009 ()大難業(たいもう)立替(たてかえ)()にあうて、010手伝(てつだ)ひを(いた)守護神(しゅごじん)はチットも()りは(いた)さん、011()()しの()(かた)(ばか)りで、012()(ほど)大事(こと)013末代(まつだい)一度(いちど)より()いと()(やう)な、014身魂(みたま)洗濯(せんだく)015立替(たてかえ)立別(たてわ)けと()(やう)な、016(むかし)から()()()出来(でき)てから、017()()いと()ふやうな大事業(たいもう)な、018()立替(たてかへ)(さし)(きた)りて()るのに、019()()()れる(ほう)守護神(しゅごじん)に、020()()守護神(しゅごじん)()いが、021()()(むご)いことに(くも)るとは(あま)りな(こと)では()いか。
022 肉体(にくたい)(へん)()いて()()かした(ぐら)ゐに服順(きく)やうな(やさ)しい守護神(しゅごじん)全然(てん)()いぞよ。
023 外国(がいこく)(ほう)(はや)改心(かいしん)出来(でき)やうと()ふことが、024(はや)うから筆先(ふでさき)()らして()るが、025(いま)では外国(がいこく)(ほう)比較的良好(まし)のやうに()るぞよ。
026 日本(にほん)(くに)(むご)たらしいと()ふものは、027比例譬言(たとえ)にもならんエグい身魂(みたま)()りたもので()るぞよ。
028 もう()()きは(いま)までに(なに)()らして()るから、029()らして()(とほ)りの実地(じっち)(はじ)めるから、030()れでも改心(かいしん)させて、031ドウゾと(をも)うて、032あちらこちらへ()らせても、033(かへ)って(かみ)邪魔(じゃま)する守護神(しゅごじん)で、034一人(いちにん)なりと(わか)守護神(しゅごじん)産造(こしら)へてと(をも)うたとて、035(をも)うて()(こと)天地(てんち)(ちが)ひで、036()()(やう)なことでないが。
037 それでも()らして()かねば、038(かみ)(やく)()まんし、039(なん)(もう)しても一切万事(いったいら)体主霊従主義(あく)(ばか)りで、040霊主体従(ぜん)(みち)(けが)らはしいと(をも)守護神(しゅごじん)(ばか)りで()るから、041実地(じっち)生神(いきがみ)一厘(いちりん)経綸(しぐみ)(らち)()立替(たてかへ)(いた)さんと、042あと()(なを)しがなかなかの大望(たいもう)()るから、043(いっ)たん霊魂(みたま)(いた)さねば、044洗濯(せんだく)()かけが出来(でき)かけんぞよ。
045 (ここ)までに充分(じうぶん)()らして()るから、046天地(てんち)(うら)みはよもや()らうまい。
047 天地(てんち)(もと)先祖(せんぞ)(こころ)をちと()感得()りて、048自己(われ)(こころ)(かんが)へて()ると、049(ここ)()りたら、050ちっとは(わか)るで()らうが、051()(わか)らうまいがな。
052 ()くとこまで()かんと、053()()改心(かいしん)は、054幽魂(みたま)()りてからで()いと、055(まこと)改心(かいしん)出来(でき)(いた)さんぞよ。
056 霊魂(みたま)一等(いちばん)大切(だいじ)()るから、057容器体(いれもの)()へんと、058(まこと)自覚的(ほつごん)改心(かいしん)出来(でき)んから、059肉体(にくたい)()(うち)()()かしても、060服順(まけ)守護神(しゅごじん)人民(じんみん)は、061めんめに覚悟(かくご)(いた)すが()いぞよ。
062 九分九厘(くぶくりん)一厘(いちりん)とで、063()つか()けるか、064()()末代(まつだい)(こと)規定(きめ)大戦(おほたたか)ひで()るから、065九分九厘(くぶくりん)外国(がいこく)学力(がくりょく)なり、066一厘(いちりん)(ほう)神徳(しんとく)(かたま)りで、067余程(よほど)困難(こんなん)()るなれど、068それでも一厘(いちりん)日本(にほん)身魂(みたま)養成(いた)して、069(てん)大神(おほかみ)(さま)()()()けて、070(てん)()との先祖(せんぞ)が、071(もと)(かみ)()(いた)すので()るぞよ。
072 (いま)人民(じんみん)精神(せいしん)では、073()(だけ)(かみ)()りても、074至誠(まこと)()身魂(みたま)()いから、075天地(てんち)先祖(せんぞ)天晴(あっぱ)れと()(ちから)()身魂(みたま)は、076何時(いつ)までかかりても、077天晴(あっぱ)(をもて)()すことは、078人民(じんみん)ではよう(いた)さんぞよ。
079 ()(ほう)(もう)(やう)素直(すなを)()()れば、080正真(まこと)実地(じっち)生神(いきがみ)(いた)すので()るから、081(この)(ほう)(いた)さねば、082智慧(ちゑ)(がく)では出来(でき)大神業(こと)()るぞよ。
083 ()(ほう)(おもて)()るに()いては、084何程(なにほど)でもドンナ御用(ごよう)()るなれど、085(はら)(なか)至誠(まこと)()人民(じんみん)何一事(なにひといろ)086(こころ)(ゆる)いて、087()(ばな)して()せることが出来(でき)んから、088一度(いちど)()(いた)せと(もう)したら、089二度三度(にどさんど)(をな)(こと)()かせんならんやうな、090守護神(しゅごじん)使()かはれて()肉体(にくたい)は、091到底(とうてい)よい御用(ごよう)出来(でき)んから、092()()()れた(ほう)守護神(しゅごじん)は、093(なに)()けても(らく)(ほう)()()いて、094()()(ほう)御用(ごよう)(いた)すことが、095苦艱(えら)うて出来(でき)んぞよ。
096 (はら)(なか)至誠(まこと)さへ()りたらば、097一度(いちど)()()けたら一生懸命(いっせうけんめい)(わす)れはせんぞよ。
098 ()(こと)()守護神(しゅごじん)使(つか)はれて()りたら、099出来(でき)(こと)でも()()きは、100()経営()生神(いきがみ)(れい)()れて、101それぞれのことを()せるなれど、102()()きの(こと)を、103()一力(いちりき)で、104自我(われ)悧口(りかう)(いた)さうと()ても、105初発(しょっぱつ)(をも)(やう)出来(でき)よるが、106途中(とちう)(くじ)けて、107筆先(ふでさき)(どほ)成就(ぜうじゅ)(いた)さんぞよ。
108 (いま)までは悪智能(わるぢえ)()りたら、109(をも)(やう)()けたなれど、110(あく)ではモウ()けん時節(じせつ)循環(まわ)りて()たので()るから、111何程(なにほど)(ちから)()(かみ)でも、112時節(じせつ)には(かな)はんから、113時節(じせつ)()りには時節(じせつ)(こと)(いた)すが結構(けっこう)()るぞよ。
114 ()(ほう)(ちから)()()ぎて、115我意()激猛(ひど)うて、116(をし)()められたなれど、117時節(じせつ)には(なに)(かな)はんと、118()(こと)(わか)りて()りたから、119(うしとら)這入(はい)れと、120(てん)のミロク(さま)から御命令(ごめいれい)(さが)りた()りに、121()れは時節(じせつ)ざ、122結構(けっこう)(くち)では()はれんやうな艱難(かんなん)(いた)して、123是丈(これだ)()れたら(まつ)()()るのを(たの)しみに、124(うれ)しと(かな)しとで、125(なが)らくの艱難(かんなん)()せて(いた)だいた御蔭(おかげ)で、126()()びの大望(たいもう)御用(ごよう)()して(いただ)時節(じせつ)(まは)りて()たので()るぞよ。
127 ()(ほう)()()て、128世界中(せかいぢう)()()守護(しゅご)(いた)すのも、129(みな)時節(じせつ)()るから、130人民(じんみん)時節(じせつ)(こと)(いた)すが結構(けっこう)()るぞよ。
131 ()(ほう)御魂(みたま)は、132ミロク(さま)苦労(くろう)(いた)身魂(みたま)に、133こしらへて御居(おい)でました、134(ほか)には()御魂(みたま)()るから、135()(ほう)半分(はんぶん)御魂(みたま)(をんな)変化(へんげ)て、136変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)(いた)して、137是程(これほど)(なが)艱難(かんなん)(いま)(させ)て、138今度(こんど)大望(たいもう)御用(ごよう)使(つか)うたぞよ。
139 ()()根本(こっぽん)御先祖(ごせんぞ)(さま)は、140(てん)()しますミロク(さま)が、141()()(はじ)まりの、142(てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)()るぞよ。
143 ()先祖(せんぞ)がミロク(さま)直接(じき)御系統(おちすじ)()るから、144天地(てんち)創造(こしら)へた(もと)は、145天地(てんち)先祖(せんぞ)であるぞよ。
146 (ふる)(こと)()(はじ)まりからの(こと)は、147明治(めいじ)二十五(ねん)からの()筆先(ふでさき)で、148大略(あらまし)(こと)()かして()るなれど、149詳細(こまかい)(こと)(あいだ)()かすと(もう)して()るぞよ。
150 (なが)(あいだ)(そこ)(わか)らん(ふか)経綸(しぐみ)()()るから、151()()()れる(ほう)守護神(しゅごじん)では(わか)らんから、152(いま)人民(じんみん)では見当(けんとう)()れんと()(こと)が、153()筆先(ふでさき)()らして()らうがな。
154 一度(いちど)(もう)した(こと)(ちが)はんので()るから、155一度(いちど)(もう)した(こと)を、156(まこと)(いた)して()いて(くれ)れば、157()(ほど)九度(くど)(もう)さいでも、158仕組(しぐみ)(どほ)りに()りて()て、159此処(ここ)までの心配(しんぱい)(いた)さずに、160()立替(たてかへ)出来(でき)るなれど、161肝腎(かんじん)日本(にほん)(くに)大和魂(やまとだましい)(もと)活神(いきがみ)を、162(みな)()(をと)して(をし)()めて()りたので、163(はじ)まりの()(かた)(どほ)りで()りて()たら、164()()けの難渋(なんじう)()いなれど、165()れでは末代(まつだい)()(つづ)かん(こと)が、166()(もと)先祖(せんぞ)には判明(わか)りて()るから、167一旦(いったん)(あく)御魂(みたま)に、168(あく)末代(まつだい)()(つづ)いて()くものかと()ふことが(さし)()せて()るのじゃぞよ。
169 (あく)蔓延(のぼ)るのは(はや)いなれど、170消滅(くだ)るのも(はや)いのは、171苦労(くろう)()しの()()しの、172()れさへ()かりたら、173(ひと)(たを)れやうが(かま)うて()らん、174(いま)身魂(みたま)性来(せうらい)では(よわい)(みじか)い、175神世一代(かみよいちだい)()(つづ)かうまいがな。
176 ()()末代(まつだい)()てて()かうと(をも)ふと、177()れは充分(じうぶん)苦労(くろう)(いた)して、178(ひと)のようせん(こと)(いた)したり、179忍耐(こば)りたり、180善一筋(ぜんひとすじ)(みち)()てて()くのは、181(ひと)から()ると(あく)()えるぞよ。
182 苦労(くろう)艱難(かんなん)忍耐(こば)()めて、183(いま)悪神(あくがみ)(たた)(がみ)()はれて、184口惜(くや)残念(ざんねん)充分(じうぶん)隠忍(こば)りて、185時節(じせつ)()ちて()かねば()らん(ぜん)(みち)186()(みち)をお(つく)りに()りたミロク(さま)が、187(ここ)までの大苦労(おほくろう)()された(こと)を、188()りて()れる(かみ)()(ゆへ)に、189()先祖(せんぞ)()世界(せかい)経綸(かまわね)ば、190()()(ほか)御魂(みたま)では、191()世界(せかい)整頓(たてなをし)出来(でき)んので()るから、192(てん)のミロク(さま)直接奉仕(つきづき)(いち)番頭(ばんとう)()番頭(ばんとう)を、193()身魂(みたま)相定(あいさだ)めて、194(ほか)身魂(みたま)にそれぞれの御用(ごよう)(おほ)(つけ)ねば()らん、195大望(たいもう)(こと)()るぞよ。
196 初発(しょっぱつ)のミロク(さま)()は、197(ぜん)(ひと)つの(まこと)(みち)で、198結構(けっこう)()()りたなれど、199()れて()きよると、200不平(こごと)徐々(そろそろ)と。
201 御近衆(をそばつき)から()()(かた)では(つら)うて、202()世界(せかい)にコンナ(ちから)()(かみ)大将(たいせう)(いた)すなら、203(みな)(かみ)一人(いちにん)もよう(つと)めんと、204ミロク(さま)へお(ねが)ひを(いた)したら、205さういふ(こと)なら大衆(おほぜい)一人(ひとり)とは変換(かへら)れんから、206(うしとら)(をし)(こめ)いとの御命令(ごめいれい)(さが)りて、207(みな)(かみ)御喜(およろこ)びでありて……………………(おな)(こと)()()きに()かして()くぞよ。
208 ()(ふで)(さき)末代(まつだい)世界(せかい)(たから)(いた)す、209(てん)()との先祖(せんぞ)()かした筆先(ふでさき)()るぞよ。210()筆先(ふでさき)には()(もと)(こと)から、211()()きの(こと)212末代(まつだい)(こと)()くのは、213毎度(まいど)(をな)(こと)()かせるなれど、214()()きに(をな)(こと)()()けて()かんと、215筆先(ふでさき)(どほ)りに()(もら)はねば()らんから、216是迄(これまで)(あく)()(かた)薩張(さっぱ)()へて(しも)うて、217(ぜん)(ひと)つの(まこと)(みち)で、218末代(まつだい)()口舌(くぜつ)()(やう)(いた)して、219本来(もと)のミロク(さま)()()復活(もど)すので()るから、220()()(ほね)()れるので()るぞよ。
221 ()筆先(ふでさ)きは、222明治(めいじ)廿五(ねん)初発(しょっぱつ)に、223世界(せかい)()ることは、224(みな)()いて()るなれど、225(むかし)から()いこと、226()()()()れる(かみ)御存(ごぞん)じの()いやうな(ふか)(こと)で、227人民(じんみん)には(わか)らん智慧(ちえ)(がく)では、228(なに)見当(けんとう)()れん(こと)()るから、229(うま)赤児(あかご)(こころ)()りて()れいと、230毎度(まいど)(もう)して()らして()るぞよ。
231 悧口(りこう)()したり、232慢神心(まんしんごころ)()りたら、233(なに)(わか)りは(いた)さんから、234うぶの(こころ)()()へて御話(おはな)しを(いた)さんと、235失敗(しくじ)ると(もう)して()らして()るぞよ。
236 何事(なにごと)世界(せかい)(こと)が、237九分九厘(くぶくりん)()りて()たから、238是迄(これまで)(こと)(もち)ひられん()(かた)を、239薩張(さっぱ)変更(かえ)(しま)はな()らんから、240(をな)(やう)(こと)()かして、241充分(じうぶん)(ねん)(ねん)()して()るのじゃぞよ。
242 (あと)不足(ふそく)(もう)さん(やう)にと()(つけ)ても、243()守護神(しゅごじん)()いから、244初発(しょっぱつ)から(かみ)警告(しら)せるので()ると(もう)して、245初発(しょっぱつ)役員(やくいん)夜分(やぶん)には筆先(ふでさき)沢山(たっぴつ)(おほ)きな(こゑ)呼号(よばら)したのは、246()()守護神(しゅごじん)()かせる(ため)でありたぞよ。
247 綾部(あやべ)大本(おほもと)は、248初発(しょっぱつ)から(みな)(つら)(こと)()()()るなれど(あく)守護神(しゅごじん)がモウ(かな)はんと往生(おうぜう)(いた)すまでは、249大本内(このなか)(つら)いから、250(なに)筆先(ふでさき)外国(むこう)仕組(しぐみ)()らして()るぞよ。
251 (むこ)ふの(くに)チットも()きは(いた)さん、252気長(きなが)なもので()るぞよ。
253 (むこ)ふの(くに)仕組(しぐみ)は、254日本(にほん)(くに)兵糧(ひゃうろう)()いやうに()りたら、255日本(にほん)人民(じんみん)餌食(ゑじき)にしてでも、256(あと)へは()かんと(もう)して()るから、257日本(にほん)(くに)から神政実施(ぢっち)(はじ)めんと、258(むか)ふの(くに)(もう)(やう)()()りたら、259()立替(たてかへ)出来(でき)ず、260じりじりと身魂(みたま)減滅(へり)て、261一旦(いったん)泥海(どろうみ)()りて(しも)ふが、262(なに)(わか)らん日本(にほん)人民(じんみん)が、263外国(がいこく)身魂(みたま)()()りて()るから、264()()()(もと)活神(いきがみ)が、265実地(じっち)(まこと)筆先(ふでさき)()いて()せても、266自分(われ)身体(からだ)()()いて()えて()ねば、267()人民(じんみん)(いま)()いぞよ。
268 ()かな()(やう)にして、269立替(たてかえ)(いた)さねば、270外国(がいこく)(もう)すことを、271(まこと)()いて()りたら、272(くに)潰滅(つぶ)れて(しも)ふぞよ。273ドチラへ()(ところ)で、274一旦(いったん)激烈(ひど)いから、275日本(にほん)仕組(しぐ)(どほ)りに、276一厘(いちりん)経綸(しぐみ)()(ひら)()へして、277(らち)()立替(たてかえ)(いた)さねば、278日本(にほん)天真地徳発権地(ひのもと)(くに)奪取(とり)て、279我意放縦(わがまま)(いた)仕組(しぐみ)(いた)して()るぞよ。