霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正五年旧二月八日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1916(大正5)年3月11日(旧2月8日)
神霊界掲載号:第99号 13頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 535頁 七巻本:第7巻 40頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 ミロク(さま)御教示(をしえ)()先祖(せんぞ)大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)が、002出口(でぐち)(なを)(くち)()とで、003(もと)(むかし)根本(こんぽん)(こと)から()()かすぞよ。
004 ()(もと)(てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)が、005(ここ)()りなさるまでの御艱難(ごかんなん)()された(こと)を、006()世界(せかい)先祖(せんぞ)が、007出口(でぐち)(なを)因縁(いんねん)(ふか)御魂(みたま)()るから、008とことん苦労(くろう)(いた)身魂(みたま)にこしらへて、009()()(まわ)りて()()りに、010(もと)(ふる)()根本(こっぽん)大神(おほかみ)が、011()(ほど)苦労(くろう)(いた)して、012世界(せかい)(かま)うて()りたと()(こと)を、013世界中(せかいぢう)天晴(あっぱ)れと(あら)はして、014世界(せかい)人民(じんみん)改心(かいしん)させる(ため)に、015(なが)らくの苦労(くろう)艱難(かんなん)()せて、016二度目(にどめ)()立替(たてかへ)大望(たいもう)御用(ごよう)()せたなれど、017(これ)から世界中(せかいぢう)に、018(もと)活神(いきがみ)神力(しんりき)(あら)はして、019(むかし)から苦労(くろう)艱難(かんなん)口惜(くや)残念(ざんねん)(かたま)りの(はな)(ひら)かねば、020世界中(せかいぢう)()()守護(しゅご)()らんから、021その御用(ごよう)()るから、022()大本(おほもと)御用(ごよう)(いた)さうと(をも)人民(じんみん)は、023余程(よほど)(どう)(すわ)りて()身魂(みたま)()いと、024とことんの(つら)辛棒(しんぼう)をよう(いた)さんぞよ。
025 変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)()(ほど)(つら)身魂(みたま)は、026()()(ほか)には()いので()るから、027苦労(くろう)(なが)かりたなれど、028モウ(わか)るが(はや)うなるから、029()(なか)(はや)うから()()りて、030(いま)(なに)(わか)らいでは、031(はや)ふから(つら)(とこ)()()りて、032変性男子(へんぜうなんし)()(かた)見習(みなら)うて、033(ここ)()りて()(をり)には、034出口(でぐち)がチット()(らく)御用(ごよう)出来(でき)るやうに()りて()らんと、035何時(いつ)までもコンナ(つら)()()はして()いては、036(かみ)威徳(いとく)(わか)りはせんし、037人民(じんみん)(もう)すものは、038(うへ)から()()けにより、039(はら)(なか)(をも)うて()ることは(わか)らうまいがな。
040 それで直接奉伺(じきじき)取次(とりつぎ)(つら)()(いた)すので()るぞよ。
041 初発(しょっぱつ)から(もう)して()るぞよ。042()(なか)(つら)()りて()て、043(しゅっ)()はさせて()しいなれど、044(あま)(つら)うて()げて()ぬものが出来(でき)るぞよ。
045 ()大本(なか)()りて辛棒(しんぼう)出来(でき)んやうな人民(じんみん)()りたら、046(をとこ)にも(をんな)にも、047()大本(なか)(かみ)御用(ごよう)到底(とて)出来(でき)んぞよ。
048 (いま)()(かた)で、049()(なか)(つら)(やう)(ひと)は、050()()(つら)()りて()るぞよ。051まだ修業(ぎゃう)には()りて()りは(いた)さんぞよ。
052 天地(てんち)御恩(ごおん)()ふことが判明(わかり)()たら、053どんな(つら)(こと)でも忍行(こば)れるなれど、054(いま)()(かた)辛棒(しんぼう)出来(でき)んやうな守護神(しゅごじん)使(つか)うて(もら)うて()肉休(にくたい)は、055行業(ぎゃう)()ふことが()()いから、056辛棒(しんぼう)出来(でき)んぞよ。
057 それで(じょう)(ぼん)(そだ)ちた(ひと)は、058()(なか)実地(じっち)生神(いきがみ)(まこと)御用(ごよう)出来(でき)んぞよ。
059 改心(かいしん)(いた)して身魂(みたま)(みが)いて、060大本(おほもと)()()たら、061出来(でき)ることを()せて()るなれど、062修業(ぎゃう)(いた)さんと仕放題(しほうだい)にして()て、063モウ()()きは(あく)では(ひと)(あし)()けんやうに()りたと(もう)して、064(むかし)から(いま)修業(ぎゃう)()()綾部(あやべ)大本(おほもと)()()ても、065初発(しょっぱつ)(らく)にあるなれど、066チクチク(わか)(ほど)大本(おほもと)(なか)(つら)くなるから、067明治(めいじ)廿五(ねん)からの筆先(ふでさ)きを見詰(みつ)めて()りて、068筆先(ふでさき)(どほ)りに()()らんと、069(にわか)(つら)くなると、070辛棒(しんぼう)出来(でき)いでは()らんから、071()(かた)()へるから、072()()(やう)(いた)せと(もう)して、073(なに)から(なに)までの(こと)が、074落度(をちど)()いやうに、075初発(しょっぱつ)から詳細尽心(こまごま)()()けてあるぞよ。
076 (てん)大神様(おほかみさま)御艱難(ごかんなん)(をも)ひを(いた)したらば、077ドンナ辛棒(しんぼう)忍行(こば)れるなれど、078()()()れる(ほう)(あく)()(かた)で、079(ここ)まで前後(あとさき)(かまは)ずに自利中心主義(われよし)で、080(これ)からまだ(あく)()らうと、081(いま)()()悪魔(あくま)()(かた)()りて、082何程(なにほど)()()けても()()かん、083(あく)守護神(しゅごじん)()(どく)()るぞよ。
084 (ぜん)(ほう)教示(をしえ)(をそ)くなる(ほど)085総損(そうぞこな)ひに何彼(なにか)(こと)(をそ)()りて、086(わか)らん(ほう)守護神(しゅごじん)(くる)しみが(なが)くなるから、087いろいろと(もう)して(いま)()らして()るなれど、088苦労(くろう)()らずの(あく)(そだ)ちた守護神(しゅごじん)が、089(もと)先祖(せんぞ)苦労(くろう)(をも)ひを(いた)さずに、090(よご)(ばか)りにかかりて()るが、091是程(これほど)(きん)()けて勉強(べんきゃう)(いた)さいでも、092()()根本(こっぽん)からの(こと)が、093実地(じっち)正真(まこと)(わか)時節(じせつ)(まい)りて()()るのに、094(きん)()れて(いた)した(がく)()いと、095(まこと)()いやうに(をも)ふと、096大間違(おほまちが)ひが出来(でき)るぞよ。
097 (じゃう)(ぼん)(そだ)ちた人民(じんみん)(ほど)098金銀(きんぎん)(ただ)出来(でき)たやうに(をも)うて、099冥加(めうが)(わる)(こと)に、100湯水(ゆみづ)()(ごと)くに、101テンと()けんやうに()(こと)にも、102()()かずに使(つか)うて()るが、103家々(いへいへ)先祖(せんぞ)(みな)苦労(くろう)して貯蓄(こしら)へたのであるぞよ。
104 先祖(もと)()(おん)(なん)とも(をも)はんのは、105()れに苦労(くろう)()()いから、106その家財(しんだい)()りもどす(こと)はナカナカ出来(でき)んが、107先祖(せんぞ)(みな)()(どく)()るぞよ。
108 天地(てんち)御恩(ごおん)()らん守護神(しゅごじん)使(つか)はれて()世界(せかい)人民(じんみん)が、109()れに苦労(くろう)()()いから、110天地(てんち)先祖(せんぞ)がドレ()けの苦労(くろう)をして、111()()建造(こしらへ)たと()(こと)が、112()()()れる(ほう)守護神(しゅごじん)(わか)りて()ろまいがな。
113 天地(てんち)先祖(せんぞ)大神(おほかみ)が、114(ここ)までの艱難(かんなん)(いた)した(こと)が、115(わか)りて()りたならば、116コンナ(むご)(こと)には()世界(せかい)()りは(いた)さねど。
117 (かみ)(おも)ひが(わか)らんから、118()れさへ(うへ)(あが)りて出世(しゅっせ)(いた)したら、119(ひと)(こと)なぞ()むきも(いた)さん、120(くに)(つぶ)れて(いま)()()泥海(どろうみ)()りかけやうが、121チットも(かま)はずに、122()たい放題(ほうだい)(いた)して、123(まこと)といふ(こと)は、124(くすり)ほども()いやうに()りて()るぞよ。
125 天地(てんち)先祖(せんぞ)(ここ)()(こと)が、126()太元(もと)から()判明(わか)りて()りて、127()をこしらへる()りから、128日本(にほん)霊主体従国(ひのもと)には、129(ほか)身魂(みたま)ではよう()(こと)の、130(わか)らん(こと)が、131一厘(いちりん)経綸(しぐみ)九分九厘(くぶくりん)()りた(とこ)では、132()(ひら)(かへ)仕組(しぐみ)()てあるから、133()経綸(しぐみ)()身魂(みたま)でもでは出来(でき)(こと)であるから。
134 天地(てんち)御恩(ごおん)()(こと)が、135()一厘(いちりん)経綸(しぐみ)判然(わか)るから、136(こし)()かさん(やう)に、137其処(そこ)屁垂(へた)らん(やう)に、138(はら)(をび)(しっ)かり()めて()らんと、139ヘドロイ肝玉(きもだま)肉体(にくたい)は、140(こし)()けて早速(さっそく)(あし)()たん(やう)(こと)()いやうに、141(しっか)りして御座(ござ)れよ。