霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正元年旧の三月八日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1912(大正1)年4月24日(旧3月8日)
神霊界掲載号:第99号 20頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 542頁 七巻本:第7巻 62頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)出口(でぐち)大神(おほかみ)(あら)はれて(もう)して()(とほ)世界(せかい)実地(じっち)(いた)して身魂(みたま)()(わる)しを()けて()せて()らんと改心(かいしん)出来(でき)んから、002其処(そこ)まで(いた)すのは可愛想(かあいそう)(おも)うて()らすなれど()らして()りて何時(いつ)まで(おな)(こと)(いた)して()りてもチットも反響(しるし)()いから実地(じっち)生神(いきがみ)実地(じっち)(はじ)めて、003()()はどういふ(こと)(ここ)までの(こと)出来(でけ)たのじゃと()(こと)()けて()せて()るぞよ。004(みな)(もと)先祖(せんぞ)(ほね)()りで(ここ)までの(こと)()りて()たので()るのに、005()()建造(こしら)へた(もと)()いやうに()て、006(ひと)苦労(くろう)出来(でき)()()を、007()(もの)にしてまた(あく)(つよ)(いた)して(ひと)精神(せいしん)をモウ(ひと)(おとこ)(おんな)子供(こども)悪賢(わるがしこ)(いた)して()りて()かうとの世界中(せかいじう)目的(もくてき)()らうがな。008(いま)までは(ぞく)()()りたから、009天地(てんち)(かみ)()()()りを(いた)して()りたなれど、010モウ(ほど)なく神力(しんりき)(あら)はして(あく)陰謀(たくみ)天地(てんち)から(ゆる)さんぞよ。011()()(あく)では一寸(いっすん)()けんといふ(こと)実地(じっち)()()せて()るぞよ。012(なが)(あいだ)仕組(しぐみ)(ひら)けるので()るから、013ソウ着々(ちゃくちゃく)とには()かねども、014(もう)して()(とほ)(いづ)れは世界中(せかいじう)()りて()るぞよ。015()()()るから明治(めいじ)二十五(ねん)から出口(でぐち)(なほ)身魂(みたま)因縁(ゐんねん)ある身魂(みたま)であるから、016初発(しょっぱつ)から(ひど)行業(ぎゃう)()せて、017(ひと)から()ると純狂者(まるきちがひ)()りたのは(たれ)一人(いちにん)見判(みわ)ける人民(じんみん)()(ゆへ)(おほ)きな(こゑ)呼号(よば)らすから、018(みな)(こわ)がりて大分(だいぶ)騒動(さうどう)()せたなれど、019()狂者(きちがい)()はした(こと)()かした(こと)(みな)天地(てんち)先祖(せんぞ)使(つか)うて(いた)させたので()るからチットも(ちが)ひは()いぞよ。020(はら)(なか)塵芥(ごもくた)薩張(さっぱ)()して(しま)うても()れで()いと()(こと)はないから、021充分(じうぶん)改心(かいしん)(いた)して()りて(くざ)されよ。022世界(せかい)(こと)(なに)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)()ると()(こと)毎度(まいど)(もう)して()らして()らうがな。023外国(がいこく)には(あま)(わう)沢山(やっと)(いま)体裁(ていさい)024司配者(をう)沢山(やっと)()ると世界(せかい)には口舌(くぜつ)()えんぞよ。025(わう)()ふものは彼方(あちら)にも此方(こちら)にも()ると苦説(くぜつ)(もと)()る、026(むかし)から()れが(わう)()らうと(いた)して()()(をさ)まろまいがな。027(わう)といふものはソンナ容易簡便(かがやすい)ものでは()いぞよ。028()れには苦労(くらう)()しに、029(ひと)苦労(くらう)(ぬす)みた()()ちて()ても、030(いま)のやうなもので()るぞよ。031()()(わう)日本(にほん)(もと)からの(わう)より(ほか)にはさう安廉(やすやす)()(もと)から任命(こしらへ)ては()いぞよ。032今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)(いた)さねば、033末代(まつだい)()(こと)外国(がいこく)(わう)ではナカナカ整頓完備(きまり)がつきは(いた)さんぞよ。034(あま)大望(たいもう)(こと)(とり)(ちが)ひも()(はづ)なれど、035(おほ)きな()(ちが)ひが()るから、036暗黒(くらがり)()(なか)出来(でき)()りて、037(かみ)(この)()()いもの、038()くとも()いといふやうな(せい)(しん)人民(じんみん)(ばか)りで、039改心(かいしん)仕掛(できか)けが出来(でき)さうな(こと)()いが、040(いま)人民(じんみん)には(みな)()()()れる(ほう)守護神(しゅごうじん)()るから、041()うて()ると、042(なん)山師(やまこ)でも(いた)して糊口(くちすぎ)(いた)すやうに(おも)うて本真(ほんま)()くものが()非道(ひど)いもので()るぞよ。
043 (てん)御先祖(ごせんぞう)(さま)()(はじ)まりの御水(おみづ)御守護(ごしゅごう)(あそ)ばしなされたミロク(さま)(てん)御先祖(ごせんぞう)(さま)で、044つきの大神様(おほかみさま)()りて、045三宝(さんぽう)金神(こんじん)として、046へつい金神(こんじん)と、047(くど)(うへ)(ちい)さいお厨子(づし)(まつ)りて()(いへ)()りたなれど、048()()ちで()りたぞよ。049(また)()()御守護(ごしゅごう)(あそ)ばすのが(てん)御三体(ごさんたい)()大神様(おほかみさま)()るぞよ。050慈親(じしん)金神(こんじん)(もう)して泉庭(せんざい)(まつ)るのには金神(こんじん)(もう)して(かたち)(まつ)りて()(いへ)(ばか)りは(なか)りたぞよ。051地震(ぢしん)金神(こんじん)(もう)して()りたのが、052世界中(せかいじう)御土(おつち)(かた)めしめた()先祖(せんぞう)大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)()るぞよ。053()三体(さんたい)(かみ)昼夜(ちうや)守護(しゅごう)(いた)さん(こと)には、054()()(いき)あるものが、055一寸(ちょっと)()()()生活安存(くらすこと)出来(でき)んので()るが、056其処(そこ)までの(こと)(わか)りた守護神(しゅごうじん)()(ゆへ)に、057(もと)御先祖(ごせんぞう)(さま)充分(じうぶん)苦労(くらう)艱難(かんなん)058口惜(くや)残念(ざんねん)隠忍(こば)りて()いで(あそ)ばしても(なん)とも(おも)へんので()るぞよ。059()(もと)根本(こんぽん)からの天地(てんち)実地(じっち)因縁(ゐんねん)是迄(これまで)には(わか)らずに()りたから、060(かみ)()らんものじゃと()ふやうな(あく)で、061何処(どこ)までも(のぼ)れるやうに()りて、062守護神(しゅごうじん)悪賢(わるがしこ)うて(わる)(こと)謀策(たくみ)たら強悪非道(あとさきかまわず)(うへ)(あが)りて(しゅっ)()出来(でき)て、063()()しの強者万能(つよいものがち)末法(まっぽう)()()りて()ったので()るぞよ。064(もと)神力(しんりき)(ひか)りの()時節(じせつ)(せま)りて()て、065(あく)(れい)()きな(こと)(わる)(こと)出来(でき)んやうに天地(てんち)から(たひ)らげて(しま)うて是迄(これまで)()(かた)法律(ほうりつ)をスックリ変更()へて(しま)うて(あら)()への(さら)つの(ぜん)(ひと)つの()末代(まつだい)()()てるぞよ。066今迄(いままで)逆様(さかさま)天地(てんち)経綸()(かへ)りて()りて、067人民(じんみん)()()(こと)逆様(さかさま)(ばか)りで()りたから、068本様(ほんさま)()立替(たてかへ)(いた)すので()るぞよ。069(もと)(かみ)()()復元(もど)すと、070是迄(これまで)(こと)(うへ)から(した)まで何事(なにごと)薩張(さっぱ)()()へに(さら)つのいの()から(いた)して、071ミロク(さま)教示(おしえ)(どほ)りの()()(かた)(あらた)めるぞよ。072天地(てんち)先祖(せんぞ)神王(しんわう)外国(がいこく)(わう)(おな)(こと)(いた)して()るが、073()れが()()(あく)(はじ)まりで()るぞよ。074天地(てんち)経綸(しぐみ)(ちが)ふから(なに)逆様(さかさま)(ばか)りより出来(でき)んので()るぞよ。075天地(てんち)(わう)先祖(せんぞ)(この)()きの()(まつ)()(いた)して、076末代(まつだい)(ぜん)(ひと)つの天地(てんち)(わう)(おさ)めるので()るぞよ。077天地(てんち)大神(おほかみ)()()建造(こしらへ)たので()るから、078()()のものは(なに)一切(いっさい)天地(てんち)(おや)(がみ)(もの)()るから、079其他(ほか)身魂(みたま)には天地(てんち)自由(じゆう)には()せる身魂(みたま)は、080一方(ひとかた)()いぞよ。081(よろづ)(かみ)(もく)()まれて(おし)()められて(ひろ)()()りてドンナ行業(ぎゃう)()せて(もら)うた御蔭(おかげ)で、082()()きの()(まつ)()(かま)時節(じせつ)(まゐ)りて()たので()るぞよ。083末代(まつだい)()()ちて()身魂(みたま)()ると、084()(とう)りの行業(ぎゃう)では(つと)まらん(こと)()るぞよ。085()()末代(まつだい)(つぶ)(こと)()らんから、086(たれ)もよう()(こと)の、087(ほか)守護神(しゅごうじん)では出来(でき)(こと)のやう隠忍(こばら)(こと)()(おと)して(かど)()つとこまでの行業(ぎゃう)()()んと、088(ひと)(とほ)りの身魂(みたま)では出来(でき)大望(たいもう)(こと)(ばか)りで()るぞよ。
089 ()立替(たてかへ)(もう)すのは身魂(みたま)(こと)()るぞよ。090身魂(みたま)(そう)ぐもりに()りて(しま)うて暗黒(くらがり)()(なか)を、091()()れに身魂(みたま)目鼻(めはな)()けて、092()()きではモウ()立替(たてかへ)といふ(こと)()いやうに(いた)さな()らんから、093今度(こんど)(こと)はコンナ大望(たいもう)(こと)はモウ()いぞよ。094()()けの大望(たいもう)(こと)()りた守護神(しゅごうじん)(ほか)(かみ)()いと()ふやうな(むご)(こと)経綸()(みだ)れて(しま)うて、095()()(こと)(みな)()(もと)から()()いて()りた(ゆへ)に、096根本(こんぽん)からの(こと)仕組(しぐみ)()()るから、097何処(どこ)から(なに)()ひに()てもドンナ弁解(べんかい)でも出来(でき)世界(せかい)大本(おほもと)()るから、098()大本(なか)(なが)這入(はい)りて()りて(なに)(わか)らいでは世界(せかい)(はづ)かしき(こと)(とほ)からん(うち)出来(でき)るぞよ。099(こころ)(まこと)といふ一心(いっしん)()身魂(みたま)()いと綾部(あやべ)大本(おほもと)一寸(ちょっと)には(わか)らん(とこ)(ある)ぞよ。
100 (あま)(とうと)()ぎて、101(みな)(をも)いが(ちが)ふて()るから、102実地(じっち)(こと)を。103実地(じっち)正真(まこと)生神(いきがみ)が、104一厘(いちりん)経綸(しぐみ)で、105(たれ)もやう()(こと)(いた)して、106九分九厘(くぶくりん)(しま)いと()りた(ところ)で、107()(ひら)(かへ)して()せんと、108()(いま)(まこと)(いた)さんから、109結構(けっこう)なお(かげ)をやう()らんのは、110(はら)(なか)(まこと)といふ一心(いっしん)()いからで()るぞよ。
111 ()ふても(わか)らず、112(かげ)()らせやうが()いなれど、113実地(じっち)生神(いきがみ)世界中(せかいぢう)一厘(いちりん)経綸(しぐみ)()けて()せたら、114一度(いちど)(わか)りて、115其処(そこ)()りたら、116ドンナ(わる)身魂(みたま)でも、117改心(かいしん)出来(でき)るなれど、118()経綸(しぐみ)(もう)したら、119()のくもりた()(なか)(わる)身魂(みたま)(ばか)りが()()て、120(むかし)からの(てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)(ながら)くの()艱難(かんなん)を、121(みづ)(あわ)()(しも)ふやうな守護神(しゅごじん)()()て、122無茶(むちゃ)(いた)すから、123()大本(なか)(まこと)の、124初発(しょっぱつ)御用(ごよう)出来(でき)身塊(みたま)()いと(もう)して()ろうがな。
125 綾部(あやべ)大本(おほもと)は、126(いま)ではまだ実地(じっち)(こと)(わか)らんから、127まだ守護神(しゅごじん)頑張(がんば)りて()るなれど、128実地(じっち)(もと)(まこと)()かりを貫行(つらぬ)いて()た、129(てん)()との先祖(せんぞ)()るから、130是迄(これまで)(やう)嘘偽(うそ)()くねた()とは(ちが)ふから、131一言(ひとこと)(もう)した(こと)実地(じっち)(こと)(ばか)り、132(うそ)といふやうな(こと)は、133毛筋(けすじ)横巾(よこはば)(もう)して()いぞよ。
134 (まこと)(ひと)つの(かたま)りで(ひら)大本(おほもと)()るから、135()(なか)()いて(もら)ふて()りて、136(うそ)()ふやうな(こと)(もう)霊魂(みたま)使(つか)はれて()肉体(にくたい)は、137よく(せい)(しん)見届(みとど)けて()るから、138()御用(ごよう)出来(でき)んぞよ。
139 ()(ほう)不動(ぢっと)して()りて、140(ひと)(はら)(なか)まで()(みえ)(かみ)()るから、141()(かみ)(うそ)(もう)すやうな(なに)(わか)らん守護霊(みたま)容人(いれもの)は、142(かみ)(きら)ふから、143充分(じうぶん)神恵(こと)()いぞよ。
144 ()(もと)からの正真(せうまつ)の、145日本魂(やまとだましい)守護神(しゅごじん)使役(つか)ふて、146(なに)一度(いちど)判然(わか)るやうに(らち)()(いた)さねば、147人民(じんみん)ではやう()らかんぞよ。
148 (ほか)教会(きゃうかい)のやうな(ちい)さい(こと)()いから、149小規模的(ちった)布教(ふきゃう)()(ぐらい)には、150()大望(たいもう)神業(こと)実地(じっち)をやう()けるやうな身魂(みたま)()いし、151ながたらしふ(かか)りて()りたら、152薩張(さっぱ)(うへ)から(した)まで総損(そうぞこな)ひとなりて、153両方(どちら)(くに)()ちて()かんやうに、154難渋(なんじう)(こと)()りては()らんから、155(はや)実地(じっち)世界中(せかいぢう)()()はせて、156一度(いちど)改心(かいしん)(いた)させやうより、157モウ()(よう)()いとこまで(さし)(せま)りて()るぞよ。
158 二度目(にどめ)()立替(たてかえ)(いた)さな()らんといふ(こと)は、159()()(もと)から()(わか)りて()りたから、160()(をと)されたのも、161(なに)(みな)都合(つがう)(こと)()るぞよ。162()(ぐらい)(こと)(いた)して()かんと、163二度目(にどめ)()立替(たてかえ)(をり)には、164チト(ちが)ふた行業(ぎゃう)()()かんと、165立替(たてかえ)(いた)したら(あと)()()()るなれど、166(かわ)()陽気(やうき)気楽(きらく)(こと)(いた)して()いたら、167(あと)()()らんから、168自由()放逸()()(かた)()りて()守護神(しゅごうじん)は、169()転換期(かわりめ)辛棒(しんぼう)(つらふ)て、170(こば)れん守護神(しゅごうじん)沢山(たっぴつ)()るから、171()(おほ)(とうげ)(しの)げるやうの神徳(しんとく)(もろ)ふて、172行業(ぎゃう)(いた)すが結構(けっこう)()るぞよ。
173 ()らして()りても()()れの()守護神(しゅごじん)は、174()むを()ずの(こと)()りても、175何処(どこ)(うら)(とこ)()いぞよ。
176 其処(そこ)()りてからの改心(かいしん)は、177急速(いちど)改心(かいしん)()るから、178一度(いちど)改心(かいしん)実地(じっち)()()はんから、179()()(うち)から()らすなれど、180改心(かいしん)どころか(おほ)きな(をも)(ちが)いの守護神(しゅごじん)人民(じんみん)(ばか)り、181(らち)やう立替(たてかえ)(はじ)めんと、182(あと)()(やう)(いた)さな()らんから、183罪障(めぐり)非道(ひど)(とこ)から(はじ)めると(もう)して()るぞよ。
184 今迄(いままで)()(あま)贅沢(ぜいたく)()ぎて、185薩張(さっぱ)絶頂(いた)りて(しも)ふて、186()(みち)()いやうに(つま)りて(しも)ふて()るから、187(のば)すほど(わる)()りて、188モウ一寸(ちょっと)(のば)すことが出来(でき)んから、189(かみ)(うら)めなよ。
190 ()らして()るやうに()りて()るのじゃから、191()にも()しに立替(たてかえ)出来(でき)んから、192改心(かいしん)出来(でき)身魂(みたま)は、193肉体(にくたい)()っては到底(とて)魂性(みたま)(みが)けることは出来(でき)んから、194()(こと)()かん御魂(みたま)肉体(にくたい)は、195()(なを)しに(いた)さねば、196神界(しんかい)革新(せんだく)()らんから、197どうぞ改心(かいしん)()せて、198()(まま)()いて、199(なん)なりと出来(でき)(こと)()せてと(をも)うても、200(かみ)(こころ)()みとるやうな、201日本(にほん)御魂(みたま)性来(せうらい)が、202一寸(ちょっと)()いやうに()りて()るから、203(いづ)(はじ)めると非道(ひど)いぞよ。
204 霊魂(みたま)(はや)()(いた)して、205光華明彩(さらつ)()(いた)さねば、206()()(わる)()(ばか)りで()るから、207()()()いて()しいなら、208改心(かいしん)さえ(いた)せば(ぜん)()()(かへ)らして、209()()から嬉悦満円(うれしふ)なりて、210(ぜん)(れい)()()(いた)して()りて、211末代(まつだい)()()(のこ)すやうに()るなれど、212是程(これほど)日々(にちにち)(もう)しても、213改心(かいしん)出来(でき)身魂(みたま)()いから、214出来(でけ)()るやうにして、215霊魂(みたま)整備(よく)するぞよ。