霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十六年旧八月二十二日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1903(明治36)年10月12日(旧8月22日)
神霊界掲載号:第101号 5頁 神霊界八幡書店復刻版:第6巻 11頁 七巻本:第7巻 133頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 綾部(あやべ)大本(おほもと)本部(なか)這入(はい)りて、002御神徳(おかげ)(もら)ふと(をも)ふと、003眼配(めくば)心配(こころくば)り、004是迄(これまで)心持(こころも)ちて()りては、005()大本(なか)御神徳(ごしんとく)感得()れんぞよ。006()()いでも(こころ)で、007(なに)かの事物(こと)黙然(じっ)として()りて、008()()()うになりて()んと、009日々(にちにち)御神徳(おかげ)(わた)さんから010他人(ひと)言挙(いう)(もら)はな(わか)らん()うなことでは、011()御用(ごよう)出来(でけ)んぞよ。012何彼(なにか)神言(こと)()()りて、013(いち)(もう)せば(じゅう)()身魂(みたま)でありたら、014(うへ)にも()()き、015(した)にも()(つい)て、016()(ほう)出口(でぐち)因縁摂理(こと)(わか)身魂(みたま)でありたら、017今度(こんど)(おほ)きな御神徳(おかげ)感得(とれ)るなれど、018器量(うつわ)(ちい)さいと其処(そこ)(まで)()()かんぞよ。019(こころ)()けで他人(ひと)(わか)らん神理霊徳(おかげ)(こころ)感得()るのざぞよ。020十人並(じゅうにんなみ)精神(せいしん)では()(ほう)出口(でぐち)加美(かみ)神心(きかい)には(かな)はんぞよ。021チト超絶(ちがう)実行(こと)()いと、022()(ほう)出口(でぐち)万分(まんぶん)(いち)なりと真似(まね)出来(でけ)身魂(みたま)でありたら、023特異(ちがう)利益(りやく)()るなれど、024苦労(くろう)(いた)さん身魂(みたま)肉体(にくたい)は、025今度(こんど)()には()はんぞよ。026今度(こんど)御用(ごよう)は、027大我()()けら御用(ごよう)(つと)まらんぞよ。028勇猛心()はありて、029勇猛心()臍下丹田鎮魂(おくにしづめ)()いて、030小我()()さん()うにして、031(おく)智慧(ぢえ)のある(ひと)()いと(さる)智慧(ぢえ)では今度(こんど)御用(ごよう)()(つと)(あげ)んから、032同一(おなじ)御用(ごよう)()いぞよ033一人(ひとり)一人(ひとり)御用(ごよう)(ちが)ふぞよ。034身魂(みたま)将来(せうらい)で、035()()れの御用(ごよう)()すから、036()精神(せいしん)人民(じんみん)()応果(こと)出来(でき)る、037(わる)精神(せいしん)人民(じんみん)(わる)(かみ)守護(しゅご)となるから、038(こころ)応果(こと)(さす)から、039(いま)世界(せかい)人民(じんみん)(こころ)邪悪堕落(わるくなり)()るから、040世界(せかい)一平(いったいら)邪悪汚濁(わるくなり)()るのを、041(うしとら)金神(こんじん)若姫岐美命(わかひめぎみのみこと)が、042出口(でぐち)加美(かみ)顕現(あらは)れて、043二度目(にどめ)()建替(たてかへ)るのであるから、044二度目(にどめ)()大修祓革正(たてかへ)は、045一番(いちばん)(ほね)()れるぞよ。046()(くも)りた()水晶(すいしょう)()建替(たてかへ)て、047(くも)()()(いた)すのであるから、048()大本(おほもと)何彼(なにか)()(かた)(ちがふ)から、049是迄(これまで)精神(せいしん)では()大本(なか)には(つら)うて()()らんぞよ。050チト卓越(ちがふ)精神(せいしん)でなくば、051神業(ごよう)真似(まね)出来(でけ)(いた)さんぞよ。052()とつの(こと)()()けに()()いて、053()とつの(こと)ほか出来(でけ)()うな有様(こと)では、054()大本(なか)()御用(ごよう)()いと(もう)しても、055何彼(なにか)資格(こと)(そろ)はんと、056()大本(おほもと)真実肝腎(まこと)御用(ごよう)奉仕不能(でけん)ぞよ。057 是迄(これまで)寛大(ゆるやか)にありたなれど、058(これ)からは(わか)るに()いては(はげ)しくなるぞよ。059(はげ)しくならねば真価(まこと)(わか)らんぞよ。060遺書(ゆひおき)にも書物(かきもの)にも()神言福音(こと)を、061四十八文字(しじゅうはちもじ)のイロハで手本無(てほんな)しに、062出放題(でほうだい)出口(でぐち)()()いて()れた神示(こと)筆先(ふでさき)(どほ)りが、063世界(せかい)から(みな)実現()()るのであるから、064如何(どん)学者(がくしゃ)(おお)きな(くち)()けて、065アフンとして傍覧()()らなならん結果(こと)になるから、066(あま)(そら)()()ると、067天地(てんち)顛倒(ひくりかへり)空向(そらむ)いて()りた(ひと)が、068(また)文字()見習(みなら)はんならん()循環(まはり)()るから、069明治(めいじ)二十五(ねん)から出口(でぐち)()(くち)とで、070()()()りには(いた)させんと(もう)して、071(なに)一切(いっさい)筆先(ふでさき)()して()らしてあるのに、072左様(そん)事実(こと)があるものかと、073空視(そらみ)()りた人民(じんみん)が、074(これ)から(をも)ひが(ちが)ふて()て、075(こころ)(くる)しまねばならんぞよ。