霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正五年旧五月十八日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1916(大正5)年6月18日(旧5月18日)
神霊界掲載号:第102号 11頁 神霊界八幡書店復刻版:第6巻 53頁 七巻本:第7巻 172頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os256
001 大本(おほもと)不足(ふそく)()守護神(しゅごじん)(みな)(なん)なりと()(こと)不足(ふそく)なからと天晴(あっぱ)(もう)して御座(ござ)れよ。002(こころ)不平不足的隠罪(めぐり)()まんやうにサラッと(もう)して()るが、003その守護神(しゅごじん)肉体(にくたい)(ため)()いぞよ。004()はずと(こころ)()ちて()ると()罪萌(めぐり)段々(だんだん)(おほ)きく()りて、005()守護神(しゅごじん)使(つか)はれて()肉体(にくたい)不調法(ふてうはう)出来(でき)(くる)しむなれど、006肉体(にくたい)には(わか)りはせんし、007(つら)(こと)出来(でき)ても(ほか)()ひに()(とこ)()いぞよ。008度目(どめ)()立替(たてかえ)(いた)したら水晶(すゐせう)身魂(みたま)(ばか)りに(いた)して身魂経綸(みたま)不整不服書悪分子(くもり)()いやうに(いた)して、009是迄(これまで)(あく)身魂(みたま)(むかし)のミロク(さま)()()(かた)(つく)(なほ)して、010末代(まつだい)どちらの(くに)にも口舌(くぜつ)()いやうに(ぜん)(ひと)つの()立替(たてかえ)るぞよ。011()二度目(にどめ)()立替(たてかえ)初発(しょっぱつ)(まこと)御用(ごよう)(いた)すのは、012余程(よほど)超俗非凡活機縦横(ずぬけ)身魂(みたま)()いと、013今迄(いままで)()(かた)(いた)して(ちい)さい(こと)(まう)して()(ちが)(いた)したり、014慢神(まんしん)(いた)して(ひと)御蔭(おかげ)(をと)させるやうな浅薄軽浮(あさ)身魂(みたま)では(なに)()御用(ごよう)出来(でき)んぞよ。015末代(まつだい)一度(いちど)(こと)()るから(なに)()けても(ほね)()れるから、016変性男子(へんせうなんし)御魂(みたま)変性女子(へんぜうにょし)身魂(みたま)とが()根本(こんぽん)からこしらへて()りて()(たび)の二(にん)御用(ごよう)御苦労(ごくろう)017(ほか)身魂(みたま)分担(すけ)出来(でき)(つら)御用(ごよう)()るなり。018(もと)御用(ごよう)(いた)(ひと)差添(さしそ)への(たね)()るので()るから、019重役(をもやく)()るから、020充分(じゅうぶん)筆先(ふでさき)をのぞきつめてチットも(ちが)はさんやうに(ほね)()りて(もら)はな()らんぞよ。021(だん)差別(わけ)()身魂(みたま)末代(まつだい)誤経綸(くるい)()いやうに(とど)めを()して、022(まこと)実地(じっち)(ぜん)(ひと)つの(みち)末代(まつだい)(もち)ひるので()るから(むかし)から()(はじ)まりから(なに)(ひと)()(いた)さん(こと)()天地(てんち)先祖(せんぞ)(いた)さな出来(でき)はせんから、023(どう)(すわ)りた身魂(みたま)()りたら結構(けっこう)手柄(てがら)(いた)させるので()るぞよ。024今迄(いままで)仕放題(しほうだい)(いた)して()身魂(みたま)(くも)りのかからんやうに(みが)くので()るから、025どんな苦労(くろう)(いた)して()(ほう)()いて()身魂(みたま)()いと、026(とどめ)御用(ごよう)には使(つか)はんぞよ。027立替(たてかえ)(いた)しても(あと)立直(たてなほ)しがナカナカの大事業(たいもう)()るから、028各部所(それぞれ)御用(ごよう)何程(なにほど)でも()るから、029容器(いれもの)()肉体(にくたい)道具(どうぐ)使(つか)ふから、030(はら)(なか)掃除(そうぢ)(すみや)かに(いた)して(くだ)されよ。031()(さき)御用(ごよう)(あく)性来(せうらい)身魂(みたま)が、032チット()ざりても(ぜん)(ほう)御用(ごよう)出来(でき)んやうに()るのが()(かは)るので()るぞよ。033時節(じせつ)には(なに)(したが)うて(あと)()つやうに()(かた)(はや)(いた)さねば、034世界中(せかいじゅう)難渋(なんじう)(たす)ける(こと)出来(でき)んから、035()大本(なか)から(はや)()(かた)()へて(ぜん)(ひと)つの()(かた)実施実行(ぢっち)(いた)して、036(あく)身魂(みたま)(ぜん)には(かな)はんと改心(かいしん)(いた)すやうに(いた)さねば(まこと)()いぞよ。037一旦(いったん)天地(てんち)先祖(せんぞ)変性男子(へんぜうなんし)変性女子(へんぜうにょし)身魂(みたま)使(つか)うて(ます)かけを()くから、038薩張(さっぱ)(あく)(みち)退治(たいら)げて、039(あく)はチットも(のこ)らんやうに(いた)すぞよ。040()()末代(まつだい)(つづ)かせねば()らんので()るのに、041チと()きよると()(わる)()りて、042立替(たてかへ)(いた)すやうな(こと)では、043天地(てんち)先祖(せんぞ)(ほね)()りがチットも(わか)りは(いた)さんから、044()()きは天地(てんち)のビックリ(ばこ)()けて、045末代(まつだい)岩戸(いわと)()まらんやうに(てん)()との岩戸(いわと)(ひら)くから、046(みな)チト慮見(りやうけん)()(どこ)()へんと、047少々(ちっと)間違(まちが)ひで()いぞよ。048実地(じっち)()()したら、049ビックリ(いた)して()()めるから、050()()けておくぞよ。