霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正五年旧六月十日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1916(大正5)年7月9日(旧6月10日)
神霊界掲載号:第102号 14頁 神霊界八幡書店復刻版:第6巻 56頁 七巻本:第7巻 182頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os258
001 大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)変性男子(へんぜうなんし)大出口(おほでぐち)(かみ)(あら)はれて世界中(せかいじゅう)守護(しゅご)(いた)すに()いては、002末代(まつだい)一度(いちど)(こと)()るから(なに)につけても人民(じんみん)からは見当(けんとう)()れんのは(もっと)もの(こと)()るぞよ。003(むかし)から()いことが出来(でき)るのも(みな)時節(じせつ)(ちから)()るから、004時節(じせつ)には往生(おうぜう)(いた)して(したが)(とこ)へは(したが)ふて、005()けて(かち)とるが()いぞよ。006頑張(がんば)りて()ると()れにツマらん(こと)出来(でき)ると可愛想(かあいそう)なから、007素直(すなほ)(いた)されよ。008()()きは素直(すなほ)なのが(はや)御蔭(おかげ)()れるぞよ。009頑張(がんば)りて失敗(しくじり)()(ほう)が、010何彼(なにか)(こと)()()けて()くぞよ。011今迄(いままで)(かげ)からの守護(しゅご)世界中(せかいじゅう)調査(あらため)(いた)して()りたが、012世界中(せかいじゅう)霊魂()立替(たてかへ)()りて、013()れからは(もと)先祖(せんぞ)(かま)()()るから、014日本(にほん)()統裁国(もと)(くに)(むご)(こと)(いた)して()るのを、015(もと)のミロク(さま)()(たて)(かへ)るぞよ。016初発(しょっぱつ)から天地(てんち)建設(こしらへ)(もと)を、017()()には無視()いやうに(いた)して、018ミロク(さま)御力(おちから)()ておいでる()先祖(せんぞ)()()()いやうに(いた)したら()世界(せかい)()れの(まま)ぢゃと、019(みな)奉伺人(つきづき)(えだ)(かみ)(みな)徒党(ととう)()るから、020()(そら)うて(うま)(こと)()ると(まう)して(えだ)(かみ)()(よろこ)びで()りて、021ミロク(さま)御心(おんこころ)はドンナで()ると推量(すゐりやう)(いた)すやうな(やさ)しい御魂(みたま)()かりたぞよ。022肝腎(かんじん)(ちから)()ておいで(あそ)ばす()先祖(せんぞ)(ちから)()()ぎると(まう)して(かみ)(はぶ)かれて、023稚日女君(わかひめゑぎみ)(みこと)(てん)親則(きそく)(やぶ)るし、024ミロク(さま)(ほか)(かみ)(まう)(わけ)()いから、025衆多(おほぜい)一人(ひとり)とは()へられんと(まう)しなされて、026大勢(おほぜい)(かみ)(まう)すやうに()されて今日(ここ)()るまで隠忍(こば)りつめて()いでなされた。027(あく)()ふものは慈悲(じひ)情趣(なさけ)もない()()しの(つよ)(ばか)りの性来(せうらい)()るぞよ。028()()建造(おこしらへ)()(まで)()艱難(かんなん)御存(ごぞん)じの()(かみ)()先祖(せんぞ)より(ほか)には()(かた)()りは()よまいがな。029(てん)()との先祖(せんぞ)初発(しょっぱつ)から(ぜん)(ひと)つで(つづ)かしたら邪魔(じゃま)(いた)すのが()根起(もと)から()(わか)りて()るから、030()()には(てん)規則(きそく)(やぶ)らして(てん)咎人(とがにん)()てをいて、031(なに)無調法(ぶてうはう)()()先祖(せんぞ)()(おと)して、032時節(じせつ)経綸(しぐみ)()せて()いでなされたのじゃ。033ミロク(さま)御心(みこころ)はどんなものと()(こと)憐情(おもいやり)()守護神(しゅごじん)()(かた)でも()りたなら()うも()りは(いた)さうまいに、034時節(じせつ)とは()(なが)(あま)りとした残念(ざんねん)(こと)()るぞよ。035(あく)では十(ぶん)(こと)思惑(おもひ)()たん世界(せかい)は、036(もと)神国(しんこく)()るから、037(あく)陰謀(たくみ)は九()(りん)成就(じょうじう)(いた)させんぞよ。038(みな)(そろ)うて(もと)からの(あく)性来(せうらい)薩張(さっぱ)()()へを(いた)して、039(うま)赤子(あかご)初心(うぶ)()りて、040生粋(きっすい)身魂(みたま)()()いたら、041今度(こんど)末代(まつだい)(こと)()まる世界中(せかいじゅう)霊魂()立替(たてかへ)()るから、042(あく)(かへ)りて()りた御魂(みたま)でも、043()れの自発的(ほつごん)(はら)からの改心(かいしん)(いた)して、044天地(てんち)御恩(ごおん)といふ(こと)(わか)守護神(しゅごじん)()りたなら、045天地(てんち)根本(こんぽん)からの因縁(いんねん)(わか)身魂(みたま)()りたなら是迄(これまで)御魂(みたま)()()いて(しま)うて、046末代(まつだい)結構(けっこう)(いた)してやる(むかし)から善一筋(ぜんひとすぢ)何時(いつ)()りても(かは)らん(まつ)(ごころ)天地(もと)先祖(せんぞ)()るぞよ。047(ここ)までの()心配(しんぱい)(てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)()せた変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)()りたと()ふこと、048()変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)()りには(むかし)から()(こと)開発(いた)して、049末代(まつだい)(こと)御用(ごよう)(いた)すには、050他人(ひと)()には(きづ)()けられんから、051()血統(ちすぢ)(いや)(こと)(みな)()せて(いた)さねば、052(てん)咎罪(とがしめ)御許(おゆる)しが()いと()(こと)末代(まつだい)大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)()()かせるぞよ。053()れを()(みな)人民(じんみん)改心(かいしん)(いた)されよと(まう)して()らうがな。054(もと)からの因縁(いんねん)()いて()かせる綾部(あやべ)大本(おほもと)()るから、055(ほか)では(なに)(わか)らん(こと)出来(でき)(こと)をいろは四十八文字(もんじ)()きつくして()(こと)(なに)(ちが)はん天地(てんち)真理原則(きそく)()るぞよ。056日本(にほん)(くに)には経綸(しぐみ)()()るから、057()()(うち)()いて()くと()(とほ)りに時節(じせつ)(まわ)りて()るので()るぞよ。058時節(じせつ)()たら(なに)()(やう)()りて()て、059物事(ものごと)成就(じょうじゅ)するのぢゃから、060末代(まつだい)(こと)(わか)身魂(みたま)を、061(てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)がこしらへて()いでましての(こと)()るぞよ。062大出口(おほでぐち)(なほ)()かした(こと)(いま)学者(がくしゃ)には阿呆(あほ)らしいやうに()るなれど、063大出口(おほでぐち)(なを)()いろは(むかし)のミロク(さま)(はじ)まりの根本(こんぽん)のいろはで()るから、064途中(とちう)出来(でき)(えだ)(かみ)やら、065(いま)(がく)()(ひと)には(わか)(にく)うて面倒(めんど)いなれど、066日本(にほん)(くに)はいろはで()いと()ちては()かん(かみ)(くに)()るから、067()()きは(がく)()立替(たてかへ)(いた)して、068(ぜん)(ひと)つの御道(おんみち)で、069いろはで通用(つうよう)(いた)さすぞよ。070何彼(なにか)(こと)()(かた)をいろはで世界中(せかいじう)()(かた)()える時節(じせつ)(まわ)りて()たので()るから、071()けると()(こと)()(をり)口惜(くちお)しいなれど、072往生(おうぜう)(ぎは)(わる)いと()()きは(かな)はん(こと)出来(でき)るから、073ドンナ(かがみ)()るから、074()(かがみ)(うつ)るやうに(いた)されよ。075(これ)までの()(あく)覇張(はば)時節(じせつ)()りたから、076(なに)()らうと悪賢(わるがしこ)うありて無茶(むちゃ)()()ちたら、077偉物(えらもの)ぢゃと(まう)すやうな(いま)人民(じんみん)何彼(なにか)(こと)(ぜん)(かみ)とは(こころ)反対(はんたい)で、078()れと(まう)すは(うへ)守護神(しゅごじん)()()ちはづして、079(うへ)(した)も一平線(たいら)(あく)()(かた)(よろ)こぶやうな見苦(みぐる)しい性来(せうらい)()()りて()るからで()るぞよ。080(ぜん)(あく)との立替(たてかへ)立別(たてわ)けで世界(せかい)御魂(みたま)(のぼ)(くだ)りで(おほ)きな混雑(こんざつ)()るぞよと(まう)して()るが、081(あく)ではモウ()きを()いて()けんやうに大変(おほかは)りが(いた)すぞよ。082是迄(これまで)(こころ)()へて(もら)はんと、083毎度(まいど)(まう)すなれど、084是迄(これまで)()逆自然殺真命(あく)()()りたから、085()()世界中(せかいじゅう)万妖荒振逆流社会(くらやみ)()()りて、086()()()れる(ほう)守護神(しゅごじん)(みな)忘本叛始(ごくあく)性来(せうらい)()るから、087真生命発現(ぜん)不朽光徳世界(おんみち)()経緯極美(みち)がチットも()いやうに()りて(しま)ふたゆゑに、088(いま)世界(せかい)()難渋(なんじう)()るぞよ。089綾部(あやべ)大本(おほもと)には()()()()()りに(むかし)からの一厘(いちりん)経綸(しぐみ)世界(せかい)(たす)ける仕組(しぐみ)(いた)して()るなれど、090(てん)()との先祖(せんぞ)人民(じんみん)使(つか)うて(いた)さな人民(じんみん)何程(なにほど)昼夜(ちうや)()ずに(かんが)へても(わか)らん経綸(しぐみ)()()るぞよ。091天地(てんち)先祖(せんぞ)(あま)(おほ)きな見害(みそこな)いを(いた)して()りて、092(あく)()(かた)結構(けっこう)(まう)すやうな守護神(しゅごじん)使(つか)はれて()ると何時(いつ)()りても、093真命授徳(まこと)()(こと)()りはせんぞよ。094()大本(おほもと)()()(ひと)(みな)確固不抜(しっかり)(いた)して、095是迄(これまで)精神(せいしん)大河(おほかわ)(なが)して(しま)うて、096(みな)うぶの精神(せいしん)筆先(ふでさき)(どほ)りの(おこな)ひに(みな)(こころ)(ひと)ツに(かた)まりたら、097()(もと)先祖(せんぞ)仕組(しぐみ)()るやうに(いた)すから、098素直(すなほ)人民(じんみん)から()くして()りて(ぜん)(みち)(ひら)くから、099御用(ごよう)出来(でき)るやうに(みな)(そら)うて日本魂(やまとだましい)(みが)いて(くだ)されよ。100何程(なにほど)可愛想(かあいさう)でも(ちが)(こころ)人民(じんみん)(かみ)使(つか)へんぞよ。101()れの守護神(しゅごじん)智慧(ちえ)では(わか)らん。102ミロク(さま)とは反対(はんたい)智慧(ちえ)何程(なにほど)(かんが)へても(わか)らん(ぜん)(ひと)つの(おん)経綸(しぐみ)()るぞよ。103()大本(なか)這入(はい)りて御用(ごよう)(はし)にでも使(つか)うて()しい守護神(しゅごじん)()りたら(こころ)(あらた)めて()んと、104()でも(ちが)(こころ)()ちて()りたら物事(ものごと)がはごついて(おも)ふやうに()いぞよ。105天地(てんち)先祖(せんぞ)(こころ)(わか)守護神(しゅごじん)使(つか)はれて()肉体(にくたい)()りたら、106(かみ)(こころ)(おな)じで()るから、107何程(なにほど)でも神徳(しんとく)(わた)して結構(けっこう)御用(ごよう)()せるなれど、108()(こころ)人民(じんみん)()いので大本(ここ)(ひと)多衆(をほぜい)()せんので()るぞよ。109()せてお(はな)しを(いた)して筆先(ふでさき)()せても、110(まこと)(こと)(わか)らんからぢゃが、111()れで当然(あたりまへ)じゃ。112()()()れる(ほう)(ぜん)(をしへ)()()うない守護神(しゅごじん)(ばか)りで()るから、113済度(たすける)のに余程(よほど)(ほね)()れるぞよ。114(ぜん)御話(おはな)しと筆先(ふでさき)(はな)しの(みみ)這入(はい)守護神(しゅごじん)はドンナ(こと)でも()せて(いただ)いて、115()大本(なか)()いて(もら)()いと発根(ほつごん)からの(まこと)()人民(じんみん)()いと、116綾部(あやべ)大本(おほもと)(ほか)とは(ちが)(ところ)()るから、117大本(おほもと)反対(はんたい)守護神(しゅごじん)使(つか)はれて()りて、118()大本(なか)(した)見下(みくだ)して()()()ぐから(うへ)(あが)りて御用(ごよう)(いた)さうと(おも)うて()()ても、119変性男子(へんぜうなんし)(なに)(みな)見届(みとど)けて()るから、120()(こと)出来(でき)んぞよ。121変性男子(へんぜうなんし)初発(しょっぱつ)から糞粕(くそかす)よりも(した)(おと)して、122()(もと)結構(けっこう)御用(ごよう)()せて()りたぞよ。123(ひら)人民(じんみん)(もと)(おも)ひも(いた)さずに、124()れの出世(しゅっせ)(ばか)りに()()けて()ても(うま)(こと)()いぞよ。125(はや)()れが出世(しっせ)したいやうな(あさ)身魂(みたま)(よう)には使(つか)はんぞよ。126(なを)大出口(おほでぐち)(かみ)(てん)から御名(おんな)(いただ)いて()りても、127(いま)(ちぢ)まるやうな(こころ)()るから、128(まこと)()人民(じんみん)(かみ)(きら)ふから御用(ごよう)(いた)さうと(おも)ふたら薩張(さっぱ)(せい)(しん)()()へを(いた)されよ。129今迄(いままで)(あく)()()りたから、130()()()れる守護神(しゅごじん)あとさき(かま)はずに、131自我(われ)(おも)わく(とほ)りが(おも)ふやうに()けたから、132苦労(くらう)()(こと)(いた)さずに(うへ)(あが)(こと)(ばか)りに()()けて()るやうな見苦(みぐる)しい性来(せうらい)守護神(しゅごじん)人民(じんみん)はモウ一寸(ちょと)(れい)()かんやうに(いた)すぞよ。133(ぜん)(かみ)(まう)(こと)何時(いつ)()りても()()るから、134(まう)して()(こと)()(みみ)()れて(はら)(なか)()ちて()ると、135今度(こんど)()んだ結構(けっこう)出来(でき)るぞよ。136(こころ)反対(はんたい)守護神(しゅごじん)(なに)(みな)反対(はんたい)(わる)()えるから(まこと)のおかげが()れんぞよ。137天壌無窮之真生命(をかげ)発揚(とる)のも埋没(をとす)のも()れは各自(めんめ)(こころ)()ちやう(ひと)つで光明(よい)世界(ほう)()ける身魂(みたま)と、138汚穢(わるい)(ほう)墜落(をち)身魂(みたま)とが出来(でき)るので()るぞよ。139()(ほう)からは改心(かいしん)(いた)身魂(みたま)さへ()りたら、140日本(にほん)外国(がいこく)もチットも()(へだ)ては(いた)さん(かみ)()るぞよ。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。