霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十三年旧四月七日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1900(明治33)年5月5日(旧4月7日)
神霊界掲載号:第103号 3頁 神霊界八幡書店復刻版:第6巻 85頁 七巻本:第7巻 196頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 ()筆先(ふでさ)きは(かみ)仏事(ぶつじ)との()立替(たてかえ)筆先(ふでさき)じゃぞよ。002末代(まつだい)(たから)(いた)筆先(ふでさき)ぢゃぞよ。003(いま)では変化(ばか)して御用(ごよう)()して()るから、004(たれ)(わか)(にく)いなれど、005()筆先(ふでさき)()した(こと)(みな)毛筋(けすじ)(ちが)はぬやうに()()るぞよ。006二度目(にどめ)(あま)岩戸(いわと)(ひら)けるのぢゃぞよ。007(この)岩戸(いわと)(ひら)けたら万劫(まんご)末代(まつだい)(つづ)くぞよ。008ソンナ大望(たいもう)(こと)仕組(しぐみ)()るから、009人民(じんみん)(おも)(やう)にも()かねど、010もう神界(しんかい)には仕組(しぐみ)出来(しゅったい)出来(でき)()るので()るから、011(これ)から人民(じんみん)改心(かいしん)(いた)さして(さかひ)(ひと)大望(たいもう)()るから、012()れで()()えて()世界(せかい)をこしらえた(むかし)(もと)神代(かみよ)()(なほ)すぞよ。013(なみ)大抵(たいてい)出来(でき)世界(せかい)()()世界(せかい)(つぶ)しては()らんから、014()(うしとら)金神(こんじん)(ちから)何程(なにほど)でも()(かみ)()るから()(ほう)(かま)(やう)(いた)して人民(じんみん)改心(かいしん)させて、015末代(まつだい)心安(こころやす)神国(しんこく)()(いた)すぞよ。016(うしとら)金神(こんじん)自信()()(かみ)ぢゃ。017()ける(こと)(いた)さん(かみ)ぢゃ。018けれども時節(じせつ)には()(かみ)でも(かな)はん(こと)()りて、019(あま)天地(てんち)のゆいつけも()かず、020(よろづ)(かみ)御意見(ごいけん)()かずして、021(うしとら)(おし)()められて()りて、022世界(せかい)(かま)ふて()りたのぢゃぞよ。023()事情(こと)(いま)神様(かみさま)御存(ごぞん)()()ちぢゃぞよ。024色々(いろいろ)変化(ばけ)()()守護(しゅご)(いた)して()りたのぢゃ。025()(うしとら)金神(こんじん)(あく)(がみ)(いた)して(しま)はれても、026()世界(せかい)(たす)けて()りたなれど、027(なに)(まう)しても(かげ)からの守護(しゅご)()るから(たれ)一人(いちにん)祈請(たのみ)()れるものも()し、028(ごく)(ひと)(そな)えて()れるものも()かりた(ゆえ)にいろいろに変化(へんげ)世界(せかい)(つぶ)さん(やう)守護(しゅご)(いた)して()りたぞよ。029()れに()いては出口(でぐち)御霊(みたま)変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)()(ほう)半分(はんぶん)御魂(みたま)(おんな)変化(へんげ)て、030(むかし)(もと)から()()ちて今度(こんど)()大望(たいもう)()(ゆえ)苦労(くろう)(ばか)りが使()して()りたなれど、031やう(ここ)まで()けて()りて(くだ)さりた、032(おんな)ならこそ(ここ)までの修行(しゅげう)出来(でき)たのじゃ。033(これ)因縁(いんねん)034(へん)じての守護(しゅご)ならこそ(ここ)までの辛棒(しんぼう)(いた)して(くだ)さりたのぢゃ。035因縁(いんねん)()しにはコンナ辛棒(しんぼう)(いた)すものは世界(せかい)()いぞよ。036(いま)までは糞槽(くそかす)()ちて()りて(くだ)されと明治(めいじ)二十五(ねん)から出口(でぐち)(うしとら)金神(こんじん)(たの)みた(こと)を一(ごん)背反(そむ)かずに御用(ごよう)()いて(くだ)さりた(ゆえ)037()大望(たいもう)経綸(こと)就来(しゅったい)出来(でき)神界(しんかい)には大変(たいへん)御喜(およろこ)びぢゃぞよ。038初発(しょっぱつ)()(うしとら)金神(こんじん)出口(でぐち)(あら)はれて()()守護(しゅご)(いた)すぞよ。039(つぎ)(ひつじさる)金神(こんじん)変性女子(へんぜうにょし)(あら)はれるぞよ。040女子(にょし)男子(なんし)()りて()()守護(しゅご)(いた)して()りたなり。041男子(なんし)女子(にょし)()りて()けて()らねば出来(でき)んゆえ、042モウ()けることの()(とこ)までトコトン変化(へんげ)守護(しゅご)(いた)したぞよ。043ナカナカ変性男子(へんぜうなんし)044女子(にょし)()りての守護(しゅご)(つら)かりたなれど、045誠徳(まこと)()(こと)結構(けっこう)なものぢゃ。046至誠(まこと)(つらぬ)きた(ゆえ)時節(じせつ)(まゐ)りて(もと)神代(かみよ)(たち)(かへ)るやうに()りたから、047一心(いっしん)()ふものは(つよ)いものぢゃぞよ。048()()()りたら世界(せかい)自由(じゆう)()(やう)()りたから、049世界(せかい)人民(じんみん)改心(かいしん)(いた)して、050ウブの真心(まごころ)()れと(まう)すのぢゃぞよ。051()(うしとら)金神(こんじん)悪神(あくがみ)(たた)(がみ)世界(せかい)人民(じんみん)()はれた(かみ)()りたのが、052改心(かいしん)(いた)したお(かげ)()って、053コンナ結構(けっこう)出来(でき)るやうに()りたから、054世界(せかい)改心(かいしん)させて、055よき()()えて世界(せかい)(かみ)056仏事(ぶつじ)人民(じんみん)057鳥類(てふるい)畜類(ちくるい)餓鬼(がき)虫族(むしけら)まで救済(たすけ)るぞよ。058悪神(あくがみ)(たた)(がみ)ぢゃないぞよ。059変性男子(へんぜうなんし)因縁(いんねん)()いて()かせば、060よき(かみ)()りたか(わる)(かみ)()りたかと()(こと)(わか)るぞよ。061モウ近々(ちかぢか)()けて()せて()るぞよ。062(なが)らく(くや)しかりたが時節(じせつ)(まゐ)りて疑雲(うたがひ)()れるぞよ。063()(うしとら)金神(こんじん)(むかし)(はじ)まりに()世界(せかい)建造(こしらへ)(かみ)()るから、064()世界(せかい)(こと)(なに)(ひと)()らん(こと)()(かみ)ぢゃに()って()()のエンマとも()はれたのぢゃぞよ。065()れで世界(せかい)(あらた)めを(いた)すのは、066(うしとら)金神(こんじん)()いと神様(かみさま)(かづ)()れぬ(ほど)()るなれど、067(ほか)神様(かみさま)では何程(なにほど)(ちから)()りても出来(でき)大望(たいもう)(こと)()るぞよ。068(なん)でも(はや)()()けん(こと)には()暗闇(くらやみ)()世界(せかい)人民(じんみん)同志(どうし)()ちを()()るので、069(いま)ドブ(つぼ)へはまるやうに(おも)ふて()()れば、070危険(あぶの)うて()()れんから、071(かみ)世界(せかい)人民(じんみん)(みな)我子(わがこ)()るから、072(くる)しみて()るのが可愛想(かあいそう)(なん)でも()くして()りたいと(おも)ふていろいろと()()かしても、073スコタンに()りて一寸(ちっと)()()れる(もの)()いが、074()()(さま)しが()()たら、075ドウ仕様(しやう)ことも出来(でき)(やう)()るぞよ。076()広間(ひろま)()()()(なか)様子(やうす)(わか)りて、077()(おこな)ひの出来(でき)(ひと)(じき)()()から利益(りやく)()れど、078()(なか)真髄(こと)(わか)らん(ひと)何時(いつ)まで()りたとて神功徳(おかげ)()いぞよ。079神功徳(おかげ)心丈(こころだ)けの(こと)(いた)すぞよ。080(かみ)敵対(てきと)ふて()たら()()けの(こと)()()るし、081誠心誠意(まこと)精神(こころ)()たなれば(まこと)御神徳お(かげ)()(かみ)であるぞよ。082チットも()(へだ)ては()いぞよ。083(うしとら)金神(こんじん)大本(おおもと)世界(せかい)水晶(すゐせう)(いた)大本(おほもと)()るから、084(こころ)さえ()(なほ)しを(いた)して(くだ)さりたら()()(こと)はドンナ(こと)でも(かな)へて()るぞよ。085病気(びょうき)(くらい)()利益(りやく)()るぞよ。086(うしとら)金神(こんじん)()()(はじ)めた(かみ)なれど、087(あま)()(つよ)ふて丑寅(うしとら)へ三千(ねん)と五十(ねん)(おし)()められて()りて、088(かげ)から(かま)ふて()りたが、089(かげ)からの守護(しゅご)()()けの(こと)090(かみ)威徳(ゐとく)はチットも人民(じんみん)(わか)らんから、091(おもて)(あら)はれて(かみ)威勢(ゐせい)(ひか)りを()して世界(せかい)(たす)けるぞよ。092大望(たいもう)(こと)()るぞよ。