霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十六年旧七月二十四日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1903(明治36)年9月15日(旧7月24日)
神霊界掲載号:第135号 17頁 神霊界八幡書店復刻版:第9巻 29頁 七巻本:第7巻 236頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os270
001 (うしとら)金神(こんじん)稚姫岐美命(わかひめぎみのみこと)出口(でぐち)加美(かみ)(あら)はれるは、002変性男子(へんじょうなんし)身魂(みたま)(あら)はれて、003世界(せかい)にあることを、004(まへ)(まへ)つに()らせるぞよ。
005 世界(せかい)人民(じんみん)改心(かいしん)(いた)せと(もう)すのは、006(いま)人民(じんみん)は、007如何(どん)罪穢(めぐり)のある金銭(かね)でも()懐中(ふところ)()ちて()りたら、008ゑらい分限者(ぶげんしゃ)()うに(おも)うて、009罪穢(めぐり)()むばかりを、010(いま)にして()人民(じんみん)(ばか)り、011()綾部(あやべ)大本(おほもと)は、012()()(かた)人民(じんみん)改心(かいしん)させる大本(おほもと)であるから、013(いま)人民(じんみん)とは薩張(さっぱ)(こころ)反対(はんたい)であるから、014()のなかに這入(はい)りて、015筆先(ふでさき)()()いて取違(とりちが)ひして(もら)ふと(くる)しみが(なが)いから、016取違(とりちが)ひせんやうにして(もら)()いぞよ。017()()けられたら結構(けっこう)であるぞよ。018()()けられたら、019()れの(はら)(なか)と、020相談(そうだん)(いた)すと、021(たれ)()らん、022神意(きかい)(かな)はんとこあるぞよ。
023 改心(かいしん)一等(いったう)であるぞよ。024()大本(おほもと)敵対(てきた)うても歯節(はぶし)はたたんぞよ。