霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正五年旧九月五日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1916(大正5)年10月1日(旧9月5日)
神霊界掲載号:第135号 20頁 神霊界八幡書店復刻版:第9巻 32頁 七巻本:第7巻 246頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os276
001 大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)002変性男子(へんじょうなんし)身魂(みたま)(あら)はれて、003(おほ)出口(でぐち)()()きおくぞよ。
004 何彼(なにか)時節(じせつ)がまゐりて()て、005(にしき)(はた)(たと)へて、006変性男子(へんじょうなんし)御役(おんやく)(たて)御役(おんやく)であるから、007初発(しょっぱつ)から何時(いつ)になりてもチットモ(ちが)はされん、008御用(ごよう)であるから、009(つら)御役(おんやく)であるぞよ。
010 変性女子(へんじょうにょし)御役(おんやく)御苦労(ごくろう)御用(ごよう)であるぞよ。011変性女子(へんじょうにょし)(はた)(よこ)御用(ごよう)で、012(よこ)はサトクが()ちたり(いと)()れたり、013いろいろと()加減(かげん)(ちが)うたり、014此処(ここ)(まで)()るのには、015人民(じんみん)では見当(けんたう)()れん仕組(しぐみ)がしてあるから、016(はた)()りもって、017如何(どん)模様(もやう)出来(でき)()るか、018()(ひと)(わか)らん仕組(しぐみ)がしてあるから、019(はた)()れて仕舞(しま)はんとわからんと(もう)して筆先(ふでさき)()いてあるぞよ。020出来(でき)(あが)りて仕舞(しま)はんと、021(まこと)仕組(しぐみ)がわかりばせんぞよと(もう)して、022()らしてあるが、023見当(けんたう)()れん仕組(しぐみ)であるから、024(みな)御苦労(ごくろう)であるぞよ。
025 (れい)変化(へんげ)(いた)さな出来(でき)仕組(しぐみ)がしてあるから、026もうこの()きは()くわかるなれど、027是迄(これまで)にはわかりたら、028邪魔(じゃま)這入(はい)るから、029九分九厘(くぶくりん)(まで)はわけて()はれん、030大事(だいじ)仕組(しぐみ)であるから、031()はんでわからんし、032わかりたら肝腎(かんじん)仕組(しぐみ)邪魔(じゃま)(いた)すし、033()はんで(うたが)ふし、034出来(でき)(あが)らんと天晴(あっぱれ)()うてはならず、035(つら)仕組(しぐみ)であるぞよ。
036 (ほど)()実地(じっち)(はじ)めるから、037守護神(しゅごじん)もゑらい仕組(しぐみ)がしてありたと、038(みな)(もう)して吃驚(びっくり)(いた)すなれど、039仕上(しあ)がる(まで)は、040智慧(ちゑ)でも(がく)でも、041わからん仕組(しぐみ)がしてあるから、042わからんぞよ。043むかしからの仕組(しぐみ)であるから、044出来(でき)(あが)(まで)は、045わからんと(もう)してあるぞよ。
046 仕組(しぐみ)(ふか)いから、047筆先(ふでさき)充分(じうぶん)()みて、048世界(せかい)()()ると、049筆先(ふでさき)(どほ)りが()()るなれど、050筆先(ふでさき)見様(みやう)()らんと、051肝腎(かんじん)のことがわからんぞよ。
052 筆先(ふでさき)(どほ)りになりて()るぞよ。