霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 現界(げんかい)苦行(くぎやう)〔三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第1篇 幽界の探険 よみ:ゆうかいのたんけん
章:第3章 第1巻 よみ:げんかいのくぎょう 通し章番号:3
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高熊山の修行は、一時間神界の修行をさせられると、二時間現界の修行をさせられた。しかし神界の一時間の修行のほうが、数十倍も苦しかったのである。
現界の修行は寒空に襦袢一枚で岩の上に正座し、飲まず食わずで過ごすというのみであった。ある晩、人を殺めると噂の山の大熊に出くわしたが、寂しく恐ろしい修行中には、大熊のうなり声さえ恋しく懐かしく思え、一切の生き物には仁慈の神の生き御魂が宿っていることが、適切に感得された。
猛獣でさえそうであるのだから、ましてや人間ほど人間の力になるものはないのである。人は四恩を思い起こし、助け助けられて行くべきものなのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0103
愛善世界社版:17頁 八幡書店版:第1輯 51頁 修補版: 校定版:17頁 普及版:9頁 初版: ページ備考:
001 高熊山(たかくまやま)修行(しうぎやう)一時間(いちじかん)神界(しんかい)修行(しうぎやう)()せられると、002現界(げんかい)二時間(にじかん)比例(ひれい)修行(しうぎやう)をさせられた。003しかし二時間(にじかん)現界(げんかい)修行(しうぎやう)より、004一時間(いちじかん)神界(しんかい)修行(しうぎやう)(はう)数十倍(すうじふばい)(くるし)かつた。005現界(げんかい)修行(しうぎやう)といつては寒天(さむぞら)襦袢(じゆばん)一枚(いちまい)となつて、006前後(ぜんご)一週間(いつしうかん)(みづ)一杯(いつぱい)()まず、007一食(いつしよく)もせず、008(いわ)(うえ)静坐(せいざ)して無言(むごん)でをつたことである。009その(あひだ)には降雨(かうう)もあり、010寒風(かんぷう)()ききたり、011夜中(よなか)になつても狐狸(こり)(こゑ)()かず、012(むし)()()く、013ときどき(やま)(くづ)れむばかりの怪音(くわいおん)や、014なんとも()へぬ(いや)らしい()()震慄(しんりつ)する怪声(くわいせい)耳朶(じだ)()つ。015(さび)しいとも、016(おそ)ろしいとも、017なんとも形容(けいよう)のできぬ光景(くわうけい)であつた。018……たとへ(きつね)でも、019(たぬき)でも、020(とら)(おほかみ)でもかまはぬ、021(せい)ある動物(どうぶつ)がでてきて()きた(こゑ)()かして()しい。022その姿(すがた)なりと、023生物(いきもの)であつたら、024一眼(ひとめ)()たいものだと、025憧憬(あこが)れるやうになつた。026アヽ生物(いきもの)ぐらゐ(ひと)(ちから)になるものはない……と(おも)つてゐると、027かたはらの小篠(をざさ)(なか)からガサガサと足音(あしおと)をさして、028(くろ)(かげ)動物(どうぶつ)が、029自分(じぶん)静坐(せいざ)する、030一尺(いつしやく)ほど(まへ)までやつてきた。031夜眼(よめ)には、032(たしか)にそれと(わか)りかねるが、033非常(ひじやう)(おお)きな(くま)のやうであつた。
034 この(やま)(ぬし)巨大(きよだい)(くま)であるといふことを、035(つね)古老(こらう)から()かされてをつた。036そして夜中(やちゆう)(ひと)()つけたが最後(さいご)037その巨熊(おほぐま)八裂(やつざ)きにして、038(まつ)(えだ)()けてゆくといふことを()いてゐた。039自分(じぶん)今夜(こんや)こそこの巨熊(おほぐま)引裂(ひきさ)かれて()ぬのかも()れないと、040その瞬間(しゆんかん)心臓(しんざう)()(をど)らした。
041 ままよ何事(なにごと)惟神(かむながら)一任(いちにん)するに()かず……と、042(こころ)臍下丹田(さいかたんでん)落着(おちつ)けた。043サアさうなると(おそ)ろしいと(おも)つた巨熊(おほぐま)姿(すがた)大変(たいへん)(ちから)となり、044その呻声(うなりごゑ)(こひ)しく(なつか)しくなつた。045世界(せかい)一切(いつさい)生物(いきもの)に、046仁慈(じんじ)(かみ)生魂(いくみたま)宿(やど)りたまふといふことが、047適切(てきせつ)(かん)じられたのである。
048 かかる猛獣(まうじう)でさへも(さび)しいときには(ちから)になるものを、049(いは)んや万物(ばんぶつ)霊長(れいちやう)たる(ひと)においてをやだ。050アゝ世界(せかい)人々(ひとびと)(にく)んだり、051(おこ)らしたり、052(あなど)つたり、053(くる)しめたり、054(ひと)(なん)とも(おも)はず、055日々(にちにち)(くら)してきた自分(じぶん)は、056(なん)とした勿体(もつたい)ない罰当(ばちあた)りであつたのか、057たとへ仇敵(きうてき)悪人(あくにん)といへども、058(みな)神様(かみさま)(れい)宿(やど)つてゐる。059(ひと)(かみ)である。060(いな)(ひと)ばかりではない、061一切(いつさい)動物(どうぶつ)植物(しよくぶつ)も、062(みな)われわれのためには、063必要(ひつえう)(ちから)であり、064(たの)みの(つえ)であり、065(かみ)断片(だんぺん)である。
066 (ひと)はどうしても一人(ひとり)()()つことはできぬものだ。067四恩(しおん)といふことを(わす)れては(ひと)(みち)()たぬ。068(ひと)()ちつ()たれつ相互(さうご)(たす)()うてゆくべきものである。069(ひと)()がつけば、070たとへ()(こころ)(おに)でも(じや)でもかまはぬ。071大切(たいせつ)にしなくてはならぬ。072それに(ひと)はすこしの感情(かんじやう)や、073利害(りがい)打算上(ださんじやう)から、074たがひに(にく)(ねた)(あらそ)ふとは、075(なん)たる矛盾(むじゆん)であらう、076不真面目(ふまじめ)であらう。077人間(にんげん)神様(かみさま)である。078人間(にんげん)をおいて(ちから)になつてくれる神様(かみさま)がどこにあるであらうか。
079 神界(しんかい)には神様(かみさま)第一(だいいち)(ちから)であり、080便(たよ)りであるが、081現界(げんかい)では人間(にんげん)こそ、082吾等(われら)(たす)くる(まこと)()きたる(たふと)神様(かみさま)であると、083かう(こころ)(そこ)から(かんが)へてくると、084人間(にんげん)(たふと)有難(ありがた)くなつて、085粗末(そまつ)取扱(とりあつか)ふことは、086天地(てんち)神明(しんめい)にたいし(たてまつ)り、087(おそ)れありといふことを(つよ)悟了(ごれう)したのである。
088 これが自分(じぶん)万有(ばんいう)(たい)する、089慈悲心(じひしん)発芽(はつが)であつて、090有難(ありがた)大神業(だいしんげふ)奉仕(ほうし)するの基礎的(きそてき)実習(じつしふ)であつた。091アゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。