霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 邪神(じやしん)再来(さいらい)〔五二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第1篇 神界の混乱 よみ:しんかいのこんらん
章:第2章 第2巻 よみ:じゃしんのさいらい 通し章番号:52
口述日:1921(大正10)年10月27日(旧09月27日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竹熊の再来である棒振彦と、木常姫の再来である高虎姫は、八王大神常世彦を謀主として、盤古大神塩長彦の神政にしようと、艮の金神国治立命を退去させようとしていた。その悪念は、竹熊のときよりもいっそう激しくなっていた。
棒振彦・高虎姫は、大八洲彦命の部下に名前を変えて、美山彦・国照姫と偽名を使った。そして奸智に長けた侍女の鷹姫を加えて謀議をこらすことになった。
高虎姫の夫は猿飛彦である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-12-23 03:47:43 OBC :rm0202
愛善世界社版:16頁 八幡書店版:第1輯 164頁 修補版: 校定版:18頁 普及版:8頁 初版: ページ備考:
001 ここに竹熊(たけくま)再来(さいらい)なる棒振彦(ぼうふりひこ)木常姫(こつねひめ)再来(さいらい)なる高虎姫(たかとらひめ)八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)謀主(ぼうしゆ)とし、002盤古大神(ばんこだいじん)塩長彦(しほながひこ)神政(しんせい)(かへ)さむと()し、003(うしとら)金神(こんじん)国治立命(くにはるたちのみこと)地上(ちじやう)より退去(たいきよ)せしめむとする一念(いちねん)は、004竹熊(たけくま)(とき)よりも一層(いつそう)激烈(げきれつ)()()した。005棒振彦(ぼうふりひこ)はここに美山彦(みやまひこ)()(へん)じ、006高虎姫(たかとらひめ)国照姫(くにてるひめ)偽名(ぎめい)して、007大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)部下(ぶか)神軍(しんぐん)(あざむ)手段(しゆだん)をとつた。
008 この(にせ)美山彦(みやまひこ)には温順(おんじゆん)にして正直(しやうぢき)一途(いちづ)玉能姫(たまのひめ)といふ妻神(つまがみ)があつた。009美山彦(みやまひこ)行動(かうどう)()て、010天地(てんち)道理(だうり)背反(はいはん)せるを(なげ)き、011しばしば(なみだ)とともに善道(ぜんだう)立帰(たちかへ)らむことを(いさ)めた。
012 しかるに美山彦(みやまひこ)(つま)諫言(かんげん)一言(いちごん)(みみ)()れず、013(にせ)国照姫(くにてるひめ)とともに種々(しゆじゆ)悪策(あくさく)凝議(ぎようぎ)しつつあつた。014玉能姫(たまのひめ)(をつと)(こころ)(あらた)めしめむと焦心(せうしん)し、015一通(いつつう)遺書(かきおき)(のこ)紅海(こうかい)()()げて帰幽(きいう)した。016(あと)美山彦(みやまひこ)はわが目的(もくてき)妨害者(ばうがいしや)(ほろ)()せたるをかへつて愉快(ゆくわい)となし、017(にせ)国照姫(くにてるひめ)とともに(あひ)(はか)りて最初(さいしよ)大望(たいもう)(たつ)せむとした。
018 ここに国照姫(くにてるひめ)は、019自分(じぶん)部下(ぶか)にしてもつとも奸智(かんち)(たけ)たる小杉姫(こすぎひめ)美山彦(みやまひこ)正妻(せいさい)とした。020小杉姫(こすぎひめ)奸智(かんち)にたける(をんな)なれば、021棒振彦(ぼうふりひこ)022高虎姫(たかとらひめ)奸計(かんけい)探知(たんち)しながら、023素知(そし)らぬ(かほ)をしてゐた。024小杉姫(こすぎひめ)心中(しんちゆう)には万一(まんいち)場合(ばあひ)025その悪計(あくけい)を、026憤怒(ふんど)極点(きよくてん)(たつ)したるとき、027これを大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)内々(ないない)奏上(そうじやう)し、028もつてその(うら)みを(はう)ずるの準備(じゆんび)としてゐた。029アゝ(をんな)瞋恚(しんい)ほど()(おそ)ろしいものはない。
030 棒振彦(ぼうふりひこ)031高虎姫(たかとらひめ)小杉姫(こすぎひめ)心中(しんちゆう)(おだや)かならざる(いろ)あるを(あや)しみ、032小杉姫(こすぎひめ)侍女(じぢよ)鷹姫(たかひめ)をして、033その心中(しんちゆう)(さぐ)らしめた。
034 あるとき鷹姫(たかひめ)小杉姫(こすぎひめ)にしたがひ、035(うる)はしき丘上(きうじやう)(のぼ)り、036散歩(さんぽ)(こころ)みながら無花果(いちじく)()()つて(あそ)んだ。037ふたりは(やま)(いただき)(くさ)をしきて()し、038四方山(よもやま)景色(けしき)()めつつ、
039()(なか)(おほ)くの神司(かみがみ)ゐませども貴女(あなた)のごとき幸福(かうふく)なる御方(おんかた)(ほか)一柱(ひとはしら)もゐまさざるべし。040げに(した)しき(むつま)じき御夫婦(ごふうふ)間柄(あひだがら)にましますこそ(うらや)ましさの(かぎ)りよ』
041言葉(ことば)たくみに小杉姫(こすぎひめ)心中(しんちゆう)(さぐ)り、042その返答(へんたふ)やいかにと、043(かほ)をながめて待侘(まちわ)びた。044小杉姫(こすぎひめ)自分(じぶん)(しん)ずる鷹姫(たかひめ)(げん)なれば、045(こころ)()きなく小声(こごゑ)になつて、046あたりを見廻(みまは)しながら、047(みみ)(くち)をあて、048棒振彦(ぼうふりひこ)高虎姫(たかとらひめ)との悪逆無道(あくぎやくぶだう)計画(けいくわく)を、049瞋恚(しんい)(ねん)とともに打明(うちあ)けた。050ここに鷹姫(たかひめ)は、
051貴女(あなた)御立腹(ごりつぷく)()にごもつとも。052(わらは)(じつ)同情(どうじやう)(ねん)にたへませぬ』
053(ひたひ)(そで)をあてて空泣(そらな)きに()きながら、
054(わらは)貴女(あなた)のためには生命(せいめい)()へても充分(じゆうぶん)(ちから)()へ、055おふたりの(なか)()き、056もつて貴神(あなた)安心(あんしん)をえさせ(たてまつ)らむ。057今後(こんご)何事(なにごと)にても介意(かいい)なく(おほ)せられたし』
058忠義(ちうぎ)さうにいつた。059賢明(けんめい)なやうでもさすがは(をんな)(あさ)はかさ、060鷹姫(たかひめ)詐術(さじゆつ)(ふか)(おちい)つたのである。
061 (こころ)きたなき鷹姫(たかひめ)棒振彦(ぼうふりひこ)062高虎姫(たかとらひめ)にむかつて、063小杉姫(こすぎひめ)心中(しんちゆう)ならびに一切(いつさい)秘密(ひみつ)密告(みつこく)した。064ふたりは(おほ)いに(おどろ)大事(だいじ)(まへ)小事(せうじ)油断(ゆだん)大敵(たいてき)なりと、065鷹姫(たかひめ)をして謀計(ぼうけい)をもつて小杉姫(こすぎひめ)()はしめた。066ここに鷹姫(たかひめ)はふたりの(ちやう)()067つひに抜擢(ばつてき)されて謀議(ぼうぎ)(さん)ずるにいたつた。068これより棒振彦(ぼうふりひこ)069高虎姫(たかとらひめ)070鷹姫(たかひめ)()(どもゑ)となつて陰謀(いんぼう)成就(じやうじゆ)のために、071大活動(だいくわつどう)をはじめたのである。072さうして高虎姫(たかとらひめ)には立派(りつぱ)なる猿飛彦(さるとびひこ)という(をつと)があつた。
073大正一〇・一〇・二七 旧九・二七 外山豊二録)