霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 黒死病(ペスト)由来(ゆらい)〔五五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第1篇 神界の混乱 よみ:しんかいのこんらん
章:第5章 第2巻 よみ:ぺすとのゆらい 通し章番号:55
口述日:1921(大正10)年10月28日(旧09月28日) 口述場所: 筆録者:谷口正治 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
邪神が美山彦、国照姫の名を騙って活動を始めたため、稚桜姫命の命により、美山彦命は以降、言霊別命と改名し、国照姫も言霊姫と改名した。
さて、長白山の山腹に古くから鎮まる智勇を兼ね備えた神将に、神国別命、佐倉姫の二神人があった。彼らは国治立命のご系統で、木星の精が降ってここに顕れた神人であった。両神は力を蓄えつつ、天使の来迎を待ちわびていた
言霊別命は神国別命一派を地の高天原に招致しようと自ら赴いた。神国別命は承諾し、部下に長白山を守らせて、自ら地の高天原の部将となることを承諾した。
ここに美山彦命は神国別命の動静を察知し、長白山に言霊別命も滞在しているときを狙って多数の邪鬼・悪竜・毒蛇を派遣して急襲を仕掛けた。また、邪神軍は死海の黒玉を爆発させて、山の周囲に邪気を発生させた。この邪気は無数の病魔神となって襲い掛かり、神国別命の神軍には死者が続出した。
佐倉姫は天の木星に向かって救援を請い、神言を奏上した。すると木星から一枝の榊が降ってきた。佐倉姫はこの榊に神霊を取り掛けて左右左に打ち振ると、長白山の邪気は東風に散逸した。
ここに神軍は蘇生した。神国別命は神恩に感謝し、神授の榊葉を部下の豊春彦に授け、長白山を守らせた。そして神国別命、佐倉姫は地の高天原に参向することになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-12-23 06:51:35 OBC :rm0205
愛善世界社版:28頁 八幡書店版:第1輯 168頁 修補版: 校定版:30頁 普及版:14頁 初版: ページ備考:
001 死海(しかい)悪霊(あくれい)となりし竹熊(たけくま)002木常姫(こつねひめ)は、003再生(さいせい)して棒振彦(ぼうふりひこ)004高虎姫(たかとらひめ)()り、005ふたたび初志(しよし)貫徹(くわんてつ)せむため、006神界(しんかい)声望(せいばう)(たか)美山彦命(みやまひこのみこと)007国照姫(くにてるひめ)神名(しんめい)(いつは)り、008種々(しゆじゆ)謀計(ぼうけい)をもつて正神界(せいしんかい)諸神司(しよしん)攪乱(かくらん)せむと必死(ひつし)活動(くわつどう)(つづ)けてをる。009(ここ)美山彦命(みやまひこのみこと)諸神司(しよしん)正邪去就(せいじやきよしう)判別(はんべつ)(まよ)はされむことを(おもんぱか)り、010稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)神命(しんめい)(ほう)じて言霊別命(ことたまわけのみこと)改名(かいめい)し、011これを諸神司(しよしん)内報(ないはう)しおかれた。012また国照姫(くにてるひめ)言霊姫(ことたまひめ)改名(かいめい)されることになつた。013したがつて以下(いか)()ぶるところの言霊別命(ことたまわけのみこと)は、014(まこと)美山彦命(みやまひこのみこと)のことであり、015言霊姫(ことたまひめ)(まこと)国照姫(くにてるひめ)のことである。016さうして美山彦(みやまひこ)といふのは(まこと)棒振彦(ぼうふりひこ)のことであり、017国照姫(くにてるひめ)といふのは(まこと)高虎姫(たかとらひめ)であることをあらかじめ()べておく。
 
018  (つき)()にそのに立出(たちい)でながむれば 黄菊(きぎく)白菊(しらぎく)(ひと)(いろ)なる
 
019 長白山(ちやうはくざん)山腹(さんぷく)(ふる)くより(しづ)まります智仁勇(ちじんゆう)兼備(けんび)神将(しんしやう)に、020神国別命(かみくにわけのみこと)021佐倉姫(さくらひめ)二神人(にしん)があつた。022その麾下(きか)には豊春彦(とよはるひこ)023猛虎彦(たけとらひこ)ありて一切(いつさい)神務(しんむ)掌握(しやうあく)し、024八百万(やほよろづ)神司(かみがみ)(あつ)めて天下(てんか)趨勢(すうせい)観望(くわんばう)し、025鋭気(えいき)(やしな)ひ、026潜勢力(せんせいりよく)(そな)へて天使(てんし)来迎(らいげい)()ちわびてゐた。027この神人(かみ)国治立命(くにはるたちのみこと)御系統(ごけいとう)にして、028木星(もくせい)(せい)(くだ)つてここに(あら)はれたのである。029大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)は、030一旦(いつたん)神界(しんかい)平穏(へいおん)無事(ぶじ)(おさ)まりしといへども、031執念深(しふねんぶか)僣偽(にせ)美山彦(みやまひこ)032国照姫(くにてるひめ)および鬼熊(おにくま)再生(さいせい)なる鬼猛彦(おにたけひこ)033杵築姫(きづきひめ)(とう)の、034各所(かくしよ)魔軍(まぐん)(あつ)めて、035ふたたび世界(せかい)撹乱(かくらん)するの気勢(きせい)(あき)らかとなりたれば、036これらの魔軍(まぐん)殲滅(せんめつ)し、037世界(せかい)憂慮(いうりよ)(のぞ)かむがために種々(しゆじゆ)神策(しんさく)をめぐらされた。038そこで、039言霊別命(ことたまわけのみこと)滝津彦(たきつひこ)()へて長白山(ちやうはくざん)にのぼり、040神国別命(かみくにわけのみこと)041佐倉姫(さくらひめ)()高天原(たかあまはら)招致(せうち)せむと(はか)りたまうた。042神国別命(かみくにわけのみこと)神命(しんめい)(ほう)じて豊春彦(とよはるひこ)043猛虎彦(たけとらひこ)をして長白山(ちやうはくざん)神営(しんえい)にとどまつて守備(しゆび)せしめ、044みづから(すす)んで()高天原(たかあまはら)部将(ぶしやう)たるを拝授(はいじゆ)された。
045 このとき(にせ)美山彦(みやまひこ)一味(いちみ)邪神(じやしん)は、046言霊別命(ことたまわけのみこと)長白山(ちやうはくざん)(いた)りしことを探知(たんち)し、047あまたの邪鬼(じやき)悪竜(あくりゆう)毒蛇(どくじや)(つか)はし、048八方(はつぱう)より言霊別命(ことたまわけのみこと)049神国別命(かみくにわけのみこと)()(なや)まさむとした。050神国別命(かみくにわけのみこと)三徳(さんとく)兼備(けんび)神将(しんしやう)なれども、051あまりの巧妙(かうめう)なる邪神(じやしん)戦略(せんりやく)にいかんともする(あた)はず、052言霊別命(ことたまわけのみこと)とともに非常(ひじやう)なる苦境(くきやう)(おちい)つた。
053 (にせ)美山彦(みやまひこ)054国照姫(くにてるひめ)死海(しかい)(しづ)みたる黒玉(こくぎよく)爆発(ばくはつ)せしめ、055(やま)周囲(しうゐ)邪気(じやき)発生(はつせい)せしめた。056この邪気(じやき)億兆(おくてう)無数(むすう)病魔神(やまひがみ)(へん)じ、057神国別命(かみくにわけのみこと)神軍(しんぐん)一々(いちいち)憑依(ひやうい)して大熱(だいねつ)(はつ)せしめた。058神軍(しんぐん)はのこらず、059この病魔(びやうま)(をか)されて地上(ちじやう)(たふ)れ、060(なか)には死滅(しめつ)する(もの)多数(たすう)(あら)はれてきた。061この病魔(びやうま)漸次(ぜんじ)四散(しさん)して世界(せかい)各所(かくしよ)(ひろ)がり、062つひにペストの病菌(びやうきん)となつた。
063 ここに佐倉姫(さくらひめ)神軍(しんぐん)惨状(さんじやう)()るにしのびず、064(てん)木星(もくせい)にむかつて救援(きうゑん)()ひ、065神言(かみごと)(ほがら)かに奏上(そうじやう)された。066このとき木星(もくせい)より一枝(いつし)(さかき)(えだ)がくだつてきた。067佐倉姫(さくらひめ)(てん)(あた)へと(よろこ)(いさ)んで感謝(かんしや)し、068この榊葉(さかきば)神霊(しんれい)取懸(とりか)けて「左右左(さいうさ)」と()ちふられた。069東風(とうふう)にはかに()ききたり、070長白山(ちやうはくざん)邪気(じやき)(とほ)散逸(さんいつ)してロッキー(ざん)(はう)()かつて消滅(せうめつ)した。071たちまち神軍(しんぐん)蘇生(そせい)しその元気(げんき)平素(へいそ)百倍(ひやくばい)した。072ここに神国別命(かみくにわけのみこと)神恩(しんおん)(ふか)きに感謝(かんしや)し、073神授(しんじゆ)榊葉(さかきば)豊春彦(とよはるひこ)(さづ)け、074猛虎彦(たけとらひこ)とともに長白山(ちやうはくざん)(まも)らしめ、075二神人(にしん)()高天原(たかあまはら)参向(さんかう)さるることとなつた。
076大正一〇・一〇・二八 旧九・二八 谷口正治録)