霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 タコマ(やま)祭典(さいてん) その一〔五九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第2篇 善悪正邪 よみ:ぜんあくせいじゃ
章:第9章 第2巻 よみ:たこまやまのさいてん その一 通し章番号:59
口述日:1921(大正10)年10月29日(旧09月29日) 口述場所: 筆録者:谷口正治 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
言霊別命は神命により、あまたの神軍を引率してタコマ山に登り、国魂之神の鎮祭を行わせた。
しかしながら、言霊別命の従神であった速虎彦、速虎姫、唐玉彦、島田彦らは、実は国照姫とひそかに通じていた。彼らは言霊別命に危機を救われたにもかかわらず、邪神と気脈を通じて裏切りを計画していたのである。
タコマ山の祭事が済んで、一行が下山して海岸に出たとき、この四柱の神人は珍味ご馳走で言霊別命らを饗応した。
宴の最中、エトナの大火山が爆発した。その光景に言霊別命が見とれているすきに、四柱の神人は毒薬を持った湯を命に献上した。言霊別命がその湯を飲もうとした刹那、時野姫が命をさえぎり、自分の口に毒湯を飲み干した。
たちまち時野姫はその場に黒血を吐き、悶絶して倒れた。言霊別命も少量の毒に当てられ、言葉を発することができなくなってしまった。速虎別ら四神人は、謀計が発覚することを恐れ、言霊別命を捕らえようとした。
言霊別命は諸神の宴の席に逃げ、一大事を知らせようとしたが、言葉が出ない。諸神らはすっかり酒に酔っていて、言霊別命の真意を悟る者はなかった。速虎別らも、酔っているとはいえ、さすがに諸神の目の前で言霊別命を拉致するわけにも行かず、目を光らせて時を待つのみであった。
言霊別命は仕方なく、酒に酔っていなかった部下の宮比彦、谷山彦、谷川彦を護衛にして竜宮城に一度帰還し、応援を頼もうとした。しかし酒に酔った諸神は一行をさえぎって行かそうとしなかった。
言霊別命はかろうじて竜宮島に立ち寄り、国の御柱命に保護されて、ようやく竜宮城に帰還することを得た。
竜宮島の地下は、多くの黄金を持って形造られている。これが現在の地理学上の豪州大陸に当たる。また、冠島とも言う。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0209
愛善世界社版:45頁 八幡書店版:第1輯 174頁 修補版: 校定版:47頁 普及版:22頁 初版: ページ備考:
001 あるとき言霊別命(ことたまわけのみこと)神命(しんめい)(ほう)じて、002宮比彦(みやびひこ)003谷山彦(たにやまひこ)004谷川彦(たにがわひこ)以下(いか)あまたの神軍(しんぐん)(ひき)ゐてタコマ(やま)(のぼ)り、005宮比彦(みやびひこ)をして国魂之神(くにたまのかみ)鎮祭(ちんさい)(おこな)はしめられた。006谷山彦(たにやまひこ)007谷川彦(たにがはひこ)大祓(おほはらひ)神事(しんじ)奉仕(ほうし)し、008(うやうや)しく太祝詞(ふとのりと)奉上(そうじやう)し、009八百万(やほよろづ)神々(かみがみ)神集(かむづど)ひに(つど)ひて、010盛大(せいだい)なる祭事(さいじ)執行(しつかう)された。011天地六合(てんちりくがふ)いよいよ()(わた)り、012空中(くうちゆう)一点(いつてん)雲翳(うんえい)をもとどめざる、013えもいはれぬ(ほが)かな光景(くわうけい)であつた。
014 ここに従臣(じゆうしん)なる速虎彦(はやとらひこ)015速虎姫(はやとらひめ)016唐玉彦(からたまひこ)017島田彦(しまだひこ)四神(よんしん)は、018国照姫(くにてるひめ)019田野姫(たのひめ)にひそかに気脈(きみやく)(つう)じてゐた。020この四柱(よはしら)言霊別命(ことたまわけのみこと)(ふか)恩恵(おんけい)(よく)し、021しばしば危難(きなん)(すく)はれた関係(くわんけい)があつて、022(みこと)(かれ)らの恩神(おんしん)である。023祭事(さいじ)目出度(めでた)くすみて、024一行(いつかう)下山(げざん)海岸(かいがん)()かけられたとき、025(みぎ)四柱(よはしら)はあまたの(もの)(とも)に、026山野河海(さんやかかい)珍味(ちんみ)をもつて、027言霊別命(ことたまわけのみこと)一行(いつかう)諸神司(しよしん)招待(せうたい)した。028その理由(りいう)とするところは、029今回(こんくわい)言霊別命(ことたまわけのみこと)首尾(しゆび)よく国魂(くにたま)鎮祭(ちんさい)()(たま)ひ、030(われ)諸神司(しよしん)歓喜(くわんき)()へず、031さればその御祝(おいはひ)として、032ここに吾々(われわれ)祝宴(しゆくえん)()るは、033(いつ)神々(かみがみ)感謝(かんしや)し、034()諸神司(しよしん)労苦(らうく)(むく)いむがためなりといふのであつた。
035 宮比彦(みやびひこ)速虎彦(はやとらひこ)以下(いか)諸神司(しよしん)誠意(せいい)をよろこび、036その(よし)谷山彦(たにやまひこ)037谷川彦(たにがはひこ)とともに諸神司(しよしん)伝達(でんたつ)した。038諸神司(しよしん)(おほ)いに(よろこ)び、039海辺(うみべ)広場(ひろば)()でて、040宴席(えんせき)(くは)はり、041歓喜(よろこび)のかぎりをつくし、042いたく(ゑひ)つぶれて、043前後(ぜんご)区別(くべつ)もなく、044あるひは(うた)ひ、045あるひは()ひ、046面白(おもしろ)さうに(をど)(くる)うてゐた。
 
047  小雀(こすずめ)やささのかげにて(をど)()
 
048 このとき速虎彦(はやとらひこ)049速虎姫(はやとらひめ)050唐玉彦(からたまひこ)051島田彦(しまだひこ)威儀(ゐぎ)(ただ)し、052言霊別命(ことたまわけのみこと)拝謁(はいえつ)(ねが)ふた。053さらに(うつく)しき神殿(しんでん)招待(せうたい)し、054山野河海(さんやかかい)珍味(ちんみ)(いだ)して(みこと)饗応(きやうおう)せむことを宮比彦(みやびひこ)(つう)じて()ふた。055ここに言霊別命(ことたまわけのみこと)何心(なにごころ)なくその殿内(でんない)()り、056四方山(よもやま)(はなし)()(ふけ)り、057かつ速虎彦(はやとらひこ)らの好意(かうい)感謝(かんしや)し、058心地(ここち)よげに一間(ひとま)()りて休息(きうそく)してをられた。059たちまち(てん)一方(いつぱう)黒煙(こくえん)がたちのぼつた。060爆然(ばくぜん)たる大音響(だいおんきやう)につれて、061みるみる一大(いちだい)火柱(くわちう)(てん)(ちゆう)し、062岩石(がんせき)(あめ)()らし、063(じつ)壮観(さうくわん)をきはめた。064これぞエトナの大火山(だいくわざん)爆発(ばくはつ)したはじまりである。
065 言霊別命(ことたまわけのみこと)はその光景(くわうけい)見惚(みと)れてゐられる。066その(すき)をうかがひ速虎彦(はやとらひこ)067唐玉彦(からたまひこ)(うつは)毒薬(どくやく)()()れ、068素知(そし)らぬ(かほ)をしてゐた。
069『まづ一服(いつぷく)()(あが)られよ』
070と、071毒薬(どくやく)()りたる(うつは)()をそそぎ言霊別命(ことたまわけのみこと)奉献(たてまつ)つた。072(みこと)(なん)()もなく、073ただ一口(ひとくち)()まむとする(をり)しも、074(いき)せき()つて(はし)りよつたる時野姫(ときのひめ)はその()(うば)ひ、075ただちに自分(じぶん)(くち)()みほした。076時野姫(ときのひめ)はたちまち顔色(がんしよく)蒼白(さうはく)となり、077七転八倒(しつてんばつたふ)して苦悶(くもん)しはじめ、078黒血(くろち)多量(たりやう)()きその()()(たふ)れた。079言霊別命(ことたまわけのみこと)小量(せうりやう)ながら(くち)()りし毒薬(どくやく)()()てられ、080言葉(ことば)(はつ)すること(あた)はず、081ただちにその()(のが)(いで)むと早々(さうさう)()()ちかけた。082速虎彦(はやとらひこ)以下(いか)三柱(みはしら)謀計(ぼうけい)暴露(ばくろ)せむことを(おそ)れて、083言霊別命(ことたまわけのみこと)(とら)(かく)さむとし、084(みこと)(あと)()つかけた。
 
085  ()()して毒湯(どくゆ)すすめる曲津神(まがつかみ)
 
086 (よろづ)神司(かみがみ)は、087前述(ぜんじゆつ)のごとく、088みな(のこ)らず()(つぶ)れて(あし)()つものは一柱(ひとはしら)もなかつた。089言霊別命(ことたまわけのみこと)は、090自分(じぶん)(どく)にあてられて言語(げんご)(はつ)することも(かな)はぬのみならず、091時野姫(ときのひめ)苦悶(くもん)昏倒(こんたう)せることを、092手真似(てまね)をもつて衆神司(しうしん)にさとらせむとし、093いろいろ工夫(くふう)()らし表情(へうじやう)をもつて()らせども、094衆神司(しうしん)はその(なん)()たるか(さつ)するものなく、095ただ(たん)言霊別命(ことたまわけのみこと)(さけ)()(たはむ)(をど)りをなし(たま)ふものと(しん)じ、096(おのれ)もまた()つて、097おなじく()()り、098(くち)(おさ)へ、099種々(いろいろ)身振(みぶり)をまねて平気(へいき)になつてゐる。100アゝ言霊別命(ことたまわけのみこと)のもどかしさは、101(さつ)するにあまりありといふべしである。
102 速虎彦(はやとらひこ)103唐玉彦(からたまひこ)以下(いか)叛臣(はんしん)は、104さすがに衆神司(しうしん)列座(れつざ)(まへ)なれば、105言霊別命(ことたまわけのみこと)()さへ(かく)すをえずして(とき)のいたるを()つてゐた。
106 言霊別命(ことたまわけのみこと)はいかに焦慮(せうりよ)するも言語(げんご)(はつ)することができないので、107()むをえず()(けつ)してただ一柱(ひとはしら)竜宮島(りうぐうじま)さして()(かへ)らうとせられた。108さすがの勇神猛卒(ゆうしんまうそつ)(いま)(さけ)のためにその精神(せいしん)(うば)はれ、109かかる危急(ききふ)場合(ばあひ)一柱(ひとはしら)としてその大将(たいしやう)(まも)るものはなかつた。110宮比彦(みやびひこ)111谷山彦(たにやまひこ)112谷川彦(たにがはひこ)(すこ)しも(さけ)()まず、113言霊別命(ことたまわけのみこと)身辺(しんぺん)()づかひ、114(あと)よりしたがひ竜宮島(りゆうぐうじま)安全(あんぜん)(おく)(たてまつ)るべく、115その()()たむとするや、116(さけ)()ひつぶれ(あし)千鳥(ちどり)覚束(おぼつか)なく、117(こし)(ろく)()ちえざる衆神司(しうしん)は、118三神司(さんしん)()をとり(あし)をとり、119かかる芽出度(めでた)酒宴(しゆえん)(れつ)して神酒(みき)()まざるは神々(かみがみ)にたいし御無礼(ごぶれい)なり。120ゆるゆる神酒(みき)をいただきたまへと、121()つてたかつて三神司(さんしん)(さへぎ)(はな)さなかつた。122三神司(さんしん)(こころ)(こころ)ならず、123言霊別命(ことたまわけのみこと)遭難(さうなん)実情(じつじやう)()げ、124衆神司(しうしん)(ゑひ)をさまさむと(こころ)(あせ)つた。125されど島田彦(しまだひこ)126速虎姫(はやとらひめ)()(ひか)らせて(そば)(はな)れざるに(こころ)をひかれ、127その真相(しんさう)()ぶることができない。128そこで三神司(さんしん)(ある)ひは喩言(たとへごと)()き、129あるひは諷歌(ふうか)(うた)ひ、130あるひは手真似(てまね)(もち)ゐて、131速虎彦(はやとらひこ)以下(いか)陰謀(いんぼう)と、132言霊別命(ことたまわけのみこと)御遭難(ごさうなん)次第(しだい)衆神司(しうしん)(さと)らせやうとつとめた。133いづれも()ひつぶれてこれを(さと)(もの)一柱(ひとはしら)もないばかりか、134三神司(さんしん)動作(どうさ)をながめて、135(よろこ)んで(うた)()み、136()(をど)りをなすものと(おも)(ちが)ひ、137()をとり(あし)をとり、138三神司(さんしん)(せき)中央(ちうあう)(いざな)ひゆきて胴上(どうあ)げまでして()(さわ)ぐもどかしさ。
139 言霊別命(ことたまわけのみこと)万難(ばんなん)(はい)し、140からうじて竜宮島(りゆうぐうじま)にたち()り、141国御柱命(くにのみはしらのみこと)保護(ほご)されて、142やうやく竜宮城(りゆうぐうじやう)御帰還(ごきくわん)せられた。143この竜宮島(りゆうぐうじま)地下(ちか)は、144(おほ)くの黄金(わうごん)をもつて形造(かたちづく)られてゐるのである。145これが(いま)地理学上(ちりがくじやう)濠洲(がうしう)大陸(たいりく)(あた)るので、146一名(いちめい)また冠島(かむりじま)といふのである。
147大正一〇・一〇・二九 旧九・二九 谷口正治録)