霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 タコマ(やま)祭典(さいてん) その二〔六〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第2篇 善悪正邪 よみ:ぜんあくせいじゃ
章:第10章 第2巻 よみ:たこまやまのさいてん その二 通し章番号:60
口述日:1921(大正10)年10月29日(旧09月29日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竜宮城の言霊別命の従神・田野姫は、表面忠実に働き、竜宮城の内事に通じており、発言力があった。しかし実は田野姫は、国照姫の間者だったのである。
天使・大八洲彦命は、言霊別命の軍勢が神命を奉じてタコマ山で祭典を行ったことに関して、言霊別命が帰城してから、竜宮城でも祭典を行うように、と命令した。
田野姫は大八洲彦命の前に進み出て、言霊別命がタコマ山で祭典を行うのと同時刻に、竜宮城でも祭典を行うのが双方一致の真理にかなう、と進言した。大八洲彦命は田野姫の案を稚桜姫命に伺うと、稚桜姫命は良案であるとして賛成した。
祭典の準備が行われている最中、田野姫は毒鳥の羽を膳部の羹にいちいち浸して回っていた。この様子を怪しんだ神島彦は、芳子姫を呼んで、羹の毒味をさせた。たちまち芳子姫は黒血を吐いて倒れ、苦しみ始めた。
芳子姫の苦悶の原因がわからずに右往左往する諸神の前に、言霊別命が帰城すると、毒の羹の椀を取って庭木に注ぎかけた。すると、みるみる草木は枯死してしまった。
一同は、膳部の羹に毒が盛られていたことをようやくさとり、田野姫の行方を追ったが、早くも田野姫は姿をくらました後であった。
タコマ山の宴で言霊別命の身代わりに毒を飲んだ時野姫はようやく病気回復し、言霊別命軍とともに帰還してきた。また、神国別命が神前に祝詞を奏上して祈願すると、時野姫、言霊別命、芳子姫の病状はたちまち全快した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0210
愛善世界社版:51頁 八幡書店版:第1輯 176頁 修補版: 校定版:52頁 普及版:25頁 初版: ページ備考:
001 竜宮城(りゆうぐうじやう)には言霊別命(ことたまわけのみこと)侍臣(じしん)田野姫(たのひめ)といふのがあつた。002田野姫(たのひめ)表面(へうめん)忠実(ちうじつ)にたち(はたら)き、003つねに言霊別命(ことたまわけのみこと)()(まは)一切(いつさい)世話(せわ)をしてゐた。004田野姫(たのひめ)(じつ)高虎姫(たかとらひめ)偽名(ぎめい)国照姫(くにてるひめ)探女(さぐめ)として()()んでゐたのである。
005 田野姫(たのひめ)竜宮城(りゆうぐうじやう)内事(ないじ)(くわん)し、006非常(ひじやう)信任(しんにん)勢力(せいりよく)があつた。007ここに田野姫(たのひめ)発案(はつあん)によつてタコマ(やま)祭典(さいてん)祝祭(しゆくさい)(おこな)ふことになつた。008天使(てんし)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)は、009言霊別命(ことたまわけのみこと)帰城(きじやう)(あと)祝祭(しゆくさい)執行(しつかう)せよと(めい)ぜられた。010そのとき田野姫(たのひめ)(みこと)(まへ)(すす)みいでて、011顔色(がんしよく)(やはら)甘言(かんげん)追従(つゐしやう)いたらざるなく、
012(ことわざ)にも(ぜん)(いそ)げといふことあり、013タコマ(やま)祭典(さいてん)時間(じかん)(かんが)へ、014同時刻(どうじこく)祭事(さいじ)(おこな)ふには双方(さうはう)一致(いつち)真理(しんり)(かな)ふべし』
015言辞(げんじ)(なめ)らかに奏上(そうじやう)した。
016 大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)はまづ大神(おほかみ)奏上(そうじやう)して、017その(うへ)にて(けつ)せむと()をたち(おく)にいり、018稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)(うかが)はれた。019(みこと)嬉々(きき)として(ただ)ちにこれを(ゆる)したまうた。020一方(いつぱう)田野姫(たのひめ)竜宮城(りゆうぐうじやう)諸神将(しよしんしよう)にむかつて、021一時(いちじ)(はや)祝宴(しゆくえん)(ひら)くべきことの()なるを、022言葉(ことば)たくみに進言(しんげん)した。023上下一致(しやうかいつち)賛成(さんせい)に、024城内(じやうない)はにはかに(いろ)めきたちて祝祭(しゆくさい)準備(じゆんび)着手(ちやくしゆ)し、025膳部(ぜんぶ)献立(こんだて)はすべて田野姫(たのひめ)監督(かんとく)することに一決(いつけつ)し、026神前(しんぜん)祭典(さいてん)荘厳(さうごん)(ひら)かれ、027祭典(さいてん)をはつて諸神司(しよしん)談話会(だんわくわい)(うつ)り、028ついで直会(なほらひ)(えん)(ひら)順序(じゆんじよ)となつた。
029 梅若彦(うめわかひこ)030正照彦(まさてるひこ)上座(じやうざ)()ちて言霊別命(ことたまわけのみこと)功績(こうせき)()めたたへ、031つぎに田野姫(たのひめ)斡旋(あつせん)努力(どりよく)激賞(げきしやう)した。032つぎに梅若彦(うめわかひこ)双方(さうはう)一時(いちじ)祭典(さいてん)については、033田野姫(たのひめ)斡旋(あつせん)努力(どりよく)おほいに(こう)ありと感謝(かんしや)した。034城内(じやうない)神国別命(かみくにわけのみこと)をはじめ一同(いちどう)神司(かみがみ)()()つて賛同(さんどう)した。035そのまに田野姫(たのひめ)(ちん)(はね)(とり)だし、036膳部(ぜんぶ)(あつもの)一々(いちいち)これを(ひた)してゐたのである。037様子(やうす)をうかがひし神島彦(かみじまひこ)芳子姫(よしこひめ)(めい)じ、038その(あつもの)()(ため)さしめた。039たちまち芳子姫(よしこひめ)黒血(くろち)()いて七転八倒(しつてんばつたふ)苦悶(くもん)しはじめた。040諸神司(しよしん)(おどろ)(みづ)(くすり)よと(さわ)いだ。041芳子姫(よしこひめ)(あつもの)()さして、042自分(じぶん)(くち)(くる)しきうちに()さへて()せた。043神司(かみがみ)芳子姫(よしこひめ)(こころ)()らず、044(あつもの)要求(えうきう)するものと早合点(はやがつてん)し、045膳部(ぜんぶ)(あつもの)()りて(くち)捻開(ねぢあ)け、046無理(むり)()ました。047芳子姫(よしこひめ)(くる)しみはますます激烈(げきれつ)になつてきた。048そこへ言霊別命(ことたまわけのみこと)生命(いのち)からがら()(かへ)つてこられた。049しかして自分(じぶん)(くち)()さへて、050その(あつもの)用心(ようじん)せよとの()(しめ)された。051諸神司(しよしん)(あつもの)要求(えうきう)したまふものと(しん)じて、052(うやうや)しく(つくゑ)(これ)をのせて献上(けんじやう)した。
053 言霊別命(ことたまわけのみこと)はその(あつもの)()にとるやいなや、054庭園(ていえん)草木(さうもく)(そそ)ぎかけられた。055()るみる草木(さうもく)白煙(はくえん)(はつ)枯死(こし)してしまつた。056ここに諸神司(しよしん)ははじめて()がつき、057田野姫(たのひめ)悪逆無道(あくぎやくぶだう)所為(しよゐ)たることを(さと)り、058これを(とら)へむとした。059田野姫(たのひめ)(はや)くも(かぜ)をくらつて姿(すがた)をどこかに(かく)してしまつたのである。
060 そこへ時野姫(ときのひめ)はやうやく病気(びやうき)恢復(くわいふく)し、061宮比彦(みやびひこ)以下(いか)諸神司(しよしん)とともに、062(すつぼん)(しり)()はれたる(ごと)恍惚(とぼ)けた(かほ)つきして(かへ)つてきた。063一同(いちどう)はアフンとして、064()いた(くち)(すぼ)まらぬばかりであつた。065注意(ちうい)すべきは(じつ)飲食物(いんしよくぶつ)である。
066 神国別命(かみくにわけのみこと)(おどろ)いてただちに神前(しんぜん)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)して、067大神(おほかみ)祈願(きぐわん)しをはるとともに、068言霊別命(ことたまわけのみこと)069時野姫(ときのひめ)および芳子姫(よしこひめ)病気(びやうき)は、070たちまち(ぬぐ)ふがごとく全快(ぜんくわい)した。
071大正一〇・一〇・二九 旧九・二九 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)