霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 山幸(やまさち)〔六五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第3篇 神戦の経過 よみ:しんせんのけいか
章:第15章 第2巻 よみ:やまさち 通し章番号:65
口述日:1921(大正10)年10月30日(旧09月30日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
言霊別命の弟に、元照彦という神があった。元照彦は、兄が神業にかまけて親兄弟をないがしろにしていると、日ごろから憤慨していた。
元照彦は狩猟が上手で、相棒の伊吹彦とともに山の獣を獲ることを楽しみとしていた。
あるとき、元照彦は大台ケ原山で狩猟をしていた。そこへ、伊吹山に立て籠もる邪神・八十熊たちも、狩猟にやってきた。しかし、元照彦の狩猟があまりに上手いので、邪神たちは一匹の鳥獣も得ることができなかった。
そこで邪神たちは元照彦の相棒・伊吹彦を見方に引き入れ、元照彦を殺そうとした。伊吹彦は元照彦を裏切り、元照彦は邪神に囲まれて矢を射掛けられ、その場に倒れてしまった。
弟の危急を知った言霊別命はただちに天の鳥船で大台ケ原山に駆けつけ、さまざまな霊威のある領巾を邪神軍に向かって打ち振ると、邪神たちは逃げていった。
元照彦は重傷を負い、危篤に陥った。母神は元照彦に、「放縦な心を立て替えて、兄とともに神業に参加するように」と諭した。
元照彦は敬神の念を起こし、数ヶ月の間苦痛に耐えながら天地の大神を祈った結果、傷は癒えた。そして神業に参加し、言霊別命に従って神教を宣伝して偉功を表わすことになった。
元照彦を裏切った伊吹彦は、八十熊らとともに伊吹山に逃げた後、どこからともなく飛んできた矢に当たって山上から転落し、息絶えた。そして伊吹山の邪鬼となった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0215
愛善世界社版:75頁 八幡書店版:第1輯 184頁 修補版: 校定版:77頁 普及版:36頁 初版: ページ備考:
001 言霊別命(ことたまわけのみこと)(おとうと)元照彦(もとてるひこ)という放縦(はうじう)神司(かみ)があつた。002この神司(かみ)は、003言霊別命(ことたまわけのみこと)神業(しんげふ)従事(じゆうじ)して神界(しんかい)(おも)ふのあまり、004(おや)兄弟(きやうだい)(かへり)みざるのを憤慨(ふんがい)してゐた。
 
005  ふるさとの(そら)()ちながめ(おも)ふかな(くに)にのこせし(はは)はいかにと
 
006 元照彦(もとてるひこ)山幸(やまさち)(この)み、007(あめ)香具山(かぐやま)(まがね)をもつて諸々(もろもろ)武器(ぶき)(つく)り、008あまたの征矢(そや)(せい)して大台ケ原(おほだいがはら)()てこもり、009大峡小峡(おほがいをがい)にすむ(くま)010鹿(しか)011(しし)012(うさぎ)などを()ちとり無上(むじやう)快楽(くわいらく)としてゐた。013さうして伊吹彦(いぶきひこ)といふ供神(ともがみ)(つね)元照彦(もとてるひこ)陪従(ばいじゆう)し、014山幸(やまさち)(たす)けてゐた。
015 ここに伊吹山(いぶきやま)()てこもり時節(じせつ)(うかが)ひゐたる武熊別(たけくまわけ)部下(ぶか)016八十熊(やそくま)017足熊(あしくま)018熊江姫(くまえひめ)019その()(おほ)くの魔神(まがみ)大台ケ原山(おほだいがはらやま)にわけ()り、020花々(はなばな)しく山幸(やまさち)(こころ)むれども、021終日(しうじつ)奔走(ほんそう)してただの一頭(いつとう)獲物(えもの)もなかつた。022そのわけは元照彦(もとてるひこ)熟練(じゆくれん)せる経験(けいけん)により大小(だいせう)鳥獣(てうじう)(ひとつ)(のこ)らず(かり)とつた(あと)ばかりを(すす)んだからである。023八十熊(やそくま)以下(いか)方向(はうこう)(てん)じて(やま)()え、024(ふたた)山幸(やまさち)(こころ)みた。025そこには伊吹彦(いぶきひこ)がゐて征矢(そや)をもつて(さか)んに山幸(やまさち)をしてゐた。026八十熊(やそくま)以下(いか)(もの)伊吹彦(いぶきひこ)種々(しゆじゆ)(たから)(あた)へて、027しきりにその歓心(くわんしん)()ひ、028つひに伊吹彦(いぶきひこ)をして元照彦(もとてるひこ)(そむ)き、029かつ征矢(そや)をもつて元照彦(もとてるひこ)(ころ)さしめむと(はか)つた。030伊吹彦(いぶきひこ)八十熊(やそくま)らの(よく)(さそ)はれ、031つひに八十熊(やそくま)味方(みかた)となつてしまつた。
032 元照彦(もとてるひこ)伊吹彦(いぶきひこ)変心(へんしん)せしことを()らず、033(つね)のごとく相伴(あひとも)なつて日の出ケ山(ひのでがやま)(のぼ)り、034(むら)がる(しし)にむかつて征矢(そや)()らしめた。035伊吹彦(いぶきひこ)はその(しし)にむかつて()()るがごとく(よそほ)ひ、036たちまち(からだ)(ひるがへ)して元照彦(もとてるひこ)()がけてしきりに()かけた。037元照彦(もとてるひこ)(おどろ)いて八尋(やひろ)まはりの大杉(おほすぎ)(かげ)にかくれ、038征矢(そや)(ふせ)がむとした。039この(とき)040八十熊(やそくま)らの魔軍(まぐん)八方(はつぱう)より(あら)はれ(きた)りて、041さかんに征矢(そや)()かけた。042元照彦(もとてるひこ)進退(しんたい)これ(きは)まり、043()十数創(じふすうそう)()ひその()(たふ)れた。
044 言霊別命(ことたまわけのみこと)竜宮城(りゆうぐうじやう)にあり、045(おとうと)危難(きなん)()りて(ただ)ちに(あま)鳥船(とりふね)()り、046大台ケ原(おほだいがはら)(かけ)(すす)んだ。047ただちに伊吹彦(いぶきひこ)048八十熊(やそくま)以下(いか)魔軍(まぐん)にむかひ種々(くさぐさ)領巾(ひれ)()()れば、049魔軍(まぐん)黒雲(こくうん)をおこし、050武熊別(たけくまわけ)(かく)れたる伊吹山(いぶきやま)さして(くも)(かすみ)()()つた。
051 元照彦(もとてるひこ)重傷(ぢうしやう)()ひ、052つひに(やまひ)(とこ)()し、053生命(せいめい)危篤(きとく)状態(じやうたい)におちいつた。054このとき母神(ははがみ)国世姫(くによひめ)は、
055(なんぢ)平素(へいそ)放縦(はうじう)なる(こころ)立替(たてか)へ、056(ふか)(かみ)(しん)じ、057兄弟(きやうだい)(とも)神業(しんげふ)参加(さんか)せば、058大神(おほかみ)(めぐみ)によりて(なんぢ)(やまひ)はたちどころに()えむ』
059(ねんごろ)(なみだ)とともに(さと)された。
060 ここにはじめて元照彦(もとてるひこ)敬神(けいしん)至誠(しせい)をおこし、061数月(すうげつ)(あひだ)062苦痛(くつう)(しの)びつつ天地(てんち)大神(おほかみ)(いの)り、063つひに病床(びやうしやう)(はな)(まつた)悔改(くいあらた)めて、064山幸(やまさち)快楽(くわいらく)()てて(くる)しき神業(しんげふ)参加(さんか)し、065言霊別命(ことたまわけのみこと)蔭身(かげみ)()ひて、066神教(しんけう)(あめ)(した)四方(よも)国々(くにぐに)宣伝(せんでん)偉功(ゐこう)をあらはした。
067 邪神(じやしん)伊吹彦(いぶきひこ)八十熊(やそくま)(とも)一時(いちじ)伊吹山(いぶきやま)(のが)()り、068やつと息継(いきつ)(ひま)もなく、069どこともなく()びくる白羽(しらは)征矢(そや)(あた)り、070山上(さんじやう)より転落(てんらく)して終焉(しゆうえん)()げ、071伊吹山(いぶきやま)邪鬼(じやき)となつた。
072大正一〇・一〇・三〇 旧九・三〇 桜井重雄録)