霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 反間(はんかん)苦肉(くにく)(さく)〔六八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第3篇 神戦の経過 よみ:しんせんのけいか
章:第18章 第2巻 よみ:はんかんくにくのさく 通し章番号:68
口述日:1921(大正10)年10月31日(旧10月01日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
モスコーから敗走した田依彦らはペテロに陣営を構えた。言霊別命はすかさず討伐軍を組織して、ペテロを攻撃しようとした。小島別、田依彦らは敵の勢いを見て、魔我彦・魔我姫を通じて常世姫と手を組んだ。
常世姫はタカオ山に城塞を構えて、ペテロの田依彦軍と呼応して、言霊別命を挟撃しようとした。さらに、伊吹山の八十熊らの邪神が、恨みを晴らそうと常世姫軍に参加したため、言霊別命のペテロ討伐軍は三方から攻撃を受け、正照彦、溝川彦は捕虜となってしまった。
また、タカオ山を攻撃中であった言霊別命軍本体は、国照姫の謀計で偽情報をつかまされ、ローマとモスコーに退却を始めた。伊吹山を包囲していた元照彦軍も、退却を余儀なくされたのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0218
愛善世界社版:89頁 八幡書店版:第1輯 190頁 修補版: 校定版:91頁 普及版:43頁 初版: ページ備考:
001 ここに田依彦(たよりひこ)002安川彦(やすかはひこ)003草香姫(くさかひめ)はモスコーに(やぶ)一時(いちじ)四方(しはう)遁走(とんそう)し、004つひにペテロに陣営(ぢんえい)(かま)へ、005竜宮城(りゆうぐうじやう)神軍(しんぐん)(あひ)(おう)じてモスコーを陥落(かんらく)せしめむと計画(けいくわく)し、006神軍(しんぐん)をペテロに(あつ)めて再挙(さいきよ)(はか)つてゐた。
007 ローマはもはや安全(あんぜん)なればとて、008花園彦(はなぞのひこ)謀将(ぼうしやう)大島彦(おほしまひこ)をしてモスコーを(まも)らしめ、009言霊別命(ことたまわけのみこと)みづから元照彦(もとてるひこ)010正照彦(まさてるひこ)011溝川彦(みぞかはひこ)(とく)してペテロの魔軍(まぐん)討伐(たうばつ)せむとし、012大川彦(おほかはひこ)013戸川彦(とがはひこ)014高屋彦(たかやひこ)各部(かくぶ)(しやう)とし、015八方(はつぱう)よりこれを()(おと)さむとした。016小島別(こじまわけ)017田依彦(たよりひこ)敵勢(てきせい)(あなど)りがたきを()て、018魔我彦(まがひこ)019魔我姫(まがひめ)(くわん)(つう)じ、020常世姫(とこよひめ)主将(しゆしやう)として一挙(いつきよ)にこれを破砕(はさい)せむとした。
021 ここに常世姫(とこよひめ)はタカオ(ざん)城塞(じやうさい)(かま)へ、022あまたの魔軍(まぐん)(あつ)め、023ペテロの田依彦(たよりひこ)呼応(こおう)して言霊別命(ことたまわけのみこと)挟撃(けふげき)せむとした。024小島別(こじまわけ)025田依彦(たよりひこ)一派(いつぱ)卑怯(ひけふ)にも魔軍(まぐん)(くわん)(つう)じ、026その応援力(おうゑんりよく)をもつて(てき)(なや)まさむとしたのである。027ここに言霊別命(ことたまわけのみこと)はペテロにむかつて進撃(しんげき)せむとす。028このとき伊吹山(いぶきやま)()(かへ)りたる八十熊(やそくま)029足熊(あしくま)030熊江姫(くまえひめ)一派(いつぱ)は、031大台ケ原山(おほだいがはらやま)(うらみ)(はう)ずるはこの(とき)なりと、032常世姫(とこよひめ)魔軍(まぐん)参加(さんか)し、033三方(さんぱう)より言霊別命(ことたまわけのみこと)神軍(しんぐん)殲滅(せんめつ)せむとした。034神将(しんしやう)正照彦(まさてるひこ)035溝川彦(みぞかはひこ)は、036大川彦(おほかはひこ)037戸川彦(とがはひこ)038高屋彦(たかやひこ)とともに軽々(かるがる)しく(すす)みて(てき)包囲(はうゐ)()ひ、039(ちから)()きて正照彦(まさてるひこ)040溝川彦(みぞかはひこ)(てき)捕虜(ほりよ)となり、041()三将(さんしやう)以下(いか)戦死(せんし)()げたのである。042さても言霊別命(ことたまわけのみこと)元照彦(もとてるひこ)をして伊吹山(いぶきやま)攻撃(こうげき)せしめ、043(みづか)らは武彦(たけひこ)部将(ぶしやう)としてタカオ(ざん)(せま)つた。044タカオ(ざん)には常世姫(とこよひめ)()てこもり、045岩倉彦(いはくらひこ)といふ勇猛(ゆうまう)魔神(まがみ)謀主(ぼうしゆ)となり、046杉岡(すぎをか)047夷彦(えびすひこ)048山彦(やまひこ)049団熊(だんくま)部将(ぶしやう)として士気(しき)おほいに(ふる)ひつつあつた。050言霊別命(ことたまわけのみこと)前方(ぜんぱう)より、051武彦(たけひこ)後方(こうはう)より、052タカオ(ざん)めがけて一目散(いちもくさん)()(せま)つた。053この(とき)タカオ(ざん)(むか)はむとして(ひそ)かに言霊別命(ことたまわけのみこと)陣営(ぢんえい)(よこ)ぎるものがある。054(あや)しみこれを(とら)へ、
055(なんぢ)(なに)ゆゑにこの陣中(ぢんちゆう)(よこ)ぎりしか』
056(きび)しく訊問(じんもん)した。057ところが(これ)国照姫(くにてるひめ)間者(かんじや)であつた。058懐中(くわいちゆう)せる密書(みつしよ)(ひら)()れば、
059『ローマは(すで)小島別(こじまわけ)()()ちたり。060もはや後顧(こうこ)(うれ)ひなし。061貴下(きか)はタカオ(ざん)押寄(おしよ)する(てき)にむかつて暫時(ざんじ)これを(ささ)へたまへ。062(われ)(ちか)援軍(ゑんぐん)()して言霊別命(ことたまわけのみこと)後方(こうはう)より討滅(たうめつ)すべし』
063との秘文(ひぶん)であつた。064言霊別命(ことたまわけのみこと)はその真偽(しんぎ)(うたが)ひ、065(てき)謀計(ぼうけい)(あら)ずやと思案(しあん)にくるる(をり)しも、066後方(こうはう)陣営(ぢんえい)にある武彦(たけひこ)より、
067『ただ(いま)わが(ぐん)において(てき)間者(かんじや)(とら)へこれが懐中(くわいちゆう)厳査(げんさ)せしに、068かかる秘文(ひぶん)所持(しよぢ)しゐたり、069よつてこれを(たてまつ)裁断(さいだん)()はむとす』
070といふてきた。
 
071  曲神(まがかみ)(しこ)のたくみの(ふか)くとも言霊別(ことたまわけ)ぞふみ(やぶ)りけり
 
072 言霊別命(ことたまわけのみこと)(あわ)ただしくその秘文(ひぶん)(ひら)()るに、
073『モスコーは(すで)味方(みかた)()()らむとす。074貴下(きか)はタカオ(ざん)陣営(ぢんえい)(まも)り、075暫時(ざんじ)これを(ささ)へたまふべし。076(われ)(ただ)ちに(すす)んでタカオ(ざん)応援(おうゑん)し、077前後(ぜんご)より(てき)全滅(ぜんめつ)せむ』
078との文意(ぶんい)(しる)されてあつた。079この間者(かんじや)国照姫(くにてるひめ)謀計(ぼうけい)()づるものにして、080(わざ)とこれを()らへしめた。
081 ここに言霊別命(ことたまわけのみこと)武彦(たけひこ)以下(いか)諸将(しよしやう)(あつ)めて()()らし、082つひに(ぐん)(かへ)した。083神軍(しんぐん)二隊(にたい)(わか)ちて(みづか)らはローマに(むか)ひ、084武彦(たけひこ)をしてモスコーに(むか)はしめた。085岩倉彦(いはくらひこ)以下(いか)部将(ぶしやう)言霊別命(ことたまわけのみこと)退却(たいきやく)するを()後方(こうはう)より火弾(くわだん)(とう)じた。086怯気(おぢけ)だちたる言霊別命(ことたまわけのみこと)神軍(しんぐん)諸方(しよはう)散乱(さんらん)した。087武彦(たけひこ)()をもつて(まぬが)れ、088伊吹山(いぶきやま)(せま)れる元照彦(もとてるひこ)(きふ)(はう)じ、089モスコー、090ローマの危急(ききふ)(せま)り、091言霊別命(ことたまわけのみこと)消息(せうそく)もつとも心許(こころもと)なきを(つた)へた。092元照彦(もとてるひこ)()るものも取敢(とりあへ)ず、093伊吹山(いぶきやま)(かこ)みを()いて(ただ)ちにローマに(むか)はむとした。094伊吹山(いぶきやま)八十熊(やそくま)一派(いつぱ)はこの()(じやう)後方(こうはう)より火弾(くわだん)(とう)じ、095元照彦(もとてるひこ)神軍(しんぐん)()(なや)ました。096元照彦(もとてるひこ)()をもつて(まぬが)れた。097ローマ(およ)びモスコーの危急(ききふ)(せま)れりとの密書(みつしよ)は、098全然(ぜんぜん)国照姫(くにてるひめ)以下(いか)反間(はんかん)苦肉(くにく)(さく)であり、099ローマもモスコーも依然(いぜん)として金城鉄壁(きんじやうてつぺき)のごとく安全(あんぜん)であつた。
100大正一〇・一〇・三一 旧一〇・一 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)