霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 常世(とこよ)(くに)へ〔七一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第4篇 常世の国 よみ:とこよのくに
章:第21章 第2巻 よみ:とこよのくにへ 通し章番号:71
口述日:1921(大正10)年11月01日(旧10月02日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
稚桜姫命はやはり、親子の情に流されて、常世姫の言うことを信じる気があった。また、安川彦の陰謀は破れたとは言え、常世姫が背後で操っていたことは明らかにはならなかった。
あるとき常世姫は、言霊別命を常世の国に遣わして、悪心を改めさせてはどうか、と稚桜姫命に提案した。稚桜姫命は喜んで承諾したが、常世姫は言霊別命を害しようと企んでいたのであった。
言霊別命は元照彦の調査によって、常世姫の計画を察知していたが、稚桜姫命の命によってやむを得ず、常世の国に遣わされることになった。そこで、言霊姫、元照彦とはかって危難を避けるべく、種々の秘策を立てた。
出発にのぞんで言霊別命の母神は、さまざまな領巾を授けてくれた。
常世の国の使節には、言霊別命の他に、小島別や竜世姫が加わっていた。竜世姫は稚桜姫命の娘神である。
ロッキー山脈のふもとの常世の都に至る分かれ道で、突然竜世姫は急病を発して苦しみ始めたが、これは竜世姫の策で、偽病であった。他の神々が竜世姫の看病に気を取られるすきに、言霊別命は左の分かれ道に進んで行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0221
愛善世界社版:105頁 八幡書店版:第1輯 196頁 修補版: 校定版:107頁 普及版:51頁 初版: ページ備考:
001 稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)は、002一度(いちど)常世姫(とこよひめ)常世(とこよ)(くに)()(かへ)したまうた。003されど親子(おやこ)(なさけ)として、004幾分(いくぶん)常世姫(とこよひめ)愛護(あいご)さるる気味(きみ)があつた。
005 常世姫(とこよひめ)はロッキー山麓(さんろく)(みやこ)(ひら)漸次(ぜんじ)勢力(せいりよく)()し、006その威望(ゐばう)諸方(しよはう)拡充(くわくじゆう)されたのである。007常世姫(とこよひめ)一方(いつぱう)威力(ゐりよく)(しめ)しつつ、008一方(いつぱう)には稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)信任(しんにん)回復(くわいふく)せむとし、009善言美辞(ぜんげんびじ)(つら)ねて(みこと)(なぐさ)(たてまつ)り、010かつ一方(いつぱう)には言霊別命(ことたまわけのみこと)夫妻(ふさい)心理(しんり)行動(かうどう)につき、011種々(しゆじゆ)虚偽的(きよぎてき)材料(ざいれう)(あつ)めて密使(みつし)をたて、012しばしば報告(はうこく)した。013(みこと)はふたたび常世姫(とこよひめ)(げん)(みみ)(かたむ)け、014つひにはその報告(はうこく)(しん)ぜらるるにいたつた。
015 (とき)しも竜宮城内(りゆうぐうじやうない)における数子姫(かずこひめ)艶書(えんしよ)(けん)につき、016一時(いちじ)言霊別命(ことたまわけのみこと)(うたが)ひたまひしが、017神国別命(かみくにわけのみこと)智略(ちりやく)によりて、018安川彦(やすかはひこ)らの陰謀(いんぼう)露見(ろけん)し、019(すこ)しく疑団(ぎだん)()らしたまうた。020されど内心(ないしん)(うたがひ)ふかく、021半信半疑(はんしんはんぎ)(まなこ)をもつて、022言霊別命(ことたまわけのみこと)行動(かうどう)注意(ちうい)されつつあつた。
023 また安川彦(やすかはひこ)陰謀(いんぼう)常世姫(とこよひめ)使嗾(しそう)()で、024小島別(こじまわけ)らの謀議(ぼうぎ)(くは)はりしを(すこ)しも(さと)られなかつた。
025 やや(とし)をへて常世姫(とこよひめ)公然(こうぜん)使者(ししや)は、026竜宮城(りゆうぐうじやう)参向(さんかう)し、027(うやうや)しく信書(しんしよ)(たてまつ)つた。028その文意(ぶんい)は、
029常世姫(とこよひめ)神政(しんせい)おほいに(ひら)け、030ここに神殿(しんでん)(つく)り、031天地(てんち)神霊(しんれい)奉斎(ほうさい)せむとす。032(じつ)(おそ)(おほ)(ねがひ)なれども、033稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)諸神司(しよしん)とともに出場(しゆつぢやう)されたし。034万一(まんいち)御承認(ごしようにん)なくば()むをえず、035言霊別命(ことたまわけのみこと)代理(だいり)として出場(しゆつぢやう)せしめたまへ。036言霊別命(ことたまわけのみこと)悪心(あくしん)(あらた)めしめ、037真心(まごころ)より(みこと)奉仕(ほうし)せしむべく種々(しゆじゆ)神策(しんさく)をもつてし、038まことに(みこと)輔佐神(ほさしん)たるの(じつ)()げさせしめむ。039すなはち言霊別命(ことたまわけのみこと)出場(しゆつぢやう)は、040一挙両得(いつきよりやうとく)所為(しよゐ)たるべし』
041()をつくして(したた)められてあつた。
042 稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)はこれを()(おほ)いに(よろこ)び、043常世姫(とこよひめ)最早(もはや)改心(かいしん)(じつ)()げたれば(うれ)ふるに()らず、044ただ(こころ)にかかるは言霊別命(ことたまわけのみこと)心理(しんり)行動(かうどう)なり。045()かず、046これを(つか)はして、047常世姫(とこよひめ)により改心(かいしん)せしめむと、048ここに言霊別命(ことたまわけのみこと)(まね)き、049その(むね)(つた)へたまうた。
050 言霊別命(ことたまわけのみこと)常世姫(とこよひめ)奸計(かんけい)ならずやと思案(しあん)にくれてゐた。051(をり)しも元照彦(もとてるひこ)052常世(とこよ)(くに)実情(じつじやう)探知(たんち)し、053(かへ)りきたりて常世姫(とこよひめ)謀計(ぼうけい)()でたるなれば、054ゆめゆめ油断(ゆだん)あるべからず、055とひそかに忠告(ちゆうこく)した。
056 (ここ)言霊別命(ことたまわけのみこと)(やまひ)(しよう)して出場(しゆつぢやう)謝絶(しやぜつ)せむとした。057稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)顔色(がんしよく)(へん)言葉(ことば)(あら)らげ
058千載一遇(せんざいいちぐう)神界(しんかい)慶事(けいじ)にたいし、059(やまひ)(たく)出場(しゆつぢやう)(こば)むは、060()(めい)(そむ)くものにして(かなら)(ふか)(たく)みあらむ』
061憤懣(ふんまん)された。
062 ここに言霊姫(ことたまひめ)()むをえず竜世姫(たつよひめ)063元照彦(もとてるひこ)とはかり種々(しゆじゆ)秘策(ひさく)(あん)じ、064(みこと)危難(きなん)(すく)はむとし、065その神策(しんさく)(みこと)にすすめられた。
066 元照彦(もとてるひこ)はひそかに竜宮城(りゆうぐうじやう)立出(たちい)で、067(あめ)八衢(やちまた)(かく)種々(しゆじゆ)計画(けいくわく)()ててゐた。068言霊別命(ことたまわけのみこと)厳命(げんめい)(いな)みがたく、069ここに()(けつ)して常世(とこよ)(くに)出発(しゆつぱつ)さるることとなつた。070一行(いつかう)小島別(こじまわけ)071松代姫(まつよひめ)072竜世姫(たつよひめ)073竹島彦(たけじまひこ)らの諸神司(しよしん)であつた。074(みこと)出発(しゆつぱつ)(のぞ)母神(ははがみ)国世姫(くによひめ)は、075種々物(くさぐさもの)領巾(ひれ)()()して、076言霊別命(ことたまわけのみこと)(あた)へ、
077『この領巾(ひれ)吾家(わがや)(たから)なり。078(いま)これを(なんぢ)(さづ)く、079この領巾(ひれ)をわれと(おも)ひ、080(ふか)懐中(くわいちう)()して()け』
081との言葉(ことば)(のこ)し、082(なみだ)とともに(わか)れたまうたのである。083一行(いつかう)目無堅間(めなしかたま)(ふね)()りて常世(とこよ)(くに)安着(あんちやく)した。084ここにロッキー山麓(さんろく)常世(とこよ)(みやこ)にいたるべき左右(さいう)(わか)れたる二筋(ふたすぢ)大道(だいだう)(ひら)かれてある。085その岐路(わかれみち)(すこ)しく手前(てまへ)()しかかるや、086竜世姫(たつよひめ)(たちま)急病(きふびやう)(はつ)し、087路上(ろじやう)転倒(てんたう)(くる)しみ(もだ)える。
088 竜世姫(たつよひめ)稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)最愛(さいあい)娘神(むすめがみ)なれば、089小島別(こじまわけ)以下(いか)神司(かみがみ)はおほいに(おどろ)き、090周章狼狽(あわてふため)きて看護(かんご)余念(よねん)なく()をつくした。091これは竜世姫(たつよひめ)巧妙(かうめう)なる神策(しんさく)にして、092その(じつ)偽病(にせやまひ)であつた。093言霊別命(ことたまわけのみこと)はこの()光景(くわうけい)()もくれず、094ただ一柱(ひとはしら)(あし)(はや)めてその岐路(わかれみち)(すす)み、095左方(さはう)(みち)をとつて驀地(まつしぐら)(はし)(すす)んだ。
096大正一〇・一一・一 旧一〇・二 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)