霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 藻脱(もぬ)けの(から)〔七四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第4篇 常世の国 よみ:とこよのくに
章:第24章 第2巻 よみ:もぬけのから 通し章番号:74
口述日:1921(大正10)年11月01日(旧10月02日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
常世の都の大神殿で、天地の諸神を鎮祭する祭典が奉仕されようとしていたが、竜世姫・言霊別命は祭典の席次についても大喧嘩を演じたので、諸神は不安の念にかられていた。
直会でも、竜世姫が喧嘩に見せかけて言霊別命の膳部をひっくりかえしたが、その膳部からは青い炎が立ち上った。しかし常世姫も常世姫の部下たちも、大喧嘩を目の当たりにしていたので、竜世姫には心を許していた。
竜世姫は夜分ひそかに、言霊別命を常世城から逃がした。そして、自分は「言霊別命に害されようとした」と偽って常世城の諸神を呼び集めた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0224
愛善世界社版:118頁 八幡書店版:第1輯 201頁 修補版: 校定版:120頁 普及版:57頁 初版: ページ備考:
001 常世(とこよ)(みやこ)には荘厳瀟洒(さうごんせうしや)なる大神殿(だいしんでん)()てられ、002天地(てんち)諸神(しよしん)鎮祭(ちんさい)(たてまつ)つた。003ここに常世姫(とこよひめ)斎主(さいしゆ)となり、004言霊別命(ことたまわけのみこと)諸神司(しよしん)(ひき)副斎主(ふくさいしゆ)(しよく)奉仕(ほうし)した。005荘厳(さうごん)なる祭典(さいてん)はやうやくにして()んだ。006ただちに直会(なほらひ)(えん)にうつり、007常世姫(とこよひめ)首座(しゆざ)に、008八百万(やほよろづ)神司(かみがみ)順次(じゆんじ)宴席(えんせき)()いた。009さしもの広大(くわうだい)なる広前(ひろまへ)立錐(りつすゐ)余地(よち)もなきまでに(ふさ)がつた。
010 言霊別命(ことたまわけのみこと)竜宮城(りゆうぐうじやう)大切(たいせつ)なる賓客(ひんきやく)として、011常世姫(とこよひめ)次席(じせき)()()めることとなつた。012このとき竜世姫(たつよひめ)顔色(がんしよく)()へ、013常世姫(とこよひめ)(まへ)にて言霊別命(ことたまわけのみこと)尻目(しりめ)にかけ、
014『かかる腰抜(こしぬ)神司(がみ)正座(しやうざ)()かしむるは(われ)侮辱(ぶじよく)するものなり。015(われ)稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)(むすめ)なり。016(せき)(かは)らせたまへ』
017(まを)()んだ。018衆神(しうしん)はこの形勢(けいせい)()不安(ふあん)(ねん)にかられた。019言霊別命(ことたまわけのみこと)(おほ)いに(いか)り、
020女神(めがみ)分際(ぶんざい)にて(われ)上座(じやうざ)()かむとするは、021僣越(せんえつ)もはなはだし。022(なんぢ)最下座(さいげざ)にかへり、023(われ)接待(せつたい)(やく)(つと)めよ』
024といつた。025かくして二神(ふたり)(あらそ)ひは再発(さいはつ)した。
026 言霊別命(ことたまわけのみこと)はつひに一歩(いつぽ)(ゆづ)つて、027竜世姫(たつよひめ)上座(じやうざ)にすゑた。028このとき山野河海(さんやかかい)美味(うま)(もの)諸神司(しよしん)(まへ)(はこ)ばれてきた。029常世姫(とこよひめ)一同(いちどう)にむかひ、030祭典(さいてん)無事(ぶじ)終了(しうれう)せしことを(しゆく)し、031かつ直会(なほらひ)(えん)(ひら)きたる次第(しだい)細々(こまごま)()べたてた。
032 言霊別命(ことたまわけのみこと)はこれに(こた)へて竜宮城(りゆうぐうじやう)代表(だいへう)し、033慇懃(いんぎん)なる挨拶(あいさつ)()べ、034いよいよ酒宴(しゆえん)(はし)をとることとなつた。035このとき竜世姫(たつよひめ)は、036言霊別命(ことたまわけのみこと)(まへ)にある種々(くさぐさ)馳走(ちそう)をみ、037(いか)つて(いは)く、
038『かかる腰抜(こしぬ)神司(がみ)に、039山野河海(さんやかかい)珍物(ちんもつ)饗応(きやうおう)するは(ぶん)()ぎたり』
040といひつつ、041(みこと)(まへ)()ゑたる膳部(ぜんぶ)(のこ)らず転覆(ひつくり)かへした。042そして自分(じぶん)懐中(ふところ)より(かわづ)(かたち)したる(あぢ)よきパンを()りだし、
043『これは(かわづ)木乃伊(ミイラ)なり。044(なんぢ)はこれにて充分(じゆうぶん)なり』
045といひも(をは)らず、046ただちに言霊別命(ことたまわけのみこと)(くち)(ねぢ)こんだのである。047うちかへされたる膳部(ぜんぶ)(あつもの)よりは青色(せいしよく)火焔(くわえん)()(のぼ)つた。048常世姫(とこよひめ)以下(いか)神司(かみがみ)は、049二神(にしん)(あひだ)犬猿(けんゑん)もただならざることを()り、050竜世姫(たつよひめ)(こころ)(ゆる)してゐた。
051 宴会(えんくわい)無事(ぶじ)にすんだ。052神司(かみがみ)各自(かくじ)わが居間(ゐま)(かへ)つた。053言霊別命(ことたまわけのみこと)主賓(しゆひん)として、054奥殿(おくでん)のもつとも(うるは)しき居間(ゐま)にて(しん)につくこととなつた。055小島別(こじまわけ)056竹島彦(たけじまひこ)侍者(じしや)として枕辺(まくらべ)保護(ほご)することとなつた。057(みこと)腰部(えうぶ)苦痛(くつう)はなはだしければ、058ふたりに(めい)じて()(ふか)くまで(こし)()ましめた。059ふたりは(つか)れはてて高鼾(たかいびき)をかきだした。060そこへ竜世姫(たつよひめ)(きた)りて、061ふたりに(たい)して一間(ひとま)休息(きうそく)せよと(めい)じた。062ふたりは(よろこ)んで(めい)のまにまに一間(ひとま)へはいつて、063白河(しらかは)夜船(よぶね)()いで、064華胥(くわしよ)(くに)遊楽(いうらく)してゐた。
065 その()竜世姫(たつよひめ)言霊別命(ことたまわけのみこと)武装(ぶさう)せしめ、066(よる)ひそかに裏門(うらもん)より(のが)れしめた。067門外(もんぐわい)には元照彦(もとてるひこ)あまたの従者(じゆうしや)とともに()()せて、068(あめ)羽車(はぐるま)()り、069北方(ほつぱう)めがけて()()したのである。070たちまち奥殿(おくでん)(こゑ)(きこ)えた。071諸神司(しよしん)()()まし、072何事(なにごと)突発(とつぱつ)せしかと(あや)しみながら()けつけた。
073 このとき竜世姫(たつよひめ)大音声(だいおんじやう)にて、
074『われ(いま)075言霊別命(ことたまわけのみこと)(ころ)されむとせり。076われは女神(めがみ)ながらも死力(しりよく)をつくして(あらそ)ひたれば、077(みこと)(ちから)つき()げゆくとたんに、078階段(かいだん)より(すべ)()ち、079いまこの(ふか)(ほり)溺没(できぼつ)したり。080神司(かみがみ)(きた)りてこれを(すく)()げよ』
081(さけ)びつつあつた。082神司(かみがみ)言霊別命(ことたまわけのみこと)のひそかに(のが)れしを(ゆめ)にも()らず、083右往左往(うわうさわう)(はし)りまはり、084(ふね)をいだして(ほり)捜索(さうさく)したが、085つひにはその(かげ)だにも(みと)むることができなかつた。
086 小島別(こじまわけ)087竹島彦(たけじまひこ)088松代姫(まつよひめ)(おほ)いに(おどろ)き、
089(われ)らは稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)(たい)(たてまつ)り、090(なん)とも陳弁(ちんべん)(ことば)なし』
091(あたま)をかたむけ吐息(といき)をつくのであつた。092(とき)しも急報(きふはう)あり、
093言霊別命(ことたまわけのみこと)元照彦(もとてるひこ)(とも)に、094神軍(しんぐん)(ひき)ゐて()()せたり』
095との報告(はうこく)である。096常世姫(とこよひめ)097小島別(こじまわけ)098その()あまたの神司(かみがみ)は、099八方(はつぱう)手配(てくば)りして(みこと)所在(ありか)厳探(げんたん)したが、100つひにその(かげ)(みと)むる(こと)はできなかつた。101ああ言霊別命(ことたまわけのみこと)運命(うんめい)はどうなるであらうか。
102大正一〇・一一・一 旧一〇・二 桜井重雄録)