霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二五章 蒲団(ふとん)隧道(トンネル)〔七五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第4篇 常世の国 よみ:とこよのくに
章:第25章 第2巻 よみ:ふとんのとんねる 通し章番号:75
口述日:1921(大正10)年11月01日(旧10月02日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竜世姫は常世城の神々から、言霊別命の失踪について詰問されたが、戯れ歌を歌ってその場をごまかした。
常世城の神々は、言霊別命の捜索に出て、城はほとんど空になった。その隙をついて、言霊別命の弟神・元照彦の軍勢が、常世城を包囲した。
元照彦は降伏の軍使を遣わし、常世姫はやむを得ず、金毛九尾の悪狐の正体を表して逃げ去った。
やすやすと常世城を手に入れた元照彦軍は、城内に入って油断していたが、そこへ常世姫の部下、竹熊彦・安熊の軍が急襲し、元照彦軍は城を奪われて敗走してしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0225
愛善世界社版:122頁 八幡書店版:第1輯 203頁 修補版: 校定版:124頁 普及版:59頁 初版: ページ備考:
001 言霊別命(ことたまわけのみこと)夜陰(やいん)にまぎれて城中(じやうちう)()()でたる藻脱(もぬ)けの(から)のあとの(まつ)りの光景(くわうけい)は、002(じつ)惨澹(さんたん)たるものであつた。003神司(かみがみ)(のこ)らず八方(はつぱう)派遣(はけん)された。004(あと)には常世姫(とこよひめ)諸神司(しよしん)(あつ)め、005竜世姫(たつよひめ)行動(かうどう)(あや)しみ、006いろいろと詰問(きつもん)をした。007竜世姫(たつよひめ)(なん)といはれても平気(へいき)平左(へいざ)鼻唄(はなうた)をうたひ、008素知(そし)らぬ(かほ)誤魔化(ごまくわ)すのであつた。009常世城(とこよじやう)重神(ぢゆうしん)猿世彦(さるよひこ)は、010竜世姫(たつよひめ)にむかひ、
011大切(たいせつ)なる(たま)を、012(ねむ)れる()(うしな)ひたるは貴神司(きしん)責任(せきにん)なり。013貴神司(きしん)はこれより常世姫(とこよひめ)事実(じじつ)()べ、014所在(ありか)(つまびら)かに自白(じはく)せられよ』
015(せま)つた。016竜世姫(たつよひめ)()くまで(しろ)()り、017ネル(づく)しの(うた)(つく)つて(あや)しき手真似(てまね)をなし、018(しり)()りつつ面白(おもしろ)(をど)りくるふのであつた。
019 その(うた)は、
020長途(ちやうと)(たび)(つか)れてグツと()
021素人(しろうと)按摩(あんま)(かた)ひねる
022竹島彦(たけじまひこ)(こし)ひねる
023()るは()るは他愛(たあい)もなしに
024()()()()()(たま)
025(たづ)ねる(よし)()寝入(ねい)
026こねる理屈(りくつ)()ちかねる
027(あき)れてわたしは(しり)ひねる
028なんぼ理屈(りくつ)をこねるとも
029わたしは(なん)とも()ひかねる
030言霊別(ことたまわけ)(かみ)さんは
031竜宮城(りゆうぐうじやう)へは()にかねる
032行衛(ゆくゑ)はどこぢやと(たづ)ねるも
033(わたし)()らんで()ひかねる
034寝床(ねどこ)(あと)(なが)むれば
035布団(ふとん)隧道(トンネル)()いてある
036あまり()るにもほどがある
037常世(とこよ)(くに)(かみ)さんの
038わたしは(こころ)()きかねる
039ねつてねつてねりさがし
040百度(ひやくど)千度(せんど)もねるがよい
041わたしに(なに)(たづ)ねるも
042白河(しらかは)夜船(よぶね)のネル(づく)
043白川(しらかは)夜船(よぶね)のネル(づく)し』
044奥殿(おくでん)()がけて(をど)()る。045常世姫(とこよひめ)(あき)れはて、046やうやくに(うたがひ)()らした。
047 常世(とこよ)(しろ)はほとんど空虚(くうきよ)となり、048守将(しゆしやう)大部分(だいぶぶん)出城(しゆつじやう)して、049言霊別命(ことたまわけのみこと)(あと)()ふて不在中(ふざいちゆう)である。050にはかに城下(じやうか)(きこ)ゆる(とき)(こゑ)051常世姫(とこよひめ)高台(たかだい)(のぼ)つて城下(じやうか)をきつと打見(うちみ)やれば、052(あに)はからむや、053元照彦(もとてるひこ)はあまたの神軍(しんぐん)()つれ、054十重(とへ)二十重(はたへ)取囲(とりかこ)んでいまや火蓋(ひぶた)()らむとする(いきほひ)であつた。
055 常世姫(とこよひめ)進退(しんたい)これきはまり、056(ただ)ちに和睦(わぼく)をなさむとて、057竜世姫(たつよひめ)軍使(ぐんし)として、058元照彦(もとてるひこ)神軍(しんぐん)(つか)はした。059竜世姫(たつよひめ)元照彦(もとてるひこ)(まへ)()で、060たがひに(かほ)見合(みあは)せ、061微笑(びせう)しつつ常世姫(とこよひめ)(めい)(つた)へた。
062 元照彦(もとてるひこ)和議(わぎ)(くわん)する信書(しんしよ)をしたため、063常世姫(とこよひめ)送達(そうたつ)した。064その文意(ぶんい)は、
065『すみやかに(しろ)()て、066(なんぢ)はウラル(さん)退却(たいきやく)せよ』
067といふのであつた。068常世姫(とこよひめ)はいよいよ進退(しんたい)(きは)まり、069ただちに黒雲(こくうん)()び、070金毛八尾(きんまうはつぴ)悪狐(あくこ)(くわ)して東北(とうほく)(そら)(たか)()げのびた。
071 元照彦(もとてるひこ)常世(とこよ)(しろ)入城(にふじやう)した。072常世姫(とこよひめ)部下(ぶか)神軍(しんぐん)は、073(のこ)らず元照彦(もとてるひこ)降伏(かうふく)した。074元照彦(もとてるひこ)諸神司(しよしん)勤労(きんらう)(なぐさ)めむとて酒宴(しゆえん)(もよほ)した。075このときロッキー(さん)南方(なんぱう)立籠(たてこも)りたる常世姫(とこよひめ)部下(ぶか)なる竹熊彦(たけくまひこ)076安熊(やすくま)といふ勇猛(ゆうまう)なる魔神(まがみ)があつた。077(かれ)常世城(とこよじやう)陥落(かんらく)し、078かつ常世姫(とこよひめ)()をもつて(まぬが)れたるを憤慨(ふんがい)し、079(ふたた)びこれを回復(くわいふく)せむとして()をやつし、080城下(じやうか)(ちか)(すす)んで様子(やうす)(かんが)へたのである。
081 このとき元照彦(もとてるひこ)(こころ)ゆるめ、082丸裸(まるはだか)のまま()(たふ)れてゐた。083竹熊彦(たけくまひこ)084安熊(やすくま)突然(とつぜん)城内(じやうない)侵入(しんにふ)し、085頭槌(くぶつち)をもつて元照彦(もとてるひこ)部下(ぶか)()がけて()ちまくつた。086(いま)まで元照彦(もとてるひこ)帰順(きじゆん)せし常世城(とこよじやう)神司(かみがみ)総立(そうだち)となり、087四方(しはう)より()ちかかつた。088これらの諸神司(しよしん)(はじ)めより(さけ)()()ひしと()せて、089その(じつ)(みづ)()(さけ)()ひし(ふう)をしてゐた。090元照彦(もとてるひこ)(おどろ)きのあまり(よひ)もにはかに()め、091生命(いのち)からがら裏門(うらもん)より()げだし、092(ほり)(およ)いで(はだか)のまま(あと)をも(みづ)に、093(なみ)()たせつつ(ふる)ひにふるふて、094北方(ほつぱう)さして(かげ)(かく)してしまつた。095元照彦(もとてるひこ)運命(うんめい)はどうなるであらうか。
096 元照彦(もとてるひこ)神軍(しんぐん)はにはかに(おどろ)いて(ゑひ)()まし、097蜘蛛(くも)()()らすがごとく四方(しはう)()()つたのである。
098大正一〇・一一・一 旧一〇・二 外山豊二録)