霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三一章 手痛(ていた)握手(あくしゆ)〔八一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第5篇 神の慈愛 よみ:かみのじあい
章:第31章 第2巻 よみ:ていたきあくしゅ 通し章番号:81
口述日:1921(大正10)年11月03日(旧10月04日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
神山彦は、言霊別命が第二の妃神を娶ったという噂について、詰問した。言霊別命は疑いを晴らそうと、照妙姫(=天使絹子姫)を呼んだが、すでに照妙姫は天上に帰ってしまい、姿を認めることができなかった。
神山彦らは嵩にかかって言霊別命に迫り、刀の柄に手をかけて詰め寄った。言霊別命は進退窮まり、母神・国世姫から授かった領巾を取り出して打ち振った。
するとたちまち絹子姫が現れた。また領巾を振ると、天女が多数現れ、神山彦らをその場に縛ってしまった。
神山彦らはようやく疑いを晴らし、言霊別命に陳謝した。しかし神山彦は、これからが肝心の談判の正念場である、と言って息巻いている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0231
愛善世界社版:154頁 八幡書店版:第1輯 214頁 修補版: 校定版:157頁 普及版:73頁 初版: ページ備考:
001 神山彦(かみやまひこ)決心(けつしん)(いろ)をあらはし言霊別命(ことたまわけのみこと)にむかつて、
002貴神(きしん)(うるは)しき天女(てんによ)のごとき(つま)ありと()く、003(こひねが)はくは(われ)らに拝謁(はいえつ)(ゆる)したまはずや』
004()しぬけに(まを)しこんだ。005言霊別命(ことたまわけのみこと)(あん)相違(さうゐ)し、
006『こは奇怪(きくわい)なることを(うけたま)はるものかな、007わが(つま)(なんぢ)()らるるごとく竜宮城(りゆうぐうじやう)にあり』
008(こた)へた。009神山彦(かみやまひこ)は、
010『そは(すで)承知(しようち)せり。011第二(だいに)妃神(きさきがみ)面会(めんくわい)したし。012()くさせたまふとも、013()くすよりあらはるるはなし。014すでに妃神(きさきがみ)のあることは竜宮城(りゆうぐうじやう)(らい)のごとく(ひび)きわたれり。015(みこと)(われ)らにむかつて詐言(さげん)(もち)ゐたまふや』
016詰問(きつもん)した。017(みこと)はおほいに(こま)り、
018(われ)(なんぢ)()はるるごとく第二(だいに)妃神(きさきがみ)()てる(おぼ)えなし。019(われ)高白山(かうはくざん)(たたか)ひに(やぶ)れ、020危機(きき)(せま)れるとき、021天上(てんじやう)より乙女(をとめ)天使(てんし)(くだ)りきたりて(われ)(すく)ひ、022かつ()身辺(しんぺん)()してこれを保護(ほご)せり。023常世姫(とこよひめ)はこれを(つた)()きて、024第二(だいに)妃神(きさきがみ)(おも)(あやま)りしならむ。025(うたが)はしくば(いま)ここに天使(てんし)(まね)き、026もつて(なんぢ)(もう)(ひら)かむ』
027とたちまち()つて一室(いつしつ)()り、028照妙姫(てるたへひめ)殿(どの)029照妙姫(てるたへひめ)殿(どの)』と()んだ。030(なん)返事(へんじ)もなく、031そこらには(かげ)だに()えぬ。032(みこと)不思議(ふしぎ)にたへず今度(こんど)は、033乙女(をとめ)天使(てんし)絹子姫(きぬこひめ)殿(どの)034絹子姫(きぬこひめ)殿(どの)』と()をかへて()びかけた。035されども音沙汰(おとさた)返辞(へんじ)もない。036(みこと)荒熊彦(あらくまひこ)(めい)じて乙女(をとめ)行衛(ゆくへ)厳探(げんたん)せしめたが、037いづこにも乙女(をとめ)姿(すがた)(みと)めることはできなかつた。
038 (みこと)是非(ぜひ)なく一間(ひとま)(かへ)り、039神山彦(かみやまひこ)らに(むか)つて、
040(いま)まで()(まへ)にありし乙女(をとめ)はいかがなりけむ。041(こゑ)のかぎり()べど(さけ)べど、042(なん)(こた)へもなし。043城内(じやうない)くまなく(さが)せどもその(かげ)さへも(みと)めず』
044(こた)へた。045神山彦(かみやまひこ)はニヤリと(わら)ひ、
046天女(てんによ)のごとき妃神(きさきがみ)二柱(ふたはしら)までも、047左右(さいう)(はべ)らせたまふ(みこと)()(うへ)こそ(じつ)(うらや)まし。048からかはずと(はや)くわれらに()はせたまへ』
049としきりに嘲笑(てうせう)(いろ)をうかべて(うなが)すのである。050(みこと)はおほいに当惑(たうわく)した。051ここに元照彦(もとてるひこ)()(はい)して()りきたり、052密室(みつしつ)(ひら)きたてまつり、
053(われ)(まを)しわけなき次第(しだい)なれど、054大変事(だいへんじ)出来(しゆつたい)せり』
055顔色(がんしよく)をかへ進言(しんげん)するのであつた。056(みこと)は、
057変事(へんじ)とは何事(なにごと)ぞ』
058反問(はんもん)した。059元照彦(もとてるひこ)は、
060『ただいま照妙姫命(てるたへひめのみこと)白雲(はくうん)(くわ)し、061月宮殿(げつきうでん)(かへ)りたまへり』
062といつた。063言霊別命(ことたまわけのみこと)はおほいに(おどろ)き、064(おも)はずその()()()がらむとした。065このとき神山彦(かみやまひこ)言霊別命(ことたまわけのみこと)(たもと)をひかへ、
066(しばら)()たれよ、067その計略(けいりやく)はもはや(ふる)し、068ふるし、069(われ)らはかかる奸策(かんさく)(あやま)らるる神司(かみ)にあらず、070誠心(せいしん)誠意(せいい)071善心(ぜんしん)()ちかへり、072もつて事実(じじつ)真相(しんさう)明白(めいはく)()べられよ』
073追窮(つゐきう)ますます(はげ)しくなつた。074真倉彦(まくらひこ)075村雲彦(むらくもひこ)076武晴彦(たけはるひこ)一斉(いつせい)()つて(かたな)(つか)()をかけ、077満面(まんめん)憤怒(ふんど)(いろ)をあらはし、
078『われを(いつは)悪神(あくがみ)張本(ちやうほん)079()(もの)()せてくれむ』
080三方(さんぱう)より()めよつた。081神山彦(かみやまひこ)(こゑ)(あら)らげ、
082第二(だいに)妃神(きさきがみ)絹子姫(きぬこひめ)をわが(まへ)()せ。083第三(だいさん)妃神(きさきがみ)照妙姫(てるたへひめ)をこのところに(あら)はせ。084(なんぢ)竜宮(りうぐう)使神(つかひがみ)弁舌(べんぜつ)をもつて胡魔化(ごまくわ)さむとするか、085無礼者(ぶれいもの)086()つて()てむ』
087とこれまた(かたな)(つか)()をかけ気色(きしよく)ばみて四方(しはう)より(せま)つた。088(みこと)進退(しんたい)(きは)まり、089いかにしてこの(うたが)ひを()らさむかと焦慮(せうりよ)し、090かの国世姫(くによひめ)より(たま)はりし種々物(くさぐさもの)領巾(ひれ)懐中(くわいちゆう)より()りいだし、091左右左(さいうさ)()ちふつた。092たちまち(てん)嚠喨(りうりやう)たる音楽(おんがく)がきこえ、093乙女(をとめ)(とざ)したる()のまま、094(なん)(さはり)もなく()りきたり、095言霊別命(ことたまわけのみこと)(まへ)平伏(へいふく)した。
096 ここに神山彦(かみやまひこ)は、097したり(がほ)(みこと)にむかひ、
098『こは照妙姫(てるたへひめ)にあらずや、099最早(もはや)かくなる(うへ)絹子姫(きぬこひめ)(あら)はし、100(われ)らの(うたが)ひを()らされよ』
101(せま)つた。102(こま)りはてたる(みこと)は、103左右左(さいうさ)(まへ)(ごと)くに領巾(ひれ)()つた。104たちまち嚠喨(りうりやう)たる音楽(おんがく)(きこ)え、105あまたの天女(てんによ)その()(あら)はれきたつて、106四柱(よはしら)()()(をど)(くる)うた。107()をとられた四柱(よはしら)身体(しんたい)たちまち強直(きやうちよく)してその()(たふ)れ、108ここに(まつた)(うたが)ひを()らし、109重々(ぢうぢう)無礼(ぶれい)陳謝(ちんしや)したのである。110真倉彦(まくらひこ)111村雲彦(むらくもひこ)(おほ)いに(よわ)り、
112『いかに(うるは)しき天女(てんによ)なりとて、113かかる(つよ)()にて(にぎ)られては、114(じつ)にたまつたものにあらず。115(みこと)はよくもかかる怪物(くわいぶつ)相手(あひて)にしたまひしぞ』
116()()()あはせ、117(した)をまきうち(おどろ)く。118(みこと)は、
119(なんぢ)らの(うたが)(まつた)()れたるは相互(さうご)(さいは)ひなり。120いざこれより遠来(ゑんらい)(らう)(ねぎら)はむため、121奥殿(おくでん)にて饗応(きやうおう)せむ』
122(さき)()つてゆかむとした。123そのとき神山彦(かみやまひこ)は、
124『しばらく()たれよ。125(まを)()げたき仔細(しさい)あり』
126()きとどめ、
127『これから肝心要(かなめ)正念場(しやうねんば)なり。128この返答(へんたふ)(うけたま)はりしのち饗応(きやうおう)(あづ)からむ』
129四柱(よはしら)はともに(こゑ)(そろ)へていきまきながらいつた。
130大正一〇・一一・三 旧一〇・四 桜井重雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)