霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三三章 焼野(やけの)雉子(きぎす)〔八三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第5篇 神の慈愛 よみ:かみのじあい
章:第33章 第2巻 よみ:やけののきぎす 通し章番号:83
口述日:1921(大正10)年11月03日(旧10月04日) 口述場所: 筆録者:谷口正治 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
さて、常世姫の部下・駒山彦は、荒熊彦・荒熊姫の息子を討ったのは元照彦である、という噂を利用し、高白山に忍び入って、荒熊彦・荒熊姫に再び謀反を促していた。
荒熊彦・荒熊姫は、わが子への情に負けて、元照彦を討って常世姫側に寝返ることに決めてしまった。
荒熊姫は面会を装って元照彦を害そうとしたが、元照彦は荒熊姫の面上に毒気を感じ、荒熊姫を逆に詰問した。すると荒熊彦、猿世彦、駒山彦がどっと元照彦に斬ってかかった。
元照彦は三人を相手に闘ったが、敵せず、山を下って身をもって逃れ、ローマに落ち延びた。高白山は再び常世姫の手に落ちた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0233
愛善世界社版:164頁 八幡書店版:第1輯 217頁 修補版: 校定版:168頁 普及版:78頁 初版: ページ備考:
001 高白山(かうはくざん)陣営(ぢんえい)は、002元照彦(もとてるひこ)(かは)つてアラスカ全土(ぜんど)(をさ)めてゐた。
003 ここに常世姫(とこよひめ)部将(ぶしやう)猿世彦(さるよひこ)は、004スペリオル()において(いつ)たん(たす)けられたが、005たちまち変心(へんしん)して常世姫(とこよひめ)(めい)をふくみ、006駒山彦(こまやまひこ)高白山(かうはくざん)()(かく)()にいたり、007ふたたび高白山(かうはくざん)占領(せんりやう)計画(けいくわく)執拗(しつえう)にも(くはだ)ててゐた。
008 まづ第一(だいいち)荒熊姫(あらくまひめ)()きおとす必要(ひつえう)(かん)じ、009種々(しゆじゆ)手段(しゆだん)をもつて荒熊姫(あらくまひめ)密会(みつくわい)した。010荒熊姫(あらくまひめ)元照彦(もとてるひこ)にその()清照彦(きよてるひこ)(ほろ)ぼされしことを、011(つね)(うら)んでゐた。012(かれ)にとつて、013仇敵(きうてき)主将(しゆしやう)(あふ)ぎつかふるは、014(じつ)無限(むげん)苦痛(くつう)であつた。015ある(とき)はその寝室(しんしつ)にしのび()り、016一刺(ひとさし)にこれを刺殺(さしころ)し、017吾児(わがこ)(あだ)(むく)いむと(かんが)へたこともしばしばであつた。
018 かかる(かんが)へを(いだ)いてゐる荒熊姫(あらくまひめ)にひそかに面会(めんくわい)をもとめた。019猿世彦(さるよひこ)020駒山彦(こまやまひこ)荒熊姫(あらくまひめ)にとつては(じつ)強大(きやうだい)なる味方(みかた)()たごとく(かん)ぜられた。
021 猿世彦(さるよひこ)022駒山彦(こまやまひこ)荒熊姫(あらくまひめ)にむかひ、
023貴下(きか)()(あい)()れりや』
024()ふた。025荒熊姫(あらくまひめ)(なみだ)腮辺(しへん)()らしつつ、
026焼野(やけの)雉子(きぎす)(よる)(つる)027()(あはれ)まざるはなし。028ましてや(てん)にも()にも杖柱(つゑはしら)とたのむ最愛(さいあい)()()たれ、029(おい)()味気(あぢけ)なき()(おく)(われ)らの境遇(きやうぐう)030推量(すゐりやう)されよ』
031とその()によよと()きふれた。
032 ふたりは(さく)のあたれるを(よろこ)び、033さも同情(どうじやう)(ねん)()へざるごとく、034ひそかに両眼(りやうがん)(つばき)をぬり、035泣顔(なきがほ)をつくり、036さも(かな)しさうにオイオイと()きくづれた。037荒熊姫(あらくまひめ)()たたまらず、038(とも)(こゑ)(はな)つて()きさけんだ。
039 荒熊彦(あらくまひこ)はその泣声(なきごゑ)()いて()せきたり、040()れば三柱(みはしら)のこの状態(じやうたい)である。041荒熊彦(あらくまひこ)(こゑ)(はげ)まして、
042『かかる太平(たいへい)御代(みよ)にあたつて(なに)(かな)しむか』
043(たづ)ねた。044三柱(みはしら)はその(こゑ)(おどろ)いて一度(いちど)(かほ)をあげた。045()れば敵軍(てきぐん)駒山彦(こまやまひこ)046猿世彦(さるよひこ)がその()にあつた。
047 荒熊彦(あらくまひこ)(おほ)いに(いきどほ)り、048荒熊姫(あらくまひめ)にむかつて、
049(なんぢ)何故(なにゆゑ)にわれの承認(しようにん)をも()ず、050男性(をのこ)をわが居間(ゐま)引入(ひきい)るるのみならず、051このふたりは敵方(てきがた)謀将(ぼうしやう)である。052(じつ)(なんぢ)挙動(きよどう)こそ(いぶ)かしきかぎりなれ』
053(いか)りとともにその不都合(ふつがふ)(なじ)つた。054ここに荒熊姫(あらくまひめ)()きたふれつつ、
055愛児(あいじ)清照彦(きよてるひこ)(ほろ)ぼせしは元照彦(もとてるひこ)部下(ぶか)である。056しかるに(いま)(なん)因果(いんぐわ)ぞ、057吾子(わがこ)(あだ)主将(しゆしやう)として(あふ)ぎ、058これにまめまめしく(つか)ふるは(じつ)残念(ざんねん)である。059時世時節(ときよじせつ)とは()ひながら、060かかる悲惨(ひさん)なことが何処(いづく)にあらうか』
061と、062いと(かな)しげにいふのであつた。063猿世彦(さるよひこ)064駒山彦(こまやまひこ)はすかさず荒熊彦(あらくまひこ)にむかひ、065今日(こんにち)までの無礼(ぶれい)(しや)した。066さうして、
067(われ)らふたりは最愛(さいあい)独児(ひとりご)(かの)元照彦(もとてるひこ)部下(ぶか)(ころ)され、068無念(むねん)やるかたなく、069いかにしてもこの(あだ)(はう)ぜむと日夜(にちや)肺肝(はいかん)をくだいてゐた。070貴下(きか)勇壮活溌(ゆうさうくわつぱつ)にしてわが()(あい)には(おぼ)れたまはず、071時世時節(ときよじせつ)とあきらめて、072仇敵(きうてき)にまめまめしく奉仕(ほうし)さるるは、073(じつ)にお(こころ)(うるは)しき次第(しだい)である。074されど金銀珠玉(きんぎんしゆぎよく)075その()あまたの(たから)ありといへども、076吾児(わがこ)にまさる(たから)は、077天地(てんち)(あひだ)にあらじと(おも)ふ。078貴下(きか)はこれでも愛児(あいじ)(あだ)()ちたまふ御心(みこころ)はなきや』
079といつて、080荒熊彦(あらくまひこ)顔色(がんしよく)いかにと見詰(みつ)めてゐた。
081 荒熊彦(あらくまひこ)黙然(もくねん)として(なん)返事(いらへ)もなく、082さしうつむいて思案(しあん)にくれてゐたが、083たちまち両眼(りやうがん)よりは(まめ)のごとき(なみだ)がはふり()つる。
084 元来(ぐわんらい)085荒熊彦(あらくまひこ)言霊別命(ことたまわけのみこと)(ほろ)ぼし、086自分(じぶん)がとつて(かは)らむとし、087駒山彦(こまやまひこ)一時(いちじ)(くわん)(つう)じたる関係上(くわんけいじやう)088(いま)敵味方(てきみかた)区別(くべつ)はあれど、089()(おも)一念(いちねん)(すこ)しも(かは)りはない。090同病(どうびやう)(あひ)(あはれ)むの(ねん)より、091叛心(はんしん)をおこし、092駒山彦(こまやまひこ)らとともに元照彦(もとてるひこ)(ほろ)ぼし、093みづから主将(しゆしやう)となりアラスカの(わう)たらむとした。
094 ここに荒熊姫(あらくまひめ)(いつは)つて元照彦(もとてるひこ)(ころ)さむとし、095(こと)をかまへて拝謁(はいえつ)()ふた。096元照彦(もとてるひこ)(なん)()もなく面会(めんくわい)(ゆる)した。097()れば荒熊姫(あらくまひめ)表面(へうめん)(ゑみ)(ふく)み、098何心(なにごころ)なき(てい)(よそほ)ふてゐたるが、099その面上(めんじやう)には陰険(いんけん)なる毒気(どくき)(ふく)んでゐた。
100 元照彦(もとてるひこ)はこれを(あや)しみ、101ただちに荒熊姫(あらくまひめ)両手(りやうて)(うしろ)(ねぢ)まはし、102(かた)(はしら)(しば)りつけ(きび)しく訊問(じんもん)をはじめた。103荒熊姫(あらくまひめ)()らぬ()らぬの一点張(いつてんば)りである。104勝敗(しようはい)いかにと気遣(きづか)ひたる荒熊彦(あらくまひこ)105猿世彦(さるよひこ)106駒山彦(こまやまひこ)はこのとき折戸(をりど)()しわけ乱入(らんにふ)し、107矢庭(やには)元照彦(もとてるひこ)()がけて()つてかかつた。
108 元照彦(もとてるひこ)三柱(みはしら)相手(あひて)に、109しばしは火花(ひばな)()らして(たたか)ふたが、110つひに(やま)(くだ)り、111()をもつて(のが)れ、112ローマをさして(とほ)()ちのびた。113かくして高白山(かうはくざん)(まつた)荒熊彦(あらくまひこ)()()ちた。
114大正一〇・一一・三 旧一〇・四 谷口正治録)