霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三四章 義神(ぎしん)参加(さんか)〔八四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第5篇 神の慈愛 よみ:かみのじあい
章:第34章 第2巻 よみ:ぎしんのさんか 通し章番号:84
口述日:1921(大正10)年11月04日(旧10月05日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竜宮城の神々は大半が言霊別命・神国別命に信服していたが、次第に常世姫の魔の手が広がっていた。そこで二神は、天下の義神を募って竜宮城に参集させようと東西に旅立った。
ペテロの都に声望の高い道貴彦という義勇の神があり、言霊別命は自ら訪ねて神界の経綸を説明した。道貴彦は竜宮城に出仕する決心を固めたので、言霊別命は村幸彦を迎えに遣わした。
道貴彦が出発しようとするとき、道貴彦の弟の高国別は大酒を飲んで現れ、出立を妨害しようとした。曰く、祖先の館を捨てて怪しい竜宮に仕えるとは何事だ、という理屈である。
しかし村幸彦に諭された高国別は時勢をようやく悟り、自分が祖先の地を守り、兄を送り出すことに同意した。
道貴彦は花森彦とともに、竜宮城の大門の部将として、入り来る神々の善悪正邪を審判するという重要任務が与えられた。
常世姫は部下の魔我彦・魔我姫に城内の様子を探らせておいて、自分はひとまず常世城へと帰って行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0234
愛善世界社版:169頁 八幡書店版:第1輯 219頁 修補版: 校定版:173頁 普及版:80頁 初版: ページ備考:
001 ここに常世姫(とこよひめ)竜宮城(りゆうぐうじやう)()りて種々(しゆじゆ)(さく)をめぐらし、002巧言令辞(こうげんれいじ)をもつて諸神司(しよしん)薬寵中(やくろうちう)のものにせむとした。003されど城内(じやうない)諸神(しよしん)大半(たいはん)依然(いぜん)として言霊別命(ことたまわけのみこと)004神国別命(かみくにわけのみこと)心服(しんぷく)してゐたのである。005されど執拗(しつえう)なる常世姫(とこよひめ)()()は、006(あぶら)のにじむがごとく暗々裡(あんあんり)(ひろ)がつてゆく形勢(けいせい)となつた。
007 ここに言霊別命(ことたまわけのみこと)神国別命(かみくにわけのみこと)(はか)り、008花森彦(はなもりひこ)をして神務(しんむ)総轄(そうかつ)せしめ、009二神司(にしん)各自(かくじ)天下(てんか)義神(ぎしん)(つの)るべく東西(とうざい)(たもと)(わか)つた。
010 (ここ)にペテロの(みやこ)声望(せいばう)(たか)道貴彦(みちたかひこ)といふ義勇(ぎゆう)神司(かみ)があつた。011言霊別命(ことたまわけのみこと)村幸彦(むらさちひこ)(つか)はして味方(みかた)参加(さんか)せしめむとし、012大神(おほかみ)御経綸(ごけいりん)詳細(しやうさい)説明(せつめい)せしめた。013道貴彦(みちたかひこ)(つつし)んでその神慮(しんりよ)(ほう)じ、014ペテロの(やかた)()(つま)葭子姫(よしこひめ)とともに、015村幸彦(むらさちひこ)(かい)してつひに竜宮城(りゆうぐうじやう)出仕(しゆつし)することとなつた。
016 これより()言霊別命(ことたまわけのみこと)はペテロの道貴彦(みちたかひこ)(やかた)にいたり、017神界(しんかい)経綸(けいりん)逐一(ちくいち)説明(せつめい)した。018道貴彦(みちたかひこ)はすでに決心(けつしん)(さだ)め、019(いま)竜宮城(りゆうぐうじやう)にむかつて出発(しゆつぱつ)せむとするとき、020その(おとうと)なる高国別(たかくにわけ)きたりて出発(しゆつぱつ)妨害(ばうがい)せむとした。021高国別(たかくにわけ)大酒(おほざけ)(あふ)りきたりて道貴彦(みちたかひこ)愚蒙(ぐもう)(ののし)り、022かつ葭子姫(よしこひめ)をとらへて、
023(なんぢ)(なに)ゆゑに(をつと)(やかた)()(あや)しき竜宮(りうぐう)神人(かみ)誑惑(けうわく)され、024つひには噬臍(ぜいせい)(くい)(のこ)さむことを()りながらこれを諫止(かんし)せざるや』
025(こゑ)(あら)()めつけた。026葭子姫(よしこひめ)言葉(ことば)をつくして、
027神界(しんかい)一大事(いちだいじ)刻々(こくこく)(せま)りつつあり、028わたくしはこの大事(だいじ)看過(かんくわ)するに(しの)びず、029むしろ(わたくし)より(すす)んで(をつと)(すす)め、030もつて神業(しんげふ)参加(さんか)せむとしたるなり。031貴下(きか)一身(いつしん)利欲(りよく)()一切(いつさい)(たから)(なげう)ち、032(われ)らとともに神界(しんかい)のために(つく)されよ』
033(こと)をわけ()をつくして()(さと)した。034高国別(たかくにわけ)はますます(いか)り、
035女神(によしん)小神(せうしん)とは(やしな)ひがたしとは(なんぢ)がことなり。036女性(をんな)世迷言(よまひごと)037(みみ)をかすに()らず』
038といふより(はや)(さかづき)()つて葭子姫(よしこひめ)めがけて()ちつけた。039その(とき)040仲国別(なかくにわけ)(はし)りきたりて高国別(たかくにわけ)をとつて(おさ)へた。041この神司(かみ)勇力(ゆうりよく)無比(むひ)巨神司(きよしん)であつた。
042 高国別(たかくにわけ)はこの巨神司(きよしん)取押(とりおさ)へられ、043無念(むねん)()()ひしばりながらも、044(くち)をきはめて言霊別命(ことたまわけのみこと)045道貴彦(みちたかひこ)らを悪罵(あくば)し、046かつ、
047(われ)はたとひ(なんぢ)生命(せいめい)(うば)はるるとも、048(わが)精魂(せいこん)再生(さいせい)して(なんぢ)らの計画(けいくわく)破壊(はくわい)すべし』
049(こゑ)(はげ)まして(さけ)んだ。050このとき村幸彦(むらさちひこ)顔色(がんしよく)(やは)らげ、051言葉(ことば)(おだや)かに仲国別(なかくにわけ)にむかひ、
052『まづ高国別(たかくにわけ)(ゆる)し、053(わが)(げん)心静(こころしづ)めて()かれよ』
054といつた。
055 仲国別(なかくにわけ)はその言葉(ことば)()に、056高国別(たかくにわけ)捻伏(ねぢふ)せたる()(はな)ち、057しづかに()についた。058高国別(たかくにわけ)(ただ)ちに()きあがり、059仲国別(なかくにわけ)にむかつて、060血相(けつさう)をかへて死物狂(しにものぐる)ひの(てい)()びついた。061村幸彦(むらさちひこ)襟髪(えりがみ)とつて()きもどし、062(しづ)かに端座(たんざ)せしめ、063(いか)りに(くる)高国別(たかくにわけ)をなだめて大義名分(たいぎめいぶん)()き、064かつ、
065貴下(きか)の、066祖先(そせん)(やかた)大切(たいせつ)保護(ほご)せむとせらるるその誠意(せいい)(おほ)いに(あい)するにあまりあり、067されど神界(しんかい)危急(ききふ)存亡(そんばう)場合(ばあひ)(ひん)せり。068一身(いつしん)をすて(すべ)ての執着(しふちやく)(はうむ)つて()(じゆん)ずるは、069大丈夫(だいぢやうぶ)本懐(ほんくわい)たらずや。070(われ)(いま)まで(すみ)()(やかた)に、071心安(こころやす)親子(おやこ)(たの)しき()(おく)りたるものなるが、072今回(こんくわい)神界(しんかい)大望(たいもう)にたいし、073すべてを()てて神業(しんげふ)参加(さんか)せしものなり。074貴下(きか)もいま(ひと)(こころ)()(なほ)し、075(おも)ひをかへ、076冷静(れいせい)天下(てんか)大勢(たいせい)(かへり)みられなば、077道貴彦(みちたかひこ)今回(こんくわい)決心(けつしん)氷解(ひようかい)せむ』
078諄々(じゆんじゆん)として()(さと)したのである。079ここに高国別(たかくにわけ)ははじめて(さと)り、
080貴下(きか)言葉(ことば)()にもつともなり。081(われ)はしばしこの(やかた)にありて(かた)(まも)るべし。082なにとぞ道貴彦(みちたかひこ)以下(いか)神将(しんしやう)083くれぐれも(たの)みたてまつる』
084顔色(がんしよく)をやはらげ心底(しんてい)より感謝(かんしや)した。085一場(いちぢやう)波瀾(はらん)平和(へいわ)(をさ)まり、086ここに盛大(せいだい)なる祝宴(しゆくえん)(ひら)き、087道貴彦(みちたかひこ)言霊別命(ことたまわけのみこと)諸神司(しよしん)(したが)ひて、088竜宮城(りゆうぐうじやう)にむかつて参向(さんかう)した。
089 言霊別命(ことたまわけのみこと)有力(いうりよく)なる神将(しんしやう)をえて(おほ)いに(よろこ)び、090ここに道貴彦(みちたかひこ)091花森彦(はなもりひこ)をして、092(あらた)竜宮城(りゆうぐうじやう)大門(おほもん)部将(ぶしやう)として、093()(きた)るあまたの神々(かみがみ)正邪(せいじや)善悪(ぜんあく)審判(しんぱん)せしむる重要(ぢうえう)職務(しよくむ)(めい)じた。094一方(いつぱう)095常世姫(とこよひめ)魔我彦(まがひこ)096魔我姫(まがひめ)をして城内(じやうない)様子(やうす)(くま)なく(さぐ)らしめ、097かつ言霊別命(ことたまわけのみこと)以下(いか)神司(かみがみ)動静(どうせい)監視(かんし)せしめおき、098みづからは一先(ひとま)常世城(とこよじやう)(かへ)つた。
099大正一〇・一一・四 旧一〇・五 加藤明子録)