霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三七章 長高山(ちやうかうざん)悲劇(ひげき)〔八七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第5篇 神の慈愛 よみ:かみのじあい
章:第37章 第2巻 よみ:ちょうこうざんのひげき 通し章番号:87
口述日:1921(大正10)年11月04日(旧10月05日) 口述場所: 筆録者:谷口正治 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
長高山の清照彦は帰還した使者から、常世姫の圧迫のため、荒熊彦夫妻は竜宮城への敵対を決めた、と聞いて落胆した。しかし決心を固めると翻然として神軍を召集し、高白山出陣の命を下した。
清照彦は一室で、父母を討たねばならない不孝を嘆いていたが、妻の末世姫がやってきて、ここは中立を守って忠と孝の両方を全うするように、と諭した。しかし清照彦は、いったん決めたことを翻すわけにはいかないとして、末世姫の忠告を聞かなかった。
末世姫は一室に入ると自害して果てた。これを見た清照彦は自らも自害しようとしたが、元照彦にとどめられて戒められた。
ときしも、竜宮城からの使いがあり、荒熊彦夫妻討伐の命が下った。言霊別命の真意は、清照彦をして荒熊彦夫妻を改心せしめようとのことであったが、清照彦は大義名分を重んじて、父母と一戦交えることになってしまった。
高白山では、常世姫軍の高虎彦の部下に大虎別という忠勇の神があり、荒熊彦夫妻の悪事を諌めて降伏を勧めたが、荒熊彦は聞かなかった。大虎別は自害して果てた。
やがて清照彦率いる長高山の神軍が高白山に押し寄せ、戦闘の末常世姫軍は敗退し、荒熊彦夫妻はローマ方面に遁走した。清照彦は高白山に入城し、アラスカ全土を安堵した。
後に清照彦は言霊別命の命によりこの地をよく守り、シオン山の戦闘にも加わらず、アラスカは平和に治まった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0237
愛善世界社版:183頁 八幡書店版:第1輯 224頁 修補版: 校定版:187頁 普及版:87頁 初版: ページ備考:
001 長高山(ちやうかうざん)城塞(じやうさい)には清照彦(きよてるひこ)002末世姫(すゑよひめ)003元照彦(もとてるひこ)とともに、004高白山(かうはくざん)(つか)はしたる使者(ししや)帰還(きくわん)()つてゐた。005そこへ第一(だいいち)006第二(だいに)使者(ししや)天空(てんくう)をかすめて一度(いちど)(かへ)つてきた。
007 様子(やうす)いかにと()ちかまへたる清照彦(きよてるひこ)は、008ただちに使者(ししや)居間(ゐま)(とほ)した。009使者(ししや)荒熊彦(あらくまひこ)夫妻(ふさい)反逆心(はんぎやくしん)ますます(つよ)く、010かつ常世姫(とこよひめ)圧迫(あつぱく)はげしく、011駒山彦(こまやまひこ)容易(ようい)(したが)はず、012やむを()ず、013言霊別命(ことたまわけのみこと)反抗(はんかう)継続(けいぞく)するの決心(けつしん)(たしか)なりと報告(はうこく)した。
014 清照彦(きよてるひこ)はしばし黙然(もくねん)として(かうべ)()れ、015吐息(といき)をつき思案(しあん)にくれた(さま)であつた。016末世姫(すゑよひめ)(かほ)には(うれ)ひの(くも)(ただよ)うた。
017 やがて清照彦(きよてるひこ)翻然(ほんぜん)としてたち(あが)り、018部下(ぶか)部将(ぶしやう)(あつ)めて、
019(われ)らの強敵(きやうてき)高白山(かうはくざん)にあり。020(はや)出陣(しゆつぢん)用意(ようい)()りかかれ』
021命令(めいれい)(はつ)した。022数多(あまた)部将(ぶしやう)(とき)(うつ)さず群臣(ぐんしん)(あつ)め、023部署(ぶしよ)(さだ)め、024命令(めいれい)一下(いつか)せばたちまち出発(しゆつぱつ)せむと、025数万(すうまん)鳥船(とりふね)用意(ようい)した。026清照彦(きよてるひこ)一室(ひとま)()つて独語(どくご)した。
027『あゝ(てん)なる(かな)028(わが)父母(ふぼ)(すく)ひたる恩神(おんしん)にたいし、029(そむ)かばこれ(てん)(みち)(あら)ず。030さりとて(また)031山海(さんかい)鴻恩(こうおん)ある父母(ふぼ)()たむか、032これまた(てん)()(そむ)くものなり。033されど大義(たいぎ)炳然(へいぜん)として日月(じつげつ)(ごと)し。034あゝ、035鴻恩(こうおん)ある(ちち)よ、036(はは)よ、037(わが)不孝(ふかう)(つみ)(ゆる)したまへ』
038かく()ひて(なみだ)()るるをりしも、039最前(さいぜん)より様子(やうす)(うかが)ひゐたる末世姫(すゑよひめ)は、040あわただしく()(きた)つて、041清照彦(きよてるひこ)(そで)をひかへ、
042夫神(をつとがみ)043かくまで決心(けつしん)したまひし以上(いじやう)は、044(わらは)はいかにとどめ(たてまつ)らむとするも、045とどまりたまはざるべし。046されど、047(ちち)(おん)(やま)より(たか)く、048(はは)(おん)(うみ)より(ふか)しと()く。049いかに大義(たいぎ)(おも)んずればとて、050現在(げんざい)骨肉(こつにく)父母(ふぼ)(ころ)したまふは、051いかに時世時節(ときよじせつ)とは(まを)しながら悲惨(ひさん)のきはみなり。052(こひねが)はくはわが(をつと)よ、053今日(こんにち)場合(ばあひ)厳正(げんせい)なる中立(ちゆうりつ)(まも)り、054もつて忠孝両全(ちうかうりやうぜん)(さく)()てさせ(たま)へ』
055かく()つて末世姫(すゑよひめ)()口説(くど)くのである。056このとき清照彦(きよてるひこ)057慨然(がいぜん)として()(あが)り、
058一旦(いつたん)059男子(だんし)()として決心(けつしん)(ほぞ)(かた)めたる以上(いじやう)は、060善悪(ぜんあく)正邪(せいじや)()(かく)061初志(しよし)貫徹(くわんてつ)せざれば()まず。062女子(によし)(やかま)しく邪魔(じやま)ひろぐな』
063()ひも(をは)らず、064(そで)ふり(はら)ひ、065(いま)出陣(しゆつぢん)用意(ようい)にかからむとした。066末世姫(すゑよひめ)はただちに一室(いつしつ)()り、067懐剣(くわいけん)逆手(さかて)にもち、068咽喉(のど)()()つてその()にうち(たふ)れた。069清照彦(きよてるひこ)(あや)しき物音(ものおと)にうち(おどろ)き、070一室(いつしつ)(はし)()()れば、071こはそも如何(いか)に、072末世姫(すゑよひめ)(あけ)(そま)り、073(もだ)(くる)しみつつあつた。
074 清照彦(きよてるひこ)はこの有様(ありさま)()(なに)(おも)ひけむ、075たちまち大刀(だいたう)()(はな)ち、076双肌(もろはだ)()ぎ、077しばらくこれを()(なが)めてありしが、078たちまち決心(けつしん)(いろ)をあらはすとともに、079(かたな)逆手(さかて)()ち、080左腹部(さふくぶ)よりこれを()()らむとする一刹那(いちせつな)081元照彦(もとてるひこ)()(あし)()(あし)しのび()り、082その大刀(だいたう)をもぎとり(こゑ)をはげまして、083その不覚(ふかく)(いま)しめた。
084 (とき)しも天空(てんくう)とどろきわたり、085(あま)磐船(いはぶね)()りて(くだ)りきたる神司(かみ)があつた。086これは竜宮城(りゆうぐうじやう)より派遣(はけん)されたる梅若彦(うめわかひこ)である。087ただちに案内(あんない)もなくツカツカと奥殿(おくでん)()りきたり、088清照彦(きよてるひこ)大神(おほかみ)(めい)(つた)へむとした。
089 清照彦(きよてるひこ)使者(ししや)来臨(らいりん)(おどろ)き、090ただちに(かたち)をあらため、091(えり)(ただ)し、092梅若彦(うめわかひこ)正座(しやうざ)(なほ)し、093(みづか)らは(とほ)引下(ひきさが)つてその(むね)(うけたま)はらむことを(まを)()げた。
094 梅若彦(うめわかひこ)懐中(ふところ)より(うやうや)しく一書(いつしよ)取出(とりいだ)し、095これを頭上(づじやう)(ささ)(ひら)いてその文面(ぶんめん)()(つた)へた。096その文意(ぶんい)は、
097荒熊彦(あらくまひこ)098荒熊姫(あらくまひめ)099駒山彦(こまやまひこ)ら、100常世姫(とこよひめ)内通(ないつう)し、101高白山(かうはくざん)根拠(こんきよ)とし、102つひに竜宮城(りゆうぐうじやう)占領(せんりやう)せむとす。103(なんぢ)元照彦(もとてるひこ)長高山(ちやうかうざん)(まも)らしめ、104みづから神軍(しんぐん)(ひき)ゐて高白山(かうはくざん)()め、105(かれ)魔軍(まぐん)剿滅(さうめつ)せよ』
106との厳命(げんめい)である。107しかし言霊別命(ことたまわけのみこと)大慈(だいじ)大仁(だいじん)(かみ)なれば、108(けつ)して内心(ないしん)清照彦(きよてるひこ)をして父母(ふぼ)両親(りやうしん)()たしめむの(こころ)なし、109ただ清照彦(きよてるひこ)をして父母(ふぼ)両親(りやうしん)()(あらた)めしめ、110最愛(さいあい)()()より(すく)はしめむとの神慮(しんりよ)であつた。111清照彦(きよてるひこ)(ふか)神慮(しんりよ)()らず大義名分(たいぎめいぶん)(おも)んじ、112つひに父母(ふぼ)両神(りやうしん)(なみだ)()つて攻撃(こうげき)した。113すなはち清照彦(きよてるひこ)心中(しんちゆう)熱鉄(ねつてつ)をのむよりも(くる)しかつた。114されど大命(たいめい)(もだ)しがたく(つつし)んで拝命(はいめい)(むね)(こた)へた。
115 梅若彦(うめわかひこ)()使命(しめい)()げられたるを(よろこ)び、
116(とき)あつて親子(おやこ)兄弟(きやうだい)となり主従(しゆじゆう)となり、117(たが)ひに(あひ)(あらそ)ふも(てん)(めい)ならむ。118御心中(ごしんちう)(さつ)()る』
119(あたた)かき一言(いちごん)(のこ)して(ふたた)磐船(いはふね)()り、120蒼空(あをぞら)(たか)竜宮城(りゆうぐうじやう)さして帰還(きくわん)した。
121 ここに、122高白山(かうはくざん)城塞(じやうさい)には、123高虎彦(たかとらひこ)部下(ぶか)大虎別(おほとらわけ)といふ忠勇(ちうゆう)にして誠実(せいじつ)なる(かみ)があつた。124この(かみ)(つね)荒熊彦(あらくまひこ)悪事(あくじ)(なげ)き、125いかにもして悔改(くいあらた)めしめむと、126(いん)(やう)全力(ぜんりよく)をつくして注意(ちうい)したのである。127(いま)しも荒熊彦(あらくまひこ)夫妻(ふさい)のあくまで神軍(しんぐん)対抗(たいかう)せむとする(さま)()き、128その()にあらはれ種々(しゆじゆ)道理(だうり)()き、129(なみだ)(なが)して諫言(かんげん)した。130されど、131荒熊彦(あらくまひこ)容易(ようい)()かむとする気色(けしき)がなかつた。
132 大虎別(おほとらわけ)は、
133(われ)かくの(ごと)(あるじ)(みみ)(さか)らひ(まつ)るは、134(あるじ)および天下(てんか)大事(だいじ)(おも)へばなり。135かくなる(うへ)到底(たうてい)()(ちから)(およ)ぶべくもあらず。136さらば』
137といふより(はや)懐剣(くわいけん)をとり()し、138手早(てばや)双肌(もろはだ)()ぎ、139(はら)()ききり、140咽喉(のど)突刺(つきさ)し、141その()繹切(ことき)れた。
142 荒熊彦(あらくまひこ)冷笑(れいせう)()をもつてこれを(なが)めてゐた。143たちまち西北(せいほく)(てん)より数万(すうまん)神軍(しんぐん)(あま)鳥船(とりふね)にうち()り、144高白山(かうはくざん)上空(じやうくう)(たか)押寄(おしよ)せきたり、145空中(くうちゆう)より火弾(くわだん)投下(とうか)した。146ために駒山彦(こまやまひこ)戦死(せんし)し、147荒熊彦(あらくまひこ)夫妻(ふさい)(あま)磐船(いはふね)()り、148ローマを()して一目散(いちもくさん)遁走(とんそう)した。149この神軍(しんぐん)はいふまでもなく清照彦(きよてるひこ)(ひき)ゐるものであつた。
150 陥落(かんらく)したる高白山(かうはくざん)清照彦(きよてるひこ)(かは)つてこれを(まも)り、151アラスカ全土(ぜんど)はきはめて平和(へいわ)(おさ)まつた。152さうして長高山(ちやうかうざん)元照彦(もとてるひこ)これを(まも)り、153その地方(ちはう)一帯(いつたい)はこれまた平安(へいあん)によく(おさ)まつてゐた。154(のち)清照彦(きよてるひこ)はシオン(ざん)戦闘(せんとう)(くは)はらず、155ここに割拠(かつきよ)し、156言霊別命(ことたまわけのみこと)了解(れうかい)をえて(かた)(まも)つた。
157大正一〇・一一・四 旧一〇・五 谷口正治録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)