霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三八章 歓天喜地(くわんてんきち)〔八八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第5篇 神の慈愛 よみ:かみのじあい
章:第38章 第2巻 よみ:かんてんきち 通し章番号:88
口述日:1921(大正10)年11月06日(旧10月07日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
清照彦は最愛の妻に死に別れ、両親を討滅することになった。荒熊彦夫妻はかろうじて逃れたが、清照彦は追撃せず、両親が無事に落ち延びて、どこかで隠棲することを願った。
しかし風の便りに、両親はローマで捉えられ、殺されたという噂を耳にした。清照彦は悲嘆のあまり自刃しようとしたが、天空から女神が現れて、しばらく隠忍するようにと諭し、必ず妻と両親に再会させよう、約束した。
清照彦は合点がいかなかったが、自分が死んでしまっては両親と妻の霊を慰める者がいなくなってしまうと、思いとどまった。
清照彦は悲哀のうちにも暮らしていたが、あるとき十曜の神旗が立った鳥船が数十も、高白山めがけて下り来た。鳥船からは言霊別命らが現れ、稚桜姫命の神使として清照彦の忠孝を賞するためにやってきたのだ、と来意を告げた。
清照彦が不審の念を抱きつつも来意を謝すると、鳥船から降ろした輿から現れたのは、父母の荒熊彦・荒熊姫、そして自害したはずの妻・末世姫であった。清照彦は思いもかけぬ親子夫婦の対面にうれし涙にくれた。
高白山は元のとおり荒熊彦夫妻が治めることになり、清照彦は長高山を治めるよう神命が下った。
末世姫は自害したと見えたが、その貞節に感じた天使によって身代わりに助けられ、ずっと言霊別命の側に仕えていたのであった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-11-22 14:13:23 OBC :rm0238
愛善世界社版:189頁 八幡書店版:第1輯 226頁 修補版: 校定版:193頁 普及版:89頁 初版: ページ備考:
001 清照彦(きよてるひこ)最愛(さいあい)(つま)()(わか)れ、002(あつ)くこれを(はうむ)るのいとまもなく、003言霊別命(ことたまわけのみこと)進退(のつぴき)ならぬ厳命(げんめい)(せつ)し、004ただちに高白山(かうはくざん)(むか)ひ、005呑剣(どんけん)断腸(だんちやう)(おも)ひをなして、006骨肉(こつにく)父母(ふぼ)両親(りやうしん)討滅(たうめつ)するのやむなき窮境(きうきやう)にたちいたつた。007されど神命(しんめい)()するに(よし)なく、008大義(たいぎ)(おも)んじ、009ここに()をもつて()(あら)悲惨(ひさん)なる戦闘(せんとう)開始(かいし)した。
010 荒熊彦(あらくまひこ)011荒熊姫(あらくまひめ)一方(いつぱう)血路(けつろ)(ひら)(から)うじて(まぬが)るることを()た。012この(とき)清照彦(きよてるひこ)は、013ただちに追撃(つゐげき)せばこれを(ほろ)ぼすこと(じつ)容易(ようい)であつた。014されど(てき)といひながら、015肉身(にくしん)(じやう)にひかされ、016わざとこれを見逃(みのが)し、017(こころ)(なか)にその(かげ)(をが)みつつ、018父母(ふぼ)前途(ぜんと)気遣(きづか)ひ、019いづれへなりとも両親(りやうしん)(かく)れて(やす)余生(よせい)(おく)らむことを祈願(きぐわん)した。020親子(おやこ)(じやう)としてはさもあるべきことである。
021 荒熊彦(あらくまひこ)は、022散軍(さんぐん)(あつ)めて(なほ)()りずまに羅馬城(ローマじやう)(すす)み、023決死(けつし)覚悟(かくご)をもつて(たたか)ふた。024されど天運(てんうん)つたなき荒熊彦(あらくまひこ)(ちから)()き、025つひに大島彦(おほしまひこ)のために捕虜(ほりよ)となり、026夫婦(ふうふ)ともに(ひそか)幽閉(いうへい)され、027面白(おもしろ)からぬ(いく)ばくかの月日(つきひ)(おく)つた。
028 清照彦(きよてるひこ)は、029(かぜ)共響(むたひび)きに両親(りやうしん)羅馬(ローマ)(やぶ)れ、030幽閉(いうへい)され、031(くる)しみつつあることを(つた)()きて、032(こころ)(こころ)ならず、033煩悶(はんもん)苦悩(くなう)しつつ面白(おもしろ)からぬ月日(つきひ)(さび)しく(おく)つてゐた。034清照彦(きよてるひこ)忠義(ちうぎ)(あつ)く、035孝道(かうどう)(ふか)神司(かみ)なれば、036その心中(しんちゆう)煩悶(はんもん)一入(ひとしほ)(さつ)するに(あま)りありといふべし。037清照彦(きよてるひこ)(あめ)(あした)(かぜ)(ゆうべ)(そら)(あふ)いで吐息(といき)()らし、038われ両親(りやうしん)憂目(うきめ)()ながら坐視(ざし)するに(しの)びず、039これを(すく)はむとすれば主命(しゆめい)(そむ)き、040大逆(たいぎやく)(つみ)(かさ)ぬるにいたるべし。041あゝ両親(りやうしん)といひ(つま)といひ、042(いま)(ある)ひは幽界(いうかい)に、043あるひは敵城(てきじやう)(とら)はれ、044()たるもの如何(いか)(こころ)鬼畜(きちく)()すとも(しの)(がた)し、045いつそ自刃(じじん)()げ、046もつて忠孝(ちうかう)大義(たいぎ)(まつた)うせむ、047決心(けつしん)せる(をり)しも、048また飛報(ひはう)あり、
049荒熊彦(あらくまひこ)夫妻(ふさい)は、050羅馬(ローマ)において大島彦(おほしまひこ)のために(ころ)されたり』
051と。052これを()きたる清照彦(きよてるひこ)()(たて)もたまらず、053(われ)山海(さんかい)洪恩(こうおん)ある(こひ)しき両親(りやうしん)(わか)(つま)(わか)れ、054()きて(なん)(たの)しみもなし、055自刃(じじん)するはこの(とき)なりと、056(てん)(むか)つて吾身(わがみ)不遇(ふぐう)(なげ)号泣(がうきふ)し、057短刀(たんたう)逆手(さかて)()双肌(もろはだ)()いで覚悟(かくご)をきはむるをりしも、058天空(てんくう)より(ひかり)(つよ)宝玉(ほうぎよく)眼前(がんぜん)落下(らくか)するよと()えしが、059たちまちその光玉(くわうぎよく)破裂(はれつ)して、060(なか)より(うるは)しく(やさ)しき女神(めがみ)(あら)はれたまひ、
061(われ)天極紫微宮(てんきよくしびきう)より(きた)れる天使(てんし)なり。062天津神(あまつかみ)(なんぢ)忠孝両全(ちうかうりやうぜん)至誠(しせい)(あはれ)みたまひ、063ここに(なんぢ)(すく)ふべく(われ)(くだ)したまへり。064(なんぢ)しばらく隠忍(いんにん)して(とき)()て、065(なんぢ)がもつとも敬愛(けいあい)する両親(りやうしん)および(つま)再会(さいくわい)せしめむ。066(ゆめ)(うたが)ふなかれ』
067との言葉(ことば)(のこ)して、068(ふたた)鮮光(せんくわう)まばゆき(たま)()天上(てんじやう)にその(かげ)(かく)した。069(あと)清照彦(きよてるひこ)(ゆめ)夢見(ゆめみ)心地(ここち)して、070合点(がつてん)のゆかぬ(いま)天女(てんによ)言葉(ことば)071われは憂苦(いうく)のあまり(つひ)(きやう)せるには(あら)ざるか。072あるひは父母(ふぼ)073(つま)(おも)ふのあまり、074一念(いちねん)()つて幻影(げんえい)(みと)めしに(あら)ずやと、075みづから(うたが)ふのであつた。076されどどこやら(こころ)(そこ)に、077一道(いちだう)光明(くわうみやう)(かがや)くのを(みと)めた。078(なに)はともあれ、079(われ)ここに自刃(じじん)せば、080たれか両親(りやうしん)および(つま)(れい)(なぐさ)むるものあらむ、081(こころ)()(なほ)し、082時節(じせつ)覚束(おぼつか)なくも()つことに決心(けつしん)した。
083 ()つこと幾星霜(いくせいさう)084(やま)(みどり)(つつ)まれ、085諸々(もろもろ)(とり)(はる)(うた)ひ、086(うるは)しき(はな)芳香(はうかう)(はな)ち、087所狭(ところせま)きまで()()ち、088神司(かみがみ)はその光景(くわうけい)()(よろこ)(いさ)み、089あたかも天国(てんごく)(はる)()へるがごとく()(くる)うてゐた。090されど清照彦(きよてるひこ)(こころ)(そら)はますます(くも)り、091(はな)()けども、092(とり)(うた)へども、093諸神司(しよしん)(いさ)(あそ)べども、094自分(じぶん)()つては()るもの()くもの、095すべてが(われ)(のろ)ふもののごとく、096悲哀(ひあい)(なみだ)はかはく(じゆつ)なく、097()()憂愁(いうしう)(ねん)()すばかりであつた。
098 清照彦(きよてるひこ)(てん)一方(いつぱう)(なが)め、099長大歎息(ちやうだいたんそく)()らす(をり)しも、100天空(てんくう)(たか)数十(すうじふ)鳥船(とりふね)(つばさ)(つら)高白山(かうはくざん)めがけて(くだ)(きた)るあり、101いづれの鳥船(とりふね)にもみな十曜(とえう)神旗(しんき)()てられてあつた。102清照彦(きよてるひこ)は、103かかる(なげ)きの(さい)104(また)もや竜宮城(りゆうぐうじやう)よりいかなる厳命(げんめい)(くだ)りしならむかと、105(こころ)千々(ちぢ)(くだ)きつつ(おも)(かしら)(いた)めた。
106 鳥船(とりふね)はたちまち清照彦(きよてるひこ)面前(めんぜん)(ちか)(くだ)(きた)りて、107(うち)より言霊別命(ことたまわけのみこと)108元照彦(もとてるひこ)109梅若彦(うめわかひこ)英気(えいき)()ちたる顔色(がんしよく)にて(あら)はれ(きた)り、110言霊別命(ことたまわけのみこと)第一(だいいち)(すす)んで清照彦(きよてるひこ)にむかひ慇懃(いんぎん)(れい)()べ、111かつ(かたち)(あらた)正座(しやうざ)(なほ)り、
112『われ(いま)113稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)神使(しんし)として、114当城(たうじやう)(きた)りし理由(りいう)は、115(なんぢ)賞賜(しやうし)のためなり』
116()ひをはつて、117数多(あまた)従臣(じゆうしん)(めい)善美(ぜんび)(つく)した御輿(みこし)鳥船(とりふね)よりかつぎおろさしめ、118清照彦(きよてるひこ)(まへ)()ゑ、
119(なんぢ)忠孝(ちうかう)(まつた)うし、120かつ至誠(しせい)をよく天地(てんち)貫徹(くわんてつ)したり。121国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)(ふか)くこれを(よみ)して(なんぢ)珍宝(ちんぽう)授与(じゆよ)(たま)ひたり。122(つつし)んで拝受(はいじゆ)されよ』
123莞爾(くわんじ)として(ひか)へてをられた。124清照彦(きよてるひこ)不審(ふしん)(ねん)ますます()れず、125とも(かく)もその厚意(こうい)感謝(かんしや)した。126前方(ぜんぱう)輿(こし)よりは顔色(がんしよく)(うるは)しく勇気(ゆうき)凛々(りんりん)たる男神(をとこがみ)(あら)はれた。127つらつら()れば(おも)ひがけなきわが(ちち)荒熊彦(あらくまひこ)であつた。128第二(だいに)輿(こし)(ひら)いて(はは)荒熊姫(あらくまひめ)(あら)はれた。129第三(だいさん)輿(こし)よりは自殺(じさつ)せしと(おも)ひし最愛(さいあい)(つま)末世姫(すゑよひめ)(あら)はれ、130ただちに清照彦(きよてるひこ)()()つてうれし()きに()く。131清照彦(きよてるひこ)(ゆめ)夢見(ゆめみ)心地(ここち)して(なん)言葉(ことば)()くばかり、132ここに四人(よにん)一度(いちど)(こゑ)(はな)つて(うれ)(なみだ)(とき)(うつ)した。133親子(おやこ)夫婦(ふうふ)目出(めで)たき対面(たいめん)に、134高白山(かうはくざん)()(くさ)(そら)景色(けしき)も、135一入(ひとしほ)(ひかり)()へるやうであつた。
136 ここに言霊別命(ことたまわけのみこと)懐中(くわいちゆう)より一書(いつしよ)取出(とりだ)し、137(こゑ)(すず)しく神文(しんもん)()()かした。138その意味(いみ)は、
139長高山(ちやうかうざん)(なんぢ)荒熊彦(あらくまひこ)140荒熊姫(あらくまひめ)これを主宰(しゆさい)せよ。141また高白山(かうはくざん)清照彦(きよてるひこ)永遠(ゑいゑん)にこれを主宰(しゆさい)せよ』
142との神勅(しんちよく)である。
143附記
144末世姫(すゑよひめ)長高山(ちやうかうざん)城中(じやうちう)において自刃(じじん)せむとしたるとき、145たちまちその貞節(ていせつ)(かん)じ、146天使(てんし)(きた)りて身代(みがは)りとなり、147末世姫(すゑよひめ)無事(ぶじ)言霊別命(ことたまわけのみこと)(そば)(ちか)(つか)へてゐた。
148大正一〇・一一・六 旧一〇・七 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)