霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四〇章 山上(さんじやう)神示(しんじ)〔九〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第6篇 神霊の祭祀 よみ:しんれいのさいし
章:第40章 第2巻 よみ:さんじょうのしんじ 通し章番号:90
口述日:1921(大正10)年11月06日(旧10月07日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
大八洲彦命は、稚桜姫命の神命を奉じてシオン山に登り、自ら地鎮祭を行うと、顕国の御玉が現れた聖跡を中心に、十六社の白木の宮を造営した。鵜の羽で屋根を覆い、金銀珠玉の珍宝をちりばめ、荘厳優美な様であった。
一つの宮にそれぞれ玉をご神体として祭り、四つの宮に、鶴野姫、大森別、生代姫命、姫古曽の神を鎮際した。その他楼門、広間等大小三十二棟を造営し、あまたの重臣がこれに住んで日夜神明に奉仕した。そして宮比彦を斎主に任じた。
常世姫の部下である美山彦、国照姫は鬼城山から部下を率いて出陣し、東西両面からシオン山に迫った。また別働隊として南方からは、武熊別らが攻めかけた。
大八洲彦命は東西南北に神将を配置してこれにあたった。三方から押し寄せた魔軍は難攻不落の霊山に攻めあぐね、山を囲んでにらみ合いになった。
常世姫は間者に偽の情報を持たせ、シオン山軍の戦力を割こうとしたが、大八洲彦命に見破られた。部将の中には、間者の偽情報を信じる者もあったが、宮比彦が神示のままに間者を神前に引き立てると、間者は計略の一切を白状したので、一同は大八洲彦命の洞察に感嘆した。
主な登場人物: 備考:第2巻に登場する3人の「かみくらひこ(神座彦、神倉彦、上倉彦)」は同一人物だと思われる。『王仁文献考証』参照。 タグ:かみくらひこ(神座彦 神倉彦 上倉彦) データ凡例: データ最終更新日:2017-09-26 20:42:30 OBC :rm0240
愛善世界社版:203頁 八幡書店版:第1輯 231頁 修補版: 校定版:207頁 普及版:96頁 初版: ページ備考:
001 ここに大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)は、002稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)神命(しんめい)(ほう)じ、003シオンの霊山(れいざん)にのぼり地鎮祭(ぢちんさい)をおこなひ、004かの顕国(うつしくに)御玉(みたま)母岩(ぼがん)(あら)はれたる聖跡(せいせき)中心(ちうしん)として、005十六社(じふろくしや)白木(しらき)(みや)(つく)り、006()(はね)をもつて屋根(やね)(おほ)ひ、007金銀(きんぎん)珠玉(しゆぎよく)種々(しゆじゆ)珍宝(ちんぽう)をちりばめ、008荘厳(さうごん)優美(いうび)たとふるにものなく、009(あさひ)()夕陽(ゆふひ)(かがや)き、010その(さま)()(まばゆ)きばかりであつた。
011 (ひと)つの(みや)(ひと)つの(たま)神体(しんたい)として(まつ)り、012十二社(じふにしや)(とな)へた。013()四個(よんこ)(みや)には、014鶴野姫(つるのひめ)015大森別(おほもりわけ)016生代姫命(いくよひめのみこと)および姫古曽(ひめこそ)(かみ)鎮祭(ちんさい)し、017荘厳(さうごん)なる祭祀(さいし)挙行(きよかう)された。
018 その()019楼門(ろうもん)020広間(ひろま)(とう)大小(だいせう)三十二棟(さんじふにむね)(つく)り、021いづれも白木造(しらきづく)りにして桧皮(ひのきがは)をもつて屋根(やね)(おほ)ひ、022千木(ちぎ)023堅魚木(かつをぎ)(とう)(じつ)崇高(すうかう)(きは)みであつた。024この十六(じふろく)(みや)とともに四十八棟(よんじふはちむね)となり、025あまたの重臣(ぢうしん)はこれに()みて神明(しんめい)日夜(にちや)奉仕(ほうし)した。
026 ここに宮比彦(みやびひこ)斎主(さいしゆ)とし、027一切(いつさい)神務(しんむ)主宰(しゆさい)せしめられた。028シオン(ざん)はもとより荘厳(さうごん)なる霊山(れいざん)である。029しかるに(いま)四十八棟(よんじふはちむね)瀟洒(せうしや)たる社殿(しやでん)幄舎(あくしや)()(なら)べられ、030荘厳(さうごん)(うへ)になほ荘厳(さうごん)(くは)へた。
031 このとき常世姫(とこよひめ)部下(ぶか)たる美山彦(みやまひこ)032国照姫(くにてるひめ)杵築姫(きつきひめ)部将(ぶしやう)とし、033鬼雲彦(おにくもひこ)034清熊(きよくま)数多(あまた)魔軍(まぐん)(ひき)ゐて鬼城山(きじやうざん)()ちいで、035東西(とうざい)両方面(りやうはうめん)より、036シオン(ざん)占領(せんりやう)せむと計画(けいくわく)しつつあつた。037また南方(なんぱう)よりは別働隊(べつどうたい)として主将(しゆしやう)武熊別(たけくまわけ)は、038荒熊(あらくま)039駒山彦(こまやまひこ)(ひき)ゐ、040シオン(ざん)奪取(だつしゆ)せむとし、041ここに東西南(とうざいなん)三方(さんぱう)よりこれを占領(せんりやう)するの計画(けいくわく)(さだ)めた。
042 このこと(たちま)天使(てんし)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)()るところとなり、043(ひがし)山麓(さんろく)には吾妻別(あづまわけ)主将(しゆしやう)とし、044香川彦(かがはひこ)045広足彦(ひろだるひこ)部将(ぶしやう)として防衛(ばうゑい)(ぢん)()り、046西(にし)山麓(さんろく)には磐樟彦(いはくすひこ)主将(しゆしやう)とし、047上倉彦(かみくらひこ)048花照彦(はなてるひこ)部将(ぶしやう)とし、049あまたの神軍(しんぐん)をもつてこれを(まも)らしめた。050南方(なんぱう)山麓(さんろく)には大足彦(おほだるひこ)主将(しゆしやう)とし、051奥山彦(おくやまひこ)052安世彦(やすよひこ)部将(ぶしやう)とし、053あまたの神軍(しんぐん)(とも)にこれを(まも)らしめ、054北方(ほつぱう)山麓(さんろく)には真鉄彦(まがねひこ)(すこ)しの神軍(しんぐん)(とも)万一(まんいち)(そな)へることとなつた。055また山上(さんじやう)本営(ほんえい)には大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)総大将(そうだいしやう)として真道彦命(まみちひこのみこと)056花森彦(はなもりひこ)057谷川彦(たにがはひこ)058谷山彦(たにやまひこ)(かた)(まも)ることとなつた。
059 三方(さんぱう)より押寄(おしよ)せたる敵軍(てきぐん)は、060難攻不落(なんこうふらく)霊山(れいざん)攻撃(こうげき)せむとするは容易(ようい)(わざ)(あら)ず、061(とほ)くこれを(かこ)みて(にら)()ひ、062(たが)ひに火蓋(ひぶた)()らざること(なが)きに(わた)つた。063ここに南軍(なんぐん)(しやう)武熊別(たけくまわけ)探女(さぐめ)(はな)つて一挙(いつきよ)にこれを()(やぶ)らむとした。064南軍(なんぐん)神将(しんしやう)大足彦(おほだるひこ)陣営(ぢんえい)(よる)ひそかに足音(あしおと)(しの)ばせ、065横切(よこぎ)女性(によしやう)があつた。066数多(あまた)神卒(しんそつ)(あや)しみ、067四方(しはう)よりこの女性(によしやう)(かこ)(とら)へて大足彦(おほだるひこ)陣中(ぢんちゆう)(おく)つた。068女性(によしやう)(ころも)をことごとく()ぎあらため()るに、069一通(いつつう)信書(しんしよ)があつた。070これは東軍(とうぐん)敵将(てきしやう)美山彦(みやまひこ)にあて、071武熊別(たけくまわけ)より(おく)るところの密書(みつしよ)のやうである。
072 その文意(ぶんい)は、
073常世姫(とこよひめ)すでに竜宮城(りゆうぐうじやう)(おとしい)れむとす。074されど(てき)()(ふせ)ぎ、075()(たたか)容易(ようい)()くべからず。076大国彦(おほくにひこ)援軍(ゑんぐん)()ひ、077大勢(たいせい)をもり(かへ)したれば、078味方(みかた)士気(しき)(とみ)(くは)はり(きた)り、079竜宮城(りゆうぐうじやう)陥落(かんらく)旦夕(たんせき)(せま)る。080(なんぢ)らは(われ)らを顧慮(こりよ)するところなく、081全力(ぜんりよく)(つく)してシオン(ざん)()(ほろぼ)せ。082(とき)(うつ)さず竜宮城(りゆうぐうじやう)(ほふ)り、083()高天原(たかあまはら)諸神将(しよしんしよう)討伐(たうばつ)し、084その()(じやう)じて応援(おうゑん)(むか)はむとの、085常世姫(とこよひめ)密書(みつしよ)(きた)れり。086これを貴下(きか)報告(はうこく)す』
087(しる)してあつた。
088 大足彦(おほだるひこ)南軍(なんぐん)指揮(しき)安世彦(やすよひこ)一任(いちにん)し、089ひそかに(のが)れて竜宮城(りゆうぐうじやう)警衛(けいゑい)尽力(じんりよく)してゐた。090安世彦(やすよひこ)はこの密書(みつしよ)探女(さぐめ)()より(うば)(おほ)いに(おどろ)き、091吾妻別(あづまわけ)092真鉄彦(まがねひこ)093磐樟彦(いはくすひこ)山上(さんじやう)陣営(ぢんえい)(あつ)めて密議(みつぎ)をこらした。094諸将(しよしやう)はおほいに(おどろ)き、095シオン(ざん)難攻不落(なんこうふらく)にして、096一卒(いつそつ)これに(あた)れば万卒(ばんそつ)(すす)むあたはざるの要害(えうがい)なり。097(ぐん)(なかば)()(すみ)やかに一方(いつぱう)血路(けつろ)(ひら)き、098竜宮城(りゆうぐうじやう)応援(おうゑん)せむことを決議(けつぎ)され、099その決議(けつぎ)結果(けつくわ)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)(まへ)にいたされた。100大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)はしばし思案(しあん)()れゐたりしが、101(ただ)ちにその決議(けつぎ)(はい)諸将(しよしやう)にむかひ、
102竜宮城(りゆうぐうじやう)には大足彦(おほだるひこ)警衛(けいゑい)のために帰還(きくわん)しをれば、103(ふか)(あん)ずるに()らず。104(くは)ふるに真澄姫(ますみひめ)105言霊別命(ことたまわけのみこと)106神国別命(かみくにわけのみこと)智勇(ちゆう)兼備(けんび)神将(しんしやう)(かた)(まも)りあれば、107いかなる邪神(じやしん)もこれを()くあたはざるべし。108これ(かなら)(てき)奸策(かんさく)ならむ』
109(こと)もなげに()ねつけられた。110このとき安世彦(やすよひこ)(いろ)をなしていふ。
111貴神(きしん)稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)御上(おんうへ)憂慮(いうりよ)したまはざるや。112万一(まんいち)この密書(みつしよ)にして(いつは)りなれば重畳(ちようでふ)なり。113されど油断(ゆだん)大敵(たいてき)114当山(たうざん)寡兵(くわへい)をもつて()(しう)(ふせ)ぐに()る。115しかるに竜宮城(りゆうぐうじやう)(おちい)りなば、116()高天原(たかあまはら)もまた(あやふ)からむ。117是非(ぜひ)応援軍(おうゑんぐん)()し、118もつて竜宮城(りゆうぐうじやう)危急(ききふ)(すく)ひたまへ』
119決心(けつしん)(いろ)(あら)はし、120容易(ようい)意志(いし)()ぐべき形勢(けいせい)()えなかつた。
121 真鉄彦(まがねひこ)122磐樟彦(いわくすひこ)123吾妻別(あづまわけ)も、124安世彦(やすよひこ)提案(ていあん)賛成(さんせい)した。125部下(ぶか)神卒(しんそつ)はこの風評(ふうへう)(みみ)にし、126大部分(だいぶぶん)竜宮城(りゆうぐうじやう)危険(きけん)(しん)じ、127一時(いちじ)(はや)帰城(きじやう)せむことを(とな)ふるにいたつた。
128 大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)断乎(だんこ)としてその衆議(しうぎ)(はい)し、129決心(けつしん)(いろ)(あら)はし、
130『しからば諸神司(しよしん)()指揮(しき)(もち)ゐざるや。131(いま)(せん)なし、132たとへわれ一柱(ひとはしら)になるとも、133当山(たうざん)(ちか)つて退却(たいきやく)せじ、134また一卒(いつそつ)をもわれは帰城(きじやう)応援(おうゑん)せしむるの意志(いし)なし』
135主張(しゆちやう)した。136ここに宮比彦(みやびひこ)(うやうや)しく神前(しんぜん)()神勅(しんちよく)奏請(そうせい)したるに、137たちまち神示(しんじ)あり、
138探女(さぐめ)をわが(まへ)(ともな)ひきたれ』
139とあつた。140宮比彦(みやびひこ)神示(しんじ)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)(うやうや)しく(つた)へた。141大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)安世彦(やすよひこ)(めい)じ、142神示(しんじ)のごとく探女(さぐめ)神前(しんぜん)()(きた)らしめ、143庭石(にはいし)(うへ)引据(ひきす)ゑた。144たちまち探女(さぐめ)身体(しんたい)上下(じやうげ)左右(さいう)震動(しんどう)し、145かつ(みづか)(くち)()つて、
146武熊別(たけくまわけ)密使(みつし)にして、147実際(じつさい)竜宮城(りゆうぐうじやう)陥落(かんらく)(ちか)きにありといふは虚偽(きよぎ)なり。148貴軍(きぐん)士気(しき)沮喪(そそう)せしめ、149かつ陣容(ぢんよう)(みだ)し、150その(きよ)(じやう)一挙(いつきよ)にシオン(ざん)攻略(こうりやく)せんずの攻軍(こうぐん)奸計(かんけい)なり』
151白状(はくじやう)するや、152たちまち大地(だいち)(たふ)れた。
153 ここに諸神将(しよしんしよう)神明(しんめい)威力(ゐりよく)と、154大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)明察力(めいさつりよく)感嘆(かんたん)し、155今後(こんご)(みこと)命令(めいれい)には一切(いつさい)(そむ)かずと(ちか)つた。
156 探女(さぐめ)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)仁慈(じんじ)によつて、157神卒(しんそつ)(まも)られ、158武熊別(たけくまわけ)陣営(ぢんえい)(ちか)護送(ごそう)せられたのである。
159大正一〇・一一・六 旧一〇・七 外山豊二録)